Home > 2012年11月

2012年11月 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

家族団らんに潜む毛引きの時間 市川市動植物園 20121123

眠いので手抜き垂れ流し。






ナナちゃん程々にね。

ナツコとふうの室内展示がリニューアル 那須どうぶつ王国 20121124

久々更新は那須どうぶつ王国からナツコとふうの垂れ流し。

こんぴゃ!なかよし2頭がラブラブでご挨拶。
11月下旬から室内展示に移行したとはいえナツコとふうはアチチ(死語)で外の寒さなんかヘッチャラな様子。
nasu-oukoku121124114
nasu-oukoku121124114 posted by (C)カシワヤ

ナツコ:向かって左上
国外からのジンガイ娘、丸顔で鼻下ムギュ!にくすみあり。
困った様な眉毛が特徴の落ち着きのない食欲魔人な女の子。
キーパーさん曰くブサカワイイ子!とのこと。

ふう:右下
ひらかたパークのクニシゲとスノーの子、お母さん似のハンサムでややひらべったい頭と顔つき。
ニヒル?な笑みを浮かべためっちゃ落ち着いてるでぇな男の子。
キーパーさん曰く文句なくカワイイ子!とのこと。

もしこの2頭を見に行かれましたらせわしなくしている方が十中八九ナツコですw

こちらが今月中旬まで展示されていた野外施設。いまでは水を抜かれ、また来年春の出番を待っています。
nasu-oukoku121124004
nasu-oukoku121124004 posted by (C)カシワヤ

そしてこれが新しい室内展示場。
nasu-oukoku121124001
nasu-oukoku121124001 posted by (C)カシワヤ

場所は以前と同じ王国アクアリウムにおわします。
nasu-oukoku120421017
nasu-oukoku120421017 posted by (C)カシワヤ

写真に写っている正面からもペンギンとアザラシのすぐ隣の出入り口からも入ってすぐなため次々とお客さんがやってきます。
通路が狭いため混雑しているときは長居はなかなか難しいですが、新規のガラスなので透明度もよく撮影難易度は低めです。

展示場無いは茶色と水色のツートン。作りもカラーリングもひらかたパークのタスケのお住まいと似ています。
nasu-oukoku121124003
nasu-oukoku121124003 posted by (C)カシワヤ

積極的なナツコはふうにすりすり。
nasu-oukoku121124115
nasu-oukoku121124115 posted by (C)カシワヤ

顎下にちゅ!
nasu-oukoku121124116
nasu-oukoku121124116 posted by (C)カシワヤ

うっとり・・
nasu-oukoku121124117
nasu-oukoku121124117 posted by (C)カシワヤ

がじがじ・・
nasu-oukoku121124118
nasu-oukoku121124118 posted by (C)カシワヤ

ナツコちゃんのラブラブ攻撃。そんなこんなでも顔色一つ買えないふう。
nasu-oukoku121124119
nasu-oukoku121124119 posted by (C)カシワヤ

そして物静かなふうはナツコのラブモーションにもへこたれずさっさとお昼寝準備に行ってしまいました。
nasu-oukoku121124120
nasu-oukoku121124120 posted by (C)カシワヤ

ナツコ(´・ω・`)
nasu-oukoku121124121
nasu-oukoku121124121 posted by (C)カシワヤ

ナツコのこの表情本当にブサカワイイので大好きです。
nasu-oukoku121124124
nasu-oukoku121124124 posted by (C)カシワヤ

あ、因に那須どうぶつ王国にはもう一頭、6月に長崎バイオパークからやってきたウチョップという女の子がいるのですが、残念ながらバックにてオヤスミ中。
nasu-oukoku121124002
nasu-oukoku121124002 posted by (C)カシワヤ

このパーテーションの向うが今年5月まで使用されていたコツメカワウソ室内展示場でそこにウチョップはいるとのこと。
当然写真は撮れなかったので代わりにこちらのブログをどうぞ。

なんでウチョプだけバックなの?と聞かれれば・・
じつはウチョップとふうの間に交尾が確認されたため大事を取ってとキーパーさんの弁。
まだ妊娠とか確定事項ではないらしいけども期待にドキがムネムネですよね!

