Home

写真の埋立地、もしくはカワウソ沼 -The otter swamp-

とべ動物園_20140907









虹の森公園おさかな館

やってきたふう来坊_東武動物公園_20141018

どじゃ〜ん!東武動物公園の垂れ流しはこの1枚から!
tobuzoo141018003
tobuzoo141018003 posted by (C)カシワヤ

そうです。10/11に訪れた上越市水族博物館から移動して行方不明(おおげさ)だったみさき公園出身のコツメカワウソふうが東武動物公園の元モンテこと千葉市動物公園出身のまっちゃの元へ婿入りしてきたのでした。あ〜すっきりした!


おあおあ!ふう!そこにいるのはふうじゃないか!
tobuzoo141018117
tobuzoo141018117 posted by (C)カシワヤ

送迎バス乗車券がついた動物園割引切符を買ったのにもかかわらず、最寄り駅からえっさほいさ歩いて入園。さらにコツメカワウソがいる小獣舎までひたすらあるいてやっとこさ。そこには待ち望んだ光景が待っていてくれました。


ふうに会うのは去年の7月以来なので少しだけ太・・いや成長した姿です。
tobuzoo141018102
tobuzoo141018102 posted by (C)カシワヤ


上越市水族博物館で武者修行をしてきたおかげでなんとなぁ〜くたくましさも感じられますね。
tobuzoo141018115
tobuzoo141018115 posted by (C)カシワヤ


豪快なあく〜び!
tobuzoo141018103
tobuzoo141018103 posted by (C)カシワヤ


上越市では初めての一人暮らしでびびりまくって引きこもったり、へっぴり腰で後ずさっていたのが懐かしいです。
因に引きこもり動画とへっぴり腰動画はこちら。






おっぴゃよぉ〜!
tobuzoo141018123
tobuzoo141018123 posted by (C)カシワヤ


ちんけなコチトラを見つけてトントントンと階段を駆け下りるふう。
tobuzoo141018133
tobuzoo141018133 posted by (C)カシワヤ


嬉しい事にまっちゃもふうに続きます。
tobuzoo141018128
tobuzoo141018128 posted by (C)カシワヤ


そんでもって格子際まで来てご挨拶。
tobuzoo141018134
tobuzoo141018134 posted by (C)カシワヤ


そして格子から手を出して植栽の蔓をいじいじ。
tobuzoo141018152
tobuzoo141018152 posted by (C)カシワヤ

ふうはみさき公園でも上越市立水族博物館でもアクリルに仕切られた環境で暮らしてきたので、こうやって外の自然に触れるのが初めて。とても興味を持っていじいじしていました。


でもいくらひっぱっても蔓を捕る事が出来なくてしょんぼぬ・・
tobuzoo141018161
tobuzoo141018161 posted by (C)カシワヤ


それからコツメカワウソ達がすむ展示ブースがちょいとリフォームされていましたよ。
tobuzoo141018002
tobuzoo141018002 posted by (C)カシワヤ

右端に大きな水槽と流木があしらわれ壁は緑に塗り替えられていました。階段の下はベニヤで囲われ木箱がすっぽりと収まっていました。写真では解りづらいですが手前の格子と床の境目に斜めに板を渡すようにしてあり、これはその下にある排水溝を隠す為なのだと思われますが、この板によってコツメカワウソ達がここに肘をつく様にしゃがむとかわゆいお顔がちょうど格子の高さにもにゅっとおさまる様になっていました。


今度は水槽の上に渡した簀子のうえでもにゅっと!
tobuzoo141018187
tobuzoo141018187 posted by (C)カシワヤ


ふうが移動するとまっちゃもついてきます。
tobuzoo141018244
tobuzoo141018244 posted by (C)カシワヤ


まっちゃがなにやら楽しげに話しかけていますね。
tobuzoo141018192
tobuzoo141018192 posted by (C)カシワヤ


愛情たっぷりにがみがみするまっちゃ。
tobuzoo141018212
tobuzoo141018212 posted by (C)カシワヤ


ふうもがみがみ返しで応えます。
tobuzoo141018219
tobuzoo141018219 posted by (C)カシワヤ


ふうの顎下に潜り込んでくつろぐまっちゃとまんざらではない表情のふう。なんかとても紳士的な感じですね。
tobuzoo141018223
tobuzoo141018223 posted by (C)カシワヤ


