Home > 2011年02月

2011年02月 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

暗闇からコンニチハその1 東山動植物園 20110212

こんばんは。

あれよあれよという間に2月も終わり。
さっさと東山動植物園のカワウソ写真を垂れ流さねばならないのにこのていたらく、
人間のできが悪いとここまで手際が悪いのかと自己反省しながらカキコ。

それじゃ続きと洒落込もうかいな。
higashiyama110212002
higashiyama110212002 posted by (C)カシワヤ

開園ダッシュしてコツメ飼育展示ブースへやってきたのは良いけれども・・
肝心要の本人がいない!だぶるなんてこったい!
higashiyama110212003
higashiyama110212003 posted by (C)カシワヤ

ま・で・が、前回でしたよね?(すでにうろおぼえ。

いない獺はいないので、とりあえずコツメの住環境をチェック!なんだか川辺と言うより洞窟、地底湖のほとりてな雰囲気です。古くは水スペの川口隊長がせっせと足を運んでいたあこがれの魔境、とても危険な香りがただよっていますね。
水曜スペシャルと言えばけっこう有名なタイトルネタで「前人未到の大地に人食い虎を見た!」てーのがありますが、人もいないのに人食い虎とはこれ如何に?きっとあれですよ、初めてその魔境に取材に入った川口隊のメンバーが食われたに違いありません。(断言! 

つーことはこれから登場するコツメは人食い獺の可能性が・・

そのわりには左手にぶらぶらドンゴロスと滑り台があったりて・・しかも右手の写り込みを見てください!非常口の表示があるですよ。迷路の様に入り組んだ洞窟で迷わない様に非常灯が設置されているなんていままで見たことも聞いたこともありません。「安心・安全」なかなかサービスの行き届いた魔境の様です。

おもいっきり脱線トリオしましたが、その人食い獺の出現を待ちましょう。
さあ、皆さん息をひそめて・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・「ぷは!ぜいぜい」
だれも息を止めてとは言ってませんよ!

そうこうしているうちに午前9時半を過ぎ、洞窟内は薄暗くなってきました。外は眩しいお日様でいっぱいだというのにこの洞窟はどんどん暗くなっていくのです。北半球と南半球で季節が逆転するのは皆さんご存知だと思いますが、ここ東山では館の中と外で時間が逆転している様です。(不思議
これはきっと11PMの矢追さんが・・・

脱線を通り越して転覆トリオなので、本編に戻りましょう。

しょうがないので、しばらく館内をぶらぶら。
コツメ展示飼育ブースのある自然動物館1Fは夜行性動物フロアなのです。開館~30分くらいはそれぞれのブースは明るくなっており、30分を過ぎたあたりからだんだんと暗くなっていくシステムなのです。

焦ってみてもしょうがない、しばらく館内をぶらつくことにしましょう。
つづく。

フィーリングカップル1:1? アクア・トトぎふ 20110211

こんばんは。
ここんところ寝ても覚めてもカワウソばかりで、
東京ゲートブリッジの最後の架設工事が今朝行われていたことを
つい先程思い出した始末。とほほ・・
カワウソ専門ブログじゃありません!と宣言しときながらこのていたらく。

それでは開き直ってアクア・トトぎふのナガラとミナミの続きをくらいやがれ!

一目会ったその日から、
aquatotto110211145
aquatotto110211145 posted by (C)カシワヤ

恋の花咲くこともある?
aquatotto110211149
aquatotto110211149 posted by (C)カシワヤ

aquatotto110211153
aquatotto110211153 posted by (C)カシワヤ

aquatotto110211156
aquatotto110211156 posted by (C)カシワヤ

aquatotto110211158
aquatotto110211158 posted by (C)カシワヤ

aquatotto110211159
aquatotto110211159 posted by (C)カシワヤ

aquatotto110211162
aquatotto110211162 posted by (C)カシワヤ

このあと2頭はむふふタイムへなだれ込みましたとさ。

タイトルはフィーリングカップルなのに、中身はパンチでデートとはこれいかに?
やすきよつながりで、い~じゃあ~りませんか!

