Home > 二見シーパラダイス Archive

二見シーパラダイス Archive

ありがとね、ブブ二郎_二見シーパラダイス_20151230

いっぱい写真を現像して、いっぱい載せて、いっぱいいろんなことを話そうと思っていたけど。

futami1512300693
futami1512300693 posted by (C)カシワヤ

もちろん、ブブ三郎にもありがとう。


ー シャシンツイカ ー

futami1512300276
futami1512300276 posted by (C)カシワヤ

futami1512300312
futami1512300312 posted by (C)カシワヤ

futami1512300313
futami1512300313 posted by (C)カシワヤ

futami1512300341
futami1512300341 posted by (C)カシワヤ

futami1512300451
futami1512300451 posted by (C)カシワヤ

futami1512300421
futami1512300421 posted by (C)カシワヤ

futami1512300419
futami1512300419 posted by (C)カシワヤ

futami1512300405
futami1512300405 posted by (C)カシワヤ

futami1512300398
futami1512300398 posted by (C)カシワヤ

futami1512300455
futami1512300455 posted by (C)カシワヤ

futami1512300463
futami1512300463 posted by (C)カシワヤ

futami1512300665
futami1512300665 posted by (C)カシワヤ

futami1512300680
futami1512300680 posted by (C)カシワヤ

ちびなし入浴デバガメ大作戦_二見シーパラダイス_20150704

ちょいとおひさしぶりな二見シーパラダイス。
ちびなしずが人工保育に切り替えられてからしばし、日頃の汚れはその日のうちにってわけではありませんが、運が良ければ「ニューヨークへ行きたいかぁ!?」ではなく、入浴する姿をデバガメ出来る鴨?と聞けば行かずにはおれませんでした。

おもむろに置かれた工事用バットに水が貯められていきます。

トロピカルな洞窟本館出口がなにやら騒がしいなぁ。なんて悠長に構えていたら…お出ましになられましたよちびなしが。しかもすみっこへとんずらここうとしているじゃありませんか。キーパーさんしっぽをむんずとつかみ逃亡阻止に必死です。
futami150704001
futami150704001 posted by (C)カシワヤ


お出ましたるはズリ子ちゃん。見るにつけ身体はすっかり大きくなっており、体力もついてきたのか抱きかかえているのもけっこう大変そうです。とても活発なおてんば娘と言ったところでしょうか?
futami150704009
futami150704009 posted by (C)カシワヤ


今度はブブ太くん。わりとおとなしめにキーパーさんにだっこされて登場。独特の間合いを持つおっとりさん的雰囲気。
futami150704012
futami150704012 posted by (C)カシワヤ


準備が整ったところで左右から同時にちゃぼん!
futami150704014
futami150704014 posted by (C)カシワヤ


ズリ母ちゃんにより水泳訓練済みなので水を怖がりはしませんが、とうの二頭は何をされているのかあんまり理解してない様子。
futami150704017
futami150704017 posted by (C)カシワヤ


きれぇーきれぇーしましょうね。
futami150704021
futami150704021 posted by (C)カシワヤ


もしゃもしゃ。
futami150704024
futami150704024 posted by (C)カシワヤ


ブブ太くんはされるがままっぽいけど、ズリ子ちゃんはちょこまかとよく動き回ります。
futami150704026
futami150704026 posted by (C)カシワヤ


二頭そろって、はいニューヨーク!
futami150704028
futami150704028 posted by (C)カシワヤ


お客さん、シャッターチャンスですよ。
futami150704031
futami150704031 posted by (C)カシワヤ


駄菓子かし、夢のような時間は短いものです。小雨降る中でのニューヨークなので早め(かどうかはわかりませんが)の撤収作業なので…
ブブ太くんズリ子ちゃんを抱えたキーパーさんは足早に室内へ移動。
futami150704035
futami150704035 posted by (C)カシワヤ


雨降り、しかもずぶぬれのちびなし抱えて小走りのキーパーさんが大変そうですが、ブブ太くんズリ子ちゃんの表情はとても楽しそう。これぞ親の心子知らず?まぁちびなしたちにとってはこれもまた一興なのでしょうか?
futami150704036
futami150704036 posted by (C)カシワヤ


