Home > 京急油壺マリンパーク Archive

京急油壺マリンパーク Archive

ダンディなゴマ大フク_油壺マリンパーク_20130629

え〜最初に言っておきますけど去年の6月の写真ですからね。
この垂れ流しを見て「よ〜し!お父さん明日は家族サービスで油壷につれってってあげちゃうぞ〜!」って意気込んでもこの時と同じとは限りませんからね!

でもたぶんほとんど変わってないと思いますのでご安心ください。特にゴマ・・

そんでもって潰れ饅頭なゴマ・・あいかわらずスミッコ・ダイスキーなゴマ。とても愛おしい仔。
aburatubo130629050
aburatubo130629050 posted by (C)カシワヤ

ゴマは起きている時でもぼあぁ〜とした感じ。逆にそれが魅力でもあるんですけどね。
aburatubo130629077
aburatubo130629077 posted by (C)カシワヤ

ボケのムツキ、ツッコミのヨツバ、天然のゴマ。三兄弟はそれぞれいい味を出して活躍中です。

お顔カイカイしすぎでお口がびろ〜ん。
aburatubo130629080
aburatubo130629080 posted by (C)カシワヤ

ゴマ(に限らずかもしらん)が活発に動くのを見れるのがカワウソ指タッチの裏でさりげなく行われる仲良しキーパーさんとのほのぼのごはんタイムです。
aburatubo130629066
aburatubo130629066 posted by (C)カシワヤ

こうやってお客さんに運動を兼ねた活発なゴマを見てもらおうとキーパーさんのじらし作戦ですね。ぱぁ〜って開いた後ろあんよがとても可愛いです。
aburatubo130629068
aburatubo130629068 posted by (C)カシワヤ

ようやくごはんに手が届いたゴマ。至福の瞬間です。
aburatubo130629069
aburatubo130629069 posted by (C)カシワヤ

この日はゴマのくるりんぱが見れなかったので残念でしたが、キーパーさんとのほやほやしたやりとりは楽しめましたので余は満足じゃ。(偉そうな言い方・・

そしてやはり食ったら寝るゴマ・・動いているゴマを見るのはとてもレアなのです。
aburatubo130629087
aburatubo130629087 posted by (C)カシワヤ


一方お隣さんのフクは工事用大型バットに背面でもたれかかってジャグリング中。
aburatubo130629724
aburatubo130629724 posted by (C)カシワヤ

そのうち今日が乗り出してくるとアクロバティックな状態になってきました。さずがぴゃあ母ちゃん直伝の身体の柔らかさですね。
aburatubo130629732
aburatubo130629732 posted by (C)カシワヤ

最後になっちまいましたがダンデの円筒水槽ばびゅ〜ん!いつもはフクの尻に敷かれた感じのダンデですが、名前のとおり紳士でかっこいい仔なんですよ。
aburatubo130629818
aburatubo130629818 posted by (C)カシワヤ

そういえばもう10ヶ月ご無沙汰しているんですねぇ・・みんな元気かな?

お蔵出し写真はタイアップ兄妹_油壺マリンパーク_20130629

いまさら去年の6月あずきとネスタ写真じゃけぇ。(なぜか広島弁
aburatubo130629101
aburatubo130629101 posted by (C)カシワヤ

あずきプラ水槽はおいしいのかい?
aburatubo130629141
aburatubo130629141 posted by (C)カシワヤ

お次は巨大たくあん・・ではなくてガス管あぎあぎ。
aburatubo130629156
aburatubo130629156 posted by (C)カシワヤ

かな〜り本格的にがじってますね。
aburatubo130629157
aburatubo130629157 posted by (C)カシワヤ

おっとここでネスタが割り込んで「なんでやね〜ん!」「どうしようもないわ〜!」と漫才開始。
aburatubo130629153
aburatubo130629153 posted by (C)カシワヤ

「おどれの口はカワウソだけに嘘しかいわんのかいな〜!」とあががががが・・
aburatubo130629154
aburatubo130629154 posted by (C)カシワヤ

コテツ父ちゃんを枕にしておねんねするあずき。
aburatubo130629204
aburatubo130629204 posted by (C)カシワヤ

こちらはちゃっかりカメラ目線のネスタ。
aburatubo130629324
aburatubo130629324 posted by (C)カシワヤ

ごろごろ・・
aburatubo130629393
aburatubo130629393 posted by (C)カシワヤ

ネスタも父ちゃんとおねんね。
aburatubo130629383
aburatubo130629383 posted by (C)カシワヤ

アクティブなあずきは早速パイプ探検。
aburatubo130629387
aburatubo130629387 posted by (C)カシワヤ

大麦母ちゃんを従えて・・
aburatubo130629379
aburatubo130629379 posted by (C)カシワヤ

とてもよいお天気。
aburatubo130629394
aburatubo130629394 posted by (C)カシワヤ

あずきと大麦、女の子同士のくつろぐ風景。
aburatubo130629319
aburatubo130629319 posted by (C)カシワヤ

そんなころネスタは隙間でおやすみ。まるでゴマの様w
aburatubo130629410
aburatubo130629410 posted by (C)カシワヤ

お蔵出しはまだつづきますぞ!

