Home > 市川市動植物園そのいち Archive

市川市動植物園そのいち Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

カワウソ初めて物語り_市川市動植物園_2010

通い詰めたる市川市動植物園。
大家族になったムツキ一家との出会いはどこから始まったのでしょうか?そんなふとした疑問にコチトラ自ら答えを求めて昔の写真、彼らに初めて出会った時の様子を垂れ流してみたいと思います。

すちゃらか家長のムツキとの出会いは忘れもしない2010年2月14日のバレンタインデー。
ichikawa100214009
ichikawa100214009 posted by (C)カシワヤ

海遊館から移動してきてまだ独り者ムツキはヒゲも垂れ下がりなんとなくしょぼくれた感じを漂わせていました。でもこの時に見せてくれた何とも表現しがたい魅力のためにコチトラはウソもぐれへの道を歩むことになったのでした。ありがとうムツキ!


それから3ヶ月、ムツキのもとへサンピアザ水族館からナナちゃんが嫁いできてくれました。
ichikawa100515043
ichikawa100515043 posted by (C)カシワヤ

実はナナちゃん、市川市動植物園へ移動してきたのはこの写真よりも1ヶ月も前のこと。てっきり5月連休にはデビューとなるだろうと踏んでいたのですが、意外にも検疫期間が長くお目見えしたのは5月の半ばになってからでした。
開放的な運動場を気に入ったのかどうかは解り間線んがナナはプールや運動場を行ったり来たりとよく動き回っていました。


出会ったムツキとナナはとても相性がよく、すぐにむふふないとなみを見せてくれました。ほどなくして7月29日、最初の子供達コムツ、コウキ、チナ、キリが誕生したのでした。

そしてこれが放飼場へのデビューとなった記念すべき1枚。
ichikawa100926415_kari
ichikawa100926415_kari posted by (C)カシワヤ

実際はもう少し早くから寝室をうろちょろしたりコンテナで水攻めに会っている姿を目撃していたのですが、まぁ初めて写真ということでこれを選ばせていただきました。
コムツのひょうきんさ、マイペースなコウキ、チャレンジャーのキリ、お母さんそっくりのチナ、楽しい子供達の登場にわくわくしました。


それからあれよあれよと言う間に時はたち、2番目の子供達チョキとナオが誕生したのが2011年4月26日。
ichikawa110619320
ichikawa110619320 posted by (C)カシワヤ

むろん写真は誕生から2ヶ月弱のもの。2頭が寝室からムツキに促されて顔を出した瞬間です。ムツキのそばにいるのがチョキで右側の細面なほうがナオになります。この2頭は生まれた時から顔かたちがはっきり違っていたので最初はとても解りやすいなぁと思ったものですが・・その後チョキがキリそっくりになってしまったため長らく個体識別が難しかった思い出があります。


そしてまたもや年をまたぎ正月ボケも抜けきらない2012年1月16日、3番目は一人っ子のレモンが誕生。
ichikawa120310508
ichikawa120310508 posted by (C)カシワヤ

お約束のように生後2ヶ月が近づきお目見えしたレモン。いままでの6頭の子供達にくらべて吻(むぎゅ!)が白くミンクの子供の様な感じが印象的でした。このレモン誕生の時からナナちゃんの毛引きが本格的に始まり隣の放飼場へ移るまで長いことぼさぼさな状態が続きましたが、レモンはそんなことはどこ吹く風、元気いっぱいに育ってくれました。


その年にはもう1頭、8月6日のあつい最中に今度はオスの一人っ子メロンが誕生しました。
ichikawa120929201
ichikawa120929201 posted by (C)カシワヤ

現在ムツキ一家の最年少メロン。彼もナナちゃんの毛引き被害者ですw
レモンほどではありませんがメロンも吻(むぎゅ!)が白く黒々とした大きな目をしていたのを覚えています。こうして幼い頃のレモンとメロンを並べるととても似ているのが解りますよね。誕生は7ヶ月ほど離れていますがこの2頭はとても近い面影を見せてくれます。


さてさて、メロンが生まれてからもうすぐ10ヶ月、ムツキとナナは5度目のむふふないとなみをしているらしく、果たして5度目の子供達が誕生するか否かはカワウソの神様のみ知り得ることなのでしょうね。

お蔵出しで垂れ流すあの頃の4頭 市川市動植物園 20101002

こんにちは。
病床でふせっていたところ外付けHDから懐かしい写真を発見しました。
2010年10月のはじめコムツ、コウキ、キリ、チナが放飼場デビューして間もない頃の垂れ流しです。

まだこの頃の4頭は外に出るのもおっかなびっくりで、いろいろ匂いなどを確かめながらでしたね。
ichikawa101002006
ichikawa101002006 posted by (C)カシワヤ

だからといってムツキの足の匂いまで確かめなくっても良い様な気がしますが・・
ichikawa101002007
ichikawa101002007 posted by (C)カシワヤ

外へ出てきたとはいえまだ両親の側にいないと落ち着かなかったあの頃。
ichikawa101002008
ichikawa101002008 posted by (C)カシワヤ

兄弟姉妹のしっぽまで確かめて安心感を得ていたようです。
ichikawa101002011
ichikawa101002011 posted by (C)カシワヤ

そんな中でもキリ(むかって右端 は比較的早いうちから外になれて行きました。
ichikawa101002022
ichikawa101002022 posted by (C)カシワヤ

キリ一人で出てきたかと思うと・・
ichikawa101002054
ichikawa101002054 posted by (C)カシワヤ

ちゃっちゃとウッドデッキへ行ってしまうほどの行動力でした。
ichikawa101002056
ichikawa101002056 posted by (C)カシワヤ

そんなときは心配したナナがすぐに迎えに行ったりして世話を焼かせていたようです。
ichikawa101002060
ichikawa101002060 posted by (C)カシワヤ

ichikawa101002061
ichikawa101002061 posted by (C)カシワヤ

はい、回収~!
ichikawa101002062
ichikawa101002062 posted by (C)カシワヤ

そんなこんなでチビ4頭の遊び場と言えばまだ寝室の中でした。
ichikawa101002043
ichikawa101002043 posted by (C)カシワヤ

鼻の形からすると一番奥の正面向きの個体がチナでしょうか?
このころのメス2頭はキリの鼻がまだらピンクでチナはナナとよく似た顔かたちをしていたので区別できましたが
オス(コムツ・コウキ)は特徴が似通っていてなかなか判別できませんでした。

引っこ抜かれた雑草で遊ぶオス。
ichikawa101002045
ichikawa101002045 posted by (C)カシワヤ

コムツは父親譲りの一人遊びマニアだったのでおそらくこの子がコムツだったのではないかと・・
ichikawa101002047
ichikawa101002047 posted by (C)カシワヤ

7月29日生まれの4頭もあと1ヶ月半もすれば満2歳。
最近キリとチナの間で小競り合いを見かけることが多くなってきました。
もうすぐ親離れもしくは群れ離れの時期を迎えようとしている市川市動植物園の最初の4頭。
この先どうなりますやら気になるところです。

続カワウソ破壊活動 市川市動植物園 20101223

こんばんは。
眠いから今夜も手抜きで垂れ流し。


説明も省いちゃうサービスぶりに近所の奥様もカンカンですわよ!

紅葉と木登りカワウソ 市川市動植物園 20111219

こんばんは。
前回の写真からちょっと経った頃、楓の紅葉が見頃を迎えました。

カワウソだっておだてりゃ木に登る。
ichikawa101219615
ichikawa101219615 posted by (C)カシワヤ

でもムツキは見頃の楓には興味なく、幹の途中をガジガジ・・
ichikawa101219621
ichikawa101219621 posted by (C)カシワヤ

おっと今度はナナの出番。
ichikawa101219628
ichikawa101219628 posted by (C)カシワヤ

ムツキと同じ場所ですが、ナナは紅葉を眺めがてらに一休み。
ichikawa101219638
ichikawa101219638 posted by (C)カシワヤ

同じ様に木登りしてもムツキとナナじゃちょっとニュアンスが違うかな?

