Home > 2011年04月

2011年04月 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

ちびうそ時代の冒険 市川市動植物園 20101002

おはようさんです。

連休は遠出をせずに引きこもることに決めたカシワヤでござい。
部屋の掃除・改装、テレビ周りのデジ化、たまった写真整理などなど、
やることは山積みなのです。

んで、思い出した様になつかし写真。
ちびうそ時代のコツメカワウソ、キリの小さな冒険物語。

当初から鼻にピンクがちょびっと混じっていたので、
キーパーさんから仮称でちょびと呼ばれていた個体。
正式呼称はキリ、梨畑のわがままお姫様。

ドンゴロスくずつけて登場。
ichikawa101002054
ichikawa101002054 posted by (C)カシワヤ

キリはちびうそ4頭の中でも一番好奇心が旺盛で、
中央桟橋にいち早く進出したのもキリがいっとう最初でした。

桟橋一段目で考え中。
ichikawa101002055
ichikawa101002055 posted by (C)カシワヤ

意を決して2段目へ。
ichikawa101002056
ichikawa101002056 posted by (C)カシワヤ

ん~
ichikawa101002057
ichikawa101002057 posted by (C)カシワヤ

ん~~~
ichikawa101002058
ichikawa101002058 posted by (C)カシワヤ

どしよかな?
ichikawa101002059
ichikawa101002059 posted by (C)カシワヤ

本人は3段目に進むか否かで真剣に思案中ですが、
後頭部のドンゴロスくずがどうしても笑いを誘います。

迷っているうちに慌てて迎えにきたナナに気づき、
あっさり撤退するキリ。
ichikawa101002060
ichikawa101002060 posted by (C)カシワヤ

迎えにきたナナの心配そうな様子に対して、
勢いで付いてきちゃった感ありありのムツキが可笑しい。
しかもカメラ目線w
ichikawa101002061
ichikawa101002061 posted by (C)カシワヤ

最後は首根っこつかまれて飼育部屋へ連行されるキリ。
ichikawa101002062
ichikawa101002062 posted by (C)カシワヤ

他の3頭がまだムツキ&ナナの後ろを付いて回るだけのころに、
すでにキリは自力で行動半径を広げていたというお話でした。

工場天国北九州 住友金属小倉 20100311

  • Posted by: カシワヤ
  • 2011-04-26 Tue 00:44:26
  • 工場
去年3月に一週間の休みを取り福岡県博多のマリンワールド海の中道と山口県下関の海響館へ行ってきた話は
このブログでもちょこちょこ垂れ流しているから熱心な読者の方ならご存知と思います。
(誰もいないって!

でも秘密にしていたことがひとつあるのです。
それは・・
博多から下関への移動途中に水族館とは別の目的地へ写真撮りに行った所があるのです。
今回はそんなこんなで埋立地の連続エントリー
北九州市小倉から始まる工場地帯の垂れ流しが始まりますよ。

小倉駅北口を出て空中回廊を一路海側へ
そこに広がる展望はまさに工場天国北九州工業地帯への誘いでした。
kitakyushu100311007
kitakyushu100311007 posted by (C)カシワヤ

目の前に広がるのは住友金属小倉工場製鉄所。
kitakyushu100311003
kitakyushu100311003 posted by (C)カシワヤ

この日は雲の切れ間から日が射したり曇ったりを繰り返していたので、
ホワイトバランスが微妙に変化し続けて時折妙な色合いになったりしましたが
あまり気にしない様に。(命令

近づいてみましょうか。
kitakyushu100311026
kitakyushu100311026 posted by (C)カシワヤ

埠頭先端には公園が広がり、ここが絶好の工場ビューポイントとなっていました。
kitakyushu100311051
kitakyushu100311051 posted by (C)カシワヤ

ここの設計者解ってるじゃないですか!

まずは2基並ぶ溶鉱炉。
kitakyushu100311001
kitakyushu100311001 posted by (C)カシワヤ

kitakyushu100311002
kitakyushu100311002 posted by (C)カシワヤ

運河の向かいに立ち並ぶ溶鉱炉が2基、荘厳な雰囲気につい拝み倒したくなります。
柏手なんかも打っちゃってなんか勘違いしてないかい?

