Home > 2013年01月

2013年01月 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

ハマのスピードキング!ジュウベエ_ズーラシア_20130105

おはようございます。
新春ウソもぐれ多摩動物公園〜ズーラシアのタッグマッチをお送りしているカシワヤでござい。

水量豊かな淵を再現したズーラシアのカワウソ展示場。
zoorasia130105004
zoorasia130105004 posted by (C)カシワヤ

さっそうと泳ぐユーラシアカワウソの名はジュウベエ。
zoorasia130105006
zoorasia130105006 posted by (C)カシワヤ

張りのある大きな身体にまだらピンクがチャームなハマのスピードキングの登場です。
zoorasia130105204
zoorasia130105204 posted by (C)カシワヤ

ヤツをぶっちぎれる輩はこのハマには誰もいないと噂に聞こえた凄いヤツです。
zoorasia130105210
zoorasia130105210 posted by (C)カシワヤ

セイバンランドセルで背筋ぴーん!
zoorasia130105216
zoorasia130105216 posted by (C)カシワヤ

そのあまりの胴長短足ぶりにみとれてしまうコチトラであった。

さてそろそろぶっちぎろうかな・・
zoorasia130105225
zoorasia130105225 posted by (C)カシワヤ

おもむろに大きな玉石から水中へ向かうジュウベエさん。

お待ちかねのあわあわバビュ〜ン!
zoorasia130105254
zoorasia130105254 posted by (C)カシワヤ

ジュウベエさんにはお気に入りのコースがあるようで向かって右奥からぎゅいん!と旋回してくると
zoorasia130105243
zoorasia130105243 posted by (C)カシワヤ

ガラス間際で急速浮上!
zoorasia130105241
zoorasia130105241 posted by (C)カシワヤ

キック!
zoorasia130105348
zoorasia130105348 posted by (C)カシワヤ

ジャンプ!
zoorasia130105444
zoorasia130105444 posted by (C)カシワヤ

どっぼ〜ん!
zoorasia130105448
zoorasia130105448 posted by (C)カシワヤ

いつものあわあわバビュ〜ン!で
zoorasia130105257
zoorasia130105257 posted by (C)カシワヤ

くるりんぱ!
zoorasia130105346
zoorasia130105346 posted by (C)カシワヤ

注:本日は疲れているのでいつもより多めの幼児語が炸裂しております。

しばらくするとキーパーさんが天から降りてきて(嘘)ごはんタイムの始まり始まり。(ナイスタイミング)
zoorasia130105275
zoorasia130105275 posted by (C)カシワヤ

投げ込まれた鯵に(淡水なのに・・)かぶりつくジュウベエさん。
zoorasia130105276
zoorasia130105276 posted by (C)カシワヤ

いただき〜!
zoorasia130105277
zoorasia130105277 posted by (C)カシワヤ

ジュウベエ余裕のドルフィンキック(カワウソなのに・・)
zoorasia130105279
zoorasia130105279 posted by (C)カシワヤ

そして満腹ジュウベエさんのドヤ!顔。
zoorasia130105293
zoorasia130105293 posted by (C)カシワヤ

ばびゅ〜ん!と違って水面をばちゃばちゃ泳ぐときはその短いあんよでかきかき。
zoorasia130105342
zoorasia130105342 posted by (C)カシワヤ

ここでひとつ気になったのはこうやって水面をゆっくり泳ぐ時コツメカワウソは前足でかくことが多いのに対してユーラシアカワウソは後ろ足でかくのかな?てなこと。

因に宮島水族館のコツメカワウソ前足かきかき。
miyajima110806036
miyajima110806036 posted by (C)カシワヤ

と、ここまで打ち込んできたのですが今猛烈にスイマーが泳いで睡魔が襲ってきました。さすがに三日めの朝帰りは疲れるやね。
ズーラシアの続き老いらくカップル登場はまた来月のお楽しみ。

仁義無きコツメカワウソ跡目争い血風録?_多摩動物公園_20130105

新春ウソもぐれの続きを今更ながら垂れ流しているタイムマシン野郎カシワヤでござい。
週末になると仕事が鬼忙しくなるので更新が滞る始末な日々これ日常。

1月5日に多摩動物公園とズーラシアを梯子してきました。
いやぁ寒かったですよ。
tama130105002
tama130105002 posted by (C)カシワヤ