ちびうそ未知なる冒険と戦略的撤退_油壺マリンパーク_20130629

こんにちは、あたいはあずき。
aburatubo130629281
aburatubo130629281 posted by (C)カシワヤ

もう名前覚えてくれたよね?
aburatubo130629285
aburatubo130629285 posted by (C)カシワヤ

これから大麦母ちゃんと一緒にパイプの中を冒険してみようと思っているんだっぴゃ!
aburatubo130629288
aburatubo130629288 posted by (C)カシワヤ

ふう〜ん・・
aburatubo130629289
aburatubo130629289 posted by (C)カシワヤ

お外は明るいし広いんだな〜。
aburatubo130629290
aburatubo130629290 posted by (C)カシワヤ

お家から見てるのと違って見えるもんだっぴゃ!
aburatubo130629291
aburatubo130629291 posted by (C)カシワヤ

ところでお母ちゃんは何処に行こうとしてるのかきゅい?
aburatubo130629292
aburatubo130629292 posted by (C)カシワヤ

なんか変な筒を構えている人間がいるっぴゃ・・
aburatubo130629293
aburatubo130629293 posted by (C)カシワヤ

おや?ここはなんだきゅい?
aburatubo130629299
aburatubo130629299 posted by (C)カシワヤ

行動的なあずきはコツメパイプをつたってついにプールへたどり着きました。
さあ大きなプールでの初泳ぎなるのか?

因にそのころネスタはというと・・

うんしょうんしょ・・
aburatubo130629300
aburatubo130629300 posted by (C)カシワヤ

なかなか登れないなぁ・・
aburatubo130629301
aburatubo130629301 posted by (C)カシワヤ

お父ちゃんカメラ目線してないで手伝ってや・・
aburatubo130629302
aburatubo130629302 posted by (C)カシワヤ

でも結局自力で登れなかったネスタは巣箱の上でふて寝。

ちぇっ、つま〜んないの!
aburatubo130629303
aburatubo130629303 posted by (C)カシワヤ

今はきっと行くべき時じゃないんだあそこへは・・うん。
aburatubo130629304
aburatubo130629304 posted by (C)カシワヤ

ねえねえ、そこの黒いちんちくりんな人さぁ・・暇だから遊んであげようか?
aburatubo130629305
aburatubo130629305 posted by (C)カシワヤ

登れなかったネスタは都合のいい様に気持ちを切り替えた様ですね。恐れ入ります。

とんでもなく続く。

ちびうそ名前が決まったよ!_油壺マリンパーク_20130629

4頭のちび嘘の名前が決まりました。
aburatubo130629004
aburatubo130629004 posted by (C)カシワヤ

ネスタ(オス
aburatubo130629001
aburatubo130629001 posted by (C)カシワヤ

あずき(メス
aburatubo130629003
aburatubo130629003 posted by (C)カシワヤ

本日の展示コテージ勤務はこの2頭と大麦母ちゃん、小鉄父ちゃんの4頭でした。

その他にはバックヤードで人工飼育されているアラシ(オス と・・
展示勤務していなかった最後に残った名無しの子。

あられ(メス に決定。
aburatubo130629002
aburatubo130629002 posted by (C)カシワヤ

ちびうそはネスタとあずきの2頭しか見ることはできませんでしたが元気よく育っているようです。

ネスタの食いっぷり。
aburatubo130629517
aburatubo130629517 posted by (C)カシワヤ

aburatubo130629513
aburatubo130629513 posted by (C)カシワヤ

あずきの食べっぷり。
aburatubo130629520
aburatubo130629520 posted by (C)カシワヤ

aburatubo130629519
aburatubo130629519 posted by (C)カシワヤ

どちらもいい顔していますね。

ネスタ、あずき、アラシ、あられ、4頭のべびうそ時期のポストカードが指タッチ魚キャッチの時に時間限定で発売中です。是非お買い求めくださいとのこと。
aburatubo130629005
aburatubo130629005 posted by (C)カシワヤ

しかしまぁ・・やっぱり撮りづらかったぜ。

コテツの指タッチひろし_油壺マリンパーク_20130113

帰ったら更新するね。
と言いつつ時間の経つのは早いもので・・良い若い者ですが言い訳はしません。
ずいぶん時間が経っておりますが京急油壺マリンパークからカワウソ指タッチの様子を舘ひろしさんがお送りします(嘘

題して「泣かないでぇ〜抱きしめてしまうからぁ〜」なコテツの指タッチひろしです。

この日の当番は(なりゆきで)チェコスロヴァキア生まれのナイスガイコテツ君。
aburatubo130113613
aburatubo130113613 posted by (C)カシワヤ

名前のわりには愛嬌たっぷりお尻ふりふりのおちゃめさん。

指タッチパイプにちょっとタッパが届いていないのはご愛嬌。
aburatubo130113618
aburatubo130113618 posted by (C)カシワヤ

きゅいぃぃ〜!とそばで見守る大麦。
aburatubo130113619
aburatubo130113619 posted by (C)カシワヤ

この日は大麦ねーさんがコテツ君に指タッチを譲るという大物ぶりを見せてくれました。

さてさてやっとこさコチトラに指タッチの番が回ってきましたよ。
aburatubo130113637
aburatubo130113637 posted by (C)カシワヤ

えっへっへ・・と嬉しそうなコテツ君。
aburatubo130113638
aburatubo130113638 posted by (C)カシワヤ

切り身を愛おしそうにほおばると・・
aburatubo130113644
aburatubo130113644 posted by (C)カシワヤ

うま〜い!
aburatubo130113645
aburatubo130113645 posted by (C)カシワヤ

ミニマムナイスガイコテツ君の指タッチひろしでした。
懐かしCMとしてはマイナーな題材でしたとさ。ちゃんちゃん!

フクの半ば強制レディファーストでトホホなダンデ_油壺マリンパーク_201030113

おまちどうさま。
油壺マリンパーク名物カワウソ指タッチの時間だよ。

ばっちこ〜い!
aburatubo130113346
aburatubo130113346 posted by (C)カシワヤ

指タッチの時間が迫るや否や中央コテージのフクはスタンバイOK!