紅葉とカワウソ 市川市動植物園 20101205

こんばんは。

そろそろ南関東も朝夕はしばれてくようになったべさ。
(あ、いかん札幌カワウソじゃねーや。

そろそろ都心部でも枯れ葉色付く季節ぜよ。
(あ、いかん土佐カワウソのエントリーでもねーし。

ほいじゃが市川市動植物園のムツキ家でも楓の紅葉が見られるんじゃけぇ。
(あ、いかん広島代理戦争でもねーし。

つーわけで例によって例のごとく去年の写真ばい。
(以下略・・。

こちらが去年のいまごろ、ムツキ家全景。
ichikawa101205741
ichikawa101205741 posted by (C)カシワヤ

この頃はちびうそ達の成長記録なんかが手すりに掲示されていたのですが・・
いまは無し!なんでこうなった?しょぼ~~ん!


気を取り直して進めますが、放飼場の楓の紅葉がもう少しで見頃?になり始めていました。
ichikawa101205766
ichikawa101205766 posted by (C)カシワヤ

ちなみに右側の宙づりになっているプレートはジョロウグモの紹介プレートw


色づき始めた楓の葉の向うには・・
ichikawa101205065
ichikawa101205065 posted by (C)カシワヤ

おなじみのムツキ達。
ichikawa101205066
ichikawa101205066 posted by (C)カシワヤ

う~ん、風情を感じるなぁ。


覚えておいでの方もいらっしゃるかと思いますが、去年のこの日は
排水パイプが引っこ抜かれた日なのです。


すっかり水のひいたプールの底ではチビ達がパイプに興味津々。
ichikawa101205407
ichikawa101205407 posted by (C)カシワヤ

隙間に手を突っ込むのがコツメカワウソのお仕事です。
ichikawa101205405
ichikawa101205405 posted by (C)カシワヤ

ね!風情あるでしょ。
おひまい。

つかまり立ちのキリ 市川市動植物園 20101006

こんばんは。

今夜も在庫写真の垂れ流し。
忘れた頃にアップする写真が楽しみでしょうがないカシワヤでござい。

去年の10月始め、今ではすっかり大きくなった4頭が
ようやく放飼場デビューを果たして間もない頃。
寝室入口脇にあった簡易プール代わりのコンテナで
よちよちだったころのキリが早くもつかまり立ちの練習中

ichikawa101006003
ichikawa101006003 posted by (C)カシワヤ

つかまり立ちとはいえまだ足腰の踏ん張りが利かないのか、
あんよはべったりな状態のキリ。

ichikawa101006004
ichikawa101006004 posted by (C)カシワヤ

ニコニコ顔でこちらを見るこの頃のキリの鼻はピンク色。

ichikawa101006005
ichikawa101006005 posted by (C)カシワヤ

きゅい~~~とふんばるちびうそキリ。

ichikawa101006006
ichikawa101006006 posted by (C)カシワヤ

少しだけだけどお尻を持ち上げることが出来てご満悦。

この頃のキリは可愛かったな~!
いや、今でもカワイイよすっかり貫禄付いたけど・・

ichikawa110820256
ichikawa110820256 posted by (C)カシワヤ

こうやって弟うそをかわいがるキリは立派な姉御肌。

ムツキのニジマス一本勝負 市川市動植物園 20100704

こんばんは。

今夜も在庫処分の写真で勘弁してつかーさい。
ひさしぶりの市川市動植物園の垂れ流し。
まだムツキんところへナナが嫁入りしてきて間もない頃の写真です。

現在残念なことに市川市動植物園カワウソ展示ではごはんタイムが公に行われていません。
まぁ、ある特定の条件が揃うとPM1時頃に行われるんですけどね・・

この頃のごはんタイムは日に2度ほど、PM1時と4時に行われていました。
特に園内放送などはされていませんでしたが、
キーパーさんがムツキとナナに直接ワカサギを与えたりして
それはそれで微笑ましい光景がでした。

ワカサギちょーだいのポーズ。
ichikawa100704031
ichikawa100704031 posted by (C)カシワヤ

いや、あらためて見るとナナが若い!ほんの1年とちょっと前なんですがね。

手渡しでワカサギがやってきましたよ。
ichikawa100704032
ichikawa100704032 posted by (C)カシワヤ

無意味に前足をばたばたさせるナナ。
ichikawa100704033
ichikawa100704033 posted by (C)カシワヤ

サンピアザ生まれのナナは市川に来るまでお魚を食べたことがなかったそうです。
だからナナちゃんのワカサギ食い散らかし方はあっちへこぼしこっちへ飛ばしで結構ワイルドでした。
サンピアザではペレットが主食ですからムリもありません。

んで、その頃ムツキはどうしているかというと・・
ichikawa100704034
ichikawa100704034 posted by (C)カシワヤ

なんとニジマス一本丸食い!
ichikawa100704036
ichikawa100704036 posted by (C)カシワヤ

各園館でいろいろなショーがありますが、ニジマス丸食いカワウソも乙なもんです。

ちなみに藪塚蛇センターではご多分に漏れずエ各種蛇の食事が見れる訳なんですが、
その中でも息をのんで見入ってしまったのがキングコブラ。
キングコブラは通称蛇食い蛇なので、長い蛇をじわじわと飲み込む様は時間を忘れます。

おっと脱線。ムツキに話を戻しましょう。
ichikawa100704040
ichikawa100704040 posted by (C)カシワヤ

ニジマスを尾っぽから食っていくムツキ。
ichikawa100704047
ichikawa100704047 posted by (C)カシワヤ

表情にまだやんちゃな面影が残っていますね。

半身まで食われてニジマスも観念したのかおとなしいです。(生きてねーよ!
ichikawa100704049
ichikawa100704049 posted by (C)カシワヤ

そろそろ残すはお頭のみ。
ichikawa100704052
ichikawa100704052 posted by (C)カシワヤ

やおら持ち上げあぐあぐ開始。
ichikawa100704053
ichikawa100704053 posted by (C)カシワヤ

レンズが気になるのかカメラ目線w
ichikawa100704056
ichikawa100704056 posted by (C)カシワヤ

さあ、もう一踏ん張り。
ichikawa100704062
ichikawa100704062 posted by (C)カシワヤ

えらの部分。一番食いづらいところですがわしわしいきます。
ichikawa100704064
ichikawa100704064 posted by (C)カシワヤ

ラストスパート。
ichikawa100704066
ichikawa100704066 posted by (C)カシワヤ

最後の一口は一気に行きました。
ichikawa100704071
ichikawa100704071 posted by (C)カシワヤ

ニジマス丸ごと一本をかけらも残さず間食したムツキ。
その見事な食いっぷりには脱帽です。
常日頃、お笑い担当などとムツキをちゃかしていますが、なかなかどうしてですよ。

傍らでは先にワカサギを食い終わっていたナナちゃんがぐーすかぴー!(死語
ichikawa100704072
ichikawa100704072 posted by (C)カシワヤ

新婚ほやほやの2頭はあくまでマイペースだったのです。

枯れ葉散る白いテラスの午後3時 市川市動植物園 20101123

雨上がりの市川、濡れ落ち葉。
ichikawa101123066
ichikawa101123066 posted by (C)カシワヤ

ムツキとナナのおもろい夫婦、獺夫婦善哉。
ichikawa101123003
ichikawa101123003 posted by (C)カシワヤ

ちびうそ時代、コムツが一匹。
ichikawa101123006
ichikawa101123006 posted by (C)カシワヤ

くるくるきらきら、ビー玉くわえたコウキ。
ichikawa101123008
ichikawa101123008 posted by (C)カシワヤ

静かな時間、アンニュイなチナ。
ichikawa101123009
ichikawa101123009 posted by (C)カシワヤ

カワウソ島の冒険、わいわいぴゃっぴゃっ!
ichikawa101123034
ichikawa101123034 posted by (C)カシワヤ

この口がウソをつくのか?あががががが・・・
ichikawa101123036
ichikawa101123036 posted by (C)カシワヤ

葉っぱからげてムツキの心情やいかに?
ichikawa101123048
ichikawa101123048 posted by (C)カシワヤ

やっぱり味わうのが一番か・・
ichikawa101123046
ichikawa101123046 posted by (C)カシワヤ

枯れ葉で奏でるセレナーデ。byキリ
ichikawa101123005
ichikawa101123005 posted by (C)カシワヤ

秋の夜長にポエムはいかが?

謎のトーテムポール 市川市動植物園 20110611

謎のトーテムポールが市川市動植物園に出現!
ichikawa110611551
ichikawa110611551 posted by (C)カシワヤ

その様子はまるで宇宙人が作ったのではないか?という説が出るほどだ!
いにしえの超古代文明が(何故だか)市川市動植物園で見ることが出来るぞ!

詳しくは今夜の水曜11PMで!矢追さ~~ん、出番ですよ!

