Home

写真の埋立地、もしくはカワウソ沼 -otter swamp-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

7年5ヶ月目の節目_各動物園・水族館_20170709

こんにちは。

今年もいよいよ最後の日となりましたぬ。2017年はコチトラのウソもぐれと称するカワウソ巡りの旅にひとつのくぎりがついた年でした。

そもそもウソもぐれをするきっかけとなったのは2010年2月14日の市川市動植物園でムツキに会ってからでした。その当時は「全国のカワウソに会いに行く」なんて考えてもみなかったのですが、あれよあれよという間に月日とお金が過ぎ去り2017年7月9日に埼玉県こども動物自然公園をもって当時カワウソを飼育展示していた70施設を全て回ることができました。約7年5ヶ月目の出来事でした。

訪問した順番は既に記憶の彼方なので、北から順にその施設を記載していきましょう。





釧路市動物園

おたる水族館
otaru141123120
otaru141123120 posted by (C)カシワヤ

札幌市円山動物園

ノースサファリサッポロ

サンピアザ水族館






盛岡市動物公園
morioka150214606
morioka150214606 posted by (C)カシワヤ

秋田市大森山動物園

仙台うみの杜水族館

環境水族館アクアマリンふくしま
fukushima151220413
fukushima151220413 posted by (C)カシワヤ

アクアマリンいなわしろカワセミ水族館





日立市かみね動物園

那須どうぶつ王国


東武動物公園

狭山市立智光山公園こども動物園
cikozan170219231
cikozan170219231 posted by (C)カシワヤ

埼玉県こども動物自然公園

千葉市動物公園
chibashi131221190
chibashi131221190 posted by (C)カシワヤ

市川市動植物園
ichikawa101219283
ichikawa101219283 posted by (C)カシワヤ

市原ぞうの国

アロハガーデンたてやま(旧南房パラダイス)
nanpara130428248
nanpara130428248 posted by (C)カシワヤ

恩賜上野動物園
ueno090227006
ueno090227006 posted by (C)カシワヤ

多摩動物公園

井の頭自然文化園

サンシャイン水族館(旧サンシャイン国際水族館)
sunshine150617057
sunshine150617057 posted by (C)カシワヤ

アクアパーク品川

よこはま動物園ズーラシア
zoorasia170410198
zoorasia170410198 posted by (C)カシワヤ

横浜・八景島シーパラダイス
 ※ふれあいラグーンにて時間限定イベントとして展示

京急油壺マリンパーク





伊豆シャボテン動物公園(旧伊豆シャボテン公園)

伊豆・三津シーパラダイス

浜松市動物園

東山動植物園
higashiyama110212019
higashiyama110212019 posted by (C)カシワヤ

南知多ビーチランド

豊橋総合動植物公園のんほいパーク
nonhoi161029294
nonhoi161029294 posted by (C)カシワヤ

世界淡水魚園水族館アクア・トトぎふ
aquatotto110211040
aquatotto110211040 posted by (C)カシワヤ

伊勢夫婦岩ふれあい水族館シーパラダイス(旧二見シーパラダイス)
iseseapara170527078
iseseapara170527078 posted by (C)カシワヤ