よかったなぁまっちゃ。長いことにぎやかな環境から遠ざかっていた為にこちらも思いひとしお。(胡椒少々
tobuzoo141018252
tobuzoo141018252 posted by (C)カシワヤ


うひ!
tobuzoo141018253
tobuzoo141018253 posted by (C)カシワヤ


最後にふうとまっちゃのまったり過ごしている様子をどうぞ。




因にふうはみさき公園ではフウ。上越市立水族博物館では風でしたが、東武動物公園の紹介看板はふうとひらがな表記になっているので、これからはふうとします。よろしくねふう。

不意に風がふいっと移動していた件_上越市立水族博物館_20141013

おはようございます。

一年以上ご無沙汰していた上越市立水族博物館のコツメカワウソ風へ会いに行ってきました。とは言え理由のひとつに来年3月北陸新幹線長野〜金沢開通と共に運行廃止予定のほくほく線在来特急はくたかに乗っておかなくちゃ・・てのもあったんですけれどもね。

それでは直江津駅にてはくたかで到着ぅ!グレーホワイトの車体に小豆色カラー、並んだライトがエヴァ2号機みたいでかこいいですぬ。
hakutakahokuhoku141012001
hakutakahokuhoku141012001 posted by (C)カシワヤ


上越市立水族博物館は直江津駅から徒歩20分。街中はお祭りが催されておりチョイとにぎやかな様子でした。
joetsu141012000
joetsu141012000 posted by (C)カシワヤ


しかしこの時はこれから待ち受けるショッキングなお知らせを知る由もなかったカシワヤであった・・(完)

ちょっとまったぁ〜!ここで終わりではありません。今から30分以内に申し込まれた方にはもれなく低反発枕一年分をプレゼ・・でなくて、ともかく入館してみましょう。


まいどなじみ階段縁のコツメカワウソ水槽、お天気がよかったのでプールのブルーが冴えますね。
joetsu141012002
joetsu141012002 posted by (C)カシワヤ


しかし開館して30分以上たつのに気配が感じられませんね。たしかいつも通りならあと10分くらいで朝ご飯の給仕があるはずなのですが・・
joetsu141012004
joetsu141012004 posted by (C)カシワヤ


それになにやら「お知らせ」と銘打たれたパウチが貼付けられている様です・・
joetsu141012003
joetsu141012003 posted by (C)カシワヤ


がびびんちょ!風!ふう〜は何処?どこへいってしまったのかえ!?
joetsu141012006
joetsu141012006 posted by (C)カシワヤ


水槽に張り付いても気配なし。
joetsu141012005
joetsu141012005 posted by (C)カシワヤ


上からのぞき込んでみても音沙汰なし。
joetsu141012007
joetsu141012007 posted by (C)カシワヤ


しかもこの日は担当キーパーさんが遅い夏休みをとられていたため、隣の海獣展示にいらっしゃった方に話を伺うも詳しい話は聞けずじまい。あぁ〜ん、なんてこったい。オヤジにもぶたれたことないのに・・(それは話がまったく関係ないぞ。
しかも新個体導入ともあるので謎が謎呼ぶ林檎殺人事件(それはもっと関係ないし。

とは言え風はいったいどこへ移動してしまったのでしょう?この先に意外な結末が待っていようとは想像できないコチトラでありんした。(つづく。

ユマさんが過ごすゆったりとした時間_宮崎市フェニックス自然動物園_20140830

こんばんは。
宮崎市フェニックス自然動物園のらぶりーおばあちゃんユマさんの続きじゃけぇ。宮崎なんじゃがなんで(似非)広島弁なんかと言うとユマさんはあのユウ老師の孫にあたるけぇなりゆきでこうなっとるんじゃ。(いいかげん)


雨降りユーラシアは楽しさ倍増の言葉通り(そんなのあるのか?)この日は時折そぼ降る雨の一日じゃったが、ユマさんはいつもより活発に行動してくれたんじゃ。
phoenix140830189
phoenix140830189 posted by (C)カシワヤ


放飼場手前に広がる行けをあたりを見回す様に悠々と泳いどったけぇ。
phoenix140830193
phoenix140830193 posted by (C)カシワヤ


ひと泳ぎするとなにやら中央の平たい石の上へ向かったユマさん。一体何を思ったのかのう?(白々しい・・
phoenix140830210
phoenix140830210 posted by (C)カシワヤ