かわうそちなりずむ 市川市動植物園 20110611

こんばんは。
梅雨のさなかの市川市動植物園、写真の垂れ流しが続きます。

去年生まれたわかうそ達は個性的なそれぞれ個性的な顔立ちに育ちました。
ムツキ似でちょいヘタレなコムツ、端正な無個性が光るコウキ、への字口と鼻ピンのわがまま姫キリ、
そしてナナ似でちょいロンパってるチナ。

今回はそんな4頭の中からチナの写真をどうぞ。

コンクリ島でスタンディングアピールのチナ。
ichikawa110611410
ichikawa110611410 posted by (C)カシワヤ

きゅい!っとお願いポーズ。
ichikawa110611411
ichikawa110611411 posted by (C)カシワヤ

コチトラキーパーさんでもなんでもないのにお願いされても何も出ませんよ。
ichikawa110611412
ichikawa110611412 posted by (C)カシワヤ

と思ったら・・なにやら口の中から小石?
ichikawa110611414
ichikawa110611414 posted by (C)カシワヤ

あわわ・・飲み込んじゃ駄目だよチナ。
ichikawa110611415
ichikawa110611415 posted by (C)カシワヤ

ごっくん!
ichikawa110611416
ichikawa110611416 posted by (C)カシワヤ

な~~んちって!
ichikawa110611417
ichikawa110611417 posted by (C)カシワヤ

いきなり上半身90度、カワウソ達の柔軟さに呆れてしまいますが、
肝心の小石は何処にいっちまったのでしょう?

そんなわかうそ達を静かに見守る・・・
いや、一緒になって遊んでるムツキ。
ichikawa110611445
ichikawa110611445 posted by (C)カシワヤ

チナはそんなムツキとーちゃんが大好きでいつも側に寄り添ってきます。
ichikawa110611462
ichikawa110611462 posted by (C)カシワヤ

誰も見てないよね~~?
ichikawa110611461
ichikawa110611461 posted by (C)カシワヤ

だいすき・・ちゅ!
ichikawa110611460
ichikawa110611460 posted by (C)カシワヤ

カメラ片手のコチトラなんてアウトオブ眼中なチナでした。

どろ田んぼカワウソ 市川市動植物園 20110611

こんばんは。
梅雨時の市川市動植物園、雨降りカワウソの様子です。

ムツキ一家の前にやってくると家族総出でなにやらやっている様子。
ichikawa110611017
ichikawa110611017 posted by (C)カシワヤ

放飼場のカエデの根元が長雨でどろ田んぼの様相を呈していました。
こんな遊び場ができてカワウソ達がほっておくはずがありません。

率先してどろんこ遊びに興じているのが家長のムツキ。
ichikawa110611001
ichikawa110611001 posted by (C)カシワヤ

顔中どろんこだらけにしてどこいくの?

泥の中から宝物発見!
ichikawa110611002
ichikawa110611002 posted by (C)カシワヤ

ここまで泥で変装されると一見誰が誰だか区別が付け辛いです。

でも、チナちゃんは例外w 一発で判別できるロンパリのチナちゃん。
ichikawa110611009
ichikawa110611009 posted by (C)カシワヤ

かーちゃんナナは口紅付けて、まぁオシャレ!
ichikawa110611003
ichikawa110611003 posted by (C)カシワヤ

どろんこ遊びの次は水遊び。
市川市動植物園の昼下がり名物バット返し!

ずずぃずい・・
ichikawa110611112
ichikawa110611112 posted by (C)カシワヤ

がらがらどっしゃん、どってんぽん!
ichikawa110611113
ichikawa110611113 posted by (C)カシワヤ

星一徹の卓袱台返しに勝るとも劣らないドリフ並みのお約束。
ですがここんところひっくり返した後に続きがあるんですよ。

水は高きところから低きに流れると申しまして、
ひっくり返ったバットの水は当然放飼場のプールへ流れて行く訳ですよ。

そこに待ち構えるわかうそ。
ichikawa110611114
ichikawa110611114 posted by (C)カシワヤ

どうやら石の隙間から流れ込んでくる水の感触を楽しんでいる様子。

まんぞくまんぞく!
ichikawa110611115
ichikawa110611115 posted by (C)カシワヤ

表情をみればこの一連の動作を完全に楽しんでいるとしか思えません。
カワウソ達の学習能力って「うっそ~!」と思えるぐらい凄いんじゃないかと思わせます。

うぅ、デーブさん並の駄洒落で締めかい・・

カワウソ連休最終日 市川市動植物園 20110508

こんにちは。

二度寝をしたらもうこんな時間、なんかもったいないですね。
ここんところ上野ではチロドナの避難中展示、市川ではべびうそ監視体勢とうそ撮りとして忙しい日々を送っています。その割にはアップする写真が少ないし、前回、前々回のエントリーなんて既存写真再掲載の手抜きだし、わけがわからないよ・・。

そう言う事情もあって(謎? 今回の写真は一ヶ月遅れで垂れ流しです。

今年の五月連休はお天道さんに恵まれ、穏やかな日々が過ぎて行きました。
そして迎えた連休最終日、この日も気持ちのよいお天気となりました。

ここ市川市動植物園でもバードケージ横の藤棚が華やかになり、
ichikawa110508001
ichikawa110508001 posted by (C)カシワヤ

業務用通路脇のツツジが見頃を迎え、
ichikawa110508002
ichikawa110508002 posted by (C)カシワヤ

ミニ鉄広場ではJR東海道新幹線N700系が特別運行されるなど、
ichikawa110508003
ichikawa110508003 posted by (C)カシワヤ

最後の休日を惜しむ様に皆それぞれ楽しんでいました。

こうやってさらりと垂れ流していると普段の市川市動植物園とさして変わらない様ですが・・
ichikawa110508265
ichikawa110508265 posted by (C)カシワヤ

連休最終日ってことはこーゆーことなんです。
昼前後から来るは来るはのお客さん、モギリ場はてんてこ舞いでいつまでたっても券売機に並ぶ列が絶えません。当然園内も普段では考えられないお客さんで埋め尽くされており、うそ撮りもおちおちやってられない状況でした。こんなに混雑した市川市動植物園は初めてです。

で、ムツキ一家も接客に大忙し・・・かと言うとそうでもなくあいかわらずのマイペース。
4月26日に生まれたべびうそそっちのけでかけずり回っていました。

ふと見ると放飼場中央にある犬小屋・・もとい!かわうそハウスでは誰かがせっせと作業中。
ichikawa110508511
ichikawa110508511 posted by (C)カシワヤ

なんかご用事?
ichikawa110508512
ichikawa110508512 posted by (C)カシワヤ

どうもコムツ先生の様です。何をしてるのでしょうか?

いや、あのね・・
ichikawa110508513
ichikawa110508513 posted by (C)カシワヤ

ここんところがね・・
ichikawa110508514
ichikawa110508514 posted by (C)カシワヤ

うまくいかないな~~。
ichikawa110508515
ichikawa110508515 posted by (C)カシワヤ

こっからこうやって・・
ichikawa110508516
ichikawa110508516 posted by (C)カシワヤ

こっちにもってきて・・
ichikawa110508517
ichikawa110508517 posted by (C)カシワヤ

むき!うまくいかないな~!
ichikawa110508518
ichikawa110508518 posted by (C)カシワヤ

どらどら、どらどらどら・・・
ichikawa110508519
ichikawa110508519 posted by (C)カシワヤ

コムツ一人で手に負えないと解るや否や家族総出でフォロー。
さすがはムツキ一家、家族っていいもんですよね。

房州無宿?旅獺ムツキ 市川市動植物園 20110501

コンバンハとオハヨウゴザイマスの間くらいかな?

市川市動植物園は隔週で通うほどのお気に入り動物園だったりする。
そのわりにはここんところ垂れ流し回数が少ないなぁと思ったあなた!それは言わない約束よお父さん。
あ、そうそう。ちょうど5月発行の年パスがカワウソだったので新規購入してきたところだよ。
え、写真はないのかって?それは・・以下略。

この日のムツキは枯れ葉くわえて登場。(春なのに・・
ichikawa110501034
ichikawa110501034 posted by (C)カシワヤ

楊枝じゃないけど斜にくわえた様はまるで木枯し紋次郎?
ichikawa110501035
ichikawa110501035 posted by (C)カシワヤ

何時にも増して上機嫌なムツキ。
足の向くまま気の向くままの旅烏ならぬ旅獺?
ichikawa110501036
ichikawa110501036 posted by (C)カシワヤ

いつもおちゃらけたイメージがあるムツキですが、なかなかどうして!
こうやってうま~く撮るとちょっといい男じゃないかえ?これで旅籠女郎にモテモテだ。
ichikawa110501037
ichikawa110501037 posted by (C)カシワヤ

そういえばムツキ、またオメデタなんだってな!
今度は2頭のちびうそが生まれて良かったな!

