Home > 2010年10月

2010年10月 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

市川市動植物園 グラビアアイドルナナ 20101024

コンバンハ。
雨が続くと写真撮りがおっくうになっちまって暇ですね。
なにげに部屋の掃除なんかしてましたけど暇ですね。
思い出した様にまたカワウソ写真なんぞひっぱり出してりしてホント暇ですね。

市川のナナ、水泳を楽しむ姿が印象的なカワウソです。
プール上がりのナナ。
ichikawa101024050
ichikawa101024050 posted by (C)カシワヤ

毛が水をはじいて玉になってこぼれ落ちていきます。
まるで競泳水着を着込んでいるかのようです。

そして毛を乾かすためにオヤクソクのクネゴロタイム。
ichikawa101024047
ichikawa101024047 posted by (C)カシワヤ

この日はグラビアアイドルさながらのクネゴロぶり、ビー玉持って悩殺ポーズ。(死語)
ichikawa101024042
ichikawa101024042 posted by (C)カシワヤ

よ!
ichikawa101024043
ichikawa101024043 posted by (C)カシワヤ

は!
ichikawa101024044
ichikawa101024044 posted by (C)カシワヤ

こりゃ!
ichikawa101024045
ichikawa101024045 posted by (C)カシワヤ

かぽ~!
ichikawa101024046
ichikawa101024046 posted by (C)カシワヤ

最後のポーズはいったい何・・?

子供は親を見て育つとか、子は親の鏡とか申しまして
やっぱりまねするちびうそ。

くんかくんか。
ichikawa101024202
ichikawa101024202 posted by (C)カシワヤ

がぶ~!
ichikawa101024201
ichikawa101024201 posted by (C)カシワヤ

ムツキはムツキでまったくのマイペース、父のんきだね。

福島・葛西・鴨川 それぞれの犬神家 2008~2009

スケキヨでございます~!
fukushima080711037
fukushima080711037 posted by (C)カシワヤ

スケキヨでございます?
kasai090726021
kasai090726021 posted by (C)カシワヤ

偽物だって言うんですか!
kamogawa090819098
kamogawa090819098 posted by (C)カシワヤ

う~ん三枚目イマイチ。

恩賜上野動物園 隙間な動物写真 20101016

こんばんは。
今回は隙間な動物写真と題しまして、普段あまりアップしない写真を載っけてみました。
たいした写真ではありませんが、いつもの様に暇つぶしと思ってください。

トップバッターは小獣館B1からムササビ。
上野は自宅から一番近い動物園なので当然訪れた回数も段違いに多いのですが、
ことムササビに関してはいつもふられてばかり。
今回念願かなってやっとアップ写真を撮ることが出来ました。
ueno101016091
ueno101016091 posted by (C)カシワヤ

当然夜行性動物なのでメチャクチャ暗い中での撮影でした。
ISO6400というα55を導入したからこそこの高感度、
しかもF2.8というカミソリみたいに薄い被写界深度でなんとか撮影。
皮膜を閉じているとまんまリスですが、顔にはしる白の隈取りがチャーム。
ここのムササビは餌の時間にやってくるキーパーさんの肩に乗ったりするので
よりいっそうカワイサがオマケされます。
別名空飛ぶ座布団、今なら低反発枕付き。

おなじく小獣館の1Fからちびミーア。
ueno101016097
ueno101016097 posted by (C)カシワヤ

ただでさえちっこいミーアキャットのさらにミニミュア版。
ポケットに入れて持ち帰りたい衝動にかられます。
ポケットをたたくとちびミーアが増えるのがミソ。
あまり増えすぎると餌代が大変なのでたたかない様に。

小獣館のアイドルといえばマヌルネコ。
ueno101016102
ueno101016102 posted by (C)カシワヤ

これはおかーちゃんかな?とうちゃんは俗にいうぶちゃいくですが、
それがまた憎めない可愛さを持っていてツボにはまった時は大笑いできます。
まんまネコですが、さすがに山猫だけあって手足はぶっといです。
しかしマヌルネコをみて「ネコみた~い!」て言う客がいるのもどうかと思うぞ。

変わって両生爬虫類館のニシアフリカコガタワニだったかな?
ueno101016116
ueno101016116 posted by (C)カシワヤ

つぶらで真っ黒な瞳が可愛いヤツです。
イリエワニの凶悪ヅラとは対照的。
これならママもOKさ!(なにが?)