そんなこんなで柔らかタオルの上へ到着っす。さっぱりしたちひうそずは「ほら、なんて立派な金目鯛。」いい旅夢気分。TV東京系列の伝家の宝刀的セリフが炸裂気分。
futami150704044
futami150704044 posted by (C)カシワヤ


洗いざらしの毛がパンキッシュなブブ太くん。よっ!おっとこまえじゃけぇ。(なぜか広島弁)
futami150704042
futami150704042 posted by (C)カシワヤ


普段はのんびりさんのブブ太くんもうれしさのあまりのけぞったりしちゃったり。パパキーパーさんもわがままし放題なブブ太くんにほっこり。
futami150704045
futami150704045 posted by (C)カシワヤ


一方おませなズリ子ちゃんはママキーパーさんと仲良くおしゃまにご退場。やはり女の子の気持ちは女性だからこそ気持ちが通じるものなんでしょうかぬ?
futami150704047
futami150704047 posted by (C)カシワヤ


もちろんこのちびなしずinニューヨークは不定期で必ず行われるものではありません。この日も取材がなければ、あるいはキーパーさん達の業務が忙しければ行われなかったかもしれません。でもそこの奥様!これほどまでに魅力的な出歯亀行為に自制心がきくでしょうか?否!断じて否!この抑えられない衝動はすべてちびなしずの魅力そのものなんですわ奥様…

二見シーパラダイス_20150531





開眼べびなし!ズリ母ちゃんにお願い_二見シーパラダイス_20150509

あら、いらっしゃい!そこの真っ黒いちんちくりんさんまた来たの?
futami151509102
futami151509102 posted by (C)カシワヤ


わざわざ東京からあたい目当てにやってくるなんて、あんたもものずきねぇ。でもそーゆーとこ嫌いじゃないわ。
futami151509103
futami151509103 posted by (C)カシワヤ


実はあたいも、けっこー見た目に自信がないわけじゃないけどさ。そうやって通われると自惚れちゃうわぁ〜。
futami151509104
futami151509104 posted by (C)カシワヤ


まぁ、あたいも獺妻だけどロマンスのひとつやふたつあってもブブゼラ父ちゃんなら許してくれるわよねぇ…
futami151509105
futami151509105 posted by (C)カシワヤ


ん、なにか勘違いしてるって?
futami151509106
futami151509106 posted by (C)カシワヤ


目当てはあたいじゃなくて、可愛い可愛いおチビどもだって?
futami151509107
futami151509107 posted by (C)カシワヤ


ふ〜ん…あたい目的じゃないのはシャクに触るけど、チビどものために通ってくれるなんてあんたも根性あるじゃない!やっぱりオトコは見た目じゃないわねぇ。
futami151509108
futami151509108 posted by (C)カシワヤ


でもざぁ〜んねん!そうが問屋は卸さないわ。あたいの大切なチビどもはおいそれとひけらかしたりはしないのよ。おとといくるがいいわ。おほほほほほほ!
futami151509109
futami151509109 posted by (C)カシワヤ


いっきなりズリ母ちゃんに幻の右ストレートをかまされてしまいましたね。でもこの強引さがとてもたまりません。白昼に堂々と闇討ちを食らった様な出だしですが、可愛いべびなしのためならズリ母ちゃんに罵られようとかまいません!もしろもっと蔑んでくださいまし女王様!



とかなんとか馬鹿なつぶやきをしているうちに、あっという間に時は流れてしまいました。光陰矢の如しとはこのことでしょうか?そして、待ちに待ったぽろりの瞬間が訪れたのです。
futami151509292
futami151509292 posted by (C)カシワヤ


で、でたぁ〜!ソフト99のCMではありません。べびなしです、べ〜び〜なぁ〜し!ズリ母ちゃんが文字どおりズリズリと引っ張り出してくれました。
futami151509296
futami151509296 posted by (C)カシワヤ


はて?
futami151509298
futami151509298 posted by (C)カシワヤ


ここはいったい…
futami151509305
futami151509305 posted by (C)カシワヤ


どこだっぴゃ?
futami151509317
futami151509317 posted by (C)カシワヤ


当たり前かもしれませんが、べびなしは自分が置かれた状況が把握できていないようですね。



そんなべびなしのことなんて意に介せず、ズリ母ちゃんはさらに引っ張り出すべく…
futami151509321
futami151509321 posted by (C)カシワヤ