ご覧の様に園内のあちこちで霜柱が立派な姿を見せてくれていました。

んでおなじみバードケージ入口脇のコツメカワウソ舎。別名ゴンタ組事務所(ホントか?
tama130105016
tama130105016 posted by (C)カシワヤ

向かって左の一段高いアクリルがゴンタ一家の事務所で右側がアナグマさん家なのですが・・

ありゃ?アナグマさんたらずいぶんスレンダーになっちゃって・・
tama130105020
tama130105020 posted by (C)カシワヤ

おとぼけはさておき、こちらさんはゴンタ一家のドンちゃん。
tama130105026
tama130105026 posted by (C)カシワヤ

ゴンタ一家の目印である額のくせ毛が目立ちますね。別名ゴンタ組の代紋(ダブルホントか?

なんでここに?しかも一頭だけ?と当然疑問に思われるでしょうから、ほい!こちらをどうぞ。
tama130105001
tama130105001 posted by (C)カシワヤ

コツメカワウソ家業にはつきものの群れから外れたアウトロー状態でバックヤードで暮らしていたそうなのですが、冬場はアナグマさんが寒いからなかなかおんもへ出たがらないというのでちょっくら間借り公開となっていたのでした。

とはいえもともとこの放飼場もコツメカワウソ用として作られていたのですが、園内でアナグマさんが捕獲されちゃったからも〜うタイヘン!広川太一郎談(しつこい!
つまりはいままで公開されていたアナグマさんが間借りだったのが正しいんですけどね。
まぁ同じイタチ科ですんで新衛門さん気にしない気にしない。

群れの中での軋轢(跡目争い?)から開放されたドンはニコニコと元気いっぱい!
tama130105032
tama130105032 posted by (C)カシワヤ

それ〜!とあっちに走り出したり。
tama130105038
tama130105038 posted by (C)カシワヤ

えいや!とこっちにかけずり回ったり。
tama130105029
tama130105029 posted by (C)カシワヤ

勢い余ってフレームアウトしちゃったしなんかしても〜(以下略
tama130105022
tama130105022 posted by (C)カシワヤ

ときおりこうやってつーんとおすまし顔でひと呼吸。
tama130105041
tama130105041 posted by (C)カシワヤ

排水用パイプの上からこちらを見上げるドン。なかなかキュ〜ト!
tama130105042
tama130105042 posted by (C)カシワヤ

当然放飼場手前アクリル直下のくぼみには水が張られていて本来の使い方であるプールになっていました。

群れには戻れないドンは当然バックヤードも独り占め。
tama130105043
tama130105043 posted by (C)カシワヤ

食事も奪い合いを気にすることなくゆっくりと味わうことができますね。
tama130105044
tama130105044 posted by (C)カシワヤ

な〜に撮ってんだよう?
tama130105048
tama130105048 posted by (C)カシワヤ

食事中なのにホントに気兼ねなくのこのこ出てくるドン。

にぎゃにぎゃ。
tama130105049
tama130105049 posted by (C)カシワヤ

そのうちてっぺんとったるさかいな・・
tama130105050
tama130105050 posted by (C)カシワヤ

いきなり下克上宣言!のドン。
ゴンタ一家からはぐれたとはいえ有り余る元気さ加減が頼もしいですね。
いつかはドン組立ち上げ期待してますよ!

とてもやさしい子、その名はコハク_浜松市動物園_20130101

こんにちは。
かなり間が空きましたが浜松市動物園の続きを垂れ流して行きたいと思います。

ミツグのペアとして海遊館からやってきたとてもやさしい子ことコハクの登場です。
hamamatsu130101005
hamamatsu130101005 posted by (C)カシワヤ

ミツグが寝坊助さんのコハクをお出迎えにおもむくと・・
hamamatsu130101016
hamamatsu130101016 posted by (C)カシワヤ

なんかあっさりコハクの登場w
hamamatsu130101053
hamamatsu130101053 posted by (C)カシワヤ

やあこれは解りやすい。あきらかにしっぽの太さが違いますね。
手前のミツグは毛色が濃くしっぽが太い。そして奥のコハクは毛色が薄めでしっぽがシュッと細いですね。

おはようさんのコハクはさっそく水際で歯磨き開始。
hamamatsu130101068
hamamatsu130101068 posted by (C)カシワヤ

とはいえかみね動物園のあんずの様に口いっぱいに前足をほうばるわけでもなくかなり上品なあぐあぐです。

べったりラブラブな手前のコハクと奥のミツグ。
コハクが移動すれば一緒についてまわるほどミツグはコハクのことが大好きです。
hamamatsu130101081
hamamatsu130101081 posted by (C)カシワヤ