あ、ウチョップはキーパーさん曰くオモシロカワイイ子です。

初冬の那須どうぶつ王国は午後から雪まじりの横風が吹いてきてとっても寒かったです。
nasu-oukoku121124005
nasu-oukoku121124005 posted by (C)カシワヤ

室内とはいえ常にお客さんが出入りするため王国アクアリウム内もかなり冷え込みました。
撮影していると明らかなエネルギー切れを感じたのでバーベキューガーデンで一人焼き肉食べ放題にいそしみました。

つづく。

任期満了前のすやすやタイム マリンピア日本海 20120825

流れを無視してまたもやごぼちんの垂れ流しだぞ。

現在絶好調?でリニューアル中のマリンピア日本海に出張していたゴボウとイブキのお疲れさま写真です。
やっぱりいつもと違う環境で業務をこなしているといろいろあって疲れるよね。

ニコニコ寝ているのはごぼちん。
marinepia120825500
marinepia120825500 posted by (C)カシワヤ

別角度だと犬歯が八重歯の様に見えていました。
marinepia120825502
marinepia120825502 posted by (C)カシワヤ

うっす〜ら目を開けてこちらを伺うごぼちん。
marinepia120825507
marinepia120825507 posted by (C)カシワヤ

でもだんだん眠くな〜る・・
marinepia120825508
marinepia120825508 posted by (C)カシワヤ

再び夢の中。
marinepia120825509
marinepia120825509 posted by (C)カシワヤ

一方イブキはと言えば・・
marinepia120825529
marinepia120825529 posted by (C)カシワヤ

あんぎゃ〜!と大あくび。
marinepia120825530
marinepia120825530 posted by (C)カシワヤ

marinepia120825531
marinepia120825531 posted by (C)カシワヤ

そしてのび〜!
marinepia120825532
marinepia120825532 posted by (C)カシワヤ

そのまま寝ちゃった。
marinepia120825534
marinepia120825534 posted by (C)カシワヤ

イブキのあどけない寝顔。
marinepia120825538
marinepia120825538 posted by (C)カシワヤ

marinepia120825536
marinepia120825536 posted by (C)カシワヤ

慣れない環境で営業しながら甥っ子の面倒まで見ていたイブキ、時々耽美な世界にひたっていたけどやっぱり面倒見の良いおじさんでした。

ゴボウもイブキも今は海遊館でのんびりしていることでしょう。
新潟での楽しい時間をありがとう!

めいちゃんの思いやり 新屋島水族館 20120804

とーとつに新屋島水族館の垂れ流しだよ。

遊び疲れたトロ君はおねむの最中。
shinyashima120804242
shinyashima120804242 posted by (C)カシワヤ

あれれ?よく見るとぐっすりしているトロ君の枕はどうやらめいちゃんのお腹のようですね。
しかして当の本人めいちゃんはどうしているかというと・・

一緒にぐっすりしてるかと思いきやしっかりおきているめいちゃん。
shinyashima120804243
shinyashima120804243 posted by (C)カシワヤ

どうもめいちゃんはトロ君のおこさない様にじっとしているようでした。

めいちゃんたらとっても優しいんだね。
shinyashima120804256
shinyashima120804256 posted by (C)カシワヤ

大切な相方だもんこれくらいへいきぴゃ!
shinyashima120804257
shinyashima120804257 posted by (C)カシワヤ

仲良し熟年ペアのめいちゃんとトロ君。
お山のてっぺんでいつまでも仲良くしていてほしいものですね。

短いけどおひまい。

のんびりミンさんとの別れ のいち動物公園 2011〜2012

先日のいち動物公園のユーラシアカワウソ、ミンさんが11月7日に亡くなったとのお知らせが公式発表されました。

ミンさんといえばその長〜いおヒゲをぴんぴんに立ててくねごろしていた姿が思い出されます。
noichi110312210
noichi110312210 posted by (C)カシワヤ