じれったいわね〜!
aburatubo130113342
aburatubo130113342 posted by (C)カシワヤ

キーパーさんがルールを説明している間指タッチパイプを凝視するフク。

いよいよ最初のお客さんがオヤツの鯵を持って近づくと・・
aburatubo130113351
aburatubo130113351 posted by (C)カシワヤ

早くしなさいよ!と言わんばかりの挑戦的な表情のフク。

指タッチたまらないわ〜!うひいぃぃ〜〜!
aburatubo130113349
aburatubo130113349 posted by (C)カシワヤ

テンションマックスなフクですが・・

お、おでにも指タッチぷり〜ず!
aburatubo130113357
aburatubo130113357 posted by (C)カシワヤ

タッチパイプを占拠し続けるフクにあぶれたダンデがたまらず抗議のポーズ。
しかしながらフクがそう簡単に譲るはずもなければ・・

男なんだからレディに気を使って我慢しなさいよ!
aburatubo130113394
aburatubo130113394 posted by (C)カシワヤ

フクにたしなめられるダンデが男の哀れみを誘う三浦半島の午後でした。


ぴーえす:あえて今回憎まれ役に徹していただいたフクにフォローおば。
aburatubo130113053
aburatubo130113053 posted by (C)カシワヤ

フクは2009年周南市徳山動物園にてカイとぴゃあとの間にフク(油壺マリンパーク)、ヤマ(池田動物園)、マサ(とべ動物園)、ハル(のいち動物公園)というイカス名前の4兄弟として生まれました。
フクの特徴であるピンクの指先や自由奔放な寝姿などを見るにつけ、何処から見ても母親のぴゃあに良く似ているカワイコちゃんなのです。
しかも普段はダンデのエスコートに素直にしたがうとってもいい子なんですよ。

因にこちらがお母さんのぴゃあ。
tokuyama120930054
tokuyama120930054 posted by (C)カシワヤ

どうです?目鼻立ちや表情などそっくりですよね。
皆さんも是非ここ油壺マリンパークへ足を運んでみてはいかがでしょうか?

なんか宣伝みたいになってしまったけど続く。

ゴマとキーパーさんのほわほわした時間_油壺マリンパーク_20130113

こんにちは、ゴマ言いますねん。
aburatubo130113795
aburatubo130113795 posted by (C)カシワヤ

ここ(油壺マリンパーク)に暮らしてもうけっこうたちおりますからだいぶ元の言葉もあやふやになってきたんやで。かんべんな。(ツッコミ防止予防線w)

これからわてが大好きなキーパーさんがやってきてゴハンをくれる時間なんやけど・・
aburatubo130113807
aburatubo130113807 posted by (C)カシワヤ

なかなか来いへんなぁ・・
aburatubo130113805
aburatubo130113805 posted by (C)カシワヤ

ゴマが欲しているのはキーパーさんとのふれあいなのか?はたまたゴハンなのかは定かではありませんが、待ちくたびれて首を長くしているのだけはコチトラにもわかります。

そんなこんなで時間はしょってキーパーさん登場。(はしょり過ぎ
aburatubo130113809
aburatubo130113809 posted by (C)カシワヤ

手渡しでゴハンをもらうゴマ。
aburatubo130113810
aburatubo130113810 posted by (C)カシワヤ

うまうま・・これが欲しかったんや。
aburatubo130113811
aburatubo130113811 posted by (C)カシワヤ

やっぱり目的はゴハンw
でもゴマはキーパーさんにゴハン以外のおねだりを開始。

なあなあ、いつものあれやらへんの?
aburatubo130113812
aburatubo130113812 posted by (C)カシワヤ

これやこれ・・
aburatubo130113842
aburatubo130113842 posted by (C)カシワヤ

ゴマが鼻面で示したのはキーパーさんの膝にある輪っか。

今日は調子がええんや。いくで〜!
aburatubo130113838
aburatubo130113838 posted by (C)カシワヤ

くるりんぱ!
aburatubo130113839
aburatubo130113839 posted by (C)カシワヤ

よくできました!ご褒美にまたゴハン。
aburatubo130113844
aburatubo130113844 posted by (C)カシワヤ

今度はスメルトを窓際であぐあぐするゴマ。
aburatubo130113849
aburatubo130113849 posted by (C)カシワヤ

うま〜!
aburatubo130113850
aburatubo130113850 posted by (C)カシワヤ

おなかがふくれてきたゴマはキーパーさんに甘えようと膝に乗ってきました。
aburatubo130113858
aburatubo130113858 posted by (C)カシワヤ

キーパーさんは健康状態を確かめるようにゴマの体を撫ぜていきます。
aburatubo130113861
aburatubo130113861 posted by (C)カシワヤ

ご機嫌なのかゴマの短いひげがぴんぴんです。
aburatubo130113895
aburatubo130113895 posted by (C)カシワヤ

でも何か満たされない感じですね・・

いつもお世話してくれる大好きなキーパーさん。この気持ちをなんとか伝える方法はないんやろか・・
aburatubo130113853
aburatubo130113853 posted by (C)カシワヤ

物思いに耽るゴマがその気持ちを伝えたくてとった行動とは?

ええい!お鼻にチュ〜や!
aburatubo130113852
aburatubo130113852 posted by (C)カシワヤ

一途なゴマは身を乗り出してキーパーさんへチュ〜!のプレゼント。
何ともいじらしいゴマの一面でした。

穴ほりゴマの飽くなき挑戦_油壺マリンパーク_130113a

油壺マリンパークより眠れるカワウソことゴマの動画を垂れ流し。
けれども今回のゴマはいつもとひと味違うぜ!