あんぐりとくわえて…
futami151509323
futami151509323 posted by (C)カシワヤ


さらにズリズリズリっとな!
futami151509324
futami151509324 posted by (C)カシワヤ


ふぃ〜と、ここら辺でいいかしら?と、ひと呼吸。だかしかし!べびなしの置かれた状況はもしろ悪化の一途をたどっていたのであった!
futami151509330
futami151509330 posted by (C)カシワヤ


ちょ、ちょとあんた!なにをズリズリ勝手に落っこちてんよの?
futami151509333
futami151509333 posted by (C)カシワヤ


焦ったズリ母ちゃんはズリ下がって行くべびなしのせいにしているようですが…正直場所が悪いとしか言いようがありません。
futami151509335
futami151509335 posted by (C)カシワヤ


持ち上げようと懸命にアゴに力を入れてるようですが、なんせべびなしはすでに2kg。小ぶりなコツメカワウソくらいに成長しているのです。そう簡単には持ち上がりませんよこれは。
futami151509337
futami151509337 posted by (C)カシワヤ


ぶら〜ん… にっちもさっちもいかなくなり解決の見込みのない仕事の様に問題は宙に浮いたまま。大いなる保留状態となったのです。
futami151509340
futami151509340 posted by (C)カシワヤ


しかし今度は問屋が卸してくれた。やっぱり母は強し、渾身の力を込めてべびなしを引き上げるズリ母ちゃん。
futami151509346
futami151509346 posted by (C)カシワヤ


やったぁ!引き上げ成功…ですが、くわえられたべびなしの表情は頭の皮以上に引きつったままなのであった。
futami151509348
futami151509348 posted by (C)カシワヤ


あんたねぇ、こんな怖い目にあうんだから勝手に出てきちゃダメよぉ〜。と、あくまでべびなしのせいにするズリ母ちゃん。ここまで割り切れるとはさすが母親、かないませんなぁ。
futami151509349
futami151509349 posted by (C)カシワヤ


はい、これにてべびなしぽろりの時間はしゅーりょー!
futami151509350
futami151509350 posted by (C)カシワヤ



最後に拝めたべびなしのおちんちんとふぐりがブリバリきゅ〜と!ここで一言、飼育員の落書き帳に習って…かっわいいわぁ〜!

蒼き神殿べびなしご開帳_二見シーパラダイス_20150418

世間では早くもゴールデンボー…いやゴールデンウィーク突入なんですかぬ?(他人事

今月半ばに初三重県初水族館な二見シーパラダイスへべびなし会いたさに突発始発新幹線に乗って麦汁片手にえっさほいさ。あんパンと牛乳こそ無いものの張り込み続けて数時間。ようやく待ちに待った瞬間が訪れましたぬ。


futami150418679
futami150418679 posted by (C)カシワヤ



futami150418865
futami150418865 posted by (C)カシワヤ



futami150418875
futami150418875 posted by (C)カシワヤ



futami150418878
futami150418878 posted by (C)カシワヤ



futami150418888
futami150418888 posted by (C)カシワヤ



futami150418894
futami150418894 posted by (C)カシワヤ



futami150418913
futami150418913 posted by (C)カシワヤ



futami150418926
futami150418926 posted by (C)カシワヤ



futami150418930
futami150418930 posted by (C)カシワヤ



futami150418933
futami150418933 posted by (C)カシワヤ



futami150418935
futami150418935 posted by (C)カシワヤ



futami150418939
futami150418939 posted by (C)カシワヤ



futami150418943
futami150418943 posted by (C)カシワヤ



futami150418953
futami150418953 posted by (C)カシワヤ



futami150418960
futami150418960 posted by (C)カシワヤ

悶絶べびうそ出会いのチャンスは?_二見シーパラダイス_20150418

抜ける様な青空、清々しい天候に恵まれやってきました初訪問の二見シーパラダイス。

ツメナシカワウソのズリとブブゼラの間にオスメス各1頭の子宝が授かりしかも運が良ければ大福を拝めると言うなればたとえ業務が押して徹夜になっても朝イチから行かねばなりますまい。しかし始発の新幹線では開館に間に合いませんが、コチトラ深夜バスってヤツが大嫌いなもんでね。