3Fからの撮影報告はまた次回、ごめんくさい。

お披露目だよ!全員集合 市川市動植物園 20110220

おはお~です。
昨夜は垂れ流しのタイトルだけ決めたら寝ちまった。

あいかわらずな市川市動植物園ムツキ一家、でも紹介プレートが新しくなったようですよ。
ichikawa110220573
ichikawa110220573 posted by (C)カシワヤ

どうやらちびうそ4頭の名前が正式に決まったようです。
こりゃめでたい!獺祭で乾杯ですね。

よろしくたのんます!
ichikawa110123258
ichikawa110123258 posted by (C)カシワヤ

てか、一頭どっかいっちゃてるし・・お~い!コウキ~!どこいった?
あ、いたいた。

あらためまして、ムツキ一家をよろしく!
ichikawa110123271
ichikawa110123271 posted by (C)カシワヤ

向かって左から
コムツ♂ コウキ♂ チナ♀ ナナ母 キリ♀ ムツキ父
です!

のんびりコツメ時間 アクア・トトぎふ 20110211_12

コンバンハ。
アクア・トトぎふのナガラとミナミ、のんびりとした時間が過ぎて行きます。

コツメ運動場の中央奥には流木?を組み合わせて作った
キャットタワーならぬコツメタワーが鎮座しています。
aquatotto110211144
aquatotto110211144 posted by (C)カシワヤ

寄りかかったり、登ったり、時には体をこすりつけたりしていました。
aquatotto110211143
aquatotto110211143 posted by (C)カシワヤ

ナガラとミナミはそれぞれお気に入りの場所でクネゴロタイム。
aquatotto110211135
aquatotto110211135 posted by (C)カシワヤ

aquatotto110211136
aquatotto110211136 posted by (C)カシワヤ

aquatotto110211141
aquatotto110211141 posted by (C)カシワヤ

aquatotto110211142
aquatotto110211142 posted by (C)カシワヤ

そうこうしているうちに今度はミナミの方からナガラへちょっかい。
aquatotto110211137
aquatotto110211137 posted by (C)カシワヤ

aquatotto110211138
aquatotto110211138 posted by (C)カシワヤ

aquatotto110211139
aquatotto110211139 posted by (C)カシワヤ

傍目に見ても仲の良い2頭、さぁてここからはのんびりタイムが大人の時間へ早変わり?
aquatotto110211140
aquatotto110211140 posted by (C)カシワヤ

つづく。

やってきました! アクア・トトぎふ 20110211_12

こんばんは。
ようやくアクア・トトぎふのカワウソ写真を垂れ流して行きます。

こちらが世界淡水魚園の全体図、こちらの水族館、アクア・トトぎふが目的地。
aquatotto110211282
aquatotto110211282 posted by (C)カシワヤ

この日はつもりはしませんでしたが、雪降る寒い日でした。
訪れた3連休は岐阜県民のみ入館料半額日だったのですが、
あいにくの天気に開館直後の出足は鈍くコチトラにとってはありがたいことでした。
しかしながら案の定、昼前からはわんさか県民の皆さんが押し掛け、
館内は大にぎわいとなるのでした。
aquatotto110211281
aquatotto110211281 posted by (C)カシワヤ

入館すると4Fへエレベーターで直行するコースとなります。
ガラス張りの天井が明るくあたたかなフロアへ到着。
注:この写真は4F出口側からの撮影です。
aquatotto110211241
aquatotto110211241 posted by (C)カシワヤ

ここが長良川最上流部コーナー。
自然光が降り注ぐ4Fは偽岩や環境再現のためのイミテーションに混じって
モノホンの植物も育てられており、滝の流れ落ちる音に包まれてα波たっぷり!

入ってすぐ左斜め前方が上からコツメを眺められるポイントです。
aquatotto110211242
aquatotto110211242 posted by (C)カシワヤ

ですがここにはコツメカワウソの紹介プレートは無く、
目立たぬ感じでフィーディングウォッチのスケジュールプレートがあるだけ。
aquatotto110211244
aquatotto110211244 posted by (C)カシワヤ

あくまで本展示はこの下3Fなので、ここはこんなもんでしょう。
ただ、軽くのぞいて運良くカワウソが見れれば良いのですが、
見えないとほとんどの人はそのままスッと通り過ぎてしまうようです。
カワウソ水槽の前で2~3時間は平気で粘れる人種はやはり特殊なのでしょうか?

