FC2ブログ

Home

写真の埋立地、もしくはカワウソ沼 -otter swamp-

テスト

  • Posted by: カシワヤ
  • 2018-08-31 Fri 11:04:18
  • 未分類
テスト

ひさしぶりのまっちゃ_東武動物公園_20180701

暑い季節には暑いところへ行こう!

てなわけでひさしぶりにまっちゃへ会ってきたよ。
tobuzoo180701273
tobuzoo180701273 posted by (C)カシワヤ

ふうの写真はまた後で。

思いつき池袋カワウソ横丁_サンシャイン水族館_20180104

こんばんは。
そういえばしばらくサンシャイン水族館の写真を垂れ流していなかったので、久しぶりに行ってみようか!魅惑の池袋カワウソ横丁へ。

見参!ちびらしあ、初夏の味わい_のいち動物公園_20180526~27

こんにちは。
不摂生がたたってちょいと寝床のご厄介になっているカシワヤでござい。あぁ、いてぇ・・相変わらずタイトルは内容と合致しませんので悪しからず。

ともかくのいち動物公園で23年ぶりのユーラシアカワウソ誕生にドキがムネムネ、けして鰹の塩たたきニンニクのせのためだけにやってきたわけではありません。

公開時間は訪問時で10:00〜14:00でした。羽田から高知龍馬空港へ、そしてタクシーかっ飛ばして開始ちょいすぎぐらいに飼育展示場前へ。いつきても良い雰囲気の園内に惚れ惚れしたいところですが、とてもタイトなタイムスケジュールです。

3種類のカワウソが同時に閲覧できるのがここのいち動物公園の良いところ。放飼場への登場順序はツメナシカワウソ〜コツメカワウソ〜ユーラシアカワウソの順番でした。到着早々に担当飼育員さんに挨拶を済ませてちびらしあの出番に身構えていると・・

あかね母ちゃんにエスコートされたお嬢様の登場です。
noichi180527023
noichi180527023 posted by (C)カシワヤ

2018年3月10日生まれなので生後約2ヶ月半。まだまだぶてくされたたくらみ顔の名残が伺えます。

母娘そろってご挨拶。
noichi180527083
noichi180527083 posted by (C)カシワヤ

ぶるるんるん!母ちゃん迷惑そう。
noichi180527086
noichi180527086 posted by (C)カシワヤ

公開前から既に水漬け訓練は行われており、放飼場に出てからも水を怖がることはなかったようです。とはいえちびらしあ自ら好んで入水するわけでもなく、首根っこ咥えて引き摺り込む様子がなんども拝めました。

「母ちゃんどこ行くの?」
noichi180527201
noichi180527201 posted by (C)カシワヤ

「ほらほら、さっさとおいで。」
noichi180527211
noichi180527211 posted by (C)カシワヤ

ぼしゃん!
noichi180527212
noichi180527212 posted by (C)カシワヤ

体が軽いので潜水こそまだ未熟ですが、親について泳ぐくらいはもう朝飯前。
noichi180527316-2
noichi180527316-2 posted by (C)カシワヤ

わりかし上手に泳いでいるので見ているコチトラも一安心といったところでしょうか?
noichi180527214
noichi180527214 posted by (C)カシワヤ

「なんでちゅかこれ?」竹竿がきになる様子。
noichi180527302
noichi180527302 posted by (C)カシワヤ

好奇心旺盛なお年頃ですが、やはり母親にくっついているのが安心するようですね。
noichi180527320
noichi180527320 posted by (C)カシワヤ

でもあかねはスイスイ自分のペースで泳いじゃうんですけどね。
noichi180527326
noichi180527326 posted by (C)カシワヤ

ともかくおつかれさま。
noichi180527270
noichi180527270 posted by (C)カシワヤ

悩ましのあかね。おっぱいぽろり・・(オールスター水泳大会の末期症状)じゃなくて、ひと泳ぎ終えると木のたもとでくねごろして毛を乾かします。
noichi180527158
noichi180527158 posted by (C)カシワヤ

そこへちびらしあがのし・・
noichi180527167
noichi180527167 posted by (C)カシワヤ

母ちゃんの真似して根元でおへそ出しながらくねごろのまねごとなんぞするちびらしあ。
noichi180527181
noichi180527181 posted by (C)カシワヤ

「こんなかんじかちら?」
noichi180527182
noichi180527182 posted by (C)カシワヤ

「よくわかんないでちゅ・・」
noichi180527183
noichi180527183 posted by (C)カシワヤ

天を仰ぐあんよがベリバリぷりち〜!です。まだ毛を乾かす行為自体がよく頭に入っていないようですが、でもこうやって母親の真似事をしながら日々成長して行くんですよ。

今回久しぶりに高知県へのウソもぐれにやってきました。いままでのいち動物公園の天気運は大雨か天晴かの極端な状況だったのですが、今回は良い方にころんで本当に安堵しました。初夏の空気と一緒に美味しい物も堪能した土佐への旅、なんどでも来たくなる動物園。まっことあっぱれじゃき!

オマケ:あかねの変な顔
noichi180527379
noichi180527379 posted by (C)カシワヤ

モデル立ちカナディアンペア_釧路市動物園_20180105~06

こんばんは。
約5ヶ月遅れの垂れ流し。いままで訪問2回4日間の実績があるのに釧路市動物園のエントリーはこれが初めて!てなことに今更驚愕しているカシワヤでござい。(いままでなにしてたんだよ?)

釧路市動物園へのウソもぐれの際、宿泊利用しているのは山花温泉リフレ。ここは天然温泉大浴場があり、野菜を中心とした薬膳料理が美味しいです。しかも釧路市動物園へ徒歩歩で10分もかからないという利便性。これはもう泊まっちゃうしかありません!

今年の訪問は気温が思ったほど下がらなかったので雪は少なめ。でもさすが北海道、都心の人間は真っ白なパウダースノーにご対面できるだけで嬉しいものなのです。
kushiro180105005
kushiro180105005 posted by (C)カシワヤ

釧路といえば数少ないカナダカワウソの飼育施設。現在ペア展示をしているのがここだけというのが寂しいですが、久しぶりの2頭に会えるのは楽しみでしょうがありません。
kushiro180105002
kushiro180105002 posted by (C)カシワヤ

kushiro180105001
kushiro180105001 posted by (C)カシワヤ

開園してから間もなくすると裏手に軽トラがやってきて奥でゴソゴソ作業音が聞こえてきました。きっとキーパーさんがやってきたのでしょう。寝床にいたリッキーとチャッピーもそわそわし始めました。