あっしにゃぁかかわり合いの無いことで・・
ichikawa110501033
ichikawa110501033 posted by (C)カシワヤ

ニヒル?にキメタつもりのムツキですが、にじみ出るお笑い要素は隠しきれないようで・・
君は木枯し紋次郎というよりあんかけの時次郎がお似合いだよ!
by てなもんや三度笠

今年も生まれたぴゃ! 市川市動植物園 20110501

こんばんぴゃ!

今日はうれしいお知らせだぴゃ!ムツキ家に2度目のおめでたできゅい!
生まれたのは2頭、性別はまだ未確認、ナナは元気だぴゃ!

ichikawa110501001
ichikawa110501001 posted by (C)カシワヤ

時期がくれば勝手にうろちょろし始めるから、静かに見守ってほしいんだきゅい!

ちびうそ時代の冒険 市川市動植物園 20101002

おはようさんです。

連休は遠出をせずに引きこもることに決めたカシワヤでござい。
部屋の掃除・改装、テレビ周りのデジ化、たまった写真整理などなど、
やることは山積みなのです。

んで、思い出した様になつかし写真。
ちびうそ時代のコツメカワウソ、キリの小さな冒険物語。

当初から鼻にピンクがちょびっと混じっていたので、
キーパーさんから仮称でちょびと呼ばれていた個体。
正式呼称はキリ、梨畑のわがままお姫様。

ドンゴロスくずつけて登場。
ichikawa101002054
ichikawa101002054 posted by (C)カシワヤ

キリはちびうそ4頭の中でも一番好奇心が旺盛で、
中央桟橋にいち早く進出したのもキリがいっとう最初でした。

桟橋一段目で考え中。
ichikawa101002055
ichikawa101002055 posted by (C)カシワヤ

意を決して2段目へ。
ichikawa101002056
ichikawa101002056 posted by (C)カシワヤ

ん~
ichikawa101002057
ichikawa101002057 posted by (C)カシワヤ

ん~~~
ichikawa101002058
ichikawa101002058 posted by (C)カシワヤ

どしよかな?
ichikawa101002059
ichikawa101002059 posted by (C)カシワヤ

本人は3段目に進むか否かで真剣に思案中ですが、
後頭部のドンゴロスくずがどうしても笑いを誘います。

迷っているうちに慌てて迎えにきたナナに気づき、
あっさり撤退するキリ。
ichikawa101002060
ichikawa101002060 posted by (C)カシワヤ

迎えにきたナナの心配そうな様子に対して、
勢いで付いてきちゃった感ありありのムツキが可笑しい。
しかもカメラ目線w
ichikawa101002061
ichikawa101002061 posted by (C)カシワヤ

最後は首根っこつかまれて飼育部屋へ連行されるキリ。
ichikawa101002062
ichikawa101002062 posted by (C)カシワヤ

他の3頭がまだムツキ&ナナの後ろを付いて回るだけのころに、
すでにキリは自力で行動半径を広げていたというお話でした。

ムツキとナナのころろんタイム 市川市動植物園 20110410

おはお~。

最近朝早く目が覚める様になってきましたカシワヤでござい。
そういえば目・肩・腰につらいものが・・

ひさしぶりに市川市動植物園よりムツキとナナの近況を垂れ流してみましょう。
とはいえここは隔週で通っているのでただ単に写真整理をさぼっていただけなんですが・・

暖かくなり市川市動植物園のけだるい午後が過ぎて行きます。
15時を過ぎそろそろ西日が目立ってきた頃、
コツメカワウソ放飼場の桟橋では2頭がとってもアンニュイしてました。
ichikawa110410199
ichikawa110410199 posted by (C)カシワヤ

あったかいね~。と仲良くひなたぼっこ。
ichikawa110410200
ichikawa110410200 posted by (C)カシワヤ

なにげにムツキが縁側オヤジのテイストですが、まぁ貫禄がついたということで桶?

なにやらナナがムツキに語りかけてます。
ichikawa110410201
ichikawa110410201 posted by (C)カシワヤ

それを聞いたムツキの満足げな顔、立派になったもんです。
ichikawa110410202
ichikawa110410202 posted by (C)カシワヤ

ムツキとナナは何を語らっていたのでしょうか?
おそらく答えはナナのおなかにあるのかもしれません。

それでも解らなければカワウソ先生こと、jsatoさんに教えてもらいましょう。
Das Otterhaus 【カワウソ舎】 : 市川カワウソ・入ってますか~?

去年生まれた4頭の様子を眺めながらムツキとナナは
「ちびうそも立派に成長したことだし・・」なんて思っているのかもしれません。
ichikawa110410203
ichikawa110410203 posted by (C)カシワヤ

ごめんムツキ、最後ピントはずしちまった。

第一回カワウソまみれ祭り 市川市動植物園

こんばんぴゃ。

のいち動物公園の垂れ流しが一段落したので、
久々に市川市動植物園のコツメカワウソ写真を
手抜き感たっぷりでアップしてみたいと思います。

市川市動植物園コツメカワウソのムツキ。
ichikawa101219327
ichikawa101219327 posted by (C)カシワヤ

コチトラをカワウソ沼に引きずり込んでくれた愛すべきカワウソ。
公開された直後は放飼場へなかなか出ず引きこもっていたのですが、
いまでは4児の父親となり、立派な表情を見せる様になりました。
ichikawa100926400
ichikawa100926400 posted by (C)カシワヤ

ブログを始めた頃にアップした下の写真と比べるとずいぶん貫禄w がついた様です。
ichikawa100214009
ichikawa100214009 posted by (C)カシワヤ

そんなヒッキームツキをかえてくれたのがサンピアザ水族館から嫁入りしてきたナナ。
ichikawa100515001
ichikawa100515001 posted by (C)カシワヤ

よく泳ぎ、よく木に登り、よく草刈りをするアクティブな女の子。
いまでは立派な砂場の穴堀りお母さん。

時折見せるなにげな表情がとてもいい顔をしてくれます。
ichikawa101119011
ichikawa101119011 posted by (C)カシワヤ

ichikawa101119012
ichikawa101119012 posted by (C)カシワヤ

ムツキとナナは相性もよく、すぐに熱々かぽーになりました。
ichikawa100711329
ichikawa100711329 posted by (C)カシワヤ

市川市動植物園のムツキ一家勢揃い!
ichikawa101219283
ichikawa101219283 posted by (C)カシワヤ

これからもよろしくぴゃ!

お披露目だよ!全員集合 市川市動植物園 20110220

おはお~です。
昨夜は垂れ流しのタイトルだけ決めたら寝ちまった。

あいかわらずな市川市動植物園ムツキ一家、でも紹介プレートが新しくなったようですよ。
ichikawa110220573
ichikawa110220573 posted by (C)カシワヤ

どうやらちびうそ4頭の名前が正式に決まったようです。
こりゃめでたい!獺祭で乾杯ですね。

よろしくたのんます!
ichikawa110123258
ichikawa110123258 posted by (C)カシワヤ

てか、一頭どっかいっちゃてるし・・お~い!コウキ~!どこいった?
あ、いたいた。

あらためまして、ムツキ一家をよろしく!
ichikawa110123271
ichikawa110123271 posted by (C)カシワヤ

向かって左から
コムツ♂ コウキ♂ チナ♀ ナナ母 キリ♀ ムツキ父
です!

じゃぐるカワウソ 市川市動植物園 20110123

こんばんは。
しばらく間が空きましたが今回もカワウソです。

まずはコムツ(仮)のじゃぐりから
ichikawa110123181
ichikawa110123181 posted by (C)カシワヤ

ichikawa110123182
ichikawa110123182 posted by (C)カシワヤ

ichikawa110123183
ichikawa110123183 posted by (C)カシワヤ

ichikawa110123184
ichikawa110123184 posted by (C)カシワヤ

コムツ(仮)は小石を胴体に沿って滑らす格好でキャッチ。

お次ぎは ちな(仮)のじゃぐりで、
ichikawa110123203
ichikawa110123203 posted by (C)カシワヤ

ichikawa110123204
ichikawa110123204 posted by (C)カシワヤ

ichikawa110123205
ichikawa110123205 posted by (C)カシワヤ

ichikawa110123206
ichikawa110123206 posted by (C)カシワヤ

ichikawa110123207
ichikawa110123207 posted by (C)カシワヤ

ichikawa110123208
ichikawa110123208 posted by (C)カシワヤ

体をひねって飛ばした小石をなんと口でキャッチ!
難易度Eプラス!