実はおそそうタイムなんじゃ。ユーラシアカワウソは石や岩の上の目立つところにこうやってマーキングする修正があるき、ユマさんもご多分に漏れずいっとう目立つ場所を好んでおそそうするんじゃ。
phoenix140830217
phoenix140830217 posted by (C)カシワヤ


もちろん自分の匂いチェックも忘れんと行う律儀さじゃ。
phoenix140830225
phoenix140830225 posted by (C)カシワヤ


「アァ、スッキリシタワ。」するもんこなしてすっきり顏のユマさん、清々しさがにおってくるき。(なんかだんだんいいかげんな言葉遣いになってきた・・
phoenix140830247
phoenix140830247 posted by (C)カシワヤ


カイカイ・・落ち着きのグルーミング。
phoenix140830261
phoenix140830261 posted by (C)カシワヤ


一段落ついたユマさんはなんとコチトラに向かって泳ぎだしたぜよ。(それは似非土佐弁・・
phoenix140830282
phoenix140830282 posted by (C)カシワヤ


もにゅっと格子のすぐ近くまでやってきてスタンディングご挨拶。
phoenix140830276
phoenix140830276 posted by (C)カシワヤ


小顔に不釣り合いなくらい真っ黒で大きな瞳に見つめられて至福の一時。あぁ、この一瞬のためにはるばる宮崎までやってきた甲斐もあったと言うものです。
phoenix140830273
phoenix140830273 posted by (C)カシワヤ


その後もしばらく泳ぎを楽しんでいたユマさんですが、「イイユダッタワ。」とろそろそ上がる気配。
phoenix140830291
phoenix140830291 posted by (C)カシワヤ


お気に入りのチムニーのてっぺんへ収まるユマさん。
phoenix140830295
phoenix140830295 posted by (C)カシワヤ


寝る前にも身だしなみを整えるあたり歳はとってもいつまでもレディの気落ちは忘れずに。
phoenix140830299
phoenix140830299 posted by (C)カシワヤ


しかしカイカイの途中でなにか気配を感じたのか、はたと動きを止めました。
phoenix140830305
phoenix140830305 posted by (C)カシワヤ


「ダレカヨンダノカシラ?」と辺りをうかがいましたが・・
phoenix140830308
phoenix140830308 posted by (C)カシワヤ


「キノセイネ、トシカシラ?」思い過ごしでしょうか?何事も無かった様におさまるユマさん。
phoenix140830310
phoenix140830310 posted by (C)カシワヤ


ねむねむ・・。しかしユマさんって四六時中にこにこっとした表情なので見ているコチトラもほんわかしてしまいます。
phoenix140830312
phoenix140830312 posted by (C)カシワヤ


寝入る前にもうひとつくねごろ。お腹の腫瘍がちょいと気になりますが、この年齢で除去手術は身体への負担が大きいので無理はしない方が良いとコチトラは思う次第。
phoenix140830317
phoenix140830317 posted by (C)カシワヤ


マイペースで寝たり食べたり遊んだり。そんな時間が出来うる限り続くといいですねユマさん。
phoenix140830325
phoenix140830325 posted by (C)カシワヤ


「マ、アセッテモショウガナイノデ、ユルユルヤルダワサ。」
phoenix140830323
phoenix140830323 posted by (C)カシワヤ


周りの心配をよそにユマさんは悠々自適な毎日を過ごしている様でした。


※途中から似非方言がどっかへすっ飛んでしまいましたが、ユマさん曰く「キニシナイ、キニシナイ。」どこまでもおおらかなおばあちゃんカワウソでした。

おかえりリンちゃん_みさき公園_20141004

逃走していたコツメカワウソのリンが10月4日に無事園内用水路にて保護されたようです。

ほぼ2ヶ月に渡る逃走劇に幕引きが行われたわけですが、この間リンはどうして暮らしていたのでしょうか?素朴な疑問をコチトラなりの妄想でまとめてみたいと思います。

1:食事について
みさき公園は大阪府南端近くに位置しており和歌山県にほど近い場所です。また海岸べりであることから逃走中の食事は蟹を捕食していたのではないか?と推測します。
実際みさき公園内でも野良蟹を見かけることがあり、個体数は多いものと考えます。市川市動植物園で催されたカワウソ会議でも野生個体の現地調査によると糞に数多くの甲殻類の痕跡を認められたとのことなので、コツメカワウソの捕食行動と照らし合わせると合点がいくと考えます。
それから考えられるのは季節柄昆虫を捕食していた可能性もありと考えます。ともかく動物園という保護された立場の個体でさえ2ヶ月に及ぶ期間を自力で生活していたということにとても感心し驚きを隠せません。