すると通用ドアが開いて給餌の始まりです。
kushiro180105048
kushiro180105048 posted by (C)カシワヤ

メニューはホッケと鶏。
kushiro180105059
kushiro180105059 posted by (C)カシワヤ

個体が大きいだけに切り身なんてやさしいものではありません。丸ですマル、丸ごとです。ガッツリいきます。
kushiro180106123
kushiro180106123 posted by (C)カシワヤ

kushiro180106120
kushiro180106120 posted by (C)カシワヤ

食事を済ませたリッキーはすいすいと泳ぎ始めます。仰向けに泳ぐ姿、いわゆるラッコ泳ぎを多く見受けられるのがリッキーの特徴だとコチトラ的に思いますが一概そうだとはいえないようです。難しいなぁ・・
kushiro180106144
kushiro180106144 posted by (C)カシワヤ

kushiro180106137
kushiro180106137 posted by (C)カシワヤ

kushiro180106145
kushiro180106145 posted by (C)カシワヤ

いきなりリッキーの水上浮遊?いえいえ、これは壁から突き出した鋳鉄製の排水パイプの上に乗っかっているだけです。
kushiro180105202
kushiro180105202 posted by (C)カシワヤ

お茶目なリッキーは良くこのパイプの上に乗ることが多く近距離撮影ができるタイミングですので皆さん参考にしてくださいね。
kushiro180105258
kushiro180105258 posted by (C)カシワヤ

kushiro180105428
kushiro180105428 posted by (C)カシワヤ

一方チャッピーの特徴は胸に現れる天使の羽。
kushiro180105393
kushiro180105393 posted by (C)カシワヤ

この羽に見える毛並みはリッキーにもあるのですが、チャッピーの方がはっきり大きく確認できます。んなのでチャッピーの特徴と言っても過言ではないとコチトラ的に思うのですよ。

ここの展示でひときわ目を引くのが中央にある土管ツリー。リッキーチャッピーのモデル立ちが拝めるスペースです。特にチャッピーはこの場所が好きで良く活用している印象でした。
kushiro180106157
kushiro180106157 posted by (C)カシワヤ

kushiro180106153
kushiro180106153 posted by (C)カシワヤ

土管に寝そべる姿がとても決まっているチャッピー。
kushiro180105386
kushiro180105386 posted by (C)カシワヤ

チャッピー VOGUE JAPAN の表紙を飾っちゃう?
kushiro180105388
kushiro180105388 posted by (C)カシワヤ

西日の中何かを探すようにたたずむチャッピー。閉園が近づいてくるとキーパーさんを探すようになるのはどこのカワウソ達も同じですね。
kushiro180105420
kushiro180105420 posted by (C)カシワヤ

宿への帰り支度をしていると綺麗な夕焼け空になってきました。
kushiro180105007
kushiro180105007 posted by (C)カシワヤ

道東に位置する釧路は日が暮れるのも早いのです。明日もいい天気になりそうな雰囲気ですね。冬の釧路市動物園はとても静かで凛とした空気に包まれます。喧騒という言葉がなんだか懐かしくも感じてしまいました。さぁ〜て宿に戻ってひとっ風呂浴びましょうか?

新年明けましてママさん三昧_ズーラシア_20180103

2018年2発目のウソもぐれの場所はズーラシア

2016年後半からなにかとリュウ君の話題でもちきりでしたが、この日は彼の展示はなく落ち着いた展示となっていました。しかしまさか?この後そのリュウ君転出(2018年1月23日公式発表)と新たな命の誕生(2018年2月5日公式発表)が待ち構えているとは知る由もありませんでした。

それはさてさて、ともかく展示の様子を見ていきましょう。

順路手前の展示にはヒメち。
zoorasia180103088
zoorasia180103088 posted by (C)カシワヤ

言わずもがなリュウ君のお母ちゃんなので顔立ちがとてもよく似ています。
zoorasia180103097
zoorasia180103097 posted by (C)カシワヤ

どっちかつーとリュウ君がヒメちに似てるんだけど・・ま、いっか。でも最近安佐での彼の様子はぐ〜たらでなんとなくおっさんくさくなって、だんだんオッチー父ちゃんらしさを醸し出してきました。

ヒメち自慢の白むぎゅとこれまた特徴的な長いヒゲ。もじゃっとした感じが彼女らしいです。
zoorasia180103304
zoorasia180103304 posted by (C)カシワヤ

そして給餌の時間が近づいてくると、何かとキーパーさんの立ち位置を気にし始めます。
zoorasia180103305
zoorasia180103305 posted by (C)カシワヤ

ユーラシアカワウソが立ち上がると、なるほどカッパのモデルとなった理由がとてもよくわかります。んなわけで鍵条漆さんのLINEスタンプかぱうそもよろしくお願いしますね。

給餌が始まるとごはんのアジを受け取る態勢ばっちぐー!(死後)
zoorasia180103325
zoorasia180103325 posted by (C)カシワヤ

さっそくげっとして浮島の上であぎあぎ。
zoorasia180103338
zoorasia180103338 posted by (C)カシワヤ

あっという間にぺろりです。
zoorasia180103339
zoorasia180103339 posted by (C)カシワヤ

満腹になったらあとは寝るだけ?巣材の収集に余念のないヒメちでした。
zoorasia180103275
zoorasia180103275 posted by (C)カシワヤ

zoorasia180103280
zoorasia180103280 posted by (C)カシワヤ


一方奥の洞窟展示側にはモコち。
zoorasia180103007
zoorasia180103007 posted by (C)カシワヤ

身体能力の高さは安佐時代からのお墨付きなのでびゅんびゅん泳ぎまくります。
zoorasia180103003
zoorasia180103003 posted by (C)カシワヤ

zoorasia180103006
zoorasia180103006 posted by (C)カシワヤ

と、ここで気になるものを発見!
zoorasia180103004
zoorasia180103004 posted by (C)カシワヤ

おっぱいがほんのり張っている?
zoorasia180103005
zoorasia180103005 posted by (C)カシワヤ

この時は知りもしませんでしたが(当たり前)実はモコち、2017年12月22日に後にくねこと名付けられるメスの赤ちゃんを産んだばかりだったのです。
出産からまだ12日目ですが、おっぱいのはりが弱いのはこの時すでに赤ちゃんは人工保育に切り替えられモコちの元にはいなかった為ではないでしょうか?(個人の感想です)

それにつけてもモコちもお母ちゃんになっていたんですんねぇ。ちなみに父ちゃんはジュウベエ。


ひととおりユーラシアカワウソのヒメちとモコちを堪能した後、向かった先はアマゾンセンター。えっ、何故かって?それはね・・

久しぶりですねユイさん。
zoorasia180103002
zoorasia180103002 posted by (C)カシワヤ

そう、ここにはオッチー・ジュウベエのお母ちゃん、ユイさんが剥製となって展示されているのです。
zoorasia180103001
zoorasia180103001 posted by (C)カシワヤ

ユイさんにもしっかり新年の挨拶しておかなきゃね。

ちなみに生前のユイさん(上)とハチベエさん(下)
zoorasia110828339
zoorasia110828339 posted by (C)カシワヤ

この写真を撮ってからすでに7年近い月日が流れてしまっているんですね。その間にユーラシアカワウソに限らず全国のカワウソ達にはいろんなことがありました。新たに生まれた命、去っていった命、その全てを見届けるのは無理なのでしょうが、できる限りウソもぐれを通じて寄り添っていきたいなと感じました。

てなわけで、なりゆきで3頭のママさんカワウソを堪能した新年のズーラシアでした。

おわじ。

屋根裏の散歩者、レアうそミモ_アロハガーデンたてやま_20180102

こんばんは。ようやく2018年の垂れ流しです。

え、三毛ヌキ君やジャガっ仔君も今年の写真だろって?