溶鉱炉から向かって左側には燃料や資源を積み上げるクレーン。
kitakyushu100311018
kitakyushu100311018 posted by (C)カシワヤ

コンテナ埠頭などに見られるキリンとはまた違った複雑な形状にうっとり。
kitakyushu100311019
kitakyushu100311019 posted by (C)カシワヤ

そして今度は視界を右へ
kitakyushu100311047
kitakyushu100311047 posted by (C)カシワヤ

なんてことでしょう!
3基の煙突がシンメトリーを形成しているではないでしょうか。
無機質な工場に会ってこの遊び心、匠の技が光ります。(某番組風
kitakyushu100311067
kitakyushu100311067 posted by (C)カシワヤ

いきなり一年前の写真で始まった垂れ流し、
気まぐれにつづくなのです。

埋立地の隙間 横浜市恵比須町 20081130

  • Posted by: カシワヤ
  • 2011-04-23 Sat 07:59:11
  • 工場
おはようです。本日大雨なう。

今回はこのブログを始めるキッカケとなったというか、
これらの写真を垂れ流す目的でブログを始めたのだが、
なんつーかいつの間にやらカワウソまみれなブログになっちまった。
(日本語変

ブログタイトルが示すとおり埋立地が好きで
そこらをぶらついて殺風景な景色を撮るのが好きだ。

このときうろついたのは横浜市神奈川区の恵比須町。

蔦の絡まる工場建屋に何処から迷い込んだか白いレジ袋のゴミ。
傾いた日差しは画面を大きく分断する影を落としていた。
ebisutyo081130001
ebisutyo081130001 posted by (C)カシワヤ

そろそろ冬枯れという言葉が浮かんでくる時期。
ゾクゾクする。

恵比須町は京浜工業地帯を構成する埋立地
区画整理された道の両側には各種工場が建ち並ぶ。

大通りをまたぐパイプ橋。
ebisutyo081130002
ebisutyo081130002 posted by (C)カシワヤ

タンクへ原料を運ぶコンベア。
ebisutyo081130005
ebisutyo081130005 posted by (C)カシワヤ

無秩序に構成されたように見える構造物。
複雑に絡み合うパイプ類やタラップの錆び具合がオイシイ。
そこに西日のコンボで心は「ご飯おかわり自由」状態。
ebisutyo081130006
ebisutyo081130006 posted by (C)カシワヤ

ebisutyo081130011
ebisutyo081130011 posted by (C)カシワヤ

ebisutyo081130014
ebisutyo081130014 posted by (C)カシワヤ

ebisutyo081130015
ebisutyo081130015 posted by (C)カシワヤ

ebisutyo081130016
ebisutyo081130016 posted by (C)カシワヤ

分断され埋められた貨物引き込み線のレール。
運搬手段の主役がトラックやトレーラーに変わってもなお、
生き続ける化石のようだ。
ebisutyo081130007
ebisutyo081130007 posted by (C)カシワヤ

トレーラー台車の間から運河対岸を臨む。
青と緑の台車の向うには赤い貨物船。
ebisutyo081130009
ebisutyo081130009 posted by (C)カシワヤ

一瞬トマソンか?と思った消防ホースを通すべくあけられた穴。
ただもうちょっとやりようがある様な気がする。
でもこうゆうの大好き、心が渇く。
ebisutyo081130013
ebisutyo081130013 posted by (C)カシワヤ

護岸には吹き溜ったゴミの山。
枯れた色居合いにビビットなパッケージがアクセントをくれる。
ebisutyo081130018
ebisutyo081130018 posted by (C)カシワヤ

埃っぽい冬の埋立地も好きだが、陽炎がうだる夏もいい。
それが埋立地。

ムツキとナナのころろんタイム 市川市動植物園 20110410

おはお~。

最近朝早く目が覚める様になってきましたカシワヤでござい。
そういえば目・肩・腰につらいものが・・

ひさしぶりに市川市動植物園よりムツキとナナの近況を垂れ流してみましょう。
とはいえここは隔週で通っているのでただ単に写真整理をさぼっていただけなんですが・・

暖かくなり市川市動植物園のけだるい午後が過ぎて行きます。
15時を過ぎそろそろ西日が目立ってきた頃、
コツメカワウソ放飼場の桟橋では2頭がとってもアンニュイしてました。
ichikawa110410199
ichikawa110410199 posted by (C)カシワヤ

あったかいね~。と仲良くひなたぼっこ。
ichikawa110410200
ichikawa110410200 posted by (C)カシワヤ

なにげにムツキが縁側オヤジのテイストですが、まぁ貫禄がついたということで桶?