最後は動くところを久々に見れたオオサンショウウオ。
ueno101016107
ueno101016107 posted by (C)カシワヤ

のそ~り、のそり。
ueno101016110
ueno101016110 posted by (C)カシワヤ

こうは見えても餌である魚を捕らえる時のすばやさは天下一品。
そのあごの力は強く、下手に手を差し伸べようなら手首ごと持っていかれることは必至。
現存する両生類では世界最大種で、この小さな島国日本に何故いるのかも謎。
別名ハンザキ、半分に裂いても生きているといった放言からついた名前ですが、
当然裂いたら死にます。

そうそうURの続きは来月から仕切り直す予定です。
ごめんね。

首都高速中央環状品川線大井JCT架設工事 その2 20101023

  • Posted by: カシワヤ
  • 2010-10-28 Thu 01:28:50
  • 構造物
コンバンハ。
時刻はそろそろ23時、大井JCT架設工事もいよいよ本番。
これから始まる驚愕の瞬間を目撃せよ!(おおげさ)

ohiJCT101023111
ohiJCT101023111 posted by (C)カシワヤ

ohiJCT101023113
ohiJCT101023113 posted by (C)カシワヤ

ohiJCT101023115
ohiJCT101023115 posted by (C)カシワヤ

ohiJCT101023117
ohiJCT101023117 posted by (C)カシワヤ

ohiJCT101023119
ohiJCT101023119 posted by (C)カシワヤ

おお、あがったー!
あのいかにも重そうな橋梁パーツがゆっくりと厳かに上がっていきました。
ありがたやありがたや。
ohiJCT101023048
ohiJCT101023048 posted by (C)カシワヤ

ここで前回のカキコミに対する追記ですが、
625tと言うのは今回使用したフックの最大加重でありまして、
調べたるところこのクローラクレーン本体の最大加重は約1250tだそうです。
1250tですよ1250t!
ホントにしつこいようですがコンバトラーVを2台吊り下げてもオツリがきます。

クレーンは橋梁を持ち上げつつゆっくりと旋回していきます。
重々しい作業とはうらはらに旋回作業の注意を促す甲高い警報電子音が響きます。
ohiJCT101023121
ohiJCT101023121 posted by (C)カシワヤ

同時にその反対側のカウンターウエイトをのせた台車も旋回してきました。
ohiJCT101023049
ohiJCT101023049 posted by (C)カシワヤ

台車は巨大な8輪のタイヤが4輪一組になっており、
移動方向にあわせて回転する構造になっていました。
その巨大さは手前の作業者さんとの比較で解ると思います。
ohiJCT101023066
ohiJCT101023066 posted by (C)カシワヤ

タイヤが90度回転し、今度はこちらから見て奥側、クレーンとっては前進となる準備が整いました。
ohiJCT101023124
ohiJCT101023124 posted by (C)カシワヤ

深夜の湾岸にうなりをあげるキャタピラ。
いったいどれだけの加重がかかっているのでしょう?
轟音という言葉がピタリとくる作業風景です。
ohiJCT101023059
ohiJCT101023059 posted by (C)カシワヤ

そして橋梁パーツは無事に接続ポイントへと運ばれていったのです。
ohiJCT101023077
ohiJCT101023077 posted by (C)カシワヤ