2:行動範囲について
カワウソは汽水域でも生活が可能な動物です。土地柄海岸線に位置するみさき公園から逃亡した当初は沿岸伝いに移動し予想以上に遠くまで行っている可能性があるとコチトラは考えていました。しかし結果として園内用水路で見つかったことにより行動半径は予想よりも狭かったのでは?と考えます。
それはナワバリ意識が働いたと思われます。野生個体でもナワバリが認められその範囲を巡回する生活は動物園生まれの個体でも色濃く示されたのではないでしょうか?

3:生活状況について
野生個体は大きな木のうろや岩陰、自然にできた穴や窪みを寝床とするとされます。みさき公園周辺にその様な条件が整っているか?と問われると、土地勘の無いコチトラには答えるすべもありません。もしかしたら用水路へ流れ込む排水溝などを横穴がわりにして休息をとっていたのかもしれませんね。
いずれにせよ逃走期間中何度も大雨にみまわれたのに無事でいてくれたことは何らかの休息場所を自力で見つけていたと思われます。

4:状況証拠をさがせ?
野生動物の調査には必ずと言って良いくらい糞を情報源として発見または確認が行われており、今回も糞を見つけることによって食事内容、行動半径などが判明すると思われますが…
そこまでしねぇよな、ふつー。
ただ今回不幸にも飼育動物を逃走させてしまったわけですが、ニホンカワウソが絶滅してから三十余念の年月が経っており、カワウソの種こそ違えども野外でどの様な生活を営んでいたのかについては興味がつきません。

以上、コチトラの妄想爆発も〜タイヘン的考察でしたが、最後にひとつだけ…

おかえりなさいリンちゃん。無事で本当に良かったね。

住宅街ど真ん中の動物学校_東京動物専門学校_20140920

毎年恒例、東京動物専門学校学校祭がさる9月19日〜20日に催されました。
コチトラは2011年から4年連続での訪問となり、久しぶりの京葉高速鉄道に乗れるとドキがムネムネしていましたよ。(そこかよ・・

しかしなぜだか一抹の不安。それは今年はコツメカワウソの展示があるのかないのか?とってもやきもきしていたからなのです。実は去年の学校祭では展示が無かったので直前まで不安だったのですが・・

はい、動物展示場の入口です。看板にはしっかりとコツメカワウソのイラストが描かれていますね。この看板の制作途中の様子がブログで公開された時はそりゃ嬉しかったですよ。なんせ関係者以外は年イチで会えるか会えないかの希少個体なんですから。
tokyowildlife140920003
tokyowildlife140920003 posted by (C)カシワヤ

早速入場してみるとほどなくコツメカワウソの展示ブースに到着。どの展示場も手作り感満載で否が応でも学校祭の雰囲気を盛り上げてくれます。そしてガラスがはめ込まれた枠にご注目!一見してなにかの流用だと解るのですがよく見ると2枚とも中央上部に引き手が見えますね。実はこれ大きな窓ガラスをサッシごと横倒しにして使っているのです。いや〜流石学生さん、やる事が大胆で若い。
tokyowildlife140920005
tokyowildlife140920005 posted by (C)カシワヤ

今年の個体はどの仔かな?おや〜1頭だけですか・・でも会えるだけでありがたいものです。そんでもってマル君今日は久しぶりだね。この仔は過去3回中3回とも会ったとてもおとなしい個体です。
tokyowildlife140920001
tokyowildlife140920001 posted by (C)カシワヤ

そういえば展示ブースの仕切り(サッシ)の高さがこんな低くて大丈夫かな?と思っていたのですが、マル君なら大丈夫でしょうね。


早速おはようのご挨拶をば・・ありり、やっぱり寝てるのねマル君。流石コツメカワウソ、年に一度の晴れ舞台だと言うのにこのありさまはあっぱれとしか言いようがありません。
tokyowildlife140920100
tokyowildlife140920100 posted by (C)カシワヤ

でもせっかく会えたのだから元気な姿を拝みたいものですね。しかもろそろそもぐもぐタイムが迫ってきているではありませんか!
tokyowildlife140920002
tokyowildlife140920002 posted by (C)カシワヤ