「チッチッチッ、いけねぇな。お前さんの言い分ももっともだが、このブログの本題はカワウソなんだぜ。」

おっと久しぶりの小林旭兄さんが登場です。ステージで踊り子さんが舞う華やかなキャバレーにいきなり流しスタイルで旭節をうならせ登場する兄さんに熱狂しない若者はいないに違いありません。これぞジャパニーズ無国籍の真骨頂ですね!

ぜぇぜぇ・・「ふぅ、なんとかごまかしたぜ。近頃雑用がおおくていけねぇや。」宍戸錠談

はぁ〜い!くどくど言い訳余しい台詞は置いといて。新春の約束の地、アロハガーデンたてやまへ行ってきました。

ここの常設展示場の2頭も大ベテラン、まずはジャスミン姉さんからご挨拶。
alohagarden180102113
alohagarden180102113 posted by (C)カシワヤ

展示場の中央にまるで百葉箱の様にそびえ立つ小屋から下々の者どもを見下ろすジャスミン姉さん。まいったねこりゃ!
nanpara121125008
nanpara121125008 posted by (C)カシワヤ

そして水際には千葉県うそいちばん(個人の感想です。)のファニーフェイス我らがいっちょ!
alohagarden180102252
alohagarden180102252 posted by (C)カシワヤ

そして南パラ時代からのお約束といえばカップinドジョウタイムなのです。
nannpara140322502
nannpara140322502 posted by (C)カシワヤ

時間が迫ると正確な腹時計が2頭を食欲魔人へと変貌させます。
alohagarden180102196
alohagarden180102196 posted by (C)カシワヤ

まるでクラウチングスタートの様なこの身構え。しかもシンクロしている上に、これまたお約束の左ジャスミン右いっちょが嬉しいですね。
alohagarden180102178
alohagarden180102178 posted by (C)カシワヤ

ひととおりお約束タイムをこなしながらジャスミンいっちょと遊んでいると・・
alohagarden140915280
alohagarden140915280 posted by (C)カシワヤ

そう、今回の目玉は散歩するカワウソのミモに会うためなのでした。
alohagarden180102423
alohagarden180102423 posted by (C)カシワヤ

てってけて〜!颯爽と闊歩するミモ。
alohagarden180102354
alohagarden180102354 posted by (C)カシワヤ

「ミモちん、ひさしぶり〜!」数年ぶりの再会に思わず声をかけてみればあら不思議。覚えていてくれたようですミモ。ありあたやありがたや。
alohagarden180102460
alohagarden180102460 posted by (C)カシワヤ

ミモの散歩は風の吹くまま気の向くまま。やってきました家畜動物さんたちのエリアです。
alohagarden180102517
alohagarden180102517 posted by (C)カシワヤ

めぇ〜めぇ〜?めぇ〜(なんだなんだ?このちっこいの。)きゅうきゅう、ぴゃっぴゃ!(わぁ〜、でっかくて毛むくじゃらだ!)
alohagarden180102415
alohagarden180102415 posted by (C)カシワヤ

動物さんたちも会話が弾みます?

そんなこんなでしばらくお散歩を楽しんでいたミモですが、やはり休息と水分補給は大切ですね。
alohagarden180102540
alohagarden180102540 posted by (C)カシワヤ

ミモちん、お水だばぁ〜飲み。
alohagarden180102560
alohagarden180102560 posted by (C)カシワヤ

ん?
alohagarden180102571
alohagarden180102571 posted by (C)カシワヤ

久しぶりに見る黒くて眼鏡っ娘のちんちくりんに多少は興味を示してくれる優しいミモちん。
alohagarden180102581
alohagarden180102581 posted by (C)カシワヤ

しかしミモちんも結構な歳なので、そんなにベリバリ長い散歩とはいきません。最後は疲れちゃったのか担当さんに抱きかかえられてしずしずご退場です。
alohagarden180102612
alohagarden180102612 posted by (C)カシワヤ

普段はバックヤードなのでお日様の下で自由に闊歩できて満足げなミモ。
alohagarden180102654
alohagarden180102654 posted by (C)カシワヤ


実はミモちんの前にもお散歩カワウソとして名を馳せたハナちゃんという仔がいましたが、残念ながらハナちゃんは数年前に他界してしまいました。あらためてハナちゃんにも「ありがとね!」の言葉を送ります。
nanpara121125804
nanpara121125804 posted by (C)カシワヤ

nanpara121125705
nanpara121125705 posted by (C)カシワヤ

nanpara121125789
nanpara121125789 posted by (C)カシワヤ

nanpara121125792
nanpara121125792 posted by (C)カシワヤ


去年末にアクアトトぎふでナガラとミナミに再会して嬉しかった様に、久しぶりのジャスミンいっちょ、そしてミモに会えたこと。そしてハナちゃんの思い出。とても印象深いウソもぐれになりました。

あたちに会いたかったら何度でも足を運ぶことね!
alohagarden180102650
alohagarden180102650 posted by (C)カシワヤ

おーけー!桶!年パス買わせていただきましたよミモちん!

猛烈ジャガっ仔!大車輪投げ_わんぱーくこうち_20180407

がお〜!
続きがこんなにも遅くなってしまって、待ちくたびれたジャガっ仔が怒りの雄叫びをあげている様ですね。
wanparkkouchi180407283
wanparkkouchi180407283 posted by (C)カシワヤ

投げやり意味不明なタイトルにあきれ返っているとは思いますが、お付き合い頂けるとトシちゃん感激!です。

魅惑のジャガっ仔が葉月ココ母ちゃんと一緒にのっしのしと登場です。
目線の先にはお母ちゃんの産みたて?ホヤホヤなおそそうだったりするのはちょいと見なかったことにしましょうか。
wanparkkouchi180407221
wanparkkouchi180407221 posted by (C)カシワヤ