鳥羽水族館

大内山動物園





新潟市水族館マリンピア日本海
marinepia070503014
marinepia070503014 posted by (C)カシワヤ

上越市立水族博物館(現在地の隣に上越市立水族博物館うみがたりとして建設中)
 ※新施設ではカワウソの飼育展示予定はないそうです。

富山市ファミリーパーク

のとじま水族館


越前松島水族館
echizen170521454
echizen170521454 posted by (C)カシワヤ





海遊館
kaiyukan130202269
kaiyukan130202269 posted by (C)カシワヤ

ニフレル

ひらかたパーク・どうぶつハグハグたうん

みさき公園
misaki140118695
misaki140118695 posted by (C)カシワヤ

アドベンチャーワールド
adventure150924776
adventure150924776 posted by (C)カシワヤ

神戸市立王子動物園

神戸どうぶつ王国

サファリリゾート姫路セントラルパーク
himecen150923506
himecen150923506 posted by (C)カシワヤ





池田動物園

広島市安佐動物公園
asa1408032541
asa1408032541 posted by (C)カシワヤ

宮島水族館みやじマリン

周南市徳山動物園
tokuyama150607324
tokuyama150607324 posted by (C)カシワヤ

ときわ動物園

新屋島水族館
shinyashima120804257
shinyashima120804257 posted by (C)カシワヤ

本島イルカ村
 ※2017年度の営業はありませんでした。2018年度に期待

しろとり動物園

とくしま動物園
tokushima120805080
tokushima120805080 posted by (C)カシワヤ

高知県立のいち動物公園

桂浜水族館
katurahama120303172
katurahama120303172 posted by (C)カシワヤ

愛媛県立とべ動物園

四万十川学習センター(虹の森公園)おさかな館
osakanakan140906159
osakanakan140906159 posted by (C)カシワヤ





響灘緑地グリーンパーク

福岡市動物園
fukuoka140315135
fukuoka140315135 posted by (C)カシワヤ

長崎バイオパーク

大分マリーンパレス水族館うみたまご
umitama090809162
umitama090809162 posted by (C)カシワヤ

うみたま体験パークつくみイルカ島

宮崎市フェニックス自然動物園

鹿児島市平川動物公園
hirakawa1403171082
hirakawa1403171082 posted by (C)カシワヤ





載せたシャシンはあくまで一例で、かなり昔のシャシンも含まれています。既に亡くなってしまった個体も含まれますが、今見返しても思い出深いものです。

2018年はどんなウソもぐれが待っているのか?(もしかしたらやめちゃうかも?)コチトラ自身も知る由もありません。

んじゃ、とりあえずまた来年。良い年の瀬を!

悩殺ちびらしあ、くるみあずきの識別シャシンはまた今度_アクアマリンふくしま_20171218

こんばんは。新幹線乗車中にちびらしあの垂れ流しを完結させておきましょう。

しかぁ〜し!タイトルからしてなげやり感まっさかり。こんな体たらくで本当に良いのでしょうか?もう年末、しかも今年はあと1日しかありません。常日頃からブログを読んでもらえるのが一番嬉しいとかなんとか言っておきながら、も〜たいへん!とはいえ11月からブログ更新を苦心して増やしてみたりしているのでその辺は勘弁してつかぁ〜さい。

えぇっと、どこまで話が進んでいたっけ?ちびらしあの悩殺三段重ねだったよね?

むぎゅむぎゅ潰れまんじゅうあんこが出ちゃいそうなくるみとあずきはすやすや安心しきっていますがまろん母ちゃんはそうではありません。

ぎと・・
fukushima171218177
fukushima171218177 posted by (C)カシワヤ

みてくださいこの立派な金目鯛・・でなくて、鋭い視線。まろんはけして子育てに慢心ましてや安心しているわけではりません。ガラス一枚へだてた先には入れ替わり立ち替わりいろんなお客さんがやって来てちびらしあ達を観察していきます。ましてやちんけなコチトラが無意味にでかいレンズを向けているのですから警戒して当然です。

でもそんなまろんの気構えとは裏腹にあずきがちょこっと起き出して来ました。
fukushima171218191
fukushima171218191 posted by (C)カシワヤ

豆粒のような点目でコチトラを見つめてくる愛らしさ。
fukushima171218198
fukushima171218198 posted by (C)カシワヤ

あずきの目は黒目がち。あずきというよりは黒豆かもしれませんが、可愛らしいのはどちらも同じ。豆繋がりですから今日のところはこの辺で勘弁しといたるわ!(逃げ台詞
fukushima171218224
fukushima171218224 posted by (C)カシワヤ

一方こちらはあずきよりも少し大きくてやんちゃなくるみ。
fukushima171218384
fukushima171218384 posted by (C)カシワヤ

シャシンではあまりはっきりとした違いを今回撮ることはできませんでしたが、あずきに比べて白目が目立っていました。

そして寝起きのかわいらしいあくび・・
fukushima171218395
fukushima171218395 posted by (C)カシワヤ

あんぎゃぁ〜!
fukushima171218392
fukushima171218392 posted by (C)カシワヤ

小さいですがもうすっかり立派な犬歯やなんかが生えてきています。欲を言えばくるみちゃんもう少しアゴ模様がはっきりわかるようにあくびしてほしかった・・

あずきとくるみが起き出せば、そこはそれそれわやくちゃ姉妹じゃれじゃれの始まりです。
fukushima171218293
fukushima171218293 posted by (C)カシワヤ

じゃれ合いはやっぱりくるみに軍配。こうしてマウントをとることが多々ありました。

勝者?の不敵な笑みを浮かべるくるみ。
fukushima171218410
fukushima171218410 posted by (C)カシワヤ

彼女が一度暴れれば、巣穴がくるみに支配されてしまいそうです。姫川亜弓さまも真っ青な巣穴荒らしとはそう、彼女なのかもしれません。

くるみ、恐ろしい子・・

悶絶ちびらしあ、母娘の悩殺三段重ね_アクアマリンふくしま_20171218

ちょ〜ん!
fukushima171218110
fukushima171218110 posted by (C)カシワヤ

館内一周から戻ってくると待ってましたのちびらしあ。さぁここからが本番です。

最初に起きてきたのは向かって右の子。
fukushima171218118
fukushima171218118 posted by (C)カシワヤ

続けて左の子も起き出してきました。
fukushima171218142
fukushima171218142 posted by (C)カシワヤ

この時はどちらがくるみかあずきかはわかりませんでしたが、ぶっちゃけ後で見返してみると最初に起き出してきた右がくるみ、後から起きてきた左があずきでした。詳しい識別はおいおい垂れ流すとして、取り急ぎちびらしあの可愛さに悶絶しましょう。