お〜い!マルぅ・・と声をかけようとした瞬間、ブースの裏でもぐもぐ準備の気配をいち早く察知!やる気が出なくても食欲には勝てないと言うコツメカワウソのかがみの様なマル君。お顔が以前よりもまぁ〜るくなった気がしますが、名前もマルなのでよしとしますか。
tokyowildlife140920104
tokyowildlife140920104 posted by (C)カシワヤ

んでその前に気になる動物さん達をご紹介。

はじめは生まれたてほやほやだったジャージー牛のモミジちゃん。まだへその緒が取れきっていない状態でお披露目という仰天采配に目が釘付けです。
tokyowildlife140920042
tokyowildlife140920042 posted by (C)カシワヤ

そしてチビカピわらわら4頭のお出まし。普段非公開の実習動物さん達なのでこのチビ時代も学校祭にこなければ二度とお目にかかれることは無い代物。どうです奥様今夜のおかずに・・
tokyowildlife140920010
tokyowildlife140920010 posted by (C)カシワヤ

最後にビントロングさん。ちょいと体調を崩しているとのことだったのでこの日は早めに退場。大丈夫かな?しかもその後、その筋の方からこの仔が平川動物園のティガさんであることが判明し二度びつくりでした。
tokyowildlife140920037
tokyowildlife140920037 posted by (C)カシワヤ

さぁ〜て次回はマル君のなんちゃって芸が炸裂するよ!お楽しみに。(過剰期待はしないように。

さりとてあいかわらずな南房総の日々_アロハガーデンたてやま_20140915

え〜(しつけぇよ・・
南房パラダイス改めアロハガーデンたてやまの垂れ流しです。

3月にリニューアルの為一時閉園し9月の三連休に名称新たにいきなりスタートしたアロハガーデンたてやま。休園中はまったく情報がなくやきもきしていたのですが再開直前になっていきなりのプレスリリース。かといってWebサイトやSNSのたぐいも立ち上げていないあたりが何やらのどかすぎるんじゃねぇのかな?なんて思ったりなんかしちゃったり・・(生意気な事を言う様ですが事実何も情報が出てこないので訪問をあきらめてしまった知り合いもいるのでなんとかしてほしいと思います。

ともかくめでたく再開です。いっとう最初にジャスミンのコロコロ木の実でスタートしましょうか。



秋晴れの南房総は初夏を思わせる様な青空が広がり気持ちのよいウソもぐれの始まりを予感させました。
alohagarden140915001
alohagarden140915001 posted by (C)カシワヤ

ハワイアンリゾートを売りにしてヤシノキを植えたりフラダンスなどのイベントを催したりと衣替えを行っていましたが・・とは言え季節は既に秋。園内には赤とんぼが乱舞してなかなかシュールな光景が広がっていました。(しかたねぇよ日本だものここは。
alohagarden140915004
alohagarden140915004 posted by (C)カシワヤ

ゲートをくぐると3.11以降登ることが出来なかった展望塔が化粧直しをしてその勇姿を見せてくれました。この日は天気がよかったので大島が一望のもと眺める事が出来たのですが、残念ながら写真はなしよ。
alohagarden140915002
alohagarden140915002 posted by (C)カシワヤ

さて久しぶりのコツメカワウソ達(ジャスミン、いっちょ、ミモ)に会う為に芝生広場を突っ切ろうと右手を向いた瞬間・・

がっび〜ん!
そこにはかつてシンガポール国立植物園と姉妹園提携の証しとしてシンボルだったマーライオンが土台を残して撤去されていたのです。
alohagarden140915003
alohagarden140915003 posted by (C)カシワヤ

アジアンリゾートからハワイアンへ衣替えをしたのでしかたの無い事だとは思いますが、もうちょっと隠すとか名残を感じさせない様にしてほしかったところです。

さて気をとりなおして植物園を眺めながら進んでいきましょう。

そこにはニコニコ顔のシロムネオオハシさんや・・
alohagarden140915008
alohagarden140915008 posted by (C)カシワヤ

ひとなつっこいゴシキセイガイインコさんがお出迎え。
alohagarden140915009
alohagarden140915009 posted by (C)カシワヤ

そしてでたぁ〜!予想通りのテコ入れ導入のカピバラさんですよ。
搬入して間もない為か?はたまたまだ幼い為か?カピバラさんは恥ずかしげに小屋に入っている時間が長かったですがやはりそこは人気動物さん。人類未満の方々にちやほやされていました。
alohagarden140915010
alohagarden140915010 posted by (C)カシワヤ