上からのぞくとこんな感じ。
aquatotto110211243
aquatotto110211243 posted by (C)カシワヤ

玉石を敷き詰めたフロア、手前から右奥には朽ち木が配置された淵、
左下には滝壺があり写真には写っていませんが滝が流れ落ちていました。

お待たせしましたメインフロアのカワウソ2頭が登場です。
aquatotto110211087
aquatotto110211087 posted by (C)カシワヤ

左奥がオスのナガラ:まっ黒で大きな鼻、ヒゲが短い。
右手前がメスのミナミ:小さな鼻、ヒゲが長い。
キーパーさんがフィーディングウォッチの際にその都度説明してくれるので、
個体識別であんまり迷うことはないようです。

この2頭、ちょろっと見ただけでも仲の良さがバレバレ。(別に隠してないし・・
2頭そろってクネゴロ最中。
aquatotto110211121
aquatotto110211121 posted by (C)カシワヤ

そうこうしてるうちにやっぱりナガラがミナミへちょっかいを出してきます。

ねえ、
aquatotto110211130
aquatotto110211130 posted by (C)カシワヤ

いっしょに
aquatotto110211131
aquatotto110211131 posted by (C)カシワヤ

あそぼう・・
aquatotto110211132
aquatotto110211132 posted by (C)カシワヤ

よ~!
aquatotto110211133
aquatotto110211133 posted by (C)カシワヤ

ゴロ~ンと甘えるナガラ。
しょうがないわね~てな顔しつつもミナミもまんざらではないようです。
aquatotto110211134
aquatotto110211134 posted by (C)カシワヤ

この後の続きは如何に?待て次回!

気になる印刷屋 別府温泉 20090810

  • Posted by: カシワヤ
  • 2011-02-19 Sat 23:30:49
  • 景色
こんばんは。
暇つぶし写真の垂れ流しで時間稼ぎだ。

別府温泉で見かけた気になる印刷屋。
beppu090810009
beppu090810009 posted by (C)カシワヤ

ちょっと失礼して中を撮影。
beppu090810010
beppu090810010 posted by (C)カシワヤ

活字だ!活版印刷だ!
ジョバンニ、これで母さんにパンと角砂糖を買って帰れるぞ!

おひまい。

さよならコウメ かみね動物園 20101204

こんばんは。
当初アクア・トトぎふのナガラとミナミの写真をアップする予定でしたが、
かみね動物園コウメの突然の訃報により、急遽予定を変更致します。

kamine101204020
kamine101204020 posted by (C)カシワヤ

kamine101204052
kamine101204052 posted by (C)カシワヤ

kamine101204056
kamine101204056 posted by (C)カシワヤ

kamine101204058
kamine101204058 posted by (C)カシワヤ

kamine101204064
kamine101204064 posted by (C)カシワヤ

kamine101204006
kamine101204006 posted by (C)カシワヤ

去年末、初めて訪れた日立市かみね動物園のコツメカワウソ、コウメ。
あんず、あやめ、のお母さんであり、日本一の美獺でした。
天国でダイキチ父さん、息子のチュウキチ君とお幸せに。

もう一度会いたかったなぁ。

メコンの「ず」 アクア・トトぎふ 20110211

こんばんは。
お待たせしましたアクア・トトぎふ、いよいよ本格的に写真を垂れ流して行きますよ。

さあ、どうだ!
aquatotto110211291
aquatotto110211291 posted by (C)カシワヤ

aquatotto110211292
aquatotto110211292 posted by (C)カシワヤ

カワウソフリークの方々ゴメンナサイ。
実はメコンオオナマズの写真を早くあっぷせい!との一部の声があり、
今回のエントリーはメコンの「ず」です。

アクア・トトでは前半が長良川コーナー、後半が世界の大河コーナーに分別されており、
後半はメコン川、コンゴ川、アマゾン川の3ブロックに分かれていました。

メコンオオナマズはその名の示すとおりメコン川に生息する巨大魚です。
卵や稚魚はまだ確認されておらず、生態の多くは謎に包まれています。
水槽で間近に見るとその大きさに圧倒されてしまいますが、
成魚の大きさはこんなもんじゃあ~りません!
過去には3m、300kgの大物が確認されたこともあるようです。
水槽の向かい側の壁には成魚の大きさを示したレリーフ?があるのですが、
スイマセン写真撮ってませんでした。

次回、いよいよコツメカワウソの登場。しばし待て!