多摩Zooのちびうそがうろちょろし出しているようですが、
休日も忙しく行ける時間がとれそうもありません。とほほ・・

美味しんぼムツキ 市川市動植物園 20101219

ムツキ:むう!このペレットはまったりとしてその上しつこくなく・・
ちょび(仮:うちのとーちゃんグルメやわ~!
ichikawa101219320
ichikawa101219320 posted by (C)カシワヤ

ムツキ:な~んてな!
ちょび(仮:え!?
ichikawa101219321
ichikawa101219321 posted by (C)カシワヤ

ムツキ:どわっはっはっは・・
ちょび(仮:とーちゃんたら、いややわ~!
ichikawa101219322
ichikawa101219322 posted by (C)カシワヤ

おしまい。

真実の隙間カワウソ審判 市川市動植物園 20101219

またもやなんとなく

わたしゃ生まれてこのかた一度もウソをついたことはありません。
ichikawa101219129
ichikawa101219129 posted by (C)カシワヤ

いってぇ~~~!
ichikawa101219130
ichikawa101219130 posted by (C)カシワヤ

おわり

沈むカワウソ 市川市動植物園 20101219

こんばんは。

今夜の写真は特にヒネリも何もありません。
なんとなくアップしたいな~ぐらいの気持ちです。

カワウソ背面遊泳?
ichikawa101219094
ichikawa101219094 posted by (C)カシワヤ

ぶくぶく・・
ichikawa101219095
ichikawa101219095 posted by (C)カシワヤ

ぶくぶくぶくぶく・・
ichikawa101219096
ichikawa101219096 posted by (C)カシワヤ

まさか睡眠中?
おわり。

市川市動植物園 あけましておめでとうだぴゃ! 20110103

こんばんぴゃ!
ムツキ一家から新年のご挨拶だぴゃ!

ちびうそ達もすっかり大きくなったぴゃ!
それにしてもちょびはめだつな~。
ichikawa110103007
ichikawa110103007 posted by (C)カシワヤ

家族写真なのに一匹後ろをむいてるのは・・やっぱりコムツ。
ヨン様はにぎにぎポーズ。
ichikawa110103072
ichikawa110103072 posted by (C)カシワヤ

カワウソ神社、ムツキとナナの狛犬。
お賽銭のかわりにワカサギちょ~だい。
ichikawa110103081
ichikawa110103081 posted by (C)カシワヤ

こうして見比べるとちな以外はやっぱりムツキ似。
ichikawa110103082
ichikawa110103082 posted by (C)カシワヤ

ナナとちなはスタンディングポーズもそっくり。
ichikawa110103090
ichikawa110103090 posted by (C)カシワヤ

コツメはちょろちょろとすぐに位置関係を変えるから個体識別が難しいぴゃ!
ichikawa110103097
ichikawa110103097 posted by (C)カシワヤ

めずらしくヨン様がセンターポジション、合い言葉はもちろんオフコース!
ichikawa110103098
ichikawa110103098 posted by (C)カシワヤ

一家総出でコンクリ島に上陸、以前より狭く感じるのはちび達が成長した証。
ichikawa110103109
ichikawa110103109 posted by (C)カシワヤ

ことしもよろしくぴゃ!

市川市動植物園 ムツキファミリー記念撮影 20101219

こんばんは。

市川市動植物園のちびうそ達も生後4ヶ月半を過ぎそろそろ5ヶ月になろうかと、
4頭ともだいぶ大きくなり、それぞれの個性もはっきりしだしました。

日頃からあーでもないこーでもないと個体識別に悩む日々が続いてましたが、
先日ようやくファミリー勢揃い鼻面そろえた記念撮影を写真に収めることに成功。
いつもよりチョイ大きめでアップしたので、クリックして元画像をご覧あれ。
ichikawa101219283
ichikawa101219283 posted by (C)カシワヤ

むかって左から順に

ナナ
泳ぎとクネゴロするのが大好きなスポーティーなおかーちゃん、最近は木登りも始めました。
北海道サンピアザ水族館より来園。

ヨン(仮称)
ペレットの食い過ぎでメタボぎみのオス、頑固なまでに魚を食べないようです。
仮称の由来は個体識別時に付けた番号が4番であったため。

ムツキ
お気楽ご気楽な市川コツメファミリーの家長、かつて引きこもりだったのが今では嘘のようです。
大阪海遊館より来園のため関西弁が公用語。(ウソ

ちな(仮称)
ナナにそっくりな細身のメス、ナナとちなは他の4頭にくらべて二重まぶたが目立ちます。
仮称の由来はおかーちゃん似であるため小さいナナでちな。

ちょび(仮称)
唯一の鼻がピンクになってるメス、やんちゃでおてんば娘ですがムツキとナナにべったりの甘えん坊。
ちびうそ4頭のなかで早いうちからワカサギに食らいついたチャレンジャー。
仮称の由来はピンクの鼻にちょびっと黒い点があるから。

コムツ(仮称)
とーちゃん似のオス、特に目がムツキにそっくりです。ヒッキーの血を受け継いでいるのか
一人遊びに興じることが多く何かしらいつも出遅れたりします。兄弟喧嘩ではどつかれ役。
仮称の由来はご想像のまんま、小さいムツキでコムツ。

ここまで書いといて間違ってたらトホホですが、
なにはともあれ、ムツキファミリーに幸あれ!

市川市動植物園 いじわる?ムツキ 20101219

こんばんは、性懲りも無く今夜もこれです。

コヤツに悪気は無いのは解っちゃいますがね。
ichikawa101219327
ichikawa101219327 posted by (C)カシワヤ

もうちょっと愛想良くしてもバチは当らんと思うがな、ムツキ。

市川市動植物園 穴堀りムツキ 20101205

こんばんは。
またもや暇つぶしに動画です。

砂場で穴堀りに夢中になっているムツキですが・・


ホント仲いいですね。

市川市動植物園 ムツキとナナのいい関係 20101121

こんばんは、忙しい日々が続きちょいとメゲてます。

ムツキにすり寄るナナ。
ichikawa101121184
ichikawa101121184 posted by (C)カシワヤ

ちょっとムツキ照れてる?
ichikawa101121185
ichikawa101121185 posted by (C)カシワヤ

二頭ともいい顔してます。いつまでもお幸せに。
ichikawa101121186
ichikawa101121186 posted by (C)カシワヤ

市川市動植物園 渇水?カワウソ放飼場その3 20101205

つづき

ちびうそ達はプールの底で大はしゃぎ。
普段お目にかかれないものを見つけるといじくらずにはいられません。

あるモノは落差の激しくなった滝で厳しい修行に励み・・
ichikawa101205367
ichikawa101205367 posted by (C)カシワヤ

は~さっぱりした!(修行と言うより洗髪だったのか?
ichikawa101205363
ichikawa101205363 posted by (C)カシワヤ

またあるモノは未知のパイプと遭遇したり・・
ichikawa101205407
ichikawa101205407 posted by (C)カシワヤ

穴があったらとりあえず手を突っ込むのがコツメの性。
ichikawa101205405
ichikawa101205405 posted by (C)カシワヤ

壁の防水コーキング材をはがすのに夢中!(そんなことしていいのか?
ichikawa101205511
ichikawa101205511 posted by (C)カシワヤ

棒倒しに挑戦!(せっかくキーパーさんが立て直したのに・・
ichikawa101205485
ichikawa101205485 posted by (C)カシワヤ

と言った具合に好き勝手楽しんでるもよう。

しかも今回の事件の第一容疑者でさえ、ごらんのありさま。
ichikawa101205645
ichikawa101205645 posted by (C)カシワヤ

コヤツらは遊びの天才です、はい。

市川市動植物園 渇水?カワウソ放飼場その2 20101205

夕方の食事タイムに合わせる様にカワウソ放飼場に戻ってくると、
プールの水がすっかりぬけていました。
ichikawa101205742
ichikawa101205742 posted by (C)カシワヤ

プールの向かって右奥を見ると、
水位を保つために排水溝にさしてある塩ビパイプがやっぱりぬけていました。
ichikawa101205320
ichikawa101205320 posted by (C)カシワヤ

しかもご丁寧にパイプは放飼場に引き上げられてるし・・。

この排水パイプは常日頃ちびうそ達のおもちゃになっていたので、
こうなるのは時間の問題だったのかもしれません。
ichikawa101205238
ichikawa101205238 posted by (C)カシワヤ

でも、ちびうそ達に塩ビパイプを放飼場へ引き上げる力はまだなさそうです。
となると、やっぱりコヤツでしょうか?
ichikawa101205118
ichikawa101205118 posted by (C)カシワヤ

わしゃ知らんもんね~!
ichikawa101205120
ichikawa101205120 posted by (C)カシワヤ

肝心の家長がこれですから、いい気なもんです。

つづく。

市川市動植物園 渇水?カワウソ放飼場その1 20101205

こんにちは。
またもや市川市動植物園コツメカワウソの垂れ流しです。

木々も色づいたと思ったら早くも散り始めの時期、
ムツキ一家は元気でしょうか?
ichikawa101205766
ichikawa101205766 posted by (C)カシワヤ

あれれ?なんか変だぞ!