なにやらナナがムツキに語りかけてます。
ichikawa110410201
ichikawa110410201 posted by (C)カシワヤ

それを聞いたムツキの満足げな顔、立派になったもんです。
ichikawa110410202
ichikawa110410202 posted by (C)カシワヤ

ムツキとナナは何を語らっていたのでしょうか?
おそらく答えはナナのおなかにあるのかもしれません。

それでも解らなければカワウソ先生こと、jsatoさんに教えてもらいましょう。
Das Otterhaus 【カワウソ舎】 : 市川カワウソ・入ってますか~?

去年生まれた4頭の様子を眺めながらムツキとナナは
「ちびうそも立派に成長したことだし・・」なんて思っているのかもしれません。
ichikawa110410203
ichikawa110410203 posted by (C)カシワヤ

ごめんムツキ、最後ピントはずしちまった。

ジャンプ!ジャンプ!イルカショーへようこそ!

こんばんは。

ここんところお蔵入りしている写真整理にいそしんでいるカシワヤでござい。
今回はそんな写真の中から各地の水族館でのイルカショーの一コマをピックアップして垂れ流してみたいと思います。

トップバッターはいきなり近場の新江ノ島水族館、バンドウイルカ3頭だてループジャンプ。
水しぶきたっぷりの一枚。
enosui060910060
enosui060910060 posted by (C)カシワヤ

お次ぎはマリンピア日本海、カマイルカ輪くぐりジャンプ。
ナイスタイミング!運動能力の高さに見惚れてしまう。
marinepia070503040
marinepia070503040 posted by (C)カシワヤ

ここらで変化球、油壺マリンパーク、演劇仕立てショーの一コマ。
こども向けながら練りに練った演出が見所なイルカショー。
aburatubo100822099
aburatubo100822099 posted by (C)カシワヤ

もうひとヒネリ、鴨川シーワールドよりシャチのバックジャンプ。
もはや日本で唯一シャチを飼育している水族館となり貴重な存在です。
kamogawa061104063
kamogawa061104063 posted by (C)カシワヤ

名古屋港水族館からバンドウイルカ5頭だてジャンプ3連射。
天気がよかったらもっと最高だったのに残念!
nagoya050924028
nagoya050924028 posted by (C)カシワヤ

nagoya050924029
nagoya050924029 posted by (C)カシワヤ

nagoya050924030
nagoya050924030 posted by (C)カシワヤ

最後はのとじま水族館からバンドウイルカ、やはり青空が映える!
notojima100826298
notojima100826298 posted by (C)カシワヤ

ボールタッチハイジャンプのカマイルカ。
notojima100826330
notojima100826330 posted by (C)カシワヤ

美しいカマイルカ4頭だてジャンプ!
notojima100826332
notojima100826332 posted by (C)カシワヤ

あらためて見ると惚れ惚れします。

風邪っぴき猫 甘えん坊将軍 20091229

  • Posted by: カシワヤ
  • 2011-04-14 Thu 00:01:25
こんばんは。

皆様お忘れかもしれませんが前回の続きです。
続きがあったのかって?そりゃ~もちろん不定期連載の固まりの様なブログなんですから、あるともないとも言いませんけどね。確実に言えることは垂れ流しの最後に「つづく」があるか否かで判断してください。ただ、何時になるかは本人にもワカリマセン。

目ヤニな子猫の顔を拭ってやったら視界良好でご機嫌になって、
たまたま通りかかったご近所ノラに甘えに行ったら一緒に寝ちまった。
neko091229042
neko091229042 posted by (C)カシワヤ

これが前回までのあらすじでしたよね?
ふう、やっと自分でも思い出した。

しば~らく寝息をたてていた2匹の傍らでコチトラ小休止。
背面液晶で写真整理をしつつのんびりとしていたら・・
おや?おめざめですね。
neko091229046
neko091229046 posted by (C)カシワヤ