さらにしばらくすると母親のまろんも起き出してごそごそとポジショニングを変えはじめました。

じゃじゃぁ〜ん!キタコレ!ユーラシアカワウソ母娘の悩殺三段重ねです。(微妙にズレているけど
fukushima171218150
fukushima171218150 posted by (C)カシワヤ

この構図で言うと一番手前がくるみ、左中ほどがあずき、一番上奥がまろんです。

寝起きのくるみが・・
fukushima171218155
fukushima171218155 posted by (C)カシワヤ

あ・・
fukushima171218156
fukushima171218156 posted by (C)カシワヤ

く・・
fukushima171218157
fukushima171218157 posted by (C)カシワヤ

び・・
fukushima171218158
fukushima171218158 posted by (C)カシワヤ

くるみ:上唇の白フチが左右非対称で中央がくびれています。

あずき:上唇の白フチが左右対象で中央はつながっています。

ムギュッとあずきの上にのしかかるまろんとあくびの後にベロをしまい忘れるくるみ。
fukushima171218162
fukushima171218162 posted by (C)カシワヤ

さらにくるみの上にのしかかるまろん。
fukushima171218165
fukushima171218165 posted by (C)カシワヤ

母親に抱かれて満足げに寝るあずき、目の前にいる真っ黒なちんちくりんのコチトラが気になるくるみ。
fukushima171218169
fukushima171218169 posted by (C)カシワヤ

今一度ムギュッとくるみ。
fukushima171218173
fukushima171218173 posted by (C)カシワヤ

ムギュすやぁ〜なあずき。
fukushima171218174
fukushima171218174 posted by (C)カシワヤ

脳みそがいかれてしまうほどのシチュエーションにコチトラもう我慢が効きません!(何を?

悶絶ちびらしあ・・と、その前に_アクアマリンふくしま_20171218

こんばんは。
有給休暇っていいですね。お客さんの少ない平日月曜日にまろんの子供達に会ってきました。

とても良い天気。冬の乾いた空気が縄文の里にあるカワウソのふちを際立たせています。
fukushima171218003
fukushima171218003 posted by (C)カシワヤ

カワウソのふち展示場に入るとそこにはカワウソがたくさん早贄になっているウソツリー。(おい!
fukushima171218005
fukushima171218005 posted by (C)カシワヤ

fukushima171218007
fukushima171218007 posted by (C)カシワヤ

振り返ればそこにはまろんの子供達の名前が表示されたカンバス立てが・・
fukushima171218001
fukushima171218001 posted by (C)カシワヤ

そうです、実はこの日は命名式の翌日。昨日はさぞたくさんのお客さんで賑わっていたことでしょう。あえて外すスタイル。カワウソはゆっくり観察してこそ!そのポリシーは揺らぎません。

てな訳で、子供達の名前は「くるみ」と「あずき」。まぁ、予想の範疇だとか野暮なことは言わずにおきましょう。(充分言ってるじゃん!
fukushima171218002
fukushima171218002 posted by (C)カシワヤ

んで、肝心要のカワウソ達はどうしているのかというと・・

ち〜ん・・
fukushima171218101
fukushima171218101 posted by (C)カシワヤ

やっぱり寝てた〜!
夜行性気質のユーラシアですし。(お寿司 昨日の疲れもあるでしょうし、これは致し方がありません。叩き起こすわけにもいかないので館内一周して時間を稼ぎましょう。

すっかり大人の印、鞍掛模様になったクラカケアザラシの「くらまる」が切断マジックを披露していたり。
fukushima171218046
fukushima171218046 posted by (C)カシワヤ

大きくてたくましいトドのイチローが悠々と泳いでいたり。
fukushima171218042
fukushima171218042 posted by (C)カシワヤ

小さな水槽に小さなナメダンゴがこじんまりと寄り添っていたり。
fukushima171218049
fukushima171218049 posted by (C)カシワヤ

美味しそうなアオリイカが空中浮遊をしていたり。
fukushima171218062
fukushima171218062 posted by (C)カシワヤ

迫力満点のタマカイが暗闇の奥底で待ち伏せしていたり。(助けて〜!
fukushima171218063
fukushima171218063 posted by (C)カシワヤ

なんだかんだ言ってカワウソのことが気になって仕方がなかったりして、もう大変!