コハクは鼻周りの毛がやや黄色く唇ピンク。鼻色は海遊館出身にしてはさほどピンクでもないですが薄目の色合いです。
対するミツグは鼻色真っ黒で毛色も濃く鼻周りの毛は白いのですがややすすけた感じ。そして鼻下から口にかけて黒ずみが目立ってますね。

はい、ここで記念撮影。
hamamatsu130101084
hamamatsu130101084 posted by (C)カシワヤ

ミツグとコハクのそれぞれの特徴が良くわかりますね。
因に直立する頻度はコハクの方が圧倒的に多かったです。おそらくキーパーさんを探す頻度と比例するかと。

ミツグがコハクになにやらナイショ話?
hamamatsu130101083
hamamatsu130101083 posted by (C)カシワヤ

ナイショにするほど誰かが聞いている訳ではないのですが、これが乙女の恥じらいと言うヤツでしょうか?(ホントか?

コハクはどこきゅい?
hamamatsu130101087
hamamatsu130101087 posted by (C)カシワヤ

おくゆかしい2頭はかくれんぼを始めたようです。でも・・

コハクみっけたぴゃ!
hamamatsu130101088
hamamatsu130101088 posted by (C)カシワヤ

あっさりみつかるコハク。
まぁカップルのとりとめのない無邪気な遊びなのでゆるしてつかーさい。

新春とはいえまだまだ寒い時期なのでコハクとミツグはすぐにカワウソハウスへ潜り込んでしまいました。
hamamatsu130101092
hamamatsu130101092 posted by (C)カシワヤ

こっちへおいでよとばかりにコハクが誘うと・・
hamamatsu130101094
hamamatsu130101094 posted by (C)カシワヤ

ミツグはコハクに重なる様におちついてご満悦。
hamamatsu130101140
hamamatsu130101140 posted by (C)カシワヤ

とても微笑ましい光景ですね。さすがコハクはやさしい子。
つづく。

それいけカワウソ新春隠し芸大会_千葉市動物公園_20130103

鋭意打ち込み中。
とかなんとか言っときながら放置プレイでも〜タイヘン!(広川太一郎
題して新春隠し芸大会なんつって垂れ流しちゃう!

まずはエントリーナンバー1番、葉っぱ踊り!
chibashi130103063
chibashi130103063 posted by (C)カシワヤ

はっぱっぱ〜!るんぱっぱ〜!なんていっても河童じゃなくてカワウソだよ。

そして高等芸の葉っぱの空中遊泳だ!
chibashi130103064
chibashi130103064 posted by (C)カシワヤ

お次は葉っぱでマジックだ!
マジックって言っても太いのから細いのもあるってヤツじゃないぞ!

葉っぱが消えるよ〜!きえるよ〜!
chibashi130103082
chibashi130103082 posted by (C)カシワヤ

はい!消えた!
chibashi130103083
chibashi130103083 posted by (C)カシワヤ

すこ〜しだけ見えてるところはご愛嬌!

今度は影絵に挑戦!火を噴く怪獣だぞ!ガオ〜!
chibashi130103084
chibashi130103084 posted by (C)カシワヤ

ゴジラが現れる時間は何時?そりゃ5時ら!なんつって!

今度は体力勝負!
chibashi130103089
chibashi130103089 posted by (C)カシワヤ

カワウソ一本背負い!
chibashi130103090
chibashi130103090 posted by (C)カシワヤ

無駄な抵抗ご苦労さん!
chibashi130103091
chibashi130103091 posted by (C)カシワヤ

さてさて今度はものまね大会?こち亀両さん眉毛!
chibashi130103108
chibashi130103108 posted by (C)カシワヤ

千葉なのにこち亀じゃチーバ君の立場がないってぇの!

さらに上州無宿紋次郎!
chibashi130103179
chibashi130103179 posted by (C)カシワヤ

くわえた楊枝がふにゃふにゃしちゃって情けないったらありゃしない!