あいかわらず背トラは仏頂面ですが、不機嫌な様子は見受けられません。
neko091229048
neko091229048 posted by (C)カシワヤ

甘えようとする子猫の目ヤニに対してはなされるがまま、
強面ですが優しいノラの様です。
neko091229053
neko091229053 posted by (C)カシワヤ

うにょ~んと背トラの顔をもみくちゃにする目ヤニ。
neko091229050
neko091229050 posted by (C)カシワヤ

neko091229058
neko091229058 posted by (C)カシワヤ

後頭部をなすりなすり、匂い付けを行う目ヤニはちょうご機嫌。
neko091229056
neko091229056 posted by (C)カシワヤ

それにしても微動だにしない背トラもたいしたもんです。
neko091229054
neko091229054 posted by (C)カシワヤ

そうこうしていると目ヤニがある方向を注視し始めました。
neko091229059
neko091229059 posted by (C)カシワヤ

さてさて、この後の展開や如何に?
つづく。

注:如何に?とか書いても過剰な期待はしない様に。

隙間な魚類写真 マリンワールド海の中道 20100309

こんばんは。

コチトラ水族館や動物園へは基本カワウソ目当てで訪問することが多いのですが、だからといってカワウソ以外は全く無視している訳じゃありませんぜ。限られた時間をなんとかやりくりして押さえるべき所は押さえるてなポリシー(それほどのものかい!)で写真撮ってます。

てなわけで久々お蔵だしの隙間写真。
去年3月に行ってきた福岡県海ノ中道マリンワールドからまずは魚類・甲殻類などからレッツラゴー。

で、いきなりこれ。
nakamichi100309001
nakamichi100309001 posted by (C)カシワヤ

海ノ中道マリンワールドのキャラ、メガトット君。
キャラクターデザインはカールおじさんで有名なひこねのりお氏です。やはりというかぶっ飛び方が氏らしい。

いきなり変化球どころか暴投気味でしたが、お次ぎはウツボ。
nakamichi100309002
nakamichi100309002 posted by (C)カシワヤ

岩礁の隙間などで獲物を待ち受けるハンターではありますが、なかなかどうして正面から見た顔はかなり可愛い部類に入ります。そういえば土佐で食べたウツボのタタキは旨かったぜよ。

今度はカブトガニ。
nakamichi100309003
nakamichi100309003 posted by (C)カシワヤ

生きる化石として天然記念物に指定されている希少生物、その腹側を見れる展示がマリンワールドにありました。普段見慣れないものをありがたくパシャンコ!正直ベビーエイリアンそのもの。(うえぇぇ~~!

どんどん行きましょう!コウイカさん。
nakamichi100309005
nakamichi100309005 posted by (C)カシワヤ

水族館の生物の仲でもかなりお気に入りなヤツ。一番の魅力はその眠い目。
夢遊病の様に漂うさまはこちらも眠気を誘い、と~~~い世界へつれってってくれる感じがします。

イカとくればタコ。
nakamichi100309007
nakamichi100309007 posted by (C)カシワヤ

スンマセン。なにタコだったか記憶の彼方、説明プレートを撮ってこないもんだからこの有様です。
眠そうなイカに対してこちらすでにお休み中。

そろそろ本気出しましょう。シロワニです。
nakamichi100309010
nakamichi100309010 posted by (C)カシワヤ

nakamichi100309011
nakamichi100309011 posted by (C)カシワヤ

マリンワールドので一番でかいパノラマ大水槽にいらっしゃいます。
一見しなくても凶暴そうな顔つきですが、サメ類の仲では比較的温和な性格で人を襲った例はほとんどありません。いま現在はリニューアル中の宮島水族館から預かっているシロワニも加わりちょっとお得です。

お次ぎは嘘つきさん御用達、ハリセンボン。
nakamichi100309034
nakamichi100309034 posted by (C)カシワヤ

体中に生えているハリ(トゲ)はもちろん千本ありません。
興奮していないと以外と華奢なイメージなので見逃したり気づかない方もちらほら・・
そこのあなただからといって水槽をたたいたりしないでくださいよ。