すっかり冷え込む様になった秋の夜に意外なほどたくさんの人々に見守られつつ
今回の架設工事は進んでいったのでした。

ぴーえす:終電の関係で24時前には撤収したヘタレなこちとらです。
この後の作業風景はもっと詳しく書いてあるブログやウェブサイトを自力で検索してくださいね。

市川市動植物園 チビウソ好き嫌い 20101017

こんばんは、少々固いものが続き気味なのでここらでやわらかなカワウソ写真でもアップ。

「なにかと理由をつけてるだけだろ」とか「URの続きはどうなったんだ?」などとは言いっこなしで。
はい、URもJCTも続きは必ずアップしますから。だいたいURは去年の写真なんだし、
いまさら2日や3日遅れたって変わりゃしないのだ。(ひらきなおり)

市川のちびうそ達も生後3ヶ月が経ち、いつまでもナナのおっぱいを吸ってる訳じゃアリマセン。
ここでは昼と夕方に食事タイムがあり、与えられる餌はペレット(キャットフード)とワカサギです。
ちびうそ達にも食の好みがあって、ほとんどのちびはペレットをむさぼっています。

そこでキーパーさんがワカサギをそっと与えてみると・・
ichikawa101017052
ichikawa101017052 posted by (C)カシワヤ

うへぇ!なんだこれ?
ichikawa101017054
ichikawa101017054 posted by (C)カシワヤ

なんだかな~?
ichikawa101017055
ichikawa101017055 posted by (C)カシワヤ

まぁ・・いいか。
ichikawa101017056
ichikawa101017056 posted by (C)カシワヤ

と言った具合。興味は示すものの、やはり食べ物とは認識していない様子・・
ところがどっこい!何処の世界にもアウトサイダーはいるものです。
ichikawa101017058
ichikawa101017058 posted by (C)カシワヤ

ちび4頭のうちはなぴん(鼻がピンク)の1頭が我が道を爆走。
ワカサギをほおばり始めました。
ichikawa101017061
ichikawa101017061 posted by (C)カシワヤ

ichikawa101017062
ichikawa101017062 posted by (C)カシワヤ

ichikawa101017064
ichikawa101017064 posted by (C)カシワヤ

ichikawa101017063
ichikawa101017063 posted by (C)カシワヤ

まだ歯が未熟なため多少食い方はきちゃないものの、食べるは食べる。
その頃、他の3頭はペレットに夢中です。

うま~!
おいしいね。
うん!
ichikawa101017074
ichikawa101017074 posted by (C)カシワヤ

他の3頭がペレットにがっついていてもはなぴんはおかまいなし。
ichikawa101017069
ichikawa101017069 posted by (C)カシワヤ

おい、アイツあんなの食ってるぜ・・
ichikawa101017070
ichikawa101017070 posted by (C)カシワヤ

食のアウトサイダーはなぴんでした。
ichikawa101017066
ichikawa101017066 posted by (C)カシワヤ

ところでムツキとナナはというと
ichikawa101017049
ichikawa101017049 posted by (C)カシワヤ

ナナがムツキになにやらささやいているようです。
ナカヨキコトハヨキコト、いや~ごちそうさま。

首都高速中央環状品川線大井JCT架設工事 その1 20101023

  • Posted by: カシワヤ
  • 2010-10-25 Mon 23:35:16
  • 構造物
こんばんは。
首都高速中央環状品川線大井JCT架設工事(なげー!)の写真を垂れ流していきます。

こちらが今回の主役、クローラクレーンDEMAG CC8800と
これから吊り下げられる橋梁パーツであります。
ohiJCT101023089
ohiJCT101023089 posted by (C)カシワヤ

現場についたのは架設工事が始まる1時間前の21時頃でした。
すでに数名の方が三脚などをたててスタンバイしていました。
ohiJCT101023096
ohiJCT101023096 posted by (C)カシワヤ