え、あまりかわらないって?う〜ん・・そうかもしれない。

ゴマを取り巻く時間が緩やかに流れる件 油壺マリンパーク 20111231

「こんな夜中にいきなり長いタイトルで垂れ流すあたり非常識にも程があってよ、ひろみ!」
いきなりお蝶婦人に怒られてしまいましたがひろみはめげない子なのでかまわずいきます。

油壺のカワウソ達の中で1頭だけ独身貴族を謳歌するゴマ。(ほめてんのか?
ようやくゴマのゴハンの時間ですにゅ。

「んん~?ゴハンかな?はぁ?きこえんな~?」
とかなんとかアミバ様風な台詞を言っている訳ではありませんが、キーパーさんがやってきたので起きだしてきたゴマ。
aburatubo111231603
aburatubo111231603 posted by (C)カシワヤ

よいしょっと・・
aburatubo111231605
aburatubo111231605 posted by (C)カシワヤ

ようやく全身を見せてくれたゴマにほっと一息。

ゆっくりとした足並みで近づいて行くと・・
aburatubo111231632
aburatubo111231632 posted by (C)カシワヤ

寝てばかりの夢の船乗りゴマでもお腹は空くので(あたりまえ! 控えめなおねだり。
aburatubo111231616
aburatubo111231616 posted by (C)カシワヤ

しかしキーパーさんは待ての合図。
aburatubo111231615
aburatubo111231615 posted by (C)カシワヤ

でもそっとゴマに手を添えてくれました。
aburatubo111231634
aburatubo111231634 posted by (C)カシワヤ

ねだるゴマにもう一度待てサイン。素直に鼻をくっつけるゴマが愛しく感じます。
aburatubo111231684
aburatubo111231684 posted by (C)カシワヤ

「良く出来ました!」でご褒美のワカサギ。
aburatubo111231687
aburatubo111231687 posted by (C)カシワヤ

しかし!ここで驚天動地の新事実が発覚!



すみません。ゴマのゴハン写真失敗してました・・・またかよ・・


あ~満足したと食後のかいかい。
aburatubo111231660
aburatubo111231660 posted by (C)カシワヤ

ついでに足の裏のにおいを嗅ぐゴマ。
aburatubo111231661
aburatubo111231661 posted by (C)カシワヤ

「ちょっと◯◯◯ね。」
aburatubo111231665
aburatubo111231665 posted by (C)カシワヤ

うきゅ!
aburatubo111231666
aburatubo111231666 posted by (C)カシワヤ

ゴマはどちらかと言えばヨツバよりもムツキに近い顔をしている様ですが、ですがゴマはおっとりさんだけあって独特の表情です。

ちなみにムツキ。(いつもお世話になってます。
ichikawa110611445
ichikawa110611445 posted by (C)カシワヤ

そしてヨツバ。(今週末また会いに行くぞ~!
notojima100826596
notojima100826596 posted by (C)カシワヤ

うむぅ・・
aburatubo111231679
aburatubo111231679 posted by (C)カシワヤ

食い終わったと思ったらもうおねむですか?
aburatubo111231680
aburatubo111231680 posted by (C)カシワヤ

ねむいべさ。(なぜ北海道弁?キミはノンかね?
aburatubo111231681
aburatubo111231681 posted by (C)カシワヤ

なんか垂れ流しているコチトラまで眠くなってきました。
ほいじゃぁ寝るけぇ。(なぜ広島弁?

ダンデとフクのごはんだきゅい! 油壺マリンパーク 20111231

そろそろこんばんぴゃ!

油壺マリンパークの大麦小鉄指タッチの後はダンデとフクのごはんだきゅい!
去年末の写真を未だに引っ張ってる現状にコチトラでも半ば呆れ状態ですが
気にしない気にしない!これぞ垂れ流しの醍醐味よ!

ダンデとフクは自分たちの給仕が近づくとパイプをいそいそ移動して円筒水槽へやってきます。
aburatubo111231162
aburatubo111231162 posted by (C)カシワヤ

器用に立ち上がるダンデ。
aburatubo111231163
aburatubo111231163 posted by (C)カシワヤ

後ろ足と尾っぽで立ち上がりパイプの淵に背中で体重をかけている様です。
aburatubo111231164
aburatubo111231164 posted by (C)カシワヤ

ま~だ~?
aburatubo111231165
aburatubo111231165 posted by (C)カシワヤ

大麦小鉄の指タッチが少しばかり押しているようで、なかなか回ってこない順番に心配気味のダンデ。
そうこうしているうちにキーパーさんが円筒水槽の上蓋を開けて準備が整った様です。

いっとう最初はフクから。
aburatubo111231275
aburatubo111231275 posted by (C)カシワヤ

フクへはこうやって手渡しでワカサギを与えていました。
aburatubo111231262
aburatubo111231262 posted by (C)カシワヤ

フクの特徴であるプラスチックの様なピンクの指先が観察できますね。

ほ~ら・・・
aburatubo111231285
aburatubo111231285 posted by (C)カシワヤ

aburatubo111231286
aburatubo111231286 posted by (C)カシワヤ

aburatubo111231287
aburatubo111231287 posted by (C)カシワヤ

aburatubo111231288
aburatubo111231288 posted by (C)カシワヤ

届くか届かないかぎりぎりのところでじらされるフク。

もうちょい!
aburatubo111231289
aburatubo111231289 posted by (C)カシワヤ

げと~~~~!
aburatubo111231290
aburatubo111231290 posted by (C)カシワヤ

お次ぎはダンデの番。
aburatubo111231274
aburatubo111231274 posted by (C)カシワヤ

ダンデへの給仕は円筒水槽でのワカサギキャッチ。
aburatubo111231234
aburatubo111231234 posted by (C)カシワヤ

狙い定めて・・
aburatubo111231233
aburatubo111231233 posted by (C)カシワヤ

きた~~~!
aburatubo111231277
aburatubo111231277 posted by (C)カシワヤ

しっか!
aburatubo111231278
aburatubo111231278 posted by (C)カシワヤ

うわ~~~い!
aburatubo111231255
aburatubo111231255 posted by (C)カシワヤ

くるりん
aburatubo111231281
aburatubo111231281 posted by (C)カシワヤ

ぱ!
aburatubo111231282
aburatubo111231282 posted by (C)カシワヤ

こうしてダンデとフクへ給仕をしながらキーパーさんがカワウソの解説をしてくれます。
円筒水槽なので泳ぐ姿がぐにゅんと歪んだ入りしますが、アクリルも水もキレイなので写真撮りにはもってこいの時間です。