カニカニ。
nakamichi100309012
nakamichi100309012 posted by (C)カシワヤ

nakamichi100309216
nakamichi100309216 posted by (C)カシワヤ

でました!地球上に住んでる地球外生命体?
なにせ産卵期には腹のふんどしが外れて卵を放出するんですよ。体の一部がはずれるなんて人間じゃ考えられません。お前らはウルトラセブンか?
でも旨いです。

ちゃっちゃか行きましょう。チンアナゴとオオカミウオ。
nakamichi100309207
nakamichi100309207 posted by (C)カシワヤ

nakamichi100309215
nakamichi100309215 posted by (C)カシワヤ

こいつらも好きな部類ですね。なにせ写真に撮りやすいw
チンアナゴはぼぉぉ~~~としているようで、以外と隣近所ともめ事を起こしたりする意外性のあるヤツ。
オオカミさんはけっこう危険!岩に擬態した体でうかつに近寄ると手の平くらいならかる~く持ってかれます。

さいごはメガマウスザメのホルマリン漬け。(おぇ!
nakamichi100309316
nakamichi100309316 posted by (C)カシワヤ

世界でも捕獲例が数少ない深海ザメ。
その名が示す様に大きな口を広げながら遊泳しプランクトンやアミをとらえます。
最初に垂れ流したメガトットはこいつをキャラ化したものですが、やっぱりなんというか・・・
ひこね氏に脱帽です。

都営辰巳一丁目アパート水辺の散歩 20100207

  • Posted by: カシワヤ
  • 2011-04-12 Tue 01:22:55
  • 団地
こんばんは。

しばらくつーか、だいぶカワウソ以外のエントリーが無かったので、
なんかないかなーと過去写真をあさっていたら・・
でたこれ!ひさびさ団地写真でも垂れ流すことにしよう。

こちらが江東区辰巳にそびえ立つ都営辰巳一丁目アパート(辰巳団地)です。
tatumi100207001
tatumi100207001 posted by (C)カシワヤ

コチトラ写真を撮るのが精一杯。
ですが、ネットの力を持ってすればいくらでも詳しいことは解ると思うので、
知りたい人はぐぐってくださいね。

辰巳団地は水色の巨大な給水塔が印象的。
まるで団地のモニュメントの様にそびえ立っていました。
tatumi100207002
tatumi100207002 posted by (C)カシワヤ

辰巳団地はそのほとんどが中低層階の団地ですが、一部には高層階が見受けられます。
高層階の中程にはなにやら飛び出したものが・・
tatumi100207006
tatumi100207006 posted by (C)カシワヤ

これがいったい何なのか?
知識のないコチトラにとっては謎?としか言いようがないのですが、業界用語で「おでき」というものらしい。
規則正しい団地側面のアクセントと思えばおできも一興。
側面にはガラス?がはめ込まれた部分がありあそこに人が立てる様なスペースがあるのではないかと思います。

団地の中央に向かって歩き続けると、ちょいと気になるものが・・
tatumi100207005
tatumi100207005 posted by (C)カシワヤ

近づいてみましょう。
tatumi100207003
tatumi100207003 posted by (C)カシワヤ

おお、これは辰巳団地の案内板ですね。
tatumi100207004
tatumi100207004 posted by (C)カシワヤ

昭和40年代初期からここに立ち続けていると思わしき案内板。
すでに錆びが全体をおおい、その役割を全うし続けているとは言いがたいのですが、
その存在感は辰巳団地とともに歩んできた歴史そのもの。
都内ウォーターフロントの開発が進み、近隣には超高層の最新マンションが建設される中
いつまでも団地の生き字引として立ち続けてほしいと思いました。

ナガラとミナミの3Fからキュイ! アクア・トトぎふ 20110211~12

こんばんは。

2月に名古屋~岐阜、3月に高知と立て続けにカワウソ行脚を敢行したため金欠のカシワヤでござい。
5月連休前にも別件で出費が予定されており、しばらくは関東近県が限度かなぁ?とふてくされ中。
そういえばアクア・トトぎふの3Fから撮った写真を垂れ流してないことに今更気づきまして、こんな夜中にブログ更新と相成った訳です。(いつもはもっと遅いだろ!