そのとき警備のおっちゃんからで入り口近くはあぶねぇからの声。
しきりなおしか~としょげかけたところ、なんと見学者用にスペースが確保されているとのこと、
トラバーで囲われた通路へごあんな~い!イカすぞ首都高!
ohiJCT101023098
ohiJCT101023098 posted by (C)カシワヤ

見学者用スペースへと向かいながら細かいところ撮っていきます。
まずはぶぶっといワイヤを引っ掛けてあるフック。
ohiJCT101023002
ohiJCT101023002 posted by (C)カシワヤ

625tの文字に感動せざるをえんませんね。625tですよ、625t!
なにがすごいってコンバトラーVなぞ軽々と持ち上げてしまえるってわけです。

それからクレーン本体の前後とその後方にある台車に積まれたカウンターウエイトの数ときたら
これから始まる架設工事の規模と迫力を物語っているようです。
ohiJCT101023011
ohiJCT101023011 posted by (C)カシワヤ

ohiJCT101023005
ohiJCT101023005 posted by (C)カシワヤ

しつこいようですがコンバトラーVが持ち上がるんですよ!

撮影スペースを確保してからあらためてクレーン全景を撮影。
この距離にしてフルサイズ17mmの画角いっぱいくらいの高さに目眩が・・
ohiJCT101023101
ohiJCT101023101 posted by (C)カシワヤ

時間が進むにつれて現場は慌ただしさを増していきます。
ohiJCT101023107
ohiJCT101023107 posted by (C)カシワヤ

昇降機台車が橋梁の最終点検に向かっていきました。
ohiJCT101023031
ohiJCT101023031 posted by (C)カシワヤ

そして橋梁の四隅にもワイヤがかけられ作業者の方々がスタンバイに入りました。
ohiJCT101023016
ohiJCT101023016 posted by (C)カシワヤ

我々見学者はもとより現場の方もカメラを持ち出し、
これから始まる作業の行方を固唾をのんでスタンバイ。
ohiJCT101023023
ohiJCT101023023 posted by (C)カシワヤ

時刻はそろそろ23時、いよいよ作業開始です。(つづく)

首都高速中央環状品川線大井JCT架設工事 予告 20101023

  • Posted by: カシワヤ
  • 2010-10-24 Sun 02:10:33
  • 構造物
緊急アップ!(てほどでもねぇ)
首都高速中央環状品川線大井JCT架設工事。
ohiJCT101023089
ohiJCT101023089 posted by (C)カシワヤ

つい数時間前の写真随時アップ。たまには珍しいこともあるもんだ。

市川市動植物園 カワウソ夫婦漫才 20101017

こんばんは、性懲りもなく市川のコツメカワウソの写真です。
このところちびうその写真が続いたので、
ひさびさムツキとナナの夫婦漫才四コマ写真です。

ごそごそ
ichikawa101017147
ichikawa101017147 posted by (C)カシワヤ

こんなのみつかったぜ!
わたしはこれよ!
ichikawa101017146
ichikawa101017146 posted by (C)カシワヤ

よこせ!
それほしい!
ichikawa101017148
ichikawa101017148 posted by (C)カシワヤ

あれ?どっかいっちゃったね・・。
ichikawa101017149
ichikawa101017149 posted by (C)カシワヤ

子育てが一段落したのか、市川のムツキとナナは
新婚当時の様にいちゃつく姿が目につく様になってきました。
いつまでも仲良きことは良きことです。
こちゃ~来年も期待できるぞ。

恩賜上野動物園 みんなのとっておき写真 ~20101107

おはようございます。
現在上野動物園の東西をむすぶいそっぷ橋では「みんなのとっておき写真」と題した
プチ写真展示会スペースとなっています。
恥ずかしながらこちとらの写真も2枚ほど展示されているので、
気が向きましたらヒヤカシにでもどうぞ。

ueno100417113
ueno100417113 posted by (C)カシワヤ

ueno081102015
ueno081102015 posted by (C)カシワヤ

ここで見れるなら行く必要ないって?
まぁ、ごもっとも。
ちなみに展示期間は11月7日(日)までです。

UR都市住宅技術研究所 集合住宅歴史館その1 20090523

  • Posted by: カシワヤ
  • 2010-10-17 Sun 02:48:33
  • 団地
コンバンハ。
今回から新シリーズ、八王子市にあるUR都市住宅技術研究所
毎年5月に開催する特別公開の時の写真です。
くどいようですが2009年5月の写真です。今年のではありません。