近年は一日の大半をのんびりと寝て過ごすことが多かったミンさん。
ときおり見せる笑顔の様な表情が印象的でした。
noichi120304664
noichi120304664 posted by (C)カシワヤ

目が見えなくなっても自慢の鼻でプールに撒かれたワカサギを嗅ぎ付け泳ぎながらうまうまする姿。
noichi120304683
noichi120304683 posted by (C)カシワヤ

そのほうばり方もニコニコ顔そのものでしたね。
noichi120304660
noichi120304660 posted by (C)カシワヤ

最後にミンさんに会ったのは今年6月17日。
閉園間際まで寝ていたミンさんはキーパーさんにバックヤードへ戻る様にと促されていた姿でした。
noichi120617341
noichi120617341 posted by (C)カシワヤ

一部で熱狂的なファンも多いミンさんののび〜!
noichi120617347
noichi120617347 posted by (C)カシワヤ

下を突き出し前のめりにのび〜!した後に・・
noichi120617346
noichi120617346 posted by (C)カシワヤ

大きく後ろへ体重を移しその間もりっぱなおヒゲをぴんぴんにしていましたね。
noichi120617345
noichi120617345 posted by (C)カシワヤ

「やれやれ、しょうがないねぇ・・若いもんときたらせっかちでいけないよ。」
noichi120617343
noichi120617343 posted by (C)カシワヤ

そんな台詞が聞こえてきそうなミンさんの最後の姿が今でも思い出せます。



いってらっしゃいミンさん。
あちらでも思いっきりくねごろしてるんだよね? ねえミンさんってば・・

似た者親子の対照的な過ごし方 宮島水族館みやじマリン 20121002

こんばんは。
いよいよ話はイロハをおいてけぼりにしてメイン水槽へ場所を移動して進みます。
(すまんのうイロハ。

んで、こちらが宮島水族館みやじマリンのコツメカワウソメイン水槽。
miyajima121002289
miyajima121002289 posted by (C)カシワヤ

天井近くのパイプからは斜めにおろされた倒木でアクセスできます。
右側のおおきな切り株は中身がくりぬかれた様になっておりここが寝室になっています。
水槽を囲うガラスはリニューアルオープンから1年以上たちましたがいまだ透明度は良好で撮影するのに支障は感じられません。

パイプからにゅっと顔を出したのはツバメ。
miyajima121002073
miyajima121002073 posted by (C)カシワヤ

アラタとツバメが倒木を下ってきましたよ。
miyajima121002078
miyajima121002078 posted by (C)カシワヤ

メイン水槽にやってきたツバメはさっそくじゃぼ〜ん!でばびゅ〜ん!なのです。
miyajima121002104
miyajima121002104 posted by (C)カシワヤ

水もガラスも良好なのでこうやってすいぃ〜と泳ぐ姿がとても気持ち良さげですね。
miyajima121002198
miyajima121002198 posted by (C)カシワヤ

ガラス越しにツバメお得意のお願いポーズ。
miyajima121002176
miyajima121002176 posted by (C)カシワヤ

あちらさんにもお願いポーズの大盤振る舞いです。
miyajima121002183
miyajima121002183 posted by (C)カシワヤ

あれ?そういえば一緒にやってきたアラタはどうしているのかしら?
ツバメが振り返り新たの様子を伺うと・・
miyajima121002300
miyajima121002300 posted by (C)カシワヤ

なんということでしょう!アラタは泳ぐどころか倒木の上でのんびりこんとくつろいでいるではあ〜りませんか!
miyajima121002134
miyajima121002134 posted by (C)カシワヤ

アラタ君泳がないの?
「う〜ん・・」
しばし考え中のアラタ。
miyajima121002145
miyajima121002145 posted by (C)カシワヤ