撮影時の記憶も薄れ気味なので短めキャプションでいったろ~。(しかも順不同・・。

あらためてカワウソ紹介だぴゃ!
左:ナガラ(オス)黒くて大きい鼻、短いヒゲ。
右:ミナミ(メス)薄くて小さい鼻、長いヒゲ。
aquatotto110211219
aquatotto110211219 posted by (C)カシワヤ

フィーディングウオッチ(エサやり解説)で毎回キーパーさんが説明してくれるので、解りやすい2頭です。
ちなみにこの2頭は「ぜよ」とか「じゃき」とは言いませんからね。

前進翼!
aquatotto110211040
aquatotto110211040 posted by (C)カシワヤ

すりすり。
aquatotto110211053
aquatotto110211053 posted by (C)カシワヤ

ミナミの豪快!ジャグリング。(石でか!
aquatotto110211067
aquatotto110211067 posted by (C)カシワヤ

きゅい!
aquatotto110211172
aquatotto110211172 posted by (C)カシワヤ

うま~~。
aquatotto110211173
aquatotto110211173 posted by (C)カシワヤ

お手!
aquatotto110212037
aquatotto110212037 posted by (C)カシワヤ

ものすごい寝相のミナミと歯磨き中のナガラ。
aquatotto110212068
aquatotto110212068 posted by (C)カシワヤ

洗顔中に・・
aquatotto110212052
aquatotto110212052 posted by (C)カシワヤ

視線を感じて・・
aquatotto110212053
aquatotto110212053 posted by (C)カシワヤ

おすまし。
aquatotto110212054
aquatotto110212054 posted by (C)カシワヤ

無骨なナガラのちゅ~。
aquatotto110212056
aquatotto110212056 posted by (C)カシワヤ

K2の穴。
aquatotto110212060
aquatotto110212060 posted by (C)カシワヤ

ところでアクア・トトぎふにはナガラとミナミの他に2頭のコツメカワウソがいるんじゃき。
エナとレンゲの姉妹なんちゅーが、そのうち1頭が滝壺水槽奥の小部屋にいたぜよ。

んで、たぶんエナ。
木桶があるちゅーが銭湯はいっとるわけじゃないぜよ。
aquatotto110212091
aquatotto110212091 posted by (C)カシワヤ

「あたいも外にでたいよ~」とふてくされ中じゃき。
aquatotto110212088
aquatotto110212088 posted by (C)カシワヤ

途中から偽土佐弁が出てしまいましたが、とりあえずこんなもんぜよ。(おい!

第一回カワウソまみれ祭り 市川市動植物園

こんばんぴゃ。

のいち動物公園の垂れ流しが一段落したので、
久々に市川市動植物園のコツメカワウソ写真を
手抜き感たっぷりでアップしてみたいと思います。

市川市動植物園コツメカワウソのムツキ。
ichikawa101219327
ichikawa101219327 posted by (C)カシワヤ

コチトラをカワウソ沼に引きずり込んでくれた愛すべきカワウソ。
公開された直後は放飼場へなかなか出ず引きこもっていたのですが、
いまでは4児の父親となり、立派な表情を見せる様になりました。
ichikawa100926400
ichikawa100926400 posted by (C)カシワヤ

ブログを始めた頃にアップした下の写真と比べるとずいぶん貫禄w がついた様です。
ichikawa100214009
ichikawa100214009 posted by (C)カシワヤ

そんなヒッキームツキをかえてくれたのがサンピアザ水族館から嫁入りしてきたナナ。
ichikawa100515001
ichikawa100515001 posted by (C)カシワヤ

よく泳ぎ、よく木に登り、よく草刈りをするアクティブな女の子。
いまでは立派な砂場の穴堀りお母さん。

時折見せるなにげな表情がとてもいい顔をしてくれます。
ichikawa101119011
ichikawa101119011 posted by (C)カシワヤ

ichikawa101119012
ichikawa101119012 posted by (C)カシワヤ

ムツキとナナは相性もよく、すぐに熱々かぽーになりました。
ichikawa100711329
ichikawa100711329 posted by (C)カシワヤ

市川市動植物園のムツキ一家勢揃い!
ichikawa101219283
ichikawa101219283 posted by (C)カシワヤ

これからもよろしくぴゃ!