そんでもってようやくコツメカワウソ達の前に到着。朝イチで入園するともれなくジャスミンいっちょの朝ごはんがご覧になれます。あいかわらず口で直接食べるジャスミンと手で持って食べるいっちょ。
alohagarden140915012
alohagarden140915012 posted by (C)カシワヤ

そしてあいかわらずいちゃこいてます。
alohagarden140915130
alohagarden140915130 posted by (C)カシワヤ

あいかわらず左ジャスミン右いっちょ。
alohagarden140915276
alohagarden140915276 posted by (C)カシワヤ

日光が反射する白い壁の為にあいかわらずのむ〜ん顔。
alohagarden140915186
alohagarden140915186 posted by (C)カシワヤ

それから土日祝日限定のドジョウタイムもあいかわらず健在。そらからドジョウが降ってくるよ。
alohagarden140915280
alohagarden140915280 posted by (C)カシワヤ

あいかわらずドジョウカップを落とす人がいてジャスミンスーパーカップ状態。
alohagarden140915175
alohagarden140915175 posted by (C)カシワヤ

バックヤードからにゅっと顔を出したのはあいかわらずおてんばさんのミモ。
alohagarden140915376
alohagarden140915376 posted by (C)カシワヤ

ひとしきり遊ぶとでっかい天然ドジョウをほおばりあいかわらずご満悦のミモ。
alohagarden140915417
alohagarden140915417 posted by (C)カシワヤ

こうして南房総のあいかわらずのどかな時間が流れていくのでした。
そしてコチトラはあいかわらず眠い・・

レッツゴー坂の上の野郎共_とべ動物園_20140907

え〜(こればっか。)とべ動物園です。

マサピアの新たなちびうそ4頭が誕生してからものごっつ時間が過ぎてしまいましたが、やっとこさ会いにいく事が出来ました。

でもその前にタルト、チョコ丸、ラスクが立派な野郎共へ成長していたのでそちらの垂れ流しから始めちゃいます。



現在の展示状況とマサピア一家の概要はこうなっております。ただ残念なのは繁殖制限の為にピア父ちゃんが事実上の幽閉状態。この日もキーパーさんにお聞きしたところピアが放飼場に出ているのは朝早い時間とだけ答えが返ってきました。しかしコチトラの知り合いさんがその後とべを訪れたとき午前10時にカワウソ前へ到着したそうですが、そのとき既にピアの姿は無かったそうです。因にとべは午前9時開園なのでよほど早い時間にいかないとピアに会う事は難しいのかもしれませんね。とほほのほ(特保の保。
tobe1409070001
tobe1409070001 posted by (C)カシワヤ

んで、気にしてもしょうがないものはしょうがないので、ピアには悪いけどマサ&マロン、ココア、すみれ、くるみ、と野郎共の様子をいってみましょう。2グループは展示場を分割する事で同時公開中。(なんか説明ヘタクソ。
tobe1409070002
tobe1409070002 posted by (C)カシワヤ

上記写真の真ん中あたり。ちょうどコンクリートと擬岩の境目の奥に扉がありまして、向かって左側のメイン水槽と飛び出せ水槽をマサ&4頭、右側の擬岩と植栽のある放飼場を野郎共がえっさほいさと使っておりました。


「コンニチハ〜!」てなわけで早速野郎共がお出迎え。
tobe1409071012
tobe1409071012 posted by (C)カシワヤ

野郎共の名にふさわしくやたらめったら放飼場で悪さをしまくるタルト、チョコ丸、ラスク。とべへ来るのは久しぶりなのでマサピア以外の個体識別がすっかり出来なくなってしまいました。トクホの保・・
tobe1409071025
tobe1409071025 posted by (C)カシワヤ

水飲みバットに3頭仲良く浸かってまるで銭湯談義。コチトラの色眼鏡の製菓も知れませんが、野郎3頭そろえばある駄句身でもしている様にしか見えません。
tobe1409071047
tobe1409071047 posted by (C)カシワヤ

元気いっぱいな野郎共は遊ぶ遊ぶ。
tobe1409071085
tobe1409071085 posted by (C)カシワヤ

放飼場のそこらにある小石や小枝、辺り構わず楽しげにやっていました。
tobe1409071050
tobe1409071050 posted by (C)カシワヤ