足早に一周してカワウソのふちへ戻ってきてみると・・

キタコレ!トシちゃん感激!
fukushima171218132
fukushima171218132 posted by (C)カシワヤ

小さな瞳がこちらを凝視しているじゃあ〜りませんか?byチャーリー浜

さてさて、ここからが本番です。たとえヘタクソと言われようにもちびらしあ達のシャシンを撮らねばコチトラが廃る!というものです。

いけいけゴーゴーちびらしあ。悶絶しそうです。

気の早い雪とグルメ紀行カエデ嬢_盛岡市動物公園_20171125

こんばんは〜!
しばらく間が空きましたがカエデ嬢の垂れ流し妻子誘拐でなくて最終回。いよいよ給餌も佳境に入ってきましたが、そ・の・ま・え・に・・・

カエデ嬢は木登りカワウソとしても有名で、放飼場にあるこんな細い木々にも軽々?登っちゃいます。
morioka171125537
morioka171125537 posted by (C)カシワヤ

見晴らしの良いところまで来たのでしばし景色を眺めましょうか。
morioka171125523
morioka171125523 posted by (C)カシワヤ

とはいえ、周りに見えるのは大砲を抱えたカメラマンしかいないんですけどね。

せっかくの雪化粧とべっぴんさんなカエデ嬢なのに、イカシタ彼氏の一頭や二頭もいないのでがっかり。
morioka171125519
morioka171125519 posted by (C)カシワヤ

と、ここで飼育員さんがおもむろに植木に花を咲かせ・・でなくて切り身を乗せ始めました。
morioka171125494
morioka171125494 posted by (C)カシワヤ

待ってました!これぞ噂の(本当に噂だけかも?)樹上あぎあぎです。詳しい様子はこちらをご覧ください。

満足げなカエデ嬢はするすると下山・・
morioka171125544
morioka171125544 posted by (C)カシワヤ

と、おもいきや。お腹が重くなったのかちょいとバランスを崩しておっとっと!いとおかし。
morioka171125529
morioka171125529 posted by (C)カシワヤ

おちゃめな様子にすっかりほだされていると、今度は裏方から怪しげ(なわけないじゃん!)なバケツを持って飼育員さんが再登場。
morioka171125547
morioka171125547 posted by (C)カシワヤ

お待ちかねの生き餌の登場です!
morioka171125551
morioka171125551 posted by (C)カシワヤ

そそくさといつものダイビングポイントへ向かう姿に微笑ましさを感じながらいよいよスタート!
morioka171125549
morioka171125549 posted by (C)カシワヤ

その時の様子はこちらをご覧ください。

あっという間にお魚げっと〜!
morioka171125554
morioka171125554 posted by (C)カシワヤ

清流の女王こと山女魚を惜しげも無く食すカエデ嬢。パンがなければケーキを食べればいいじゃない。なぁ〜んて言っている場合じゃありません。
morioka171125585
morioka171125585 posted by (C)カシワヤ

縦横無尽にグルメ紀行を堪能したカエデ嬢。
morioka171125603
morioka171125603 posted by (C)カシワヤ

その凛々しい姿にやっぱり階段を降りるタイプなのね!と納得せざるを得ませんね。

今冬は例年に比べて寒くなるのでは?というカメムシのお告げがあったとかなかったとか?それはともかく年明けの冬季特別開園が1月と2月の2回もあったりするので雪とカエデ嬢を堪能したい方々はいそげ盛岡!

んじゃまたね!

悶絶ちびらしあ、母娘の営み_アクアマリンふくしま_20171218







なんとなぁ〜く〜しあわせ〜_ひびき動物ワールド_20170701

なんとなぁ〜く〜しあわせ〜

hibikidoubutsu170701123
hibikidoubutsu170701123 posted by (C)カシワヤ

hibikidoubutsu170701124
hibikidoubutsu170701124 posted by (C)カシワヤ

hibikidoubutsu170701127
hibikidoubutsu170701127 posted by (C)カシワヤ

hibikidoubutsu170701132
hibikidoubutsu170701132 posted by (C)カシワヤ

ワラビー達を眺めているとこのフレーズがなんとなくしっくりきます。

寝るのも遊ぶのも親子それぞれ_市川市動植物園_20171210



気の早い雪ともっとせっかちなカエデ_盛岡市動物公園_20171125

突然クイズ!こりなぁ〜んだ?
morioka171125415
morioka171125415 posted by (C)カシワヤ

愚問愚問!こんなちゃちなクイズで時間を稼ごうだなんて、まったくもって最近のバラエティ番組は・・じゃなくて、賢明なるウソもぐれ諸氏ならわかって当然。

カエデ嬢の足跡としっぽ跡に決まってるじゃないですか!
morioka171125437
morioka171125437 posted by (C)カシワヤ

ええ〜と前回どこまで垂れ流したっけ?あ、そうそうもうすぐご飯の時間だよね。

飼育員さんの登場を待ちわびて窓際で泳ぎまくるカエデ嬢。カナダカワウソの泳ぐ姿と立ち姿を堪能できるタイミングです。
morioka171125453
morioka171125453 posted by (C)カシワヤ