つづく。

市川市動植物園 カワウソ破壊工作 20101205

コンニチハ。
市川市動植物園コツメカワウソ、ムツキ一家の様子をまたもや動画でお送りします。



ちびうそはともかく、一番熱心なのがムツキと言うところがなんともはや・・
ムツキ君は大人なんだからね!

ことの詳細はのちほど。

市川市動植物園 動くカワウソ、ムツキ一家砂遊び 20101205

こんばんは。
今回のアップは写真ではありません。
なんかブログタイトルに反するようですが、固いことは言いっこナシ。
まぁ、とは言えいつものヤツですよ。


たまにはこんな垂れ流しもイイでしょ。

市川市動植物園 晩秋のナナ 20101121

こんちは。
フォト蔵の回復を待っているのもあほらしいので垂れ流しを再開します。
いつもの様に市川の写真ですが、クリックしてもあまりでかくはなりませんので悪しからず。
ま、ここまで間が空いたのはフォト蔵のせいではないんですけどね。
ようは気分がノラナカッタが正解。

あれだけ暑かった夏が終わりここ市川にも秋が訪れました。
あれほど覆い茂っていた夏草は面影もなく、水面には枯れ葉が舞い落ちています。
これもひとえにちびうそ達がせっせと草刈りに励んだ結果ですね。
ichikawa101121014s
ichikawa101121014s

いつものところにいつものナナ。
ichikawa101121013s
ichikawa101121013s

なにげにレンズを向ける。
ichikawa101121011s
ichikawa101121011s

ichikawa101121012s
ichikawa101121012s

ナナがとてもいい顔をしてくれました。

市川市動植物園 グラビアアイドルナナ 20101024

コンバンハ。
雨が続くと写真撮りがおっくうになっちまって暇ですね。
なにげに部屋の掃除なんかしてましたけど暇ですね。
思い出した様にまたカワウソ写真なんぞひっぱり出してりしてホント暇ですね。

市川のナナ、水泳を楽しむ姿が印象的なカワウソです。
プール上がりのナナ。
ichikawa101024050
ichikawa101024050 posted by (C)カシワヤ

毛が水をはじいて玉になってこぼれ落ちていきます。
まるで競泳水着を着込んでいるかのようです。

そして毛を乾かすためにオヤクソクのクネゴロタイム。
ichikawa101024047
ichikawa101024047 posted by (C)カシワヤ

この日はグラビアアイドルさながらのクネゴロぶり、ビー玉持って悩殺ポーズ。(死語)
ichikawa101024042
ichikawa101024042 posted by (C)カシワヤ

よ!
ichikawa101024043
ichikawa101024043 posted by (C)カシワヤ

は!
ichikawa101024044
ichikawa101024044 posted by (C)カシワヤ

こりゃ!
ichikawa101024045
ichikawa101024045 posted by (C)カシワヤ

かぽ~!
ichikawa101024046
ichikawa101024046 posted by (C)カシワヤ

最後のポーズはいったい何・・?

子供は親を見て育つとか、子は親の鏡とか申しまして
やっぱりまねするちびうそ。

くんかくんか。
ichikawa101024202
ichikawa101024202 posted by (C)カシワヤ

がぶ~!
ichikawa101024201
ichikawa101024201 posted by (C)カシワヤ

ムツキはムツキでまったくのマイペース、父のんきだね。

市川市動植物園 チビウソ好き嫌い 20101017

こんばんは、少々固いものが続き気味なのでここらでやわらかなカワウソ写真でもアップ。

「なにかと理由をつけてるだけだろ」とか「URの続きはどうなったんだ?」などとは言いっこなしで。
はい、URもJCTも続きは必ずアップしますから。だいたいURは去年の写真なんだし、
いまさら2日や3日遅れたって変わりゃしないのだ。(ひらきなおり)

市川のちびうそ達も生後3ヶ月が経ち、いつまでもナナのおっぱいを吸ってる訳じゃアリマセン。
ここでは昼と夕方に食事タイムがあり、与えられる餌はペレット(キャットフード)とワカサギです。
ちびうそ達にも食の好みがあって、ほとんどのちびはペレットをむさぼっています。

そこでキーパーさんがワカサギをそっと与えてみると・・
ichikawa101017052
ichikawa101017052 posted by (C)カシワヤ

うへぇ!なんだこれ?
ichikawa101017054
ichikawa101017054 posted by (C)カシワヤ

なんだかな~?
ichikawa101017055
ichikawa101017055 posted by (C)カシワヤ

まぁ・・いいか。
ichikawa101017056
ichikawa101017056 posted by (C)カシワヤ

と言った具合。興味は示すものの、やはり食べ物とは認識していない様子・・
ところがどっこい!何処の世界にもアウトサイダーはいるものです。
ichikawa101017058
ichikawa101017058 posted by (C)カシワヤ

ちび4頭のうちはなぴん(鼻がピンク)の1頭が我が道を爆走。
ワカサギをほおばり始めました。
ichikawa101017061
ichikawa101017061 posted by (C)カシワヤ

ichikawa101017062
ichikawa101017062 posted by (C)カシワヤ

ichikawa101017064
ichikawa101017064 posted by (C)カシワヤ

ichikawa101017063
ichikawa101017063 posted by (C)カシワヤ

まだ歯が未熟なため多少食い方はきちゃないものの、食べるは食べる。
その頃、他の3頭はペレットに夢中です。

うま~!
おいしいね。
うん!
ichikawa101017074
ichikawa101017074 posted by (C)カシワヤ

他の3頭がペレットにがっついていてもはなぴんはおかまいなし。
ichikawa101017069
ichikawa101017069 posted by (C)カシワヤ

おい、アイツあんなの食ってるぜ・・
ichikawa101017070
ichikawa101017070 posted by (C)カシワヤ

食のアウトサイダーはなぴんでした。
ichikawa101017066
ichikawa101017066 posted by (C)カシワヤ

ところでムツキとナナはというと
ichikawa101017049
ichikawa101017049 posted by (C)カシワヤ

ナナがムツキになにやらささやいているようです。
ナカヨキコトハヨキコト、いや~ごちそうさま。

市川市動植物園 カワウソ夫婦漫才 20101017

こんばんは、性懲りもなく市川のコツメカワウソの写真です。
このところちびうその写真が続いたので、
ひさびさムツキとナナの夫婦漫才四コマ写真です。

ごそごそ
ichikawa101017147
ichikawa101017147 posted by (C)カシワヤ

こんなのみつかったぜ!
わたしはこれよ!
ichikawa101017146
ichikawa101017146 posted by (C)カシワヤ

よこせ!
それほしい!
ichikawa101017148
ichikawa101017148 posted by (C)カシワヤ

あれ?どっかいっちゃったね・・。
ichikawa101017149
ichikawa101017149 posted by (C)カシワヤ

子育てが一段落したのか、市川のムツキとナナは
新婚当時の様にいちゃつく姿が目につく様になってきました。
いつまでも仲良きことは良きことです。
こちゃ~来年も期待できるぞ。