最後のエントリー家政婦は見た!
chibashi130103195
chibashi130103195 posted by (C)カシワヤ

見たってなにを?見ちゃいけないものを見ちゃったからも〜タイヘン!

以上千葉市動物公園からカワウソ新春隠し芸大会の様子でした!
実況は草葉の陰から広川太一郎がお送りしました。なんつって!

ゴマとキーパーさんのほわほわした時間_油壺マリンパーク_20130113

こんにちは、ゴマ言いますねん。
aburatubo130113795
aburatubo130113795 posted by (C)カシワヤ

ここ(油壺マリンパーク)に暮らしてもうけっこうたちおりますからだいぶ元の言葉もあやふやになってきたんやで。かんべんな。(ツッコミ防止予防線w)

これからわてが大好きなキーパーさんがやってきてゴハンをくれる時間なんやけど・・
aburatubo130113807
aburatubo130113807 posted by (C)カシワヤ

なかなか来いへんなぁ・・
aburatubo130113805
aburatubo130113805 posted by (C)カシワヤ

ゴマが欲しているのはキーパーさんとのふれあいなのか?はたまたゴハンなのかは定かではありませんが、待ちくたびれて首を長くしているのだけはコチトラにもわかります。

そんなこんなで時間はしょってキーパーさん登場。(はしょり過ぎ
aburatubo130113809
aburatubo130113809 posted by (C)カシワヤ

手渡しでゴハンをもらうゴマ。
aburatubo130113810
aburatubo130113810 posted by (C)カシワヤ

うまうま・・これが欲しかったんや。
aburatubo130113811
aburatubo130113811 posted by (C)カシワヤ

やっぱり目的はゴハンw
でもゴマはキーパーさんにゴハン以外のおねだりを開始。

なあなあ、いつものあれやらへんの?
aburatubo130113812
aburatubo130113812 posted by (C)カシワヤ

これやこれ・・
aburatubo130113842
aburatubo130113842 posted by (C)カシワヤ

ゴマが鼻面で示したのはキーパーさんの膝にある輪っか。

今日は調子がええんや。いくで〜!
aburatubo130113838
aburatubo130113838 posted by (C)カシワヤ

くるりんぱ!
aburatubo130113839
aburatubo130113839 posted by (C)カシワヤ

よくできました!ご褒美にまたゴハン。
aburatubo130113844
aburatubo130113844 posted by (C)カシワヤ

今度はスメルトを窓際であぐあぐするゴマ。
aburatubo130113849
aburatubo130113849 posted by (C)カシワヤ

うま〜!
aburatubo130113850
aburatubo130113850 posted by (C)カシワヤ

おなかがふくれてきたゴマはキーパーさんに甘えようと膝に乗ってきました。
aburatubo130113858
aburatubo130113858 posted by (C)カシワヤ

キーパーさんは健康状態を確かめるようにゴマの体を撫ぜていきます。
aburatubo130113861
aburatubo130113861 posted by (C)カシワヤ

ご機嫌なのかゴマの短いひげがぴんぴんです。
aburatubo130113895
aburatubo130113895 posted by (C)カシワヤ

でも何か満たされない感じですね・・

いつもお世話してくれる大好きなキーパーさん。この気持ちをなんとか伝える方法はないんやろか・・
aburatubo130113853
aburatubo130113853 posted by (C)カシワヤ

物思いに耽るゴマがその気持ちを伝えたくてとった行動とは?

ええい!お鼻にチュ〜や!
aburatubo130113852
aburatubo130113852 posted by (C)カシワヤ

一途なゴマは身を乗り出してキーパーさんへチュ〜!のプレゼント。
何ともいじらしいゴマの一面でした。

雪やこんこん喜び大爆発カワウソ_市川市動植物園_20130114

野郎ども雪だぜ〜!
ichikawa130114096
ichikawa130114096 posted by (C)カシワヤ

雪降る市川市動植物園の垂れ流し二回目はカワウソ少年隊ことコムツ、コウキ、ナオが暮らす第二放飼場。
ichikawa130114001
ichikawa130114001 posted by (C)カシワヤ

野郎三頭で雪遊び興じているようですが端から見たら悪だくみでもしている様にしか見えません。
ichikawa130114354
ichikawa130114354 posted by (C)カシワヤ