で、このシリーズの主役はこちら集合住宅歴史館です。
URtishi090523001
URtishi090523001 posted by (C)カシワヤ

まあ、特別公開は毎年やっていますし、通常でも予約を入れれば見学は可能なので、
いまさらこちとらが詳しいことを書くまでもありますまい。
てなスタンスで話を進めます。
詳しくしりたい人はリンク先か団地マニヤの方にお願いします。

この建物の中にはURが公団時代から建ててきた代表的な集合住宅が移築または復元されています。
外観からして様式がポストモダン闇鍋状態とでも言いましょうか?なかなかイカした建物です。
早速中に入りたいところですが、外にも復元展示があるのでそこから始めましょう。
URtoshi090523003
URtoshi090523003 posted by (C)カシワヤ

まずは一番目につく円筒形のコンクリから、
URtoshi090523011
URtoshi090523011 posted by (C)カシワヤ

これは中央区晴海にあった晴海アパートの2Fへアプローチする螺旋階段です。
旧公団晴海アパートはスキップフロア方式を採用していました。
スキップフロアと言うのを口で説明するのはかなり難易度が高く
体操で言うところのE難度ぐらいでしょうか?(よけいに解らない)
まあ、階段やエレベータ(EV)が各階には直接アプローチしない構造です。
たとえば4Fに行くとしてまずEVを使うとします。
晴海アパートではエレベータは1F・3F・6F・9Fへしか止まりませんでした。
つまりEVでは4Fへは直接行けないので、一旦3Fで降り
通路階と呼ばれるフロアに一旦出てから階段で4Fへ上がるという構造です。(わけわからん)
つまり2Fへ行くのにも一旦3Fへ行ってから2Fへ降りると言う行為が必要だったわけです。
さすがにそれは非合理だろてなわけで、2Fへは外から直接行けるこの螺旋階段があった訳です。
さすがに説明するのにちかりた・・。旨く説明できてなかったらごめんなさい。

螺旋階段を正面から
URtoshi090523005
URtoshi090523005 posted by (C)カシワヤ

コンクリ打ちっぱなしの階段がまるでアパトサウルスやブラキオサウルスなどの竜脚類の背骨の様で
ものすごい存在感をアピールしてます。
ただこの時代につくられた団地類は天井高や通路幅が現在のものよりも低く
螺旋階段の昇り降りはかなり窮屈そうです。

そして歴史館の裏手方面には東鳩ヶ谷団地の案内掲示板と
その公共スペースにあったこれまたコンクリのテーブルと椅子がありました。
URtoshi090523008
URtoshi090523008 posted by (C)カシワヤ

団地へ行くとかならずこの案内掲示板がありますよね。
何号棟へはどこそこを通ってなんて考えいている横には町内会寄り合いのチラシや
共産党のポスターが貼られている連絡掲示板が必ずと言っていいほどあり、
古びた画鋲は風雨にさらされガビガビに錆びてしまっていて
新しくポスターを張り替えようにも画鋲が癒着してはがせなくなったりしたもんです。

今回やや写真よりも駄文が多くなってしまいました。
では次回、いよいよ中へおじゃましま~す。

UR都市住宅技術研究所 予告 20090523

  • Posted by: カシワヤ
  • 2010-10-16 Sat 04:20:52
  • 団地
近日アップ予定、UR都市機構の都市住宅技術研究所。
URtishi090523001
URtishi090523001 posted by (C)カシワヤ