市川市動植物園 ちびうそプール開き 20101011

こんばんは。
市川のちびうそ写真連投になります。構造物好きの方には申し訳ない。

つい先日まで飼育ケージ内のコンテナですったもんだやってたちびうそ達も
いつのまにやら水慣れの時期を終え、いよいよ本格的なプール開きの季節になりました。

まずはウォーミングアップ。準備運動はしっかりと。
ichikawa101011192
ichikawa101011192 posted by (C)カシワヤ

ぷっは~!
ichikawa101011191
ichikawa101011191 posted by (C)カシワヤ

いよいよ本番、新たな世界への挑戦が・・
ichikawa101011272
ichikawa101011272 posted by (C)カシワヤ

なかなか始まらない。
ichikawa101011271
ichikawa101011271 posted by (C)カシワヤ

何となく草でもいじってごまかすちびうそ。

そこへムツキが迎えにきましたよ。
ichikawa101011274
ichikawa101011274 posted by (C)カシワヤ

ナナも一緒に誘いにきました。
ichikawa101011275
ichikawa101011275 posted by (C)カシワヤ

意を決して、えいや!
ichikawa101011276
ichikawa101011276 posted by (C)カシワヤ

こうなると芋蔓式に我も我も?
ichikawa101011289
ichikawa101011289 posted by (C)カシワヤ

過度な運動は良くないので程々に。お疲れさまでした。
ichikawa101011290
ichikawa101011290 posted by (C)カシワヤ

市川のちびうそ達はまだ個体識別が出来る状態ではないので、
どのちびが泳いでいるのかいないのかはまだ全然解りません。
(肝心の泳いでる写真は失敗したし・・)
泳いだと言っても水際をぱちゃぱちゃやった程度ですが、秋を迎え本格的なプール開きとなりました。
それにしてもムツキとナナがちびうそを水辺に誘う様な仕草を見せたりする様は
2頭とも親らしくなったもんだと感心させられます。

市川市動植物園 対ちびうそ新兵器 20101011

おはようございます。
こんな時間ですが毎度おなじみ市川のちびうそ達の写真です。

実は対ちびうそ用に新兵器を導入しました。
ichikawa101011074
ichikawa101011074 posted by (C)カシワヤ

ichikawa101011085
ichikawa101011085 posted by (C)カシワヤ

ichikawa101011116
ichikawa101011116 posted by (C)カシワヤ

ichikawa101011141
ichikawa101011141 posted by (C)カシワヤ

ichikawa101011147
ichikawa101011147 posted by (C)カシワヤ

すべてα5570-400mm F4-5.6 G SSMで撮影しました。
いままで300mm止まりのズームを使用していたのですが、
市川のちびうそ達のアップをとるには無理があり、もやもやがたまっていたのでした。
市川でもやもやですから千葉市ではなおさら発狂しそうでした。
同じ発狂するなら健康的に発狂したいと考え、清水の舞台から飛び降りたわけです。

おかげで財布がすっからかん。
でも泣き言は言いません、男の子だから。

市川市動植物園 ちびうその日常 20101006

コンバンハ。
日付も変わったのでそろそろカワウソタイム。
市川のちびうそ達のごちゃごちゃっとした日常写真を垂れ流して参ります。

お気に入りの白い石を目前にしてご満悦な様子。
ichikawa101006064
ichikawa101006064 posted by (C)カシワヤ

しかし・・
ichikawa101006065
ichikawa101006065 posted by (C)カシワヤ

油断していると、
ichikawa101006066
ichikawa101006066 posted by (C)カシワヤ

こら!それは俺んだ!
ichikawa101006067
ichikawa101006067 posted by (C)カシワヤ

たちまち始まるバトルな展開。

手始めにディープキス。
ichikawa101006140
ichikawa101006140 posted by (C)カシワヤ

ヘッドロック。
ichikawa101006141
ichikawa101006141 posted by (C)カシワヤ

噛みつき。
ichikawa101006142
ichikawa101006142 posted by (C)カシワヤ

ぎぶあっぷ!
ichikawa101006143
ichikawa101006143 posted by (C)カシワヤ

その頃ムツキと言えば、
ichikawa101006179
ichikawa101006179 posted by (C)カシワヤ

ちびうその水泳訓練に余念がありません。
ichikawa101006181
ichikawa101006181 posted by (C)カシワヤ

ichikawa101006185
ichikawa101006185 posted by (C)カシワヤ

ichikawa101006188
ichikawa101006188 posted by (C)カシワヤ

ichikawa101006189
ichikawa101006189 posted by (C)カシワヤ

まさにスパルタの海、市川ヨッ◯スクールな感じでした。

市川市動植物園 魅惑のナナ 20101006

今晩は、今回は短めに一枚アップ。
人妻ならぬ獺妻のナナ、団地じゃないのがザンネン!
ichikawa101006069
ichikawa101006069 posted by (C)カシワヤ

市川市動植物園 ふんばれ!ちびうそ 20100926

市川のちびうそデビュー目撃を達成して燃え尽き気味のカシワヤでござい。

10月もカワウソが続くようですが、
あい間あい間でその他の写真もアップしていきますので、
呆れたりしないでお付合い願います。

てなわけで、ふんばるちびうそ。
ichikawa100926134
ichikawa100926134 posted by (C)カシワヤ

まだまだ、ふんばるちびうそ。
ichikawa100926135
ichikawa100926135 posted by (C)カシワヤ

もうちょっと、ふんばれちびうそ。
ichikawa100926136
ichikawa100926136 posted by (C)カシワヤ

ふんばってほしい・・ち・び・う・そ。(ずるずる)
ichikawa100926137
ichikawa100926137 posted by (C)カシワヤ

なにげに後ろでムツキが子煩悩さを発揮・・というか、
子供と同化してるあたりがさすがの一言。

市川市動植物園 ちびうそデビュー 20100926

それは突然の出来事だった。

ムツキとナナがいつもの様に夕方ワカサギをたいらげた直後、
キーパーさんがペレットの用意をしていると2頭はケージの奥に駆け込んだ。
しばらくするとムツキナナが顔を出し、なにか言いたげにこちらを見ている。
ichikawa100926316
ichikawa100926316 posted by (C)カシワヤ

2~3枚シャッターを切っただろうか?
ムツキを取り囲む様に複数の小さな影が飛び出してきた。
ichikawa100926330
ichikawa100926330 posted by (C)カシワヤ

ちびうそ!
あっという間に飼育ケージ内は保育園の運動場の様になった。
ichikawa100926343
ichikawa100926343 posted by (C)カシワヤ

しばしの間状況を見守りつつシャッターをきり続けていると今度はナナが動いた。
ナナは後ろのちびどもを気にしつつ放飼場に顔を出す。あ、もしかして出てくるの?
ichikawa100926351
ichikawa100926351 posted by (C)カシワヤ

ナナにつれられたもちびどもは身を乗り出すもののもう一歩が踏み出せない。
ichikawa100926358
ichikawa100926358 posted by (C)カシワヤ

その時奥に残っていたムツキが促す様に後ろからちびを後押し。
ichikawa100926372
ichikawa100926372 posted by (C)カシワヤ

「みんな家族なんだなぁ」と感慨に耽るのもつかの間・・でた!やっと出てきた。
ichikawa100926382
ichikawa100926382 posted by (C)カシワヤ

けれどもまだ石段の上で躊躇するちび。
ichikawa100926385
ichikawa100926385 posted by (C)カシワヤ

がんばれ!がんばれ!
ichikawa100926386
ichikawa100926386 posted by (C)カシワヤ

もう少し・・
ichikawa100926387
ichikawa100926387 posted by (C)カシワヤ

よし!
ichikawa100926388
ichikawa100926388 posted by (C)カシワヤ

こうしておっかなびっくりながらもこの日はちびうそ放飼場デビューとなった。
ichikawa100926397
ichikawa100926397 posted by (C)カシワヤ

うりちょろするちびどもに囲まれたムツキの満足げな顔、
そして父親としてずいぶんと誇らしげだ。
ichikawa100926400
ichikawa100926400 posted by (C)カシワヤ

運が良かったとはいえ、土日の丸二日間張り込み続けた甲斐があった。
ほどなくして閉園時間、帰り際に梨と栗を近所の農家で買って帰った。
「今日は栗ごはんにしよう」と考えながら・・。

市川市動植物園 ちびうそプレデビュー 20100926

市川市動植物園ちびうそプレデビュー!
ichikawa100926415_kari
ichikawa100926415_kari posted by (C)カシワヤ

興奮しすぎてピントがあってない。なんてこったい!