にしてもココさんの模様は綺麗ですね。惚れてしまいそうです。(ルモさんに殺されてしまう・・

やんちゃ盛りのジャガっ仔ですが、まだまだ甘えん坊。お母ちゃんの後をついて回るのもお仕事のうち。かまってほしくてついつい手が出る足が出る?
wanparkkouchi180407259
wanparkkouchi180407259 posted by (C)カシワヤ

wanparkkouchi180407251
wanparkkouchi180407251 posted by (C)カシワヤ

wanparkkouchi180407252
wanparkkouchi180407252 posted by (C)カシワヤ

wanparkkouchi180407260
wanparkkouchi180407260 posted by (C)カシワヤ

wanparkkouchi180407256
wanparkkouchi180407256 posted by (C)カシワヤ

いけない仔には「め!」とばかりに優しくジャガパンチ。

おこられちったハク君は毛づくろいでクールダウン。
wanparkkouchi180407327
wanparkkouchi180407327 posted by (C)カシワヤ

wanparkkouchi180407328
wanparkkouchi180407328 posted by (C)カシワヤ

でかくてもネコ。まことに微笑ましいです。

お母ちゃんのにたしなめられたので気分転換のお散歩は三千里。(そんな距離はない・・
wanparkkouchi180407440
wanparkkouchi180407440 posted by (C)カシワヤ

wanparkkouchi180407441
wanparkkouchi180407441 posted by (C)カシワヤ

wanparkkouchi180407442
wanparkkouchi180407442 posted by (C)カシワヤ

おもちゃ代わりのブイに八つ当たり?
wanparkkouchi180407336
wanparkkouchi180407336 posted by (C)カシワヤ

wanparkkouchi180407337
wanparkkouchi180407337 posted by (C)カシワヤ

小窓から覗くコチトラへの威嚇もやることなすこと全てが魅力的なジャガっ仔ハク君。
wanparkkouchi180407402
wanparkkouchi180407402 posted by (C)カシワヤ

いつかお父ちゃんみたいな立派な大人ジャガーになる日が待ちどうしいですね。
wanparkkouchi180407419
wanparkkouchi180407419 posted by (C)カシワヤ

三毛ヌキぶちぽん君からジャガっ仔ハク君。これほどノーマークでノーガードにやられてしまったのは久しぶりです。わんぱーくこうち侮りがたし。再度の訪問を誓って、取り急ぎ後半でした。

2017年末最後のウソもぐれ_伊勢シーパラダイス_20171230

こんばんは。
2017年最後のウソもぐれの地に選んだのは伊勢シーパラダイス

きらりひらりが「ハ」の字寝でお出迎え。
iseseapara171230244
iseseapara171230244 posted by (C)カシワヤ

つい先日4/10に満1歳になったばっかりの2頭なので、この当時はまだ8ヶ月半くらい。でもツメナシカワウソだけにすでにこの大きさです。
iseseapara171230406
iseseapara171230406 posted by (C)カシワヤ

因みに写真左下にちょろりと見えている家系図のきらりひらりが「べびうそ〜ちびうそ」時代のものだったので、見にきているお客さんのほとんどが目の前の2頭がきらりひらりだとは思ってない方々が多かったです。
iseseapara171230408
iseseapara171230408 posted by (C)カシワヤ

なにせこの大きさです。2頭同時に甘えられてよろけるママキーパーさん。愛が重い・・
iseseapara171230389
iseseapara171230389 posted by (C)カシワヤ

この日の目玉はペンギンと一緒に催されたお散歩タイム。来るべき新年に合わせてはっぴを着込んだキーパーさんとレッツらGo!
iseseapara171230432
iseseapara171230432 posted by (C)カシワヤ

お散歩お散歩!はやる気持ちがぐいぐいと伝わってきますね。(単に失敗写真じゃねーのか?
iseseapara171230454
iseseapara171230454 posted by (C)カシワヤ

お散歩はきらりひらりのお披露目も兼ねていましたので、ここで一旦VTRをどうぞ。


ひと段落したらご褒美のお魚でクールダウン。
iseseapara171230451
iseseapara171230451 posted by (C)カシワヤ

のはずが、なかなか勢いは止まりませんね。(また失敗写真の言い訳です。
iseseapara171230453
iseseapara171230453 posted by (C)カシワヤ


いきなり話変わってゆるりの握手タイム。ひげびんびん。
iseseapara171230587
iseseapara171230587 posted by (C)カシワヤ

最近?の彼は塩ビパイプの違いにこだわりを持っている様で、今日はどの塩ビにしようかと思案中。
iseseapara171230623
iseseapara171230623 posted by (C)カシワヤ

お気にりの塩ビが決まったら、颯爽とホッケー遊びに夢中のゆるり。
iseseapara171230303
iseseapara171230303 posted by (C)カシワヤ

転がす、滑らす、弾く。いろんな遊びを自ら開発していました。遊び好きのカワウソだけに流石ですね。
iseseapara171230304
iseseapara171230304 posted by (C)カシワヤ

しまいには握手パイプを使ってコミュニケーション?いろんなお客さんと楽しく塩ビをやりとりしていました。


気持ちよくくつろげる緑豊かな動物園_大内山動物園_20171229

青空に映えるカッコよく撮れたダチョウさん。
oouchiyama171229269
oouchiyama171229269 posted by (C)カシワヤ

こんにちは。今更ですが去年末に訪問した大内山動物園の垂れ流しです。

1枚目の写真の様にこの日はお天気に恵まれ穏やかな時間を過ごすことができました。ここの良いところは木々に恵まれた環境。なにせ獣舎自体が木造なのでフィトンチットを堪能できるところです。春先はスギ花粉も好きなだけ浴びることもできるというメリット?もあります。

もちろんいの一番にネネペペコンビニご挨拶。2頭仲良く立ち食い。
oouchiyama171229142
oouchiyama171229142 posted by (C)カシワヤ

そしてお約束のペペ君あぎあぎ。嘔吐作用があるのかないのか心配になるくらい豪快に手を突っ込んです。
oouchiyama171229080
oouchiyama171229080 posted by (C)カシワヤ

ネネちゃんは満腹中枢が満たされてそうそうにおねむ。豪快なアクビと共に2頭の特徴でもあるフリーダムなお髭が堪能できます。
oouchiyama171229041
oouchiyama171229041 posted by (C)カシワヤ

カワウソ舎の前でくつろいでいるとワンコたちのお散歩が通過。白くておおきな仔がこちらに興味を示して遊びたそうにしてくれました。
oouchiyama171229402
oouchiyama171229402 posted by (C)カシワヤ

今回のサプライズは新顔のゼニガタアザラシ。名前はガブちゃん。山の中でアザラシとはこれいかに?
oouchiyama171229397
oouchiyama171229397 posted by (C)カシワヤ

入りたてのガブちゃんはキーパーさんとのコミュニケーションを深めるためにトレーニングに勤しみ中。楽しい時、嬉しい時、興味がある時にお髭が立つのはどの動物でも一緒ですね。
oouchiyama171229327
oouchiyama171229327 posted by (C)カシワヤ

ひととおり園内を散策してくつろぎ帰り支度をしているとメンフクロウの飛翔訓練が中庭で始まりました。着地の瞬間に白い羽がばぁ〜!って開くのはとても美しく写真映えがしますね。
oouchiyama171229383
oouchiyama171229383 posted by (C)カシワヤ

公共交通機関の不便さからかなかな訪問難易度の高いところですが、何度でも足を運びたくなる大内山動物園。一万円札が券売機で使える様になったのも地味に嬉しかったです。

立ち塞がる仔じゃがハクの罠_わんぱーくこうち_20180407

こんばんは。

入園早々に三毛ヌキぶちぽん君にやられまくって動悸息切れ救心しまくりながら奥へと進んでまいります、わんぱーくこうち。これ以上の衝撃はないだろうと心を平静に保ちながらえんやっとっと。やってきました大型ネコ科エリアです。ここにはスマトラトラ、ライオンときて・・

じゃが〜!
wanparkkouchi180407031
wanparkkouchi180407031 posted by (C)カシワヤ

威風堂々のっしのしなルモさん。たくましいオスの個体です。
wanparkkouchi180407032
wanparkkouchi180407032 posted by (C)カシワヤ

現在国内で飼育されているジャガーは少なく、つい先日天王寺のジャガオさんが亡くなってしまったのでこの掲示板からもさらに1頭減って14頭になってしまいました。かくゆうここわんぱーくこうちも3月6日に当時国内最高齢のハルさんが亡くなったばかり。誠に残念です。
wanparkkouchi180407367
wanparkkouchi180407367 posted by (C)カシワヤ

じ・つ・は、お昼12時から2時間限定のお披露目会がありまして、まずはルモさんに変わって葉月ココさんの登場です。美しい模様がひときわ鮮やかなココさん。うっとり・・
wanparkkouchi180407152
wanparkkouchi180407152 posted by (C)カシワヤ

その時でした。家政婦は見た!