さて大麦小鉄、ダンデフクときたら残すはあの方しかいませんね!
さてさて乞うご期待。(まだ引っ張るのかよ・・

カワウソ指タッチ 油壺マリンパーク 20111231

こんばんぴゃ!
チェコからやってきたハンサムボーイの小鉄だきゅい!
aburatubo111231446
aburatubo111231446 posted by (C)カシワヤ

僕の魅力で多摩動物公園生まれの大麦もメロメロさ。
aburatubo111231448
aburatubo111231448 posted by (C)カシワヤ

おんや~?小鉄君ちょっとおっきくなってますね。この色男!

ここらで話を続きに戻しまして、カワウソ指タッチにまいります。
aburatubo111231532
aburatubo111231532 posted by (C)カシワヤ

時間になってキーパさんが準備を始めるとすっかりスタンバイな大麦と小鉄。
でもちょっとその前に説明をば。
aburatubo111231518
aburatubo111231518 posted by (C)カシワヤ

このカワウソ指タッチとは券売所兼受付にて500円払うと
コツメパイプ越しにワカサギの給仕と共に握手が出来るっつーことです。
まぁウソもぐれの皆さんには説明不要でしょうから失礼しました。

まずいっとう最初は大麦姐さん。
aburatubo111231520
aburatubo111231520 posted by (C)カシワヤ

きゅい!っとうれしそう。
aburatubo111231521
aburatubo111231521 posted by (C)カシワヤ

僕も僕も~!と小鉄だって我慢できる訳がありません。
aburatubo111231522
aburatubo111231522 posted by (C)カシワヤ

大麦姐さんに比べておとなしくワカサギを受け取る小鉄。いやはや紳士ですね。
aburatubo111231523
aburatubo111231523 posted by (C)カシワヤ

うう~~~んと・・
aburatubo111231525
aburatubo111231525 posted by (C)カシワヤ

ふふ~~~~んだ。
aburatubo111231524
aburatubo111231524 posted by (C)カシワヤ

ちょっと~小鉄君はやくしてよ!
aburatubo111231526
aburatubo111231526 posted by (C)カシワヤ

強引に大麦姐さんが割り込んできました。
こーゆーことはレディに譲るのが紳士ってもんよ!

しかしながらここは小鉄がなんとか死守。
高飛車な姐さんさすがの貫禄でしたが小鉄だってワカサギ欲しいもんね。

一方先にワカサギを受け取った大麦姐さん
なんとかワカサギゲットでうれしさのあまり小鉄はまさに踊り食い。
aburatubo111231527
aburatubo111231527 posted by (C)カシワヤ

ぴゃっぴゃっぴゃ!あっそ~れ、ぴゃっぴゃっぴゃ!(チェコの伝統舞踊でしょうか?
aburatubo111231528
aburatubo111231528 posted by (C)カシワヤ

ワカサギの給仕が終わると今度はコチトラへのご褒美、指タッチの時間です。
aburatubo111231534
aburatubo111231534 posted by (C)カシワヤ

タッチのお相手はやっぱり小鉄君。
aburatubo111231535
aburatubo111231535 posted by (C)カシワヤ

ギブアンドテイク?ここでも紳士に徹する小鉄がけなげです。
ありがとね小鉄。大麦姐さんをよろしく頼むよ。

こうして指タッチが終わると、お次ぎは円筒水槽でダンデとフクの給仕解説となります。
続きは後日。

訂正のおわび 20120125
昨夜取り急ぎ垂れ流した為に時系列や個体識別が間違ってました。すみません。

ゴマの寝姿11態 油壺マリンパーク 20111231

ちはぴゃ!

油壺マリンパークの続きはいよいよ最後の1頭、ゴマの出番です。
aburatubo111231601
aburatubo111231601 posted by (C)カシワヤ

てか、寝てんじゃん!

むにゃむにゃ・・
aburatubo111231250
aburatubo111231250 posted by (C)カシワヤ

ゴマは油壷に来てからと言うもの、コチトラ起きているゴマを総計で30分以上見たことが無いほどの寝坊助さん。
そのかわりと言っては何ですが、バリエーション豊かなゴマの寝姿を垂れ流し。
そんじゃレッツ、スリーピング!

aburatubo111231711
aburatubo111231711 posted by (C)カシワヤ

aburatubo111231719
aburatubo111231719 posted by (C)カシワヤ

aburatubo111231727
aburatubo111231727 posted by (C)カシワヤ

aburatubo111231730
aburatubo111231730 posted by (C)カシワヤ

aburatubo111231735
aburatubo111231735 posted by (C)カシワヤ

aburatubo111231738
aburatubo111231738 posted by (C)カシワヤ

aburatubo111231748
aburatubo111231748 posted by (C)カシワヤ

aburatubo111231751
aburatubo111231751 posted by (C)カシワヤ

aburatubo111231768
aburatubo111231768 posted by (C)カシワヤ

なんとも安らかであどけない寝顔のゴマ。
海遊館生まれのムツキ、ヨツバの兄弟でありますが、そのぼーっとした魅力がたまらない個体です。
次回はたして動くゴマが見れるのか?