狭い隙間にしたっとな!
morioka171125454
morioka171125454 posted by (C)カシワヤ

今度はあんよがぱ〜!
morioka171125456
morioka171125456 posted by (C)カシワヤ

片足立ちのチャーミングさ。惚れるねぇ。
morioka171125460
morioka171125460 posted by (C)カシワヤ

それでもなかなか飼育員さんが来ないので大口開けて雪のやけ食い。むき〜!
morioka171125461
morioka171125461 posted by (C)カシワヤ

と、おもいきや。いきなり謎の箱が登場。
morioka171125479
morioka171125479 posted by (C)カシワヤ

これはなにかしら?いいにおいがするわ・・
morioka171125497
morioka171125497 posted by (C)カシワヤ

カエデ嬢を引きつける謎の箱。それもそのはず飼育員さんがもって来た給餌道具だったのです。
morioka171125480
morioka171125480 posted by (C)カシワヤ

箱中へ魚の切り身を入れていざじゃぼん!カエデ嬢はすでにロックオン!(平床政治さんの声で叫んでね。
morioka171125502
morioka171125502 posted by (C)カシワヤ

箱の穴から切り身を得ようとして泳ぎ回りんぐ。
morioka171125518
morioka171125518 posted by (C)カシワヤ

やったー!魚の切り身をゲットだよ!(沖佳苗さんの声で読んでね。
morioka171125512
morioka171125512 posted by (C)カシワヤ

おおっと!あっけなく切り身を手に入れるのはさすが!でもご飯タイムは始まったばかり・・ですが続く。

立ち上がるナオと丸くなるムツキと・・_市川市動植物園_20171029

こんばんは。
思い出したように通っている市川市動植物園ですが、なぜだか最近垂れ流しをしていません。それは何故かと尋ねれば?ここはコチトラにとっての憩いの場。なんかのほほ〜んとながめいっていることが多いのでシャシン量が少なかったりするのです。(いい若い者が言い訳すんな!

てなわけで久しぶりに行ってみよ〜!(短いけど

流しカワウソで有名なナオ君が登場。
ichikawa171029017
ichikawa171029017 posted by (C)カシワヤ

飼育員さんを見つけると一足飛びに流れて来ます。(なんか日本語変
ichikawa171029018
ichikawa171029018 posted by (C)カシワヤ

流しカワウソ装置の最先端まで来ておもむろに立ち上がります。
ichikawa171029019
ichikawa171029019 posted by (C)カシワヤ

不安定な足場をものとせず、すっくと立ったその勇姿。
ichikawa171029020
ichikawa171029020 posted by (C)カシワヤ

ですが見つめる先の飼育員さんはたまたま通りかかっただけのようでこの時はかまってもらえずザンネンでしたナオ。
ichikawa171029021
ichikawa171029021 posted by (C)カシワヤ

一方ムツキ父ちゃんは見知った常連客が来るとおもむろに近寄って来ることがあります。
ichikawa171029024
ichikawa171029024 posted by (C)カシワヤ

「お〜い、ムツキ。久しぶりだなぁ。」
ichikawa171029025
ichikawa171029025 posted by (C)カシワヤ

のしっとウッドデッキの側っこの支柱にのしかかり・・
ichikawa171029026
ichikawa171029026 posted by (C)カシワヤ

ちょんまりとまるまるムツキ。無表情ながらその行動の愛らしさに心がほだされてしまいます。
ichikawa171029027
ichikawa171029027 posted by (C)カシワヤ

やはりここは心のオアシス。今回の垂れ流しには載せていませんが、末っ子マロンコロンやナナ母ちゃんも癒しの元です。これからも心が折れそうになった時(そうでなくても)通おうと心に誓うコチトラでありました。

おまけのまん丸ミーアキャット。寒くなるとこうやってライトの下で暖をとる姿が見れるのでいいですね。
ichikawa171029010
ichikawa171029010 posted by (C)カシワヤ

んじゃ今回はこの辺でバイビ〜!(死語

気の早い雪とカエデ嬢のたわむれ_盛岡市動物公園_20171125

させはて、カエデ嬢が放飼場にお召しになられましたので垂れ流し本番と行きましょうか。
morioka171125118
morioka171125118 posted by (C)カシワヤ

積雪が少ないとはいえユキスキーなカナダカワウソにとって待ちに待った季節の到来です。

まずはごろんちょ。
morioka171125203
morioka171125203 posted by (C)カシワヤ

次はくんかくんか・・
morioka171125205
morioka171125205 posted by (C)カシワヤ

そしてうまうま!
morioka171125198
morioka171125198 posted by (C)カシワヤ

肌で、香りで、味わいで、五感を使って雪の感触を楽しむカエデ嬢。生き物が楽しく過ごす時間をほんの少しおすそ分けしていただいているこの時間がとても愛おしく感じます。

それからふと見上げれば、そこにはカエデスキーな誰かさんがいらしてまして、当然のごとく注目してくれるわけでだったりするわけよ。
morioka171125150
morioka171125150 posted by (C)カシワヤ