カワウソ三重奏、君にクラクラ のいち動物公園 20110311~12

コンバンハ。
只今仕事から帰りました。

日付が前後しますがのいち動物公園の二日目、
ツメナシカワウソのクラさんの写真です。

この日は前日飲み過ぎて午後からの出勤だったぜよ。
土佐の酒と魚はグンバツぜよ。

もぐもぐタイムの後、食後の運動とばかりに水泳にいそしむクラさん登場じゃき。
noichi110312181
noichi110312181 posted by (C)カシワヤ

ツメナシカワウソの放飼場の左奥には水中の断面が見えるコーナーがあるぜよ。
noichi110312543
noichi110312543 posted by (C)カシワヤ

上の写真では解りずらいかと思うちゅーが、そちら側に行ってみるぜよ。
noichi110311323
noichi110311323 posted by (C)カシワヤ

ここからは優雅に泳ぐクラさんを間近に見ることが出来るんぜよ。
noichi110312241
noichi110312241 posted by (C)カシワヤ

ひと泳ぎした後に放飼場に上がるとなんとなく目線をくれるクラ。
二日目となるとクラさんはなんとなくコチトラのことを覚えているのか、
名前を呼ぶとこちらに興味を示してくれたんじゃき。
noichi110312278
noichi110312278 posted by (C)カシワヤ

お~い、クラ~。
noichi110312291
noichi110312291 posted by (C)カシワヤ

名前を呼ばれたクラは一目散にコチトラに向かって泳ぎ出したんぜよ。
noichi110312254
noichi110312254 posted by (C)カシワヤ

noichi110312259
noichi110312259 posted by (C)カシワヤ

noichi110312255
noichi110312255 posted by (C)カシワヤ

noichi110312256
noichi110312256 posted by (C)カシワヤ

目の前でくるりくるりと水中を舞うクラさん。
その大きな体がかろやかに踊り、あきらかにコチトラへの興味を示す様な視線。
これだけではるばるのいち動物公園へやってきた甲斐があるっちゅーもんぜよ。

締めはこの日のベストショット。
noichi110312551
noichi110312551 posted by (C)カシワヤ

おっとこ前のクラさんの魅力が爆発ぜよ!
えげれすでは「まーーーべらす」いうぜよ!

カワウソ三重奏、おはようクラ のいち動物公園 20110311~12

こんばんは。

ツメナシカワウソのクラさんの続きじゃき。
今回は3日目のあさの様子を垂れ流すぜよ。

開園早々にカワウソコーナーへ
noichi110313117
noichi110313117 posted by (C)カシワヤ

気持ちのよい空気に包まれ爽快な気分たっぷりぜよ。

おはようさん!クラ。
noichi110313012
noichi110313012 posted by (C)カシワヤ

挨拶も早々にクラは水辺へ近寄り水面を覗き込んちゅーと。
noichi110313013
noichi110313013 posted by (C)カシワヤ

朝起きてするちゅーと言えば洗顔ぜよ。
noichi110313014
noichi110313014 posted by (C)カシワヤ

わっふりとしたたぷたぷの顔を丁寧に拭うクラ。
大きな体を支えるためにふんばってる後ろ足が微笑ましいぜよ。

これがおなじみの前足、ツメナシカワウソちゅー名前の由来ぜよ。
でも指先にはわずかながらも爪の痕跡があるんぜよ。
noichi110313036
noichi110313036 posted by (C)カシワヤ

そしてこれが後ろ足。
ツメナシちゅーても後ろ足にはオマケみたいな爪があるんじゃき。
noichi110313035
noichi110313035 posted by (C)カシワヤ

ツメナシカワウソは獲物を捕らえるのに爪を必要としないぜよ。
手先の器用さと指先の感覚の良さはコツメカワウソと一緒じゃき。

話がずれたけど洗顔を終えたクラさん。
さっぱりとしたぜよ。
noichi110313032
noichi110313032 posted by (C)カシワヤ

こうやってまじまじ眺めるとホントおっとこ前じゃき。
水も滴るいい男とはクラさんのためにある言葉ぜよ。
noichi110313033
noichi110313033 posted by (C)カシワヤ