寒さなんかヘッチャラだい!とばかりに真冬でも流しカワウソ装置が大活躍。
ichikawa130114100
ichikawa130114100 posted by (C)カシワヤ

雪とカワウソと水しぶき。
ichikawa130114341
ichikawa130114341 posted by (C)カシワヤ

自然界ではあり得ない組み合わせにカチンコチンのコチトラの心はほっと一息。

イヤッホ〜イ!雪だるま作ろうぜ!雪だるま!
ichikawa130114112
ichikawa130114112 posted by (C)カシワヤ

それともぼた雪ダイオウイカ?はたまた雪石仮面がいいかな?
ichikawa130114113
ichikawa130114113 posted by (C)カシワヤ

コムツの想像力はにわかにかき立てられているようですが・・

おっぴゃ〜〜!くずれたきゅい!
ichikawa130114114
ichikawa130114114 posted by (C)カシワヤ

いきおいあまって雪玉を崩してしまうコムツ。あちゃ〜!

露天風呂・・もとい!流しカワウソ装置につかるコムツとコウキ。あったまるわ〜!
ichikawa130114344
ichikawa130114344 posted by (C)カシワヤ

「でもなんかぬるくないか?コムツよ」とコウキがいぶかしむw
ichikawa130114345
ichikawa130114345 posted by (C)カシワヤ

ひととおり騒いだ野郎どもは風流に雪見と洒落込みだ。

「雪はいいねぇ・・なあナオよ、故郷を思い出すぜ。」
ichikawa130114221
ichikawa130114221 posted by (C)カシワヤ

「兄ちゃんオイラ達ここ(市川市動植物園)生まれだぜ。」
ichikawa130114222
ichikawa130114222 posted by (C)カシワヤ

「そういえばそうだったけ?・・ゆ〜きのるまちを〜どなどなど〜な〜。」
ichikawa130114223
ichikawa130114223 posted by (C)カシワヤ

怪しげな鼻歌でごまかし天を見つめるコムツ。
たとえ大雪が降ろうとも彼らが幸せに暮らせる場所こそ故郷なのですよ。

ぴーえす。

チナとレモンは午前当番のため今回の雪ウソもぐれでは出番無し。
ざ〜んねん!

寒風吹きすさぶ雪コツメカワウソ_市川市動植物園_20130114

こんばんぴゃ!
お約束どおり雪の市川市動植物園で垂れ流しがしだきゅい!

まずはムツキとナナのいる本隊こと第一放飼場。
ichikawa130114002
ichikawa130114002 posted by (C)カシワヤ

カラスよけのテグスにまで雪が積もっていつもの様子とはひと味違う感じです。
時折横からふってくる雪がかなり厳しい状態ですがこんな状況でムツキ達が出てきてくれるのでしょうか?
不安を募らせながら待つことしばし。

おんやまあ!なんだかんだ言って出てきてくれましたよ。
ichikawa130114021
ichikawa130114021 posted by (C)カシワヤ

雪景色にコツメカワウソ、こんな不思議な光景が見れるとは思いもしなかったです。

去年8月に生まれたメロン。
ichikawa130114026
ichikawa130114026 posted by (C)カシワヤ

おそらくこんな本格的な雪を見るのは初めてでしょう。
不思議な光景に見とれている様でした。

兄弟達も降り積もった雪に興味津々。
ichikawa130114073
ichikawa130114073 posted by (C)カシワヤ

ichikawa130114214
ichikawa130114214 posted by (C)カシワヤ

鼻面を雪に突っ込んでは感触を確かめていました。

しかもこの寒い中泳ぐは泳ぐ。
ichikawa130114183
ichikawa130114183 posted by (C)カシワヤ

キリがブロック島へやってきて寒さなんか異に介せずこちらを見上げました。

積もった雪をかき集める様にして・・
ichikawa130114066
ichikawa130114066 posted by (C)カシワヤ

楽しそうに担ぎ上げる面々。
ichikawa130114065
ichikawa130114065 posted by (C)カシワヤ

キリも宝物を抱える様に雪玉を持っています。
ichikawa130114297
ichikawa130114297 posted by (C)カシワヤ

きゅいい!と感触を楽しむ姿。とても嬉しそうです。
ichikawa130114298
ichikawa130114298 posted by (C)カシワヤ

ナナにいたってはテグスの雪が気になる様子。
ichikawa130114263
ichikawa130114263 posted by (C)カシワヤ

たまらずつかみかかるナナ。
ichikawa130114264
ichikawa130114264 posted by (C)カシワヤ

その立ち位置もわざわざそんなところに立たなくてもいいじゃないですか?と思いたくなる様な場所。
ichikawa130114267
ichikawa130114267 posted by (C)カシワヤ