注視するあまりおててがにぱっと開いちゃったりなんかしちゃったり。
morioka171125142
morioka171125142 posted by (C)カシワヤ

オマケでコチトラにも目線くださったりなんかしちゃったり。
morioka171125146
morioka171125146 posted by (C)カシワヤ

注釈:ここまでの実況は広川太一郎さんでした。

寒からって言ったって縮こまっているわけではありません。いきなりじゃぼん!
morioka171125151
morioka171125151 posted by (C)カシワヤ

寒くないのかって?
morioka171125133
morioka171125133 posted by (C)カシワヤ

あたちはへーき!
morioka171125135
morioka171125135 posted by (C)カシワヤ

寒くても泳ぐ、否!寒いからこそ泳ぐのがカナダカワウソ

泳いだ後にはクールダウン?顔から雪溜まりに突っ込むカエデ嬢いとおかし。
morioka171125190
morioka171125190 posted by (C)カシワヤ

おなじみカエデ嬢の栗鼻に雪乗っけ、しかもてんこ盛り。
morioka171125168
morioka171125168 posted by (C)カシワヤ

いつもより多めに乗せてござ〜い!
morioka171125165
morioka171125165 posted by (C)カシワヤ

これで貰うものはおんなじ〜!
morioka171125166
morioka171125166 posted by (C)カシワヤ

ネタが古めですが、もうすぐ正月ってことでいいじゃないですか?ねぇ。

しばらく眺め入っているといつもならお眠の時間なのですが、楽しみにしていた積雪にカエデ嬢は休む暇なく放飼場を行ったり来たり。ろそろそ担当飼育員さんがご飯を持って来てくれる時間です。

ちょうどいい時間なので続く。

気の早い雪の動物園と仲間たち_盛岡市動物公園_20171125

「明日雪が降るぞ!」
たったこの一言がきっかけで久しぶりに盛岡市動物公園へトンボ帰りして来ました。

てなわけでカナダカワウソ舎へ来て見ると・・少ないとはいえ積雪のある放飼場。
morioka171125002
morioka171125002 posted by (C)カシワヤ

とはいえ11月の気の早い雪なので水分を多く含んだ重い雪です。この日は気温が氷点下でなかったので、日差しが戻るとともに徐々に溶けて行きました。まぁこんなもんでしょう。でもこの時期に積雪があるということは来年1月2月の冬季特別開園は久しぶりの大雪の期待が持てるかもしれません。

カエデ嬢の閲覧窓には例の紙と楯。東北のいちカワウソとしては快挙ですね。
morioka171125003
morioka171125003 posted by (C)カシワヤ

カエデとの挨拶をすませる前にちょいと園内の様子を見て回りましょう。

岩と4頭でおなじみ日本イノシシさん。いい面構えです。
morioka171125013
morioka171125013 posted by (C)カシワヤ

池のほとりで寝込んでいたツキノワグマさん。白と黒のコントラストがいいですね。
morioka171125014
morioka171125014 posted by (C)カシワヤ

黄金色が雪に映えるホンドギツネさん。この季節はもふもふです。
morioka171125016
morioka171125016 posted by (C)カシワヤ

イタチ科のもふもふ代表選手はニホンアナグマさん。ぎゅうぎゅう。
morioka171125019
morioka171125019 posted by (C)カシワヤ

すっかり冬毛色のトウホクノウサギさん。雪がしっかり積もる季節が待ちどうしいです。
morioka171125021
morioka171125021 posted by (C)カシワヤ

スノーモンキーとして名を馳せているニホンザルの方々。
morioka171125037
morioka171125037 posted by (C)カシワヤ

身を寄せて寒さをしのぐ姿。
morioka171125032
morioka171125032 posted by (C)カシワヤ

雪見酒ならぬ雪見芋。いい味出してます。
morioka171125041
morioka171125041 posted by (C)カシワヤ

楽しい寄り道でしたがろそろそ本題に入りましょう。

んで、戻って来ましたカナダカワウソのいるビクトリアコーナー・・つか何撮ってるの?
morioka171125004
morioka171125004 posted by (C)カシワヤ

こちらはビクトリアコーナーのすぐ横ににある休息所の片隅。暖かい季節にはフードコートになっている場所です。お客さんの減る寒い季節は営業お休みのためこんな景色になっています。昔はこんな隙間なシャシンを無駄に数多く撮っていましたぬ。