おや?そろそろ指タッチの時間か・・

つづく。

大麦さん家の場合 油壺マリンパーク 20111231

さて油壺カワウソコテージ中央のダンデとフクのいちゃこきぶりはひと置きして、
一番左奥の大麦さん家はいかがでしょうかね?

コテージ内向かって左にあるドンゴロスハンモックでお休み中なのがこちらの主大麦姐さんと小鉄君。
aburatubo111231805
aburatubo111231805 posted by (C)カシワヤ

どわわ~!っとたいそうな大あくびで登場。さすがの貫禄は大麦姐さんです。
aburatubo111231422
aburatubo111231422 posted by (C)カシワヤ

そしてこちらがチェコからの新入り小鉄君。歳下のカワウソ坊やです。
aburatubo111231450
aburatubo111231450 posted by (C)カシワヤ

aburatubo111231451
aburatubo111231451 posted by (C)カシワヤ

aburatubo111231452
aburatubo111231452 posted by (C)カシワヤ

aburatubo111231453
aburatubo111231453 posted by (C)カシワヤ

aburatubo111231454
aburatubo111231454 posted by (C)カシワヤ

小鉄も寝起きなんですが、大麦姐さん比べるとさすが歳下かわいらしいです。

大麦小鉄のペアもダンデフクのペアに負けじとラブラブモード全開。
aburatubo111231458
aburatubo111231458 posted by (C)カシワヤ

年上女房の大麦姐さんは小鉄の懐に鼻面突っ込んで甘え上手。
aburatubo111231459
aburatubo111231459 posted by (C)カシワヤ

小鉄も姐さんにさりげなく手を添えちゃうあたりなかなかの手練と見ました。
aburatubo111231460
aburatubo111231460 posted by (C)カシワヤ

起き抜けのいちゃこきタイムが一段落すると小鉄はコテージ内を見回り開始。
aburatubo111231488
aburatubo111231488 posted by (C)カシワヤ

いっとう気になるのはやっぱり握手パイプ。
aburatubo111231487
aburatubo111231487 posted by (C)カシワヤ

う~~ん、この位の太さでちょうどいいかな?
aburatubo111231486
aburatubo111231486 posted by (C)カシワヤ

このパイプは昼過ぎから始まるカワウソ指タッチ魚キャッチの重要なアイテム。
普段から手入れしとかんとね・・。
小鉄はコテージ内を隅々までチェック、なかなかこまめで気配り屋さん。

一方大麦姐さんはそんな小鉄君のおかげで悠々自適状態。
aburatubo111231492
aburatubo111231492 posted by (C)カシワヤ

これも人(獺)徳ってヤツかねぇ?
aburatubo111231493
aburatubo111231493 posted by (C)カシワヤ

小首をかしげて大満足の大麦姐さん、この~幸せ者!
つづきます。

年末カワウソコテージ、フクとダンデ 油壺マリンパーク 20111231

あけましておめでとうございます。(注:撮影日は年末です
油壺マリンパークのフクですぴゃ!
aburatubo111231004
aburatubo111231004 posted by (C)カシワヤ

ヤマ(ミント)やマサ(マサピ)は元気だったかきゅい?
(なぜかコチトラが池田動物園やとべ動物園に行ってきたことを知っているフク。

これが巷で噂?のカワウソコテージ(フク・ダンデ居住部分)
aburatubo111231803
aburatubo111231803 posted by (C)カシワヤ

前回出来たばかりの頃に訪れたときよりもコテージ内が充実。
場所はカワウソの森と言うコーナーに属し失われつつある日本の自然をテーマにしているのですが、
コテージ後ろには南洋植物など植わっていてなにやらリゾートっぽい。
例えて言うならシーズンオフの指宿って感じ。

んで、相棒さんのダンデ。
aburatubo111231091
aburatubo111231091 posted by (C)カシワヤ

見た目にも実際にも優しい紳士(ダンティ)なカワウソですぴゃ!
aburatubo111231195
aburatubo111231195 posted by (C)カシワヤ

aburatubo111231196
aburatubo111231196 posted by (C)カシワヤ

こーやって四六時中フクとダンデはいちゃこいてるきゅい!

ここで唐突ですがダンデの得意技。
その1:宿り木
aburatubo111231019
aburatubo111231019 posted by (C)カシワヤ

その2:ターザン
aburatubo111231020
aburatubo111231020 posted by (C)カシワヤ

その3:モズのはやにえ
aburatubo111231361
aburatubo111231361 posted by (C)カシワヤ

なかなか昭和チックな隠し芸ですね。
年末の忘年会では団塊世代に大受けだったことでしょう。

そんなオヤジテイストなダンデがフクをプールへ誘います。
aburatubo111231126
aburatubo111231126 posted by (C)カシワヤ

もちろんフクはOK!
aburatubo111231129
aburatubo111231129 posted by (C)カシワヤ

ぴょ~んとしなやかに飛び跳ねるフク。
次回:南国リゾート、プールでいちゃいちゃ(仮

つづくけどホントか?

予告 油壺マリンパーク 20111231

近日垂れ流し予定、油壺マリンパーク。
aburatubo111231823
aburatubo111231823 posted by (C)カシワヤ

2011年最後のウソもぐれは謎の漂流物から始まった!
その時我々探検隊が目にしたものとは?