くどいようだが去年の特別公開日の写真です。
まちがっても今年のじゃないところが、とってもぐだぐだ感。

市川市動植物園 ちびうそプール開き 20101011

こんばんは。
市川のちびうそ写真連投になります。構造物好きの方には申し訳ない。

つい先日まで飼育ケージ内のコンテナですったもんだやってたちびうそ達も
いつのまにやら水慣れの時期を終え、いよいよ本格的なプール開きの季節になりました。

まずはウォーミングアップ。準備運動はしっかりと。
ichikawa101011192
ichikawa101011192 posted by (C)カシワヤ

ぷっは~!
ichikawa101011191
ichikawa101011191 posted by (C)カシワヤ

いよいよ本番、新たな世界への挑戦が・・
ichikawa101011272
ichikawa101011272 posted by (C)カシワヤ

なかなか始まらない。
ichikawa101011271
ichikawa101011271 posted by (C)カシワヤ

何となく草でもいじってごまかすちびうそ。

そこへムツキが迎えにきましたよ。
ichikawa101011274
ichikawa101011274 posted by (C)カシワヤ

ナナも一緒に誘いにきました。
ichikawa101011275
ichikawa101011275 posted by (C)カシワヤ

意を決して、えいや!
ichikawa101011276
ichikawa101011276 posted by (C)カシワヤ

こうなると芋蔓式に我も我も?
ichikawa101011289
ichikawa101011289 posted by (C)カシワヤ

過度な運動は良くないので程々に。お疲れさまでした。
ichikawa101011290
ichikawa101011290 posted by (C)カシワヤ

市川のちびうそ達はまだ個体識別が出来る状態ではないので、
どのちびが泳いでいるのかいないのかはまだ全然解りません。
(肝心の泳いでる写真は失敗したし・・)
泳いだと言っても水際をぱちゃぱちゃやった程度ですが、秋を迎え本格的なプール開きとなりました。
それにしてもムツキとナナがちびうそを水辺に誘う様な仕草を見せたりする様は
2頭とも親らしくなったもんだと感心させられます。

市川市動植物園 対ちびうそ新兵器 20101011

おはようございます。
こんな時間ですが毎度おなじみ市川のちびうそ達の写真です。

実は対ちびうそ用に新兵器を導入しました。
ichikawa101011074
ichikawa101011074 posted by (C)カシワヤ

ichikawa101011085
ichikawa101011085 posted by (C)カシワヤ

ichikawa101011116
ichikawa101011116 posted by (C)カシワヤ

ichikawa101011141
ichikawa101011141 posted by (C)カシワヤ

ichikawa101011147
ichikawa101011147 posted by (C)カシワヤ

すべてα5570-400mm F4-5.6 G SSMで撮影しました。
いままで300mm止まりのズームを使用していたのですが、
市川のちびうそ達のアップをとるには無理があり、もやもやがたまっていたのでした。
市川でもやもやですから千葉市ではなおさら発狂しそうでした。
同じ発狂するなら健康的に発狂したいと考え、清水の舞台から飛び降りたわけです。