ふぁ・・
miyajima121002146
miyajima121002146 posted by (C)カシワヤ

ああぁぁ〜〜〜!
miyajima121002147
miyajima121002147 posted by (C)カシワヤ

どうやらアラタは泳ぐよりもこうしてくつろいでいる方が性に合っているようです。

ツバメゆずりの丸顔アラタ。どっからどう見てもツバメ似なのですが、ことその行動に関しては対照的。
泳ぎまくるツバメとのんびりくつろぐアラタ、どうりでアラタはぷくぷくなのかなんとなく解りますよね。

「ほっといてよ・・」
miyajima121002148
miyajima121002148 posted by (C)カシワヤ

むくれ顔のアラタもカワイイもんですね。

そんな母子をサブ水槽から眺めることしか出来ないイロハ。
miyajima121002084
miyajima121002084 posted by (C)カシワヤ

水族館の都合上仕方がないとはいえ親子そろって暮らすにはまだ時間がかかりそうですね。

ユウ老師を悩ませる煩悩、たまに精進 安佐動物公園 20121001

皆さんどうです?この立派な寝姿。
asa1210010405
asa1210010405 posted by (C)カシワヤ

ユーラシアカワウソ界の仙人ことユウ老師にはなにやら達観した姿が見て取れます。

で・も・ね。

そんなユウ老師も煩悩に心を悩ませることがあるのです。
それはぴちぴち奥様のルカが原因(と言っては失礼ですけど)なのですよ。
asa1210011183
asa1210011183 posted by (C)カシワヤ

ユウ老師は御歳25歳にはなろうかと言うご高齢なのですが、そんなことはいっさい感じさせない生き生きとした姿を見せてくれます。
そんなこんなで色恋沙汰の方もまだまだ勢力的。約10歳も年下の奥様ルカと一緒にはしゃいでいるうちにモ〜レツアタック(死語)を仕掛けることも・・
asa1210010310
asa1210010310 posted by (C)カシワヤ

小柄なルカは大柄なユウ老師に乗りかかられて大変です。
asa1210011063
asa1210011063 posted by (C)カシワヤ

おもいよ〜!
asa1210011066
asa1210011066 posted by (C)カシワヤ

あ〜れ〜!お戯れを〜!
asa1210011067
asa1210011067 posted by (C)カシワヤ

悪代官ユウの前になす術も無くもてあそばれる町娘ルカといったところでしょうか?(失礼な書き方・・

ユウ老師迫力の仁王立ち。
asa1210011068
asa1210011068 posted by (C)カシワヤ

腹を見せて固まるルカ。
asa1210011069
asa1210011069 posted by (C)カシワヤ

膠着状態。
asa1210011070
asa1210011070 posted by (C)カシワヤ

しばしの時間が流れ・・
asa1210011072
asa1210011072 posted by (C)カシワヤ

仰向け状態でにじり去るルカ。
asa1210011071
asa1210011071 posted by (C)カシワヤ

この後ルカはゆうの隙を見てスタコラしていまいましたとさ。

ルカに逃げられたユウ老師は空を見上げて一言「ワシもまだまだじゃのう・・」
asa1210011124
asa1210011124 posted by (C)カシワヤ

仙人の位になっても煩悩は消し去りがたし。ユウ老師の修行の日々が続きます。

注!
ユウとルカは陸でも水中でも一緒に遊び回っているとても仲良しです。
べ、別にいつもこんなんじゃないんだからね!たまたまなんだから勘違いしないでよね!(なんか違う・・

カイとぴゃあの水入らずの午後 徳山動物園 20120930

おっぴゃ〜!
tokuyama120930154
tokuyama120930154 posted by (C)カシワヤ

いきなりですが雄叫びと共に垂れ流し再開です。

皆さんご存知の様に保護個体のぴゃあは泳ぐことは出来ませんが、水辺での遊びが大好きなのです。
tokuyama120930180
tokuyama120930180 posted by (C)カシワヤ