遊び方も3頭それぞれ、タルト、チョコ丸、ラスクでそれぞれお気に入りの楽しみ方を満喫しています。
tobe1409071170
tobe1409071170 posted by (C)カシワヤ

そしてヤバいくらいのだらしなさ。アジの干物かと見まごう姿にまいっちんぐ!
tobe1409071064
tobe1409071064 posted by (C)カシワヤ

遊び疲れて一休みしている時でも気は抜けません。のんびりと寝転んでいたらなにやら怪しげな気配を感じた様です。
tobe1409071116
tobe1409071116 posted by (C)カシワヤ

あぁ!おそそうタイムです。しかも寝転んだ野郎1頭に向けて。お尻を向けられた1頭はそそくさと退散。早めに気づいてよかったね。
tobe1409071149
tobe1409071149 posted by (C)カシワヤ

一方こちらは滝の流れ込みにちゃぽんと浸かり、これぞいい湯だなビバノン状態。
tobe1409071183
tobe1409071183 posted by (C)カシワヤ

最近景気がよろしくないですねぇ、この間の食事なんかアジがどんどん小さくなっていきましたよ・・なんて会話でもしている様な風景。野郎と言うよりもオヤジ臭さが満載です。
tobe1409071249
tobe1409071249 posted by (C)カシワヤ

ほれほれそこのあんたもこっちに来て話に加わらんかね?とお誘いを受ける始末。
tobe1409071258
tobe1409071258 posted by (C)カシワヤ

銭湯?で一汗流した野郎共は懲りずに放飼場へ出向き、またもや好き放題。
tobe1409071284
tobe1409071284 posted by (C)カシワヤ

リラックスしていても隙間チェックは忘れません。
tobe1409071288
tobe1409071288 posted by (C)カシワヤ

太い塩ビ管も居心地の良い枕に早変わり。
tobe1409071292
tobe1409071292 posted by (C)カシワヤ

暖かい日差しの中で3頭はそれぞれ自由に暮らしていました。
tobe1409071357
tobe1409071357 posted by (C)カシワヤ

一通り遊んだので満足したのか、岩にもたれかかってのんびりムードが漂い始めました。
tobe1409071319
tobe1409071319 posted by (C)カシワヤ

寝転んだ状態でオッス!のポーズ。
tobe1409071361
tobe1409071361 posted by (C)カシワヤ

自由気侭に過ごしていてもやはり野郎共は仲良しです。
tobe1409071408
tobe1409071408 posted by (C)カシワヤ

巴に並んでくねごろタイム。
tobe1409071420
tobe1409071420 posted by (C)カシワヤ

そしていつの間にやらまぶたが重〜くなってきた様ですよ。
tobe1409071427
tobe1409071427 posted by (C)カシワヤ

あらあら、大切な小石を懐に抱え込んだまま寝入ってしまった様です。
tobe1409071430
tobe1409071430 posted by (C)カシワヤ

そして昼下がりの放飼場は野郎共のすこやかな寝息に包まれたのでした。
tobe1409071439
tobe1409071439 posted by (C)カシワヤ

あぁ、願わくばピアもこの息子達と一緒にわやくちゃやっていてほしかったと心から思うのですが、年頃の息子と父親との関係はやはり微妙なのかもしれません。会えなかったけどピアも達者でな!おさかな館のノンと実家サンピアザのゲンからもよろしく頼まれてるぞ!

戦陣の谷に突き落とされるカワウソの試練_虹の森公園おさかな館_20140906

え〜おさかな館です。
7月15日に一気に6頭ものべびうそが生まれておそらくキーパーさんもびっくりな展開になっていると思われたので9月の頭に様子を伺ってきました。

んで、案の定わやくちゃです。


さる9月14日に6頭の名前も無事に決まりオスがヒロ、ダイ。メスがナナ、ラン、カナ、ノゾミと決定しました。
osakanakan140906002
osakanakan140906002 posted by (C)カシワヤ

奇しくもダイとナナはノン父ちゃんの生まれ故郷サンピアザ水族館でのダイ兄ちゃん(現おたる水族館)ナナ姉ちゃん(現市川市動植物園)と同じ名前となりややこしいに拍車がかかってしまいました。

おさかな館の飼育スペースはお世辞にも広くない上にバックヤードがありません。泳ぐのは手前にあるプラタライ。以前はアクリルのこじんまりとした水槽があったのですが、キクとノンが協力してぶっ壊してしまったとの事です。
osakanakan140906001
osakanakan140906001 posted by (C)カシワヤ