おかげで財布がすっからかん。
でも泣き言は言いません、男の子だから。

市川市動植物園 ちびうその日常 20101006

コンバンハ。
日付も変わったのでそろそろカワウソタイム。
市川のちびうそ達のごちゃごちゃっとした日常写真を垂れ流して参ります。

お気に入りの白い石を目前にしてご満悦な様子。
ichikawa101006064
ichikawa101006064 posted by (C)カシワヤ

しかし・・
ichikawa101006065
ichikawa101006065 posted by (C)カシワヤ

油断していると、
ichikawa101006066
ichikawa101006066 posted by (C)カシワヤ

こら!それは俺んだ!
ichikawa101006067
ichikawa101006067 posted by (C)カシワヤ

たちまち始まるバトルな展開。

手始めにディープキス。
ichikawa101006140
ichikawa101006140 posted by (C)カシワヤ

ヘッドロック。
ichikawa101006141
ichikawa101006141 posted by (C)カシワヤ

噛みつき。
ichikawa101006142
ichikawa101006142 posted by (C)カシワヤ

ぎぶあっぷ!
ichikawa101006143
ichikawa101006143 posted by (C)カシワヤ

その頃ムツキと言えば、
ichikawa101006179
ichikawa101006179 posted by (C)カシワヤ

ちびうその水泳訓練に余念がありません。
ichikawa101006181
ichikawa101006181 posted by (C)カシワヤ

ichikawa101006185
ichikawa101006185 posted by (C)カシワヤ

ichikawa101006188
ichikawa101006188 posted by (C)カシワヤ

ichikawa101006189
ichikawa101006189 posted by (C)カシワヤ

まさにスパルタの海、市川ヨッ◯スクールな感じでした。

団地いろいろ 桐ヶ丘その2 20090418

  • Posted by: カシワヤ
  • 2010-10-10 Sun 20:20:26
  • 団地
こんばんは。
団地妻ならぬ獺妻ナナでお茶を濁した後はお約束の桐ヶ丘団地の続きです。

桐ヶ丘団地を東西に横切る都道445号線沿いには一階部分が商店街となっている棟が続いています。
さっそく良い雰囲気のお店が登場です。
kirigaoka090418002
kirigaoka090418002 posted by (C)カシワヤ

デジタルカメラ全盛の今時分にあってフジカラーのレトロな響きと店構えがきてます。

閉店してしまった合鍵屋さんの店先にはドアノブなどの部品が無造作に置かれていました。
kirigaoka090418004
kirigaoka090418004 posted by (C)カシワヤ

夜な夜なだれかがここでピッキングの練習でもしたのでしょうか?

445号線をほどなく西へ進むと、いよいよ商店街本丸?の出現です。
kirigaoka090418005
kirigaoka090418005 posted by (C)カシワヤ

はやる心を押さえきれずにウインドショッピングへ出っパツ。
kirigaoka090418006
kirigaoka090418006 posted by (C)カシワヤ

どうです!このにぎわい様・・あれれ?
kirigaoka090418009
kirigaoka090418009 posted by (C)カシワヤ

お買い物時間には早すぎるのかほとんどの商店が閉まっていました。残念!
それでも昭和時間で止まったままの商店街を出来るだけ味わってみましょう。

まずはお肉屋さん。
kirigaoka090418010
kirigaoka090418010 posted by (C)カシワヤ

子供の頃こんなお店でコロッケをウン十円で買い食いしたことを思い出します。

続いてこちらは化粧品屋さんでしょうか?
kirigaoka090418011
kirigaoka090418011 posted by (C)カシワヤ

なかなかオシャレな字体がセンスの良さを感じますね。

そしていつの時代も最先端をひた走る電機屋さん。
kirigaoka090418012
kirigaoka090418012 posted by (C)カシワヤ

東芝とナショナルのロゴマークが時代を感じさせます。
それから何と言っても店名がイカしてます。オーム電機ですよ、Ω!抵抗値だっけ?
こんな店カラーテレビを買った日には隣近所から見学に来ること間違いなし!

そして出来る奥様の強い味方、手芸屋さんと寝具屋さん。
kirigaoka090418016
kirigaoka090418016 posted by (C)カシワヤ

家のおふくろがブラザーとか蛇の目の編み機でマフラーを作ってくれた思い出がよみがえります。
どの店もウインドショッピングにしては刺激が強すぎてついつい財布の紐が緩みそう。

そして子供達の城と言えばおもちゃ屋さん。
kirigaoka090418015
kirigaoka090418015 posted by (C)カシワヤ

店先には何十年前から稼働しているのか?と疑問がわいてくるゲーム機の数々。
kirigaoka090418013
kirigaoka090418013 posted by (C)カシワヤ

これでも立派な現役アミューズメント。

ゲーム機やガチャガチャの裏にはノコノコ動く乗り物遊具だってあるぞ!
kirigaoka090418014
kirigaoka090418014 posted by (C)カシワヤ

衝動的に乗ってみたいと思い小銭を握りしめては見たが、ナンテコッタイ体重10Kg制限!
乗り気満々だったこの気持ち、いったい何処へ持ってきゃいいの?