tokuyama120930188
tokuyama120930188 posted by (C)カシワヤ

ぴゃあのお願いポーズ。(悩殺
tokuyama120930185
tokuyama120930185 posted by (C)カシワヤ

こうしてぱちゃぱちゃやっている姿を覗き込んでいると逆にぴゃあにしげしげ見つめられてしまい(いい歳したコチトラも)ドギマギしてしまうのですよ。

だ〜か〜ら〜!
tokuyama120930077
tokuyama120930077 posted by (C)カシワヤ

おやおやまたしてもカイからイエローカードをもらってしまいました。
カミさん思いとはいえこれではおちおちぴゃあの写真を撮っていられませんよ・・

そんなカイは石で遊ぶのが大好き。
tokuyama120930193
tokuyama120930193 posted by (C)カシワヤ

「じゃぐじゃぐうっふん」のポーズ。
tokuyama120930194
tokuyama120930194 posted by (C)カシワヤ

陸で遊ぶのに飽きるとプールへどっぽん!
tokuyama120930222
tokuyama120930222 posted by (C)カシワヤ

当たり前の様に泳ぐカイですが泳げない(泳がない?)ぴゃあへはムリに誘ったりはしない紳士なのです。

そうこうしているうちにいつのまにやらお昼ゴハンの時間。
tokuyama120930275
tokuyama120930275 posted by (C)カシワヤ

tokuyama120930274
tokuyama120930274 posted by (C)カシワヤ

鯵を美味しそうにぱくつくぴゃあを横目に見ながらしばしキーパーさんからお話を伺うことが出来ました。
多摩のゴンタのこと、千葉のポンタのこと、もちろんフク・ヤマ・マサ・ハルのこと・・
お忙しい中ありがとうございました。

そしてお腹がふくれた2頭がとる次の行動といえば・・

ふ・・
tokuyama120930311
tokuyama120930311 posted by (C)カシワヤ

ああぁぁ〜〜〜!
tokuyama120930312
tokuyama120930312 posted by (C)カシワヤ

大あくびのカイの横ではすでにぴゃあがねむねむ状態。
tokuyama120930315
tokuyama120930315 posted by (C)カシワヤ

そんなぴゃあにオヤスミのちゅ!をするカイ。
tokuyama120930330
tokuyama120930330 posted by (C)カシワヤ

子宝に恵まれたカイとぴゃあの幸せそうな午後が過ぎて行きました。

詰まった流しカワウソの怠惰な日常 市川市動植物園 20121007

こんばんは。
流しカワウソが好評な市川市動植物園の野郎三人衆あらためカワウソ少年隊の様子を垂れ流し。

こんぴゃ!
ichikawa121007087
ichikawa121007087 posted by (C)カシワヤ

ニコニコ顔のコムツ(左)とナオ(右)がお出迎え。

ナオ「なあ兄ちゃんオイラ達何してるんだろね?」
ichikawa121007088
ichikawa121007088 posted by (C)カシワヤ

コムツ「そんなこと決まってるだろ!足の向くまま気の向くままに流れて行けばいいんだよ。」
ichikawa121007090
ichikawa121007090 posted by (C)カシワヤ

そんな台詞を言っているか否かは解りませんが、しっかり詰まっている2頭プラス後ろにいるのはコウキ。
ichikawa121007089
ichikawa121007089 posted by (C)カシワヤ

コムツ「なんかオヤジ(ムツキ)のいる方が騒がしいなぁ。」
ichikawa121007091
ichikawa121007091 posted by (C)カシワヤ

コムツ「なあコウキ、お前にはあっちの様子が解るかい?」
ichikawa121007092
ichikawa121007092 posted by (C)カシワヤ

コウキ「さあてね。オヤジもオフクロ(ナナ)もにぎやかでいいじゃねぇか。」
ichikawa121007093
ichikawa121007093 posted by (C)カシワヤ

3頭の中で一番マイペースなコウキはいつものんびりと構えています。

コムツ「ナオよ、お前さんはどう思うかい?」
ichikawa121007094
ichikawa121007094 posted by (C)カシワヤ

ナオ「オイラこの詰まり具合がなんか居心地よくて隣のことは良く解かんねぇや・・」
ichikawa121007095
ichikawa121007095 posted by (C)カシワヤ