右手にある切り株を模した寝床、そして奥の1/4スペースは外の植栽に通じており半野外なのです。
osakanakan140906003
osakanakan140906003 posted by (C)カシワヤ

羽田から最寄り駅の松丸駅まで5時間かけて到着してみればキクノン一家は一番奥の上段、格子のところで団子になっていました。
osakanakan140906004
osakanakan140906004 posted by (C)カシワヤ

ちょっと望遠レンズで様子を伺ってみましょう。
osakanakan140906006
osakanakan140906006 posted by (C)カシワヤ

おしりを向けているちびうその毛並みが荒れていますね。キクりん〜!また毛引きかよ〜!や〜れやれだぜ。


しかし肝心のキクりん母ちゃんは団子から外れて悠々と寝ている始末。するていとちびうそに押しつぶされる様に寝ているのはノン父ちゃんということになりますね。
osakanakan140906007
osakanakan140906007 posted by (C)カシワヤ

「なんやさわがしゅうなってきたな・・」眠気を破られたキクりん、ややご機嫌斜め。
osakanakan140906009
osakanakan140906009 posted by (C)カシワヤ

うざったい様子のキクりんは団子に顔を突っ込む形で二度寝。
osakanakan140906010
osakanakan140906010 posted by (C)カシワヤ

キクりんのおかげで団子の調和が乱れたのかちびうそ1頭がもぞもぞと移動を開始しましたよ。
osakanakan140906017
osakanakan140906017 posted by (C)カシワヤ

しかし落ち着いた先はなんと崖の上のへり。おいおいそんなところにいついちまって大丈夫なのか?
osakanakan140906022
osakanakan140906022 posted by (C)カシワヤ

「なんか呼ばれた様な気がするきゅい・・」コチトラの心配をよそにちびうそは自ら置かれた立場を他人事の様に感じている様です。
osakanakan140906025
osakanakan140906025 posted by (C)カシワヤ

そのあとちびうそは寝ぼけながらも団子へ帰還。これで一安心ですね。
osakanakan140906029
osakanakan140906029 posted by (C)カシワヤ

うんしょこらしょ。と、他のちびうそを足蹴にして団子の頂上へ。
osakanakan140906035
osakanakan140906035 posted by (C)カシワヤ

踏み台にされたちびうそが何事なのかと不満げに目を覚ましていとおかし。
osakanakan140906067
osakanakan140906067 posted by (C)カシワヤ

上に登られたのがうざったかったのでしょうか?不満顔のまま団子の縁へ移動してふて寝の様相です。
osakanakan140906076
osakanakan140906076 posted by (C)カシワヤ

そしてしばらくすると・・おや?ふて寝のちびうそがジリジリ崖っぷちへ向けてずり下がってきましたよ。
osakanakan140906079
osakanakan140906079 posted by (C)カシワヤ

「きゅい!?」あ〜あ、やっぱり落ちちゃった。
osakanakan140906081
osakanakan140906081 posted by (C)カシワヤ

「これはいったいどうしたことだっぴゃ?」ちびうそは自分が陥った状況を理解していません。そこがまた楽しいのですが・・
osakanakan140906082
osakanakan140906082 posted by (C)カシワヤ

「おっぴゃ〜!」はい、お約束。
osakanakan140906084
osakanakan140906084 posted by (C)カシワヤ

世は並べて事もなし。
osakanakan140906085
osakanakan140906085 posted by (C)カシワヤ

あわれちびうそ奈落の底へ。
osakanakan140906086
osakanakan140906086 posted by (C)カシワヤ

とは言え奈落と言い過ぎですが、ちびうそと団子の位置関係はこのような状況です。
osakanakan140906092
osakanakan140906092 posted by (C)カシワヤ

それにつけても可愛いちびうそが団子から外れて落っこちたと言うのに肝心のキク母ちゃんノン父ちゃんもまったく把握出来ていません。
osakanakan140906096
osakanakan140906096 posted by (C)カシワヤ

見るに見かねたキーパーさんがやっとこさ助け舟。
osakanakan140906099
osakanakan140906099 posted by (C)カシワヤ

無事にちびうそは団子へと帰る事が出来ましたとさ。
osakanakan140906101
osakanakan140906101 posted by (C)カシワヤ


めでたしめでたし。(なので続く。

Index of all entries

Home

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top