なにか小さな姿をした生き物がするりとウッドデッキから飛び降りてきました。
wanparkkouchi180407312
wanparkkouchi180407312 posted by (C)カシワヤ

wanparkkouchi180407313
wanparkkouchi180407313 posted by (C)カシワヤ

wanparkkouchi180407314
wanparkkouchi180407314 posted by (C)カシワヤ

そして姿勢を低くした何者かが眼光鋭くコチトラを見つめています。
wanparkkouchi180407192
wanparkkouchi180407192 posted by (C)カシワヤ

ドッギャ〜〜〜ン!またしても心の臓を強烈に射抜かれてしまいました!この仔は2017年12月6日に生まれた仔じゃがことハク君でした。ぶちぽん君の後はハク君、白昼堂々とクロスカウンターをくらったウルフ金串さんの様な心境です。

流石はじゃがっ仔、ココ母ちゃんと歩く姿はすでに猛獣の貫禄が漂っていました。
wanparkkouchi180407221
wanparkkouchi180407221 posted by (C)カシワヤ

とはいえまだこの時は生後4ヶ月になったばかり、放飼場の倒木担いでえっさほいさ。
wanparkkouchi180407206
wanparkkouchi180407206 posted by (C)カシワヤ

wanparkkouchi180407208
wanparkkouchi180407208 posted by (C)カシワヤ

wanparkkouchi180407212
wanparkkouchi180407212 posted by (C)カシワヤ

wanparkkouchi180407213
wanparkkouchi180407213 posted by (C)カシワヤ

逞しさと可愛さが同居するクロスオーバーな展開にドキがムネムネ! by釣りキチ三平

カワウソに会いに行く予定が狂いまくりングでルミちゃんたまりませんわ!

つづく。

立ち塞がる三毛ヌキぶちぽんの罠_わんぱーくこうち_20180407

こんばんは。

変なタイトルですがこれには理由があります。この日は久しぶりの高知県へ赴きました。もちろんウソもぐれが目的です。とはいえいつもなら空港から桂浜もしくはのいちへタクシーを飛ばすのが常なのですが、今回はちょい時になる施設があったので寄り道をすることにしました。
その施設の名は・・じゃらららららららら・・(ドラムの音)・・・わんぱーくこうちアニマルランドです。

てなわけで、いろいろ端折っていきなり入園。しかも無料!おっとっと、そこのお兄さん募金箱への気持ちを忘れずに。

んでもっていきなりズッギュ〜〜〜〜ン!
wanparkkouchi180407008
wanparkkouchi180407008 posted by (C)カシワヤ

wanparkkouchi180407013
wanparkkouchi180407013 posted by (C)カシワヤ

wanparkkouchi180407014
wanparkkouchi180407014 posted by (C)カシワヤ

wanparkkouchi180407017
wanparkkouchi180407017 posted by (C)カシワヤ

wanparkkouchi180407028
wanparkkouchi180407028 posted by (C)カシワヤ

なんて美しいタヌキさんでしょう!アルビノではありません、白化ホンドタヌキのオスです。完全に白化していないので、ところどころ色素がブチの様に残っています。それもそのはず名前はぶちぽん君だそうです。左目がほのかに青みを帯びてオッドアイになっているのも魅力的です。メロメロです。

何を言いたいのかというと桂浜へ赴くついでに小一時間時間を潰そうかな?くらいの気持ちで入園したらいきなりこの子がお出迎えなわけですよ。気が動転しないほうがオカシイですよね?ね!ネ!

うっすら陰る木漏れ日の下で神々しいまでの姿に見惚れてしまい、只々感無量。
wanparkkouchi180407054
wanparkkouchi180407054 posted by (C)カシワヤ

wanparkkouchi180407060
wanparkkouchi180407060 posted by (C)カシワヤ

いわゆるひとつのアルカイックスマイルとでも申しましょうか?済ましていても微笑ましい表情。
wanparkkouchi180407066
wanparkkouchi180407066 posted by (C)カシワヤ

wanparkkouchi180407069
wanparkkouchi180407069 posted by (C)カシワヤ

ともかく、しょっぱなからぶちぽん君です。まだこの奧にどんな罠が仕掛けられているのかわかりません。おそるべしわんぱーくこうち。おそるおそる続きます。

6年10ヶ月ぶりの再会ナガラとミナミ_アクア・トトぎふ_20171228

こんばんは。今年もひな祭りが終わって、もうすぐ花見の季節がやってきますね。(早犬

去年末に永いことご無沙汰していたアクア・トトぎふへ赴きました。実に6年10ヶ月ぶりの訪問です。駅の自動改札のようなチケット読み取り機をくぐってえれべたで上へまいります。到着するとなんてことでしょう!

そこはいつのまにやら長良川の源流部。
aquatotto110211241
aquatotto110211241 posted by (C)カシワヤ

岩魚の泳ぐ水槽脇、テラスの状の部分から見下ろせば・・
aquatotto110211242
aquatotto110211242 posted by (C)カシワヤ

聞き覚えのある(ホントか?)鳴き声が聞こえてきました。
aquatotto110211243
aquatotto110211243 posted by (C)カシワヤ

はやる気持ちを抑え切れずにひとつ下の階へ降りてみましょう。(せっかく登ったのに・・)

階下の一番奥には滝壺を模したコツメカワウソの展示水槽があります。大きな2面のガラスの先にはぴゃっぴゃ!とたわむれる2頭。

そこにはナガラと・・
aquatotto171228157
aquatotto171228157 posted by (C)カシワヤ

ミナミ
aquatotto171228206
aquatotto171228206 posted by (C)カシワヤ

え!え?えぇ〜!?