市川市動植物園 ちびうそ脱走計画 20100919

市川市動植物園のちびうそ達はムツキとナナに拘束され続けている。
この現状を打破すべく勇士は自由を求め立ち上がった。

チャンス到来!
ichikawa100919062
ichikawa100919062 posted by (C)カシワヤ

ふふふふ・・
ichikawa100919075
ichikawa100919075 posted by (C)カシワヤ

残念でした。
ichikawa100919076
ichikawa100919076 posted by (C)カシワヤ

これしきのことであきらめる訳にはいかない。
今度は二頭で計画を練った上での実行だ!
ichikawa100919065
ichikawa100919065 posted by (C)カシワヤ

ふっふっふっ・・
ichikawa100919069
ichikawa100919069 posted by (C)カシワヤ

またまた、ざ~んねんでした。
ichikawa100919076
ichikawa100919076 posted by (C)カシワヤ

我々の意志がくじけることは無い。
いつか必ず、自由を我が手にするまではあきらめないのだ!
ichikawa100919141
ichikawa100919141 posted by (C)カシワヤ

市川市動植物園 ちびうそ入浴 20100919

コンニチハ。

今日の午前中は家の猫(ねこすけ)をワクチン接種に連れて行き、昼前には帰宅したのです。
床に寝っころがってネットしていたはずなのですが、気づいたらもうこんな時間!
ねちまってた・・。
あ~三日連続で市川ちびうそを見に行く計画は、ここに頓挫したのであった。

てなわけで昨日の写真。
ムツキ家の混浴風景です。
ichikawa100919096
ichikawa100919096 posted by (C)カシワヤ

ichikawa100919097
ichikawa100919097 posted by (C)カシワヤ

ichikawa100919098
ichikawa100919098 posted by (C)カシワヤ

ichikawa100919099
ichikawa100919099 posted by (C)カシワヤ

ムツキがちびうそをくわえ水を張ったコンテナに引きずり込んでますね。
子育て初実践中のムツキとナナですが、そこはしっかりとやっているようです。

四枚目の写真
ムツキがナナに向かってウインク!
「どうだい!俺って出来る旦那さまだろ?」などと
粋がっている様に見えてなんか笑ってしまう。
さすがカワウソ界のお笑い担当ムツキです。

市川市動植物園 ちびうそリベンジ 20100919

コンバンハ。

ちびうそリベンジ写真アップ。
ichikawa100919247
ichikawa100919247 posted by (C)カシワヤ

この仏頂面がたまらない。

拡大してみた。
ichikawa100919247C
ichikawa100919247C posted by (C)カシワヤ

たしかにどちら似なんだろう?

市川市動植物園 チビウソ 20100918

最初に謝っておきます。
はっきり言ってひどい失敗写真です。

コツメカワウソの放飼場奥にある飼育ケージ入り口にチラリと見えた小さな影。
ichikawa100918317
ichikawa100918317 posted by (C)カシワヤ

ichikawa100918319
ichikawa100918319 posted by (C)カシワヤ

チビウソ!

やっとお目にかかれましたが、痛恨の失敗写真。
フォトショでなんとか確認できる状態に持ってくるのが精一杯です。

でも今はそんなことどうでも良いです。
チビウソが放飼場をウロチョロしだすのも時間の問題ですね。

市川市動植物園 ムツキとナナのその後 20100711

こんばんは、本日は出血大サービス!二回目の更新です。
(でも安比奈線ではありません。)

過去に二度ほど記事にしている市川市動植物園のコツメカワウソ
ムツキとナナのその後の様子を見に行ってきました。
ichikawa100711251
ichikawa100711251 posted by (C)カシワヤ

ichikawa100711289
ichikawa100711289 posted by (C)カシワヤ

ichikawa100711294
ichikawa100711294 posted by (C)カシワヤ

ichikawa100711329
ichikawa100711329 posted by (C)カシワヤ

写真を見ていただければ一目瞭然、二人の仲を心配するだけ野暮ってもんでした。
ホントに憎らしいほどのアツアツ(死語)ぶり。
しかもナナの下腹部は明らかに丸みを帯びており、否応無しにチビ誕生を期待させます。
また、性懲りも無くキーパーさんからもお話を伺うことが出来まして、ありがとうございました。

それはそうと本日のカワウソ展示にはあっしの他にもお二人ほどカブリツキで撮影をしている方がおり、
少々の時間カワウソ談義をいたしました。
詳しい話はおいときますが、ネットってヤツは広い様な狭い様な不思議なモンだと感じました。

市川市動植物園のコツメカワウソ 20100515

再び市川市動植物園のコツメカワウソの写真になります。
とは言っても今回の主役はムツキではなくサンピアザ水族館から嫁入りしてきたメスのナナであります。
ichikawa100515001
ichikawa100515001 posted by (C)カシワヤ

いままで単独飼育であったムツキもお嫁さんを迎えて大はしゃぎ・・ではなく、
相変わらずマイペースなぐ~たら生活です。(おいおい!)
ichikawa100515003
ichikawa100515003 posted by (C)カシワヤ

ナナはムツキに比べややほっそりとした面立ちで、やさしそうな目をしている印象。
ichikawa100515043
ichikawa100515043 posted by (C)カシワヤ

でも、おしとやかそうに見えてその実おてんば?
放飼場の池に出たり入ったりを繰り返し実に良く遊び回ります。
特に池の向かって右側にある石の上がりを支えるU字溝がお気に入り。
出たり入ったりを繰り返し繰り返し、ひょっこりと顔を出す様は見ていて飽きませんな。
ichikawa100515017
ichikawa100515017 posted by (C)カシワヤ

そんなぐ~たら生活(しつこい)を送っていたムツキにもやっぱり影響はあるようで、
今まで小食だったムツキの食事量が増えたこと。
勢い余ってナナの餌も横取りしてしまうほどだそうです。(しょ~がね~な!)
ichikawa100515070
ichikawa100515070 posted by (C)カシワヤ

ワカサギちょ~だいのポーズ。
ichikawa100515073
ichikawa100515073 posted by (C)カシワヤ

睡眠欲、食欲と満たされたムツキが次に求めるものと言えば・・。
やっぱり男だもんなムツキ!
ichikawa100515012
ichikawa100515012 posted by (C)カシワヤ

ともあれようやくつがいとなった市川のコツメカワウソ。
仲睦まじい姿がおがめるのはありがたいもんです。
ichikawa100515055
ichikawa100515055 posted by (C)カシワヤ

今回も忙しい中、飼育員の方にいろいろと話を伺いまして誠にアリガトサンでした。

オマケ:コツメカワウソ放飼場の側にある記念撮影用のカキワリなのですが、
    ちょと無理矢理すぎないかい?(いや、俺的にはこのセンス好きだけど)
ichikawa100515075
ichikawa100515075 posted by (C)カシワヤ

市川市動植物園のコツメカワウソ 20100214

今年の2月14日に市川市動植物園にぶらりと行ってみた。
考えてみりゃ当日はバレンタインデーだったが、当の本人には全く関係ない話だ。

こじんまりとした園内にこじんまりとした飼育ケージがならぶこの動物園、
なかなかどうしてオランウータンの設備はかなり立派だったりする。

今回の写真はそんな動物園のコツメカワウソ、ムツキ君。
ichikawa100214009
ichikawa100214009 posted by (C)カシワヤ

男一匹ヤモメ暮らしなため一日の大半は放飼場奥の寝室?で麻袋にくるまり
ゴロゴロな日々をおくっているのだが・・。
ひとたび放飼場に出てくるとカワウソ本来の小気味好い仕草がおがめる。
ichikawa100214037
ichikawa100214037 posted by (C)カシワヤ

ichikawa100214038
ichikawa100214038 posted by (C)カシワヤ

ichikawa100214039
ichikawa100214039 posted by (C)カシワヤ

ichikawa100214040
ichikawa100214040 posted by (C)カシワヤ

ichikawa100214041
ichikawa100214041 posted by (C)カシワヤ

ichikawa100214042
ichikawa100214042 posted by (C)カシワヤ

ichikawa100214043
ichikawa100214043 posted by (C)カシワヤ

ichikawa100214044
ichikawa100214044 posted by (C)カシワヤ

まるで高座での噺家のような一連の仕草、
コミカルで愛くるしい姿は何時間いても見飽きないのだ。(個人的に)

追記:サンピアザ水族館から来たお嫁さんナナがそろそろお目見えらしい。
   良かったなぁムツキ。

Index of all entries

Home > 市川市動植物園そのいち Archive

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。