舟漕ぐカワウソ、ゴマ 油壺マリンパーク 20111231

タイトルまんま。


油壺マリンパークより今年最後のウソもぐれ。舟漕ぐコツメカワウソ、ゴマの動画です。
(中略)ゆるしてつかーさい。

カワウソ、フクの神 油壺マリンパーク 20100822

去年の夏はとてつもない猛暑でしたね。
熱帯~亜熱帯で暮らしているはずのコツメカワウソも相当まいっていました。

そんな2010年8月の写真、油壺からコツメパイプで遊ぶフク。
aburatubo100822218
aburatubo100822218 posted by (C)カシワヤ

キューピー人形の様なピンクの指先がチャーム。
ちょっとした事情でロダに上げた写真ですが、蒸し暑い夜に涼しげなコツメカワウソはいかが?

油壺マリンパーク 食後のフクとダンデ 20100822

コンバンハ。

油壷のカワウソの森で飼育されているコツメカワウソのフクとダンデの続きです。
食事タイムでワカサギをたんともらった二頭の食後の風景です。

食後にキーパーさんがまいていった氷にフクは興味津々。
ここカワウソの森の3棟のコテージのうちフクとダンデがいる中央と
大麦がいる左のコテージは水槽をはさみアクリルパイプでつながっています。
aburatubo100822202
aburatubo100822202 posted by (C)カシワヤ

そこにも氷がまかれ、フクはそれに夢中になりだしました。
aburatubo100822205
aburatubo100822205 posted by (C)カシワヤ

氷を押さえようとしてもアクリルの壁に氷はすべってなかなか捕まえることが出来ません。
aburatubo100822216
aburatubo100822216 posted by (C)カシワヤ

はじめはそれなりに冷静だったフクですが、つるつると滑る氷に次第にエキサイト。
aburatubo100822219
aburatubo100822219 posted by (C)カシワヤ

しまいには興奮が抑えられずにアクロバティックなポーズに・・
aburatubo100822220
aburatubo100822220 posted by (C)カシワヤ

フクの仕草はやることなすことが愛らしく、見ているこちらがメロメロです。
aburatubo100822217
aburatubo100822217 posted by (C)カシワヤ

一方まるで氷に興味を示さなかったダンデは熱心にグルーミング中。
aburatubo100822221
aburatubo100822221 posted by (C)カシワヤ

ちょっとおねむですか?
aburatubo100822228
aburatubo100822228 posted by (C)カシワヤ

あ~あ、また寝ちゃった。
aburatubo100822235
aburatubo100822235 posted by (C)カシワヤ

そして遊び疲れたフクもオヤスミナサイ。
aburatubo100822236
aburatubo100822236 posted by (C)カシワヤ

こうして油壷のけだるい午後が過ぎていくのでした。

油壺マリンパーク フクとダンデ 20100822

コンバンハ
しばらくのとじまの写真が続いたのでいつもの気分転換です。
とはいえまたコツメカワウソの写真なんでたいした変化は無いんですけどね。
最近なにやらカワウソが気になってしょうがないカシワヤです。

今回は油壷で飼育されている4頭のうちフクとダンデに注目してみました。

開園から延々と爆睡する油壺のカワウソたち。
早く目を覚ましてくれないかとやきもきしながら粘っていると・・
aburatubo100822159
aburatubo100822159 posted by (C)カシワヤ

おや、フクがおきだしてきましたよ。
何となくまだしゃっきりとはしていない様ですが、お昼になってようやくお目覚めです。

つづいてダンデ
aburatubo100822160
aburatubo100822160 posted by (C)カシワヤ

時折薄目を開けていたフクと違いダンデは微動だにせず寝ていただけあって、
寝起きはあまり良くない様です。

しばらくしてフクが何かに反応し始めました。
aburatubo100822168
aburatubo100822168 posted by (C)カシワヤ

そうです、お察しだとは思いますがゴハンの時間です。
aburatubo100822166
aburatubo100822166 posted by (C)カシワヤ

慌てたフクは勢い余って見当違いの方へ手を伸ばしていますね。(笑
4頭なかでもフクはやることなすこと仕草がとてもキュ~トです。

しまいには組み立てポールから身を乗り出す様にしてゴハンをねだりだしました。
aburatubo100822171
aburatubo100822171 posted by (C)カシワヤ

グッとのばした手、ピンクの指先がとても良く目立ちます。
aburatubo100822173
aburatubo100822173 posted by (C)カシワヤ

一方寝起きの悪そうなダンデはどうでしょう?
aburatubo100822169
aburatubo100822169 posted by (C)カシワヤ

これはまた落ち着いた様子でゴハンを受け取っています。
これほど落ちつてゴハンをもらっているカワウソを見るのは初めてです。

ここでちょっと注目
aburatubo100822183
aburatubo100822183 posted by (C)カシワヤ

aburatubo100822184
aburatubo100822184 posted by (C)カシワヤ

ダンデの肘のあたりにピョコン!と飛び出した毛が確認できますよね。
これは触毛といういわゆる肘に生えたヒゲなんですって。
水中などでこの毛が威力を発揮して餌となる生物の動きを感じ取ったりする訳です。
カワウソの中でも手先を器用に使うコツメならではと言えます。

それにしてもお行儀いいなぁ、と思っていたら・・
aburatubo100822177
aburatubo100822177 posted by (C)カシワヤ

aburatubo100822178
aburatubo100822178 posted by (C)カシワヤ

aburatubo100822181
aburatubo100822181 posted by (C)カシワヤ

aburatubo100822182
aburatubo100822182 posted by (C)カシワヤ

やっぱりゴハンの魅力は偉大でした。
後足で立ち上がり「ちょ~だい」を繰り返すダンデ、
魚を受け取った瞬間目を細めてホントにうれしそうです。
おいしいゴハンと可愛い彼女をゲットできて良かったなぁダンデ。

食事の後はキーパーさんが夏らしいおもちゃ、氷をまいて行きましたが・・
aburatubo100822194
aburatubo100822194 posted by (C)カシワヤ