確か6年10ヶ月前にも・・ナガラと
aquatotto110211053
aquatotto110211053 posted by (C)カシワヤ

ミナミ
aquatotto110211067
aquatotto110211067 posted by (C)カシワヤ

あの仲睦まじくゴロゴロしていたナガラとミナミがまだ立派に現役展示だったのです。
aquatotto110211159
aquatotto110211159 posted by (C)カシワヤ

かつての光景と思い出がよみがえってくるようでした。
aquatotto110211219
aquatotto110211219 posted by (C)カシワヤ

でもさすがに2頭はもうそれなりのお歳です。あのいちゃつきぶりは拝めませんよねぇ・・って、現役かい!
aquatotto171228220
aquatotto171228220 posted by (C)カシワヤ

情事の後は丸太でくねごろリラックス。歳はとっても立派な仕事ぶり?
aquatotto171228293
aquatotto171228293 posted by (C)カシワヤ

若い頃(それでも10歳超えていたけど)は腰回りの筋肉が充実していたナガラ。恐れ入りました。
aquatotto110211040
aquatotto110211040 posted by (C)カシワヤ

しばらく眺め入っていると奥の方からキーパーさん登場。フィーディングタイムの始まりです。
aquatotto171228179
aquatotto171228179 posted by (C)カシワヤ

インカムでコツメカワウソの解説をしながらテキパキとナガラとミナミに給仕をしていきます。
aquatotto171228433
aquatotto171228433 posted by (C)カシワヤ

フィーディングタイムも佳境に入った頃、始まりますのはナガラのダイビングお魚キャッチです。しっかりポジションどりをして準備桶な様子。
aquatotto171228447
aquatotto171228447 posted by (C)カシワヤ

それぇ〜!
aquatotto171228459
aquatotto171228459 posted by (C)カシワヤ

aquatotto171228460
aquatotto171228460 posted by (C)カシワヤ

aquatotto171228461
aquatotto171228461 posted by (C)カシワヤ

aquatotto171228462
aquatotto171228462 posted by (C)カシワヤ

御歳17歳とはおもえぬ俊敏さです。

その後もナガラは倒木と水中を行ったり来たり。
aquatotto171228437
aquatotto171228437 posted by (C)カシワヤ

aquatotto171228438
aquatotto171228438 posted by (C)カシワヤ

aquatotto171228439
aquatotto171228439 posted by (C)カシワヤ

aquatotto171228440
aquatotto171228440 posted by (C)カシワヤ

aquatotto171228445
aquatotto171228445 posted by (C)カシワヤ

おみごと!のひとこと。

そして最後にガラス間際で皆様へのご挨拶。老紳士は常に礼儀をわきまえているのです。「マナーが、作るんだ、人を!」ガラハット談
aquatotto171228358
aquatotto171228358 posted by (C)カシワヤ

aquatotto171228359
aquatotto171228359 posted by (C)カシワヤ

aquatotto171228360
aquatotto171228360 posted by (C)カシワヤ

aquatotto171228361
aquatotto171228361 posted by (C)カシワヤ

繰り返す様ですが、7年近くもご無沙汰していて同じ水槽で同じ個体の元気な姿を見せてもらえるとは思いもしませんでした。

ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。

ナガラもミナミもいつかは穏やかな時を迎えることでしょうが、こうしてまた会えたこと、そしてコチトラの心の中にとどまっていてくれることがなにより嬉しいと感じた再訪問でした。

7年5ヶ月目の節目_各動物園・水族館_20170709

こんにちは。

今年もいよいよ最後の日となりましたぬ。2017年はコチトラのウソもぐれと称するカワウソ巡りの旅にひとつのくぎりがついた年でした。

そもそもウソもぐれをするきっかけとなったのは2010年2月14日の市川市動植物園でムツキに会ってからでした。その当時は「全国のカワウソに会いに行く」なんて考えてもみなかったのですが、あれよあれよという間に月日とお金が過ぎ去り2017年7月9日に埼玉県こども動物自然公園をもって当時カワウソを飼育展示していた70施設を全て回ることができました。約7年5ヶ月目の出来事でした。

訪問した順番は既に記憶の彼方なので、北から順にその施設を記載していきましょう。





釧路市動物園

おたる水族館
otaru141123120
otaru141123120 posted by (C)カシワヤ

札幌市円山動物園

ノースサファリサッポロ

サンピアザ水族館






盛岡市動物公園
morioka150214606
morioka150214606 posted by (C)カシワヤ

秋田市大森山動物園

仙台うみの杜水族館

環境水族館アクアマリンふくしま
fukushima151220413
fukushima151220413 posted by (C)カシワヤ

アクアマリンいなわしろカワセミ水族館





日立市かみね動物園

那須どうぶつ王国


東武動物公園

狭山市立智光山公園こども動物園
cikozan170219231
cikozan170219231 posted by (C)カシワヤ

埼玉県こども動物自然公園

千葉市動物公園
chibashi131221190
chibashi131221190 posted by (C)カシワヤ

市川市動植物園
ichikawa101219283
ichikawa101219283 posted by (C)カシワヤ

市原ぞうの国

アロハガーデンたてやま(旧南房パラダイス)
nanpara130428248
nanpara130428248 posted by (C)カシワヤ

恩賜上野動物園
ueno090227006
ueno090227006 posted by (C)カシワヤ

多摩動物公園

井の頭自然文化園

サンシャイン水族館(旧サンシャイン国際水族館)
sunshine150617057
sunshine150617057 posted by (C)カシワヤ

アクアパーク品川

よこはま動物園ズーラシア
zoorasia170410198
zoorasia170410198 posted by (C)カシワヤ

横浜・八景島シーパラダイス
 ※ふれあいラグーンにて時間限定イベントとして展示

京急油壺マリンパーク





伊豆シャボテン動物公園(旧伊豆シャボテン公園)

伊豆・三津シーパラダイス

浜松市動物園

東山動植物園
higashiyama110212019
higashiyama110212019 posted by (C)カシワヤ

南知多ビーチランド

豊橋総合動植物公園のんほいパーク
nonhoi161029294
nonhoi161029294 posted by (C)カシワヤ

世界淡水魚園水族館アクア・トトぎふ
aquatotto110211040
aquatotto110211040 posted by (C)カシワヤ

伊勢夫婦岩ふれあい水族館シーパラダイス(旧二見シーパラダイス)
iseseapara170527078
iseseapara170527078 posted by (C)カシワヤ