家族思いのコムツにマイペースコウキ、そしてものぐさなナオ。
市川市動植物園の三羽獺の縁側ならぬ雨樋談義はどこまでものほほ〜んと続くのであった。

あいかわらずのアミン&ミオ 恩賜上野動物園 20121031

こんばんは。
親不知抜歯後ほっぺが3倍腫れた状態で恩賜上野動物園へアミンとミオの様子をひさしぶりに見てきました。

まぁ、何かかわった様子もなく2頭でゲンキに走り回っていたのですがなかなか2世誕生の知らせはこないですねぇ。
(期待しているんだけどなぁ・・

そんなあいかわらずなミオがとっとこやってきましたよ。
ueno121031011
ueno121031011 posted by (C)カシワヤ

以前はオスと勘違いされていたミオですが、ここ最近はかわいらしい容姿になってきました。
ueno121031007
ueno121031007 posted by (C)カシワヤ

昔は鼻の真ん中にピンクの部分があったのですがすっかり真っ黒になりましたね。
もじゃっとしたヒゲはあいかわらず自由奔放に伸び放題ですけどね。
ueno121031031
ueno121031031 posted by (C)カシワヤ

因に鼻にピンクがあった頃のミオ。
ueno100721059
ueno100721059 posted by (C)カシワヤ

この頃のミオと現在のミオはだいぶ印象が変わった気がします。
以前はおてんば娘的な感じでしたが最近はかわいらしい感じになってきました。

あいかわらずと言えばこの昆虫?の様なくりっとした目のアミン。
ueno121031012
ueno121031012 posted by (C)カシワヤ

そしてミオに比べておすましポーズの多さもアミンの特徴です。
ueno121031027
ueno121031027 posted by (C)カシワヤ

アミンはお客さんへの目線も多くガラス際や水路の端でこちらを見上げることが多い個体です。
ueno121031018
ueno121031018 posted by (C)カシワヤ

2頭ともせっせと遊び回る姿はとても微笑ましくありますが是非2世の報告を聞きたいものです。

リバー水槽と懐かしのイブキ&カツオ のとじま水族館 20100826

こんにちは。

とっても怠惰にHDの整理をしていたら懐かしい写真を発掘しました。
これは2010年8月にのとじま水族館で日本海側では初となるジンベエザメがお目見えしたばかりの頃の写真です。
notojima100826732
notojima100826732 posted by (C)カシワヤ

リバー水槽でキーパーさんからゴハンをもらうこの2頭は誰か?と尋ねられれば・・
notojima100826828
notojima100826828 posted by (C)カシワヤ

紹介パネルと照らし合わせるとおそらく手前がカツオで奥がイブキではないかと思われます。

じつはこの2頭が展示されていたリバー水槽は途中にある縦シリンダー部分を除き仰ぎ見るしか手がない
なかなかコツメカワウソ達の表情をとらえるには難しい水槽なのです。
notojima100826529
notojima100826529 posted by (C)カシワヤ

でもなんとか2頭の表情を撮ろうと考えた結果・・
コツメカワウソ水槽のある海の自然生態館上方のベランダから望遠レンズで撮りました。
notojima120205002
notojima120205002 posted by (C)カシワヤ

館内照明は暗く三脚も立てられない状況なのであまり数を撮っていませんしお世辞にも上手く撮れたとは言えない写真ばかり・・
だから一枚目はイブキとカツオの表情を撮ることが出来た数少ない写真なのでした。
(その割にはHDの中にほったらかしてたじゃん・・

こうやってみるとなかなか愛嬌のある表情の2頭でしたね。
惜しむべきはイブキとカツオにはもう会えないということでしょう。

しかしながらこの2頭、今年(2012年2月)にちびうそを拝みに訪問した際は公開されておらず
さらに公式Webサイトなどの情報によると現在の展示は下記のとおり
リバー水槽:アイ、キズナ、トモ(3頭共に2011年11月生まれ)
メイン水槽:ヨツバ、レベッカ、ちびうそ(2012年8月生まれ)となっているようです。