さてさて隣を走る標準軌電車の近鉄を眺めながらディーゼルでのこのこ走る新快速みえに揺られてやってきました二見浦駅。(因に地名は「ふたみがうら」ですが駅名は「ふたみのうら」んでもって水族館は「ふたみ」という大変こんがらがる名称にあぜんとしながら液からあるいて約20分、これぞロードサイド水族館。街道筋の歩道からフェンス一枚しか隔ててないのにそこはセイウチが闊歩するワンダーランド。しかもトド夫妻にいたってはご覧の用に入館しなくても会えると言うサービスぶりが泣かせます。
futami150418009
futami150418009 posted by (C)カシワヤ


ツメナシっ仔は3月17日生まれ。惜しくも亡くなったチイちゃん以来の誕生と言う事もありスタッフさん達は喜びながらも慎重に見守っているそうです。しかもやはりというかブブゼラ父ちゃんは隔離中。男はつれえよな。
futami150418004
futami150418004 posted by (C)カシワヤ


入館してトロピカルな洞窟エリアにいらっしゃるぶひ姫こと結さまへのご挨拶は後ほど失礼させていただくとして、野外エリアへでてすぐ右にあるのがツメナシカワウソ展示水槽。昭和的たたずまいですがこれほど近い距離でツメナシカワウソと未知との遭遇ができるのはポイント高し。(しかし握手の相手が解っているのに未知との遭遇とはこれいかに?
futami150418001
futami150418001 posted by (C)カシワヤ


アクリルにはりついてごめんくさい!byチャーリー浜。プールはべびうそ対応でほんの数センチしか水が貼っていませんでした。そして立体交差の用にかかる簀子板の奥には問題の現場、青い巣箱が鎮座していました。「事件は会議室でなくて巣箱で起っているんだ!」
futami150418007
futami150418007 posted by (C)カシワヤ


張り込み開始してから待つ事数時間。時の流れに身を任せぇ〜♪時折顔を出しおそそうや散歩を楽しむズリかあちゃんの写真をこれでもかととりながら・・やってきました運命の瞬間。
futami150418500
futami150418500 posted by (C)カシワヤ


1頭だけですがついにべびうそがぶら〜ん!と登場です。これぞほんとの未知との遭遇です。すでに毛色がツートンカラーとなっていますが目も開いていないべびうそがズリ母ちゃんによってざっくばらんに連れ出されてきました。
futami150418501
futami150418501 posted by (C)カシワヤ


べびうそ大福はされるがまま・・
futami150418502
futami150418502 posted by (C)カシワヤ


下半身がすっかり床掃除状態ですが、細かい事は気にしないズリ母ちゃん。
futami150418503
futami150418503 posted by (C)カシワヤ


そして一番左端へよっこらしょ。
futami150418514
futami150418514 posted by (C)カシワヤ


なんとなぁ〜く落ち着いてしまったズリ母ちゃんと母親のぬくもりが恋しくて切なくてbyBEGIN 足腰がすわっていないべびうそはもぞもぞ匍匐前進。
futami150418542
futami150418542 posted by (C)カシワヤ


幾多の試練を越えて到着オメデトウ。
futami150418550
futami150418550 posted by (C)カシワヤ


お母ちゃんにチュ!
futami150418552
futami150418552 posted by (C)カシワヤ


ズリ母ちゃんも我が子からのチュ!にまんざらでない様子。
futami150418594
futami150418594 posted by (C)カシワヤ


とても優しい表情で見つめるその姿は母親という言葉がしっくりきますね。
futami150418595
futami150418595 posted by (C)カシワヤ


安心して身をまかせるべびうそといとおしむように迎え入れるズリ母ちゃん。わずか1〜2分の出来事でしたが、徹夜の疲れも吹き飛ぶようなシーンでした。
futami150418603
futami150418603 posted by (C)カシワヤ


二見シーパラダイスはこじんまりとしてどこか懐かしい雰囲気な水族館です。スタッフさん達は常に笑顔で飼育動物ととても深い信頼関係を築いている様子が印象的でした。
徹夜日帰り強行軍なウソもぐれで鳥羽水族館の目と鼻の先へ行っておきながら泣く泣く帰ってきましたが、また機会をつくって再訪したいと思います。今度こそはウルトラマンよりも長くべびうそに会っていたいですぬ。


Index of all entries

Home > 二見シーパラダイス Archive

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top