鳥羽水族館

大内山動物園





新潟市水族館マリンピア日本海
marinepia070503014
marinepia070503014 posted by (C)カシワヤ

上越市立水族博物館(現在地の隣に上越市立水族博物館うみがたりとして建設中)
 ※新施設ではカワウソの飼育展示予定はないそうです。

富山市ファミリーパーク

のとじま水族館


越前松島水族館
echizen170521454
echizen170521454 posted by (C)カシワヤ





海遊館
kaiyukan130202269
kaiyukan130202269 posted by (C)カシワヤ

ニフレル

ひらかたパーク・どうぶつハグハグたうん

みさき公園
misaki140118695
misaki140118695 posted by (C)カシワヤ

アドベンチャーワールド
adventure150924776
adventure150924776 posted by (C)カシワヤ

神戸市立王子動物園

神戸どうぶつ王国

サファリリゾート姫路セントラルパーク
himecen150923506
himecen150923506 posted by (C)カシワヤ





池田動物園

広島市安佐動物公園
asa1408032541
asa1408032541 posted by (C)カシワヤ

宮島水族館みやじマリン

周南市徳山動物園
tokuyama150607324
tokuyama150607324 posted by (C)カシワヤ

ときわ動物園

新屋島水族館
shinyashima120804257
shinyashima120804257 posted by (C)カシワヤ

本島イルカ村
 ※2017年度の営業はありませんでした。2018年度に期待

しろとり動物園

とくしま動物園
tokushima120805080
tokushima120805080 posted by (C)カシワヤ

高知県立のいち動物公園

桂浜水族館
katurahama120303172
katurahama120303172 posted by (C)カシワヤ

愛媛県立とべ動物園

四万十川学習センター(虹の森公園)おさかな館
osakanakan140906159
osakanakan140906159 posted by (C)カシワヤ





響灘緑地グリーンパーク

福岡市動物園
fukuoka140315135
fukuoka140315135 posted by (C)カシワヤ

長崎バイオパーク

大分マリーンパレス水族館うみたまご
umitama090809162
umitama090809162 posted by (C)カシワヤ

うみたま体験パークつくみイルカ島

宮崎市フェニックス自然動物園

鹿児島市平川動物公園
hirakawa1403171082
hirakawa1403171082 posted by (C)カシワヤ





載せたシャシンはあくまで一例で、かなり昔のシャシンも含まれています。既に亡くなってしまった個体も含まれますが、今見返しても思い出深いものです。

2018年はどんなウソもぐれが待っているのか?(もしかしたらやめちゃうかも?)コチトラ自身も知る由もありません。

んじゃ、とりあえずまた来年。良い年の瀬を!

悩殺ちびらしあ、くるみあずきの識別シャシンはまた今度_アクアマリンふくしま_20171218

こんばんは。新幹線乗車中にちびらしあの垂れ流しを完結させておきましょう。

しかぁ〜し!タイトルからしてなげやり感まっさかり。こんな体たらくで本当に良いのでしょうか?もう年末、しかも今年はあと1日しかありません。常日頃からブログを読んでもらえるのが一番嬉しいとかなんとか言っておきながら、も〜たいへん!とはいえ11月からブログ更新を苦心して増やしてみたりしているのでその辺は勘弁してつかぁ〜さい。

えぇっと、どこまで話が進んでいたっけ?ちびらしあの悩殺三段重ねだったよね?

むぎゅむぎゅ潰れまんじゅうあんこが出ちゃいそうなくるみとあずきはすやすや安心しきっていますがまろん母ちゃんはそうではありません。

ぎと・・
fukushima171218177
fukushima171218177 posted by (C)カシワヤ

みてくださいこの立派な金目鯛・・でなくて、鋭い視線。まろんはけして子育てに慢心ましてや安心しているわけではりません。ガラス一枚へだてた先には入れ替わり立ち替わりいろんなお客さんがやって来てちびらしあ達を観察していきます。ましてやちんけなコチトラが無意味にでかいレンズを向けているのですから警戒して当然です。

でもそんなまろんの気構えとは裏腹にあずきがちょこっと起き出して来ました。
fukushima171218191
fukushima171218191 posted by (C)カシワヤ

豆粒のような点目でコチトラを見つめてくる愛らしさ。
fukushima171218198
fukushima171218198 posted by (C)カシワヤ

あずきの目は黒目がち。あずきというよりは黒豆かもしれませんが、可愛らしいのはどちらも同じ。豆繋がりですから今日のところはこの辺で勘弁しといたるわ!(逃げ台詞
fukushima171218224
fukushima171218224 posted by (C)カシワヤ

一方こちらはあずきよりも少し大きくてやんちゃなくるみ。
fukushima171218384
fukushima171218384 posted by (C)カシワヤ

シャシンではあまりはっきりとした違いを今回撮ることはできませんでしたが、あずきに比べて白目が目立っていました。

そして寝起きのかわいらしいあくび・・
fukushima171218395
fukushima171218395 posted by (C)カシワヤ

あんぎゃぁ〜!
fukushima171218392
fukushima171218392 posted by (C)カシワヤ

小さいですがもうすっかり立派な犬歯やなんかが生えてきています。欲を言えばくるみちゃんもう少しアゴ模様がはっきりわかるようにあくびしてほしかった・・

あずきとくるみが起き出せば、そこはそれそれわやくちゃ姉妹じゃれじゃれの始まりです。
fukushima171218293
fukushima171218293 posted by (C)カシワヤ

じゃれ合いはやっぱりくるみに軍配。こうしてマウントをとることが多々ありました。

勝者?の不敵な笑みを浮かべるくるみ。
fukushima171218410
fukushima171218410 posted by (C)カシワヤ

彼女が一度暴れれば、巣穴がくるみに支配されてしまいそうです。姫川亜弓さまも真っ青な巣穴荒らしとはそう、彼女なのかもしれません。

くるみ、恐ろしい子・・

悶絶ちびらしあ、母娘の悩殺三段重ね_アクアマリンふくしま_20171218

ちょ〜ん!
fukushima171218110
fukushima171218110 posted by (C)カシワヤ

館内一周から戻ってくると待ってましたのちびらしあ。さぁここからが本番です。

最初に起きてきたのは向かって右の子。
fukushima171218118
fukushima171218118 posted by (C)カシワヤ

続けて左の子も起き出してきました。
fukushima171218142
fukushima171218142 posted by (C)カシワヤ

この時はどちらがくるみかあずきかはわかりませんでしたが、ぶっちゃけ後で見返してみると最初に起き出してきた右がくるみ、後から起きてきた左があずきでした。詳しい識別はおいおい垂れ流すとして、取り急ぎちびらしあの可愛さに悶絶しましょう。

さらにしばらくすると母親のまろんも起き出してごそごそとポジショニングを変えはじめました。

じゃじゃぁ〜ん!キタコレ!ユーラシアカワウソ母娘の悩殺三段重ねです。(微妙にズレているけど
fukushima171218150
fukushima171218150 posted by (C)カシワヤ

この構図で言うと一番手前がくるみ、左中ほどがあずき、一番上奥がまろんです。

寝起きのくるみが・・
fukushima171218155
fukushima171218155 posted by (C)カシワヤ

あ・・
fukushima171218156
fukushima171218156 posted by (C)カシワヤ

く・・
fukushima171218157
fukushima171218157 posted by (C)カシワヤ

び・・
fukushima171218158
fukushima171218158 posted by (C)カシワヤ

くるみ:上唇の白フチが左右非対称で中央がくびれています。

あずき:上唇の白フチが左右対象で中央はつながっています。

ムギュッとあずきの上にのしかかるまろんとあくびの後にベロをしまい忘れるくるみ。
fukushima171218162
fukushima171218162 posted by (C)カシワヤ

さらにくるみの上にのしかかるまろん。
fukushima171218165
fukushima171218165 posted by (C)カシワヤ

母親に抱かれて満足げに寝るあずき、目の前にいる真っ黒なちんちくりんのコチトラが気になるくるみ。
fukushima171218169
fukushima171218169 posted by (C)カシワヤ

今一度ムギュッとくるみ。
fukushima171218173
fukushima171218173 posted by (C)カシワヤ

ムギュすやぁ〜なあずき。
fukushima171218174
fukushima171218174 posted by (C)カシワヤ

脳みそがいかれてしまうほどのシチュエーションにコチトラもう我慢が効きません!(何を?