正直2頭はどうしているのか?と思いながら、もっと写真をいっぱい撮っておくべきでした・・と反省しきり。

以上、整理整頓中のカシワヤでした。おひまい。

20121104 訂正と加筆しました。
推測で文章を書いてしまったため訂正し加筆した上でお詫び申し上げます。申し訳ありませんでした。

ツチブタっ子のチャンスは閉園間際 恩賜上野動物園

こんばんは閉園間際の恩賜上野動物園に行ってきました。
何故閉園間際に行ったのかと問われれば・・
もちろん夜行性動物なのに夜行性動物コーナーにいないツチブタっ子をおがみに行ってきたのですよハイ。

日中はこうしてバックでのんべんだらりと寝ているツチブタさん。
ueno121031091
ueno121031091 posted by (C)カシワヤ

アップで見るとなが〜い睫毛がおしゃれさんですね。
ueno121031092
ueno121031092 posted by (C)カシワヤ

どっちかつーと下睫毛が長いのは穴掘り動物なのと関係あるのでしょうか?

んで、本来の目的は両親の間で寝ているツチブタっ子ですがな。
ueno121031093
ueno121031093 posted by (C)カシワヤ

起きてこないかな〜?と眺めていると・・やあ、ちょこんと顔を上げてくれました。
ueno121031096
ueno121031096 posted by (C)カシワヤ

うっすらと開いたオメメがとってもらぶり〜!
ueno121031099
ueno121031099 posted by (C)カシワヤ

ツチブタは成獣になってもとってもやさしい面立ちなのでとっても癒されますね。

と、突然手前側で寝ていた親があく〜び!
ueno121031102
ueno121031102 posted by (C)カシワヤ

オオアリクイと同様にシロアリを常食としているだけにそのなが〜い下がエキゾチックモンスター
(わけわからん表現

舌先をぐるぐる巻いちゃったりなんかしちゃったりしても〜大変!(広川太一郎談
ueno121031104
ueno121031104 posted by (C)カシワヤ

あくびをしたご本人が何かを感じて起き出してきましたよ。
ueno121031115
ueno121031115 posted by (C)カシワヤ

おめめぱちくりんで期待にドキがムネムネしているのが手に取る様に解ります。
ueno121031117
ueno121031117 posted by (C)カシワヤ

それもそのはずキーパーさんがごはんを持ってきてくれました。
ueno121031121
ueno121031121 posted by (C)カシワヤ

なんということでしょう!両親2頭で仲良くごはんを食べる姿が目の前で繰り広げられています。
ueno121031131
ueno121031131 posted by (C)カシワヤ

んでも肝心のツチブタっ子はどうしているかというと・・

腹丸出しで寝ているんだな〜これが・・
ueno121031136
ueno121031136 posted by (C)カシワヤ

とっても「平和」と言う単語が頭をよぎります。

両脇で寝ていた両親が食事中とのことなので、支えを失ったツチブタっ子はごろんと寝返り。
ueno121031138
ueno121031138 posted by (C)カシワヤ

のほほ〜ん!とした体裁に似合わぬ大きな蹄が穴堀り動物の面目躍如かな?
ueno121031150
ueno121031150 posted by (C)カシワヤ

いわゆるひとつの「俺の蹄は天を突く蹄だぁぁぁ〜〜〜!!!」ですかね?
(違います・・

遅くなりましたが恩賜上野動物園ツチブタ舎バックはこんな感じ。
ueno121031154
ueno121031154 posted by (C)カシワヤ

通路をへだてたうえに格子があり光度も稼げないのでちょいとばかり苦労します。
因に天井付近にぶら下がっている木々は同居展示のナマケモノの縄張りです。

樹上のナマケモノに地を這うツチブタ、のんびり屋さん同士のほのぼの展示です。
のんびりと続く。

Index of all entries

Home > 2012年11月

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。