カワウソむふふタイム アクア・トトぎふ 20110211

こんばんは。

写真の整理がまだついていないので、
今夜も動画でお茶濁しですよ。



はやくナガラとミナミのちびうそが見れる日が来るといいですね。

びっくり!カワウソ新記録? 東山動植物園 20110212

こんばんは~!
名古屋遠征からただいま帰宅だキュイ!
今日は東山動植物園の自然動物館にご在宅のコツメカワウソに会ってきましたよ。

なにはともあれ最初の写真、はてさて記録更新!となるやいなや?
higashiyama110212001
higashiyama110212001 posted by (C)カシワヤ

デジタルデータの作成日時: 2011:02:12 09:07:57

なんてこったい!
つづく。

Continue reading

ナガラとミナミご飯だキュイ! アクア・トトぎふ 20110211

こんばんは~!
今夜は名古屋駅近くのビジホからアップでキュイ!

アクア・トトぎふのコツメカワウソ飼育展示場にて
毎日3回行われているフィーディングタイムの様子を4Fから撮影しました。



撮影した写真の垂れ流しはもうちょいまっててね。ゴメン!

遥か彼方のD滑走路 羽田空港 20090923

  • Posted by: カシワヤ
  • 2011-02-07 Mon 23:39:39
  • 構造物
こんばんは。
またもや古い写真で御免被る。

霞む彼方に見えるは建設中の羽田空港D滑走路。
haneda090923001
haneda090923001 posted by (C)カシワヤ

海に打たれた途方もない数のパイルはいったい何本だったのだろう。
東京モノレールの橋脚が残暑とともに揺らぐ海面と伸びていた。
きっとこの先には途方もない時間が待っているのだ。
このまま何処かへ連れて行ってほしい。

渋谷てづくり市 代々木八幡 20110206

  • Posted by: カシワヤ
  • 2011-02-06 Sun 23:43:15
  • 景色
ただいまだが~!
休日なのにいろいろとやることが多くてまいったが~。

今日は手始めに代々木八幡さまにお参りをしてきたが~。
メトロ代々木公園駅を降りて小田急代々木八幡駅前の踏切だが~。
yoyohachi110206001
yoyohachi110206001 posted by (C)カシワヤ

yoyohachi110206014
yoyohachi110206014 posted by (C)カシワヤ

yoyohachi110206013
yoyohachi110206013 posted by (C)カシワヤ

さすがは小田急線、日曜の昼だというのになかなか開かないが~。
注:多少の誇張が含まれます。

よっこらせと踏切をくぐったら山の手通りをちょいと北上、やってきました八幡様。
yoyohachi110206012
yoyohachi110206012 posted by (C)カシワヤ

おや?なにかやってるが~!(白々しい・・

実は本日の目的はこれ、八幡さまで催された渋谷てづくり市なんだが~。
yoyohachi110206002
yoyohachi110206002 posted by (C)カシワヤ

yoyohachi110206003
yoyohachi110206003 posted by (C)カシワヤ

yoyohachi110206005
yoyohachi110206005 posted by (C)カシワヤ

予想していたよりも結構いっぱい人が来ててびっくだが~!

もちろん八幡様にもお参りしてきたが~。
yoyohachi110206004
yoyohachi110206004 posted by (C)カシワヤ

それから境内で気になったのがこちら、出世稲荷さまだが~。
yoyohachi110206006
yoyohachi110206006 posted by (C)カシワヤ

yoyohachi110206007
yoyohachi110206007 posted by (C)カシワヤ

yoyohachi110206008
yoyohachi110206008 posted by (C)カシワヤ

yoyohachi110206009
yoyohachi110206009 posted by (C)カシワヤ

出世稲荷さまにはお稲荷様がいっぱいだが~!(なにを当たり前なことを・・

はあはあ・・・
なれない「が~」口調で書いてきましたが、そろそろムリが出てきた様なのでいつもの文体に戻させてもらいます。ここまで「が~」してきたのも実はこれ、ここが本日の最終目的地、家鴨窯さんのブースです。
家鴨窯さんはコチトラのブログにもちょくちょくのぞいていただいている、がーちゃんフォトアルバム Vol.2の焼き物ブースなのだ。ご覧の様に手づくりの焼き物がいっぱ~い!
yoyohachi110206011
yoyohachi110206011 posted by (C)カシワヤ