それにしても大きな体にちょんまりとついた耳が可愛いぞ。
えげれすでは「ぷりちー」とか「キュ~ト」ゆうぜよ。
ちなみにじゃぱんでは「萌え」ちゅーとが。

きれいさっぱりした後、悠々と泳ぎ始めたクラさん。
noichi110313038
noichi110313038 posted by (C)カシワヤ

クラの体が水面を切るたびに大きなうねりが起こって
迫力万点ぜよ。

カワウソ三重奏、わっふりツメナシじゃき! のいち動物公園 20110311~12

おはようじゃき。

なにやら写真のアップ元、フォト蔵が凄いことになっているみたい。
過去の垂れ流しが目も当てられなくなっていますが、
まぁ慌ててもしょうがないので回復を待つことにしましょう。

のいち動物公園カワウソ三重奏もいよいよ大詰め。
やっとこさ真打ちツメナシカワウソをお届けぜよ。
えげれすでは「ぷれぜんつ」ちゅーとが。

のどかな昼下がり、木漏れ日の下。
大きな岩の上にたたずむは、これぞまさしくツメナシカワウソのクラさんぜよ。
noichi110311115
noichi110311115 posted by (C)カシワヤ

コツメは言うにおよばずユーラシアに比べてもその大きさに圧倒されるぜよ。
noichi110311116
noichi110311116 posted by (C)カシワヤ

ちなみにえげれすでは「びっぐ」ちゅーとが。

この写真はもぐもぐタイムの小一時間後の撮影、
やっぱりはらぁふくれてお眠じゃき。
noichi110311117
noichi110311117 posted by (C)カシワヤ

ふ・・・・・
noichi110311119
noichi110311119 posted by (C)カシワヤ

ぁあ~~~~~~~~!
noichi110311120
noichi110311120 posted by (C)カシワヤ

まっとりしちゅーもそこは食肉目、
開いた口の大きさも犬歯の太さも大迫力ぜよ。
隣に住んどるコツメのハルが初対面でビビったのも納得じゃき。

とはいえそこはきは優しくて力持ち?
な~にかあったかの~?とこちらにきょろり。
noichi110311122
noichi110311122 posted by (C)カシワヤ

たぷたぷした体がたまらんじゃき、
これぞまさしくツメナシカワウソの魅力。
noichi110311125
noichi110311125 posted by (C)カシワヤ

じゃぱんでは「わっふり!」いうぜよw

谷中ペケ市だがー 貸はらっぱ音地 20110402

  • Posted by: カシワヤ
  • 2011-04-03 Sun 05:54:32
  • 景色
おはようだがー!

このくだりで始まったエントリーはやっぱりこれなのだがー!
yanaka110402002
yanaka110402002 posted by (C)カシワヤ

家鴨窯さんに鎮座致すはおなじみがー殿。
この日は新しい帽子に稲穂入りの背負子で決めてたがー!

この日は用事で上野~秋葉原へ行くのにちょっと道草、
貸はらっぱ音地で行われていた谷中ペケ市におじゃましました。
yanaka110402001
yanaka110402001 posted by (C)カシワヤ

午前中は曇りがちでしたが午後から晴れ間も広がり
桜の季節らしくいっぱいの人が散策を楽しんでいました。

写真少なくてごめんなさい。
また遊びに行くがー!

おわびと訂正、ごめんねハル。のいち動物公園 20110311~13

  • Posted by: カシワヤ
  • 2011-04-01 Fri 01:47:30
  • 未分類
こんばんは。
つい今しがた重大なミスに気づきました。
前回、前々回とのいち動物公園のコツメカワウソのメナムだと思い込んで写真を垂れ流しましたが、
じ・つ・は!このオスの個体はメナムではなく徳山動物園から去年末にやってきたハルであることが判明しました。
初心者さんご指摘感謝致します。
つねづね人の顔を覚えるのが苦手でひさしぶりに会った方から挨拶されたりすると
びっくりしてしまうほどの失礼な輩なのですが、まさかカワウソまでもこのていたらく。
あたしって、ほんとバカ!

Index of all entries

Home > 2011年04月

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。