悶絶ちびらしあ・・と、その前に_アクアマリンふくしま_20171218

こんばんは。
有給休暇っていいですね。お客さんの少ない平日月曜日にまろんの子供達に会ってきました。

とても良い天気。冬の乾いた空気が縄文の里にあるカワウソのふちを際立たせています。
fukushima171218003
fukushima171218003 posted by (C)カシワヤ

カワウソのふち展示場に入るとそこにはカワウソがたくさん早贄になっているウソツリー。(おい!
fukushima171218005
fukushima171218005 posted by (C)カシワヤ

fukushima171218007
fukushima171218007 posted by (C)カシワヤ

振り返ればそこにはまろんの子供達の名前が表示されたカンバス立てが・・
fukushima171218001
fukushima171218001 posted by (C)カシワヤ

そうです、実はこの日は命名式の翌日。昨日はさぞたくさんのお客さんで賑わっていたことでしょう。あえて外すスタイル。カワウソはゆっくり観察してこそ!そのポリシーは揺らぎません。

てな訳で、子供達の名前は「くるみ」と「あずき」。まぁ、予想の範疇だとか野暮なことは言わずにおきましょう。(充分言ってるじゃん!
fukushima171218002
fukushima171218002 posted by (C)カシワヤ

んで、肝心要のカワウソ達はどうしているのかというと・・

ち〜ん・・
fukushima171218101
fukushima171218101 posted by (C)カシワヤ

やっぱり寝てた〜!
夜行性気質のユーラシアですし。(お寿司 昨日の疲れもあるでしょうし、これは致し方がありません。叩き起こすわけにもいかないので館内一周して時間を稼ぎましょう。

すっかり大人の印、鞍掛模様になったクラカケアザラシの「くらまる」が切断マジックを披露していたり。
fukushima171218046
fukushima171218046 posted by (C)カシワヤ

大きくてたくましいトドのイチローが悠々と泳いでいたり。
fukushima171218042
fukushima171218042 posted by (C)カシワヤ

小さな水槽に小さなナメダンゴがこじんまりと寄り添っていたり。
fukushima171218049
fukushima171218049 posted by (C)カシワヤ

美味しそうなアオリイカが空中浮遊をしていたり。
fukushima171218062
fukushima171218062 posted by (C)カシワヤ

迫力満点のタマカイが暗闇の奥底で待ち伏せしていたり。(助けて〜!
fukushima171218063
fukushima171218063 posted by (C)カシワヤ

なんだかんだ言ってカワウソのことが気になって仕方がなかったりして、もう大変!

足早に一周してカワウソのふちへ戻ってきてみると・・

キタコレ!トシちゃん感激!
fukushima171218132
fukushima171218132 posted by (C)カシワヤ

小さな瞳がこちらを凝視しているじゃあ〜りませんか?byチャーリー浜

さてさて、ここからが本番です。たとえヘタクソと言われようにもちびらしあ達のシャシンを撮らねばコチトラが廃る!というものです。

いけいけゴーゴーちびらしあ。悶絶しそうです。

気の早い雪とグルメ紀行カエデ嬢_盛岡市動物公園_20171125

こんばんは〜!
しばらく間が空きましたがカエデ嬢の垂れ流し妻子誘拐でなくて最終回。いよいよ給餌も佳境に入ってきましたが、そ・の・ま・え・に・・・

カエデ嬢は木登りカワウソとしても有名で、放飼場にあるこんな細い木々にも軽々?登っちゃいます。
morioka171125537
morioka171125537 posted by (C)カシワヤ

見晴らしの良いところまで来たのでしばし景色を眺めましょうか。
morioka171125523
morioka171125523 posted by (C)カシワヤ

とはいえ、周りに見えるのは大砲を抱えたカメラマンしかいないんですけどね。

せっかくの雪化粧とべっぴんさんなカエデ嬢なのに、イカシタ彼氏の一頭や二頭もいないのでがっかり。
morioka171125519
morioka171125519 posted by (C)カシワヤ

と、ここで飼育員さんがおもむろに植木に花を咲かせ・・でなくて切り身を乗せ始めました。
morioka171125494
morioka171125494 posted by (C)カシワヤ

待ってました!これぞ噂の(本当に噂だけかも?)樹上あぎあぎです。詳しい様子はこちらをご覧ください。

満足げなカエデ嬢はするすると下山・・
morioka171125544
morioka171125544 posted by (C)カシワヤ

と、おもいきや。お腹が重くなったのかちょいとバランスを崩しておっとっと!いとおかし。
morioka171125529
morioka171125529 posted by (C)カシワヤ

おちゃめな様子にすっかりほだされていると、今度は裏方から怪しげ(なわけないじゃん!)なバケツを持って飼育員さんが再登場。
morioka171125547
morioka171125547 posted by (C)カシワヤ

お待ちかねの生き餌の登場です!
morioka171125551
morioka171125551 posted by (C)カシワヤ

そそくさといつものダイビングポイントへ向かう姿に微笑ましさを感じながらいよいよスタート!
morioka171125549
morioka171125549 posted by (C)カシワヤ

その時の様子はこちらをご覧ください。

あっという間にお魚げっと〜!
morioka171125554
morioka171125554 posted by (C)カシワヤ

清流の女王こと山女魚を惜しげも無く食すカエデ嬢。パンがなければケーキを食べればいいじゃない。なぁ〜んて言っている場合じゃありません。
morioka171125585
morioka171125585 posted by (C)カシワヤ

縦横無尽にグルメ紀行を堪能したカエデ嬢。
morioka171125603
morioka171125603 posted by (C)カシワヤ

その凛々しい姿にやっぱり階段を降りるタイプなのね!と納得せざるを得ませんね。

今冬は例年に比べて寒くなるのでは?というカメムシのお告げがあったとかなかったとか?それはともかく年明けの冬季特別開園が1月と2月の2回もあったりするので雪とカエデ嬢を堪能したい方々はいそげ盛岡!

んじゃまたね!

悶絶ちびらしあ、母娘の営み_アクアマリンふくしま_20171218







なんとなぁ〜く〜しあわせ〜_ひびき動物ワールド_20170701

なんとなぁ〜く〜しあわせ〜

hibikidoubutsu170701123
hibikidoubutsu170701123 posted by (C)カシワヤ

hibikidoubutsu170701124
hibikidoubutsu170701124 posted by (C)カシワヤ

hibikidoubutsu170701127
hibikidoubutsu170701127 posted by (C)カシワヤ

hibikidoubutsu170701132
hibikidoubutsu170701132 posted by (C)カシワヤ

ワラビー達を眺めているとこのフレーズがなんとなくしっくりきます。

Index of all entries

Home

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top