モチーフは兎や虎などの干支ものから猫、パンダなどの癒し系動物。
もちろん我らのがー殿もご自分のグッズを従えてご鎮座しておりましたよ!へへぇ~!
yoyohachi110206010
yoyohachi110206010 posted by (C)カシワヤ

てなわけで、本日は突然お邪魔しましてすみませんでした。
急に来訪したワケノワカラン輩にもかかわらず相手してくださってありがとうございます。

そんでもって本日の戦利品(盗んだんじゃないって! 猫の蓋付き小皿です。
yoyohachi110206015
yoyohachi110206015 posted by (C)カシワヤ

ど~です?しぶかわいいでしょ!
たいせつにするが~!!!

こんどはぜひカワウソグッズでよろしくお願いするが~!

記憶の中のトントン 恩賜上野動物園 20090201

こんばんは。
今回もちょいと懐かしめの写真、ちょうど3年前くらいのものです。

パンダ舎の通路に掲示されていた上野動物園におけるこれまで飼育されていたジャイアントパンダのパネル。
その中からトントンの思い出を綴った部分の抜粋です。
ueno090201001
ueno090201001 posted by (C)カシワヤ

上野生まれで上野でその生涯を閉じた唯一のパンダ。
木陰から愛くるしい瞳をのぞかせるトントンのモノクロ写真を見るたびに
わずか14年と1ヶ月で死亡したことが悔やまれて、心の中で男泣きしてしまいます。

上野のパンダ飼育の歴史は個人的には不運の連続だったのではと思います。

妊娠中毒で死亡したランラン。
2世誕生を心待ちにしていた関係者の落胆は相当なものだったでしょう。
残されたカンカンは後を追う様に翌年死亡。
しかも新しいペアとして迎えられたホアンホアン来園のわずか半年後でした。
そしてフェイフェイ来園。
しかしながらフェイフェイはホアンホアンに気に入られる事は無く、
自然繁殖をあきらめ人工授精に踏み切ります。
そのかいあってかホアンホアンは妊娠、そして出産にいたります。
でも後にチュチュと名付けられる赤ちゃんはホアンホアンの下敷きになり圧死。
なにぶん初めての出産だったのでホアンホアンに罪は無いと思います。
ホアンホアンは後にトントン、ユウユウを育て上げた立派なお母さんでした。
その後ユウユウはリンリンとの交換で出国します。
リンリンがやってきた上野動物園はホアンホアン、フェイフェイ、トントンの計4頭となりますが、
その2年後にフェイフェイが死亡、約3年後にホアンホアンも亡くなります。
そしてその後、3世目を生む事無く肝心のトントンが若くして死亡してしまいます。
たった1頭残されたリンリンは中国以外の国籍を持つドイツやメキシコの個体と繁殖を試みるべく
出国と帰国を繰り返しますが、その願いはついにかなわず2008年4月に生涯を閉じ
ついに日本国籍を持つジャイアントパンダは姿を消す事となりました。

撮り溜めた写真の中にはしんどそうにうつぶせる死亡2週間ほど前のリンリンの写真があるのですが、
今その写真を見ると、とてもつらいのでここで垂れ流す気にはなれません。

現在上野はあらたなレンタル2個体の飼育展示に向けパンダ舎を改装中です。
今度こそ末永くパンダが暮らして行ければ良いなとは思いますが、
なにぶんレンタル契約なためその対価を考えると複雑な思いです。

チュチュを除くすべての個体を見てきたコチトラにとって
上野のパンダの記憶はパネルの一節の様にどこへ行くこともなく
ずぅっと心に残って行くでしょう。

Index of all entries

Home > 2011年02月

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。