市川市動植物園 魅惑のナナ 20101006

今晩は、今回は短めに一枚アップ。
人妻ならぬ獺妻のナナ、団地じゃないのがザンネン!
ichikawa101006069
ichikawa101006069 posted by (C)カシワヤ

団地いろいろ 桐ヶ丘その1 20090418

  • Posted by: カシワヤ
  • 2010-10-05 Tue 05:08:12
  • 団地
そろそろおはような時間にこんばんは。

団地巡りも三つ目、前回の赤羽台から歩いてほど近い桐ヶ丘へレッツらゴー。
kirigaoka090418019
kirigaoka090418019 posted by (C)カシワヤ

赤羽台団地常盤平団地が公団、現在のUR都市機構なのに対してここ桐ヶ丘は都営アパートです。
すなわちスターハウスなんでモダ~ンな棟なんぞありません。

しかしながら、なかなかシンプルイズベストな給水塔があったりして、
高層アパートとの並びはけっこう壮観でした。
kirigaoka090418021
kirigaoka090418021 posted by (C)カシワヤ

こうして見ると展望台の様にも見えますね。

桐ヶ丘アパートの立地は傾斜地が多く各棟への導入部は石段が多く見受けられました。
kirigaoka090418030
kirigaoka090418030 posted by (C)カシワヤ

ここはただでさえ巨大団地群で敷地面積も広いのに
傾斜地のため坂も多く、自宅へ帰るのにもひと苦労ってヤツですね。
kirigaoka090418028
kirigaoka090418028 posted by (C)カシワヤ

これは閉鎖されていたけど保育園か幼稚園だったと思います。
kirigaoka090418029
kirigaoka090418029 posted by (C)カシワヤ

建設当初からかなりの年月が経過し、ご多分に漏れずここも高齢化団地と化しておりました。
このように当時は繁盛?したであろう児童施設は閉鎖・統合の憂き目に遭ってたりします。

当然の様にアヴァンギャルド?な公園には子供の姿は見当たりません。
kirigaoka090418026
kirigaoka090418026 posted by (C)カシワヤ

kirigaoka090418027
kirigaoka090418027 posted by (C)カシワヤ

昼下がりの公園によそ者がカメラを抱えてウロチョロしてても
肝心の子供がいないのでケーサツが飛んでくることもありません。(安心・安全)

あ、ちなみに桐ヶ丘の写真は次回も続きます。
次はこの団地一番の繁華街へ皆様をご招待いたしましょう。

じゃ、おやすみ~。

市川市動植物園 ふんばれ!ちびうそ 20100926

市川のちびうそデビュー目撃を達成して燃え尽き気味のカシワヤでござい。

10月もカワウソが続くようですが、
あい間あい間でその他の写真もアップしていきますので、
呆れたりしないでお付合い願います。

てなわけで、ふんばるちびうそ。
ichikawa100926134
ichikawa100926134 posted by (C)カシワヤ

まだまだ、ふんばるちびうそ。
ichikawa100926135
ichikawa100926135 posted by (C)カシワヤ

もうちょっと、ふんばれちびうそ。
ichikawa100926136
ichikawa100926136 posted by (C)カシワヤ

ふんばってほしい・・ち・び・う・そ。(ずるずる)
ichikawa100926137
ichikawa100926137 posted by (C)カシワヤ

なにげに後ろでムツキが子煩悩さを発揮・・というか、
子供と同化してるあたりがさすがの一言。

Index of all entries

Home > 2010年10月

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。