どうもダンデは興味が無い様です。

一方フクは興味津々。
aburatubo100822196
aburatubo100822196 posted by (C)カシワヤ

食事の後の腹ごなしとばかりにいじり始めたフクは・・
続きはまたの機会なのだ。

油壺マリンパーク 眠りカワウソ 20100822

8月最後の更新は予告していたのとじま水族館ではなく油壺のカワウソたちです。
のとじまで撮った写真があまりにも多いため、まだ整理がついてないので
とりあえず油壺の続きでお茶を濁しておきます。

油壷のカワウソたちはまったくもって眠りカワウソでありますが、
イルカ・アシカショーと仮面ライダーWショーを見た後にカワウソの森へ戻ってきてみました。
さ~て皆起きてるかな?まずはフクとダンデ。
aburatubo100822022
aburatubo100822022 posted by (C)カシワヤ

ダンデの寝ている位置が変わっただけ・・。

aburatubo100822026
aburatubo100822026 posted by (C)カシワヤ

でもダンデがどいてくれたおかげで、先程まで埋もれていたフクがよく見える様になりました。
こうしてあどけない寝顔を見るとフクはかなりのカワイコちゃんですね。
ピンクの指先がとてもキュ~トに思えます。

aburatubo100822027
aburatubo100822027 posted by (C)カシワヤ

ダンデは仰向けになって爆睡。
この2頭を見ていると、とても微笑ましく思えます。

aburatubo100822030
aburatubo100822030 posted by (C)カシワヤ

ときおりフクは体勢をかえて薄目を開いたりする様ですが、

aburatubo100822032
aburatubo100822032 posted by (C)カシワヤ

ダンデにいたっては微動だにしません。

しょうがないのでゴマと大麦に目を移してみましょう。
まずはゴマ。
aburatubo100822043
aburatubo100822043 posted by (C)カシワヤ

先程よりもさらにアクロバティックな寝姿になっていました。

aburatubo100822049
aburatubo100822049 posted by (C)カシワヤ

アップで見ると片方の犬歯がまるで八重歯の様に飛び出してます。
可愛いというよりもちょっとお間抜けさんと言った印象。

aburatubo100822047
aburatubo100822047 posted by (C)カシワヤ

あ、起きた。
目を開いたゴマをあらためてよく見ると個性的ながらけっこうカワイイ系なのです。

おっと、そう言えば大麦を忘れちゃ行けない。
どれどれ・・。
aburatubo100822120
aburatubo100822120 posted by (C)カシワヤ

大麦は名前のとおり大物というべきか、その寝顔には貫禄さえ漂っている様です。
「そこのアンタ、シャッター音がうるさいわよ」と言わんばかりの迷惑面。

こうして油壺のけだるい午後が過ぎて行くのでした。

のとじま水族館は9月そうそうにでもアップ開始したいな。
皆のものしばし待たれよ!

油壺マリンパーク カワウソの森 20100822

こんばんは、只今こちとらは石川県和倉温泉に滞在中です。
明日はちょっくら足を伸ばして、のとじま水族館へ行ってくる予定です。

そんなわけで(どんな?)油壺マリンパークのカワウソの森の写真をアップします。
先月半ばにできたてほやほやのカワウソの森ですが、
3棟のコテージの様なブースにカワウソ4頭が暮らしています。
第一印象は森?という具合でして、まわりにはうっそうとした森どころか高い木も無く
この日は猛暑日ということも手伝って、まるでカワウソのサバンナてな感じでした。

え、肝心の写真が無いって?
こちとらはそう言う説明的な写真は撮らない主義なのだ。(単に撮り忘れ)
とりあえずカワウソの紹介でもしておきましょう。

まずは左側のブースにいるメスの大麦、コヤツは多摩動物園生まれだそうです。
aburatubo100822123
aburatubo100822123 posted by (C)カシワヤ

この日はとてつもない暑さにくわえ、移動して間もないせいでしょうか
日がな一日ハンモックの様に吊り下げられた麻袋の中で眠りこけていました。

それから右側にいるのが海遊館生まれのオス、ゴマ。
aburatubo100822015
aburatubo100822015 posted by (C)カシワヤ

海遊館にいた時は一般公開されていなかった個体らしく
人慣れしていないせいでしょうか、アクリルの近くにいるわりには
ほとんど無反応で眠りこけていました。しかも凄い格好ですな。
市川動植物園のムツキと兄弟?らしく容姿や仕草がとても良く似てます。

さて中央のブースではどうでしょうか?
aburatubo100822007
aburatubo100822007 posted by (C)カシワヤ

これがまた爆睡中なんだ。
んん?でもよく見てください、よく見ると2頭が折り重なっている様です。
左側に埋もれているのがフクというメスで、そこに多いかぶさっているのがオスのダンデだそうです。

ちょっとアップで見てみましょう。
aburatubo100822014
aburatubo100822014 posted by (C)カシワヤ

なおさら解りにくいというような突っ込みはナシ。
埋もれてるフクの指先と肉球?に注目、
まるで赤ん坊の様なピンクの指先をしていますね、これは特徴的。

それにしても油壺にやってきてわずか1ヶ月、
フクとダンデがこれほどまでにラブラブなのはやっぱり相性なんですかね?

市川動植物園のムツキとナナも同居してすぐに好い仲になったそうですし、
こりゃあ左右で寝ている大麦とゴマもいずれは・・無理そうかな?
とにかくフクとダンデの2頭に注目していきましょう。

※のとじま水族館にもヨツバという海遊館生まれのカワウソがいるとの情報をいただきましたので、
明日(もう今日)が楽しみです。

Index of all entries

Home > 京急油壺マリンパーク Archive

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top