え、いい加減待ちきれないからさっさとカエデ嬢に会わせろって?しょ〜がないねぇ・・

ほいほい!
morioka171125101
morioka171125101 posted by (C)カシワヤ

放飼場に出てくるやいなやごろ〜んごろ〜ん!とカナダカワウソらしい仕草で楽しませてくれます。
morioka171125104
morioka171125104 posted by (C)カシワヤ

morioka171125105
morioka171125105 posted by (C)カシワヤ

morioka171125106
morioka171125106 posted by (C)カシワヤ

おまちかねカエデ嬢の魅力が爆発・・・の前に続く。

二匹目を狙うカエデ_盛岡市動物公園_20171125

  • Posted by: カシワヤ
  • 2017-11-29 Wed 09:18:20
  • 未分類
二匹目を狙うカエデ。
morioka171125592
morioka171125592 posted by (C)カシワヤ

morioka171125593
morioka171125593 posted by (C)カシワヤ

morioka171125594
morioka171125594 posted by (C)カシワヤ

morioka171125595
morioka171125595 posted by (C)カシワヤ

詳細は後ほど。

木登りカエデと11月の雪_盛岡市動物公園_20171125



魅惑のちびらしあ、めくるめく水面でのほのぼの親子愛_アクアマリンふくしま_2017113

こんばんは。
チビラシアの垂れ流しもいよいよ最終回。水泳訓練に赴いたまろんとちびらしあはどうなったでしょう?

水面を割るように突然現れたのはまろん母ちゃん。
fukushima171113511
fukushima171113511 posted by (C)カシワヤ

でも良く見るとまろん1頭だけではなくてあとを追うようにちびらしあが続きます。
fukushima171113543
fukushima171113543 posted by (C)カシワヤ

向かう先は巣穴の洞窟。どうやら厳しい訓練がひと段落したようです。
水草が被っているままなのはご愛嬌。

水泳訓練はどうなっているのでしょうか?なぁ〜んてもったいつけた書き出しをしておきながら肝心要の訓練内容は水草の彼方、撮影どころか窺い知ることさえできませんでした。(看板倒れ

巣穴に到着した片割れはちゃっちゃと自力で登ってそそくさと寝床に入ってしまいました。
fukushima171113560
fukushima171113560 posted by (C)カシワヤ

もう一方の仔はよほど疲れたのかまろん母ちゃんのそばを離れようとしません。
fukushima171113573
fukushima171113573 posted by (C)カシワヤ

ちかりたび〜(死語
fukushima171113568
fukushima171113568 posted by (C)カシワヤ

ですが試練を乗り越えたちびらしあはどこか誇らしげです。
fukushima171113458
fukushima171113458 posted by (C)カシワヤ

親子で見つめる西日の先には日々これ成長という名の大人への階段が待っているのです。
fukushima171113463
fukushima171113463 posted by (C)カシワヤ

やっぱり母ちゃんの懐がいちばんの癒しだけるる・・
fukushima171113466
fukushima171113466 posted by (C)カシワヤ

水泳訓練というカワウソとして生きるため欠かせない試練の疲れには親子の絆で補う味わい深い展開にコチトラ涙がちょちょぎれてしまいますぬ。

ところで先ほど公式ツイートで2頭ともメスであることが発表されました。はてさて、彼女たちの名前はどうなるのか楽しみです。

魅惑のちびらしあ、ばびゅ〜ん!する水底のまろん無双_アクアマリンふくしま_20171113

オハイオ州。

まろんがちびらしあを連れ出したと思ったのもつかの間・・
fukushima171113542
fukushima171113542 posted by (C)カシワヤ

肝心の子供達をおいてけぼり?にして泳ぎまくるまろん。
fukushima171113473
fukushima171113473 posted by (C)カシワヤ

fukushima171113474
fukushima171113474 posted by (C)カシワヤ

fukushima171113520
fukushima171113520 posted by (C)カシワヤ

fukushima171113522
fukushima171113522 posted by (C)カシワヤ

fukushima171113525
fukushima171113525 posted by (C)カシワヤ

さすがユーラシア、さすがはまろん。水底を縦横無尽に泳ぎまくります。アクアマリンふくしまのカワウソのふち水槽は小魚や水草が繁茂しプールという言葉がとても不釣り合いな雰囲気です。

野生のカワウソを発見!?そんな妄想を抱かせてくれる場所です。
fukushima171113336
fukushima171113336 posted by (C)カシワヤ

fukushima171113334
fukushima171113334 posted by (C)カシワヤ

あ、まろんに夢中でちびらしあのことを忘れていましたね。

ちびらしあ達はばびゅ〜ん!するまろん母ちゃんについていくは当然無理なので、お尻を浮かせつつえっちらおっちら不器用な泳ぎを披露させていました。
fukushima171113549
fukushima171113549 posted by (C)カシワヤ

fukushima171113550
fukushima171113550 posted by (C)カシワヤ

fukushima171113551
fukushima171113551 posted by (C)カシワヤ

見とれているうちにまろんはちびらしあ達を奥の方に連れて行ってしまい、水泳教室の内容はわからずじまい。これぞ秘密の特訓といった具合でしょうか?(なんのこっちゃ

またまたつづく。

魅惑のちびらしあ、せめぎ合う水際の攻防_アクアマリンふくしま_20171113

さぁて、ひととおりおねむの時間は終わったようなのでろそろそ自慢の水泳能力を披露していただきましょうか?
fukushima171113507
fukushima171113507 posted by (C)カシワヤ

頼みますよちびらしあず!

前回の続きとはいえ同じシャシンを二度見せられるTVのCM明けによく見られる手法。正直イライラしますよね?
はい、もうしません。(反芻

巣穴の前の水に浸かったちびらしあ。やる気があるのかないのかよくわかりませんが、ボケらっとした表情もいいものです。
fukushima171113341
fukushima171113341 posted by (C)カシワヤ

隙間からひろ〜いプールを覘くちびらしあのあんよがとても素敵です。
fukushima171113339
fukushima171113339 posted by (C)カシワヤ

とはいえまだ生後2ヶ月、ちびらしあになったばかりなのでそこまでスムーズに泳ぎだすわけではありません。なんだかんだしている間に2頭は巣穴の向こう側、前面にプールが広がる水際にやって来ました。

1頭はすぐに水に浸かったのですが、もう1頭はなかなかプールに入ろうとしません。
fukushima171113527
fukushima171113527 posted by (C)カシワヤ

おそるおそる・・
fukushima171113531
fukushima171113531 posted by (C)カシワヤ

ちゃぼん・・
fukushima171113532
fukushima171113532 posted by (C)カシワヤ

のし・・
fukushima171113535
fukushima171113535 posted by (C)カシワヤ

あれれ?
fukushima171113536
fukushima171113536 posted by (C)カシワヤ

ぶくぶくぶく・・・・・・・・・
fukushima171113537
fukushima171113537 posted by (C)カシワヤ

水が怖いのか?こともあろうに兄弟(姉妹)の上にのしかかっちゃったりなんかしちゃったりしたもんだから、まだ泳ぎの未熟なちびらしあは当然のごとく沈んでいくのでした。

そうこうしているうちにやって来ましたまろん母ちゃん。
fukushima171113548
fukushima171113548 posted by (C)カシワヤ

おむかえでごんす。とばかりにちびらしあを連れ出すまろん。
fukushima171113545
fukushima171113545 posted by (C)カシワヤ

もったいぶってすみませんが、いよいよ泳ぐちびらしあが拝めそうです。
んじゃ、次回。

動画でお茶濁し、しばし待たれぃ!_智光山公園こども動物園_20171119



魅惑のちびらしあ、立ち塞がる水垢の罠_アクアマリンふくしま_20171113

おはようございます。

さる11/13の午後にアクアマリンふくしまへ思い立ったが吉日の勢いでまろんとドナウの子供達へ会いに行って来ました。
できれば当日朝から伺いたかったのですが、この日は不健康診断の予定を入れておりまして、行きたくてもそうがバリウムが卸さない!てな状況。なんとかかんとかちゃっちゃと済ませて上野駅から電車でご〜!

はい!到着!
fukushima171113238
fukushima171113238 posted by (C)カシワヤ

毎度のことですがちびらしあって癒されますねぇ。
fukushima171113348
fukushima171113348 posted by (C)カシワヤ

はち切れんばかりの吻(むぎゅ)がたまりません。針つつくといい音鳴らして弾けそうです。
fukushima171113345
fukushima171113345 posted by (C)カシワヤ

それにしても巣穴まわりのガラスに付着した水垢がすごかった。オマケに西日の反射もキツかった(しかも腕なし)ので巣穴シャシンはほぼ壊滅でした。

2頭は2017/09/10生まれ。賢明な諸氏には説明不要ですが、訪問時は生後約二ヶ月経ったばかりです。それでも二ヶ月経っているのでろそろそみずに入るのもお手の物。だからべびらしあでなくてちびらしあ。
fukushima171113435
fukushima171113435 posted by (C)カシワヤ

ふんふんふんふんふんふんふんふんふん・・
fukushima171113445
fukushima171113445 posted by (C)カシワヤ

さぁて、ひととおりおねむの時間は終わったようなのでろそろそ自慢の水泳能力を披露していただきましょうか?
fukushima171113507
fukushima171113507 posted by (C)カシワヤ

頼みますよちびらしあず!

悩殺!ハナちゃん昼下がり撮影会_のんほいパーク_20161029

  • Posted by: カシワヤ
  • 2017-11-10 Fri 00:01:11
  • 未分類
せくちぃぽーず!
nonhoi161029294
nonhoi161029294 posted by (C)カシワヤ

nonhoi161029296
nonhoi161029296 posted by (C)カシワヤ

nonhoi161029298
nonhoi161029298 posted by (C)カシワヤ

nonhoi161029301
nonhoi161029301 posted by (C)カシワヤ

ハナちゃんの魅力爆発で鼻血ぶ〜!

Index of all entries

Home

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。