ナナのバランス感覚にはいつもながらとても感心します。

それにしても東南アジアを生息地としているコツメカワウソがこんなに雪を楽しんでいる様子は見ていてとても奇妙なのですが、彼らの楽しそうな仕草にはそんな疑問も一蹴してしまう魅力にあふれていますね。

さてお次はカワウソ少年隊こと野郎共のいる第二放飼場で垂れ流しですよ。
つづく。

予告、雪ウソもぐれ_市川市動植物園_20130114

近日つーか、たぶんそのうち更新!? ドカ雪の降る市川市動植物園。
ichikawa130114003
ichikawa130114003 posted by (C)カシワヤ

いつものコツメカワウソ舎がこんな事態になってしまいました。
ichikawa130114002
ichikawa130114002 posted by (C)カシワヤ

第二放飼場もこのありさま。
ichikawa130114001
ichikawa130114001 posted by (C)カシワヤ

昼から降り出した雪は瞬く間に首都圏を飲み込むドカ雪に変化。
帰りの交通機関の心配をよそにやってきたのは良いけれど・・

良い子のウソもぐれ庶子、待たれ!

因にニホンザルさんは元気です。
ichikawa130114011
ichikawa130114011 posted by (C)カシワヤ

穴ほりゴマの飽くなき挑戦_油壺マリンパーク_130113a

油壺マリンパークより眠れるカワウソことゴマの動画を垂れ流し。
けれども今回のゴマはいつもとひと味違うぜ!



え、あまりかわらないって?う〜ん・・そうかもしれない。

新春ばびゅ〜ん!でミツグちゃん_浜松市動物園_20130101

おはようございます。
またかとお思いでしょうが浜松市動物園でもばびゅ〜ん!写真で本格的スタートなのですよ。
hamamatsu130101011
hamamatsu130101011 posted by (C)カシワヤ

コツメカワウソ舎についたそうそう元気に泳いでいたのはこちら。
hamamatsu130101006
hamamatsu130101006 posted by (C)カシワヤ

やはりお気に入りのルートがある様です。
hamamatsu130101022
hamamatsu130101022 posted by (C)カシワヤ

何度も何度も気ままにばびゅ〜ん!
hamamatsu130101032
hamamatsu130101032 posted by (C)カシワヤ

あらためておはようぴゃ!
hamamatsu130101015
hamamatsu130101015 posted by (C)カシワヤ

ミツグちゃんお腹たるたる・・
そして根元がぶっとくて先に行くに従ってシュッとすぼんで行くしっぽ。
鼻が真っ黒で口元のくすみが目立ちこい部分が中央から左側に偏った感じですね。

スミマセン続きは後ほど。



20130114 追記

そういえばまだ肝心の方が現れていないですよね。
hamamatsu130101005
hamamatsu130101005 posted by (C)カシワヤ

そうです!やさしい子のあの子です。

ミツグがカワウソハウスへおもむくとそこにはなにやら微妙なふくらみが・・
hamamatsu130101016
hamamatsu130101016 posted by (C)カシワヤ

ねえねえ。
hamamatsu130101018
hamamatsu130101018 posted by (C)カシワヤ

はやくあそぼうよ〜!
hamamatsu130101017
hamamatsu130101017 posted by (C)カシワヤ

はたしてミツグのご期待にコハクは応えてくれるのか?
待て次回!



再追記

最後に東山動植物園といえば御大将小鉄さまですがミツグちゃんと比べてどうですかね?
higashiyama110212019
higashiyama110212019 posted by (C)カシワヤ

ヒゲの長さとか目の感じとか似ていますかね〜?

魔法で乙女の魅力が大爆発しちゃうのよ_越前松島水族館_20121209

こんばんは。
越前松島水族館より野郎部屋の続きで乙女チックルーム様子を垂れ流し。

おっぴゃ〜!
echizen121209371
echizen121209371 posted by (C)カシワヤ

いきなりはしたない姿でゴメンナサイ。
流石の乙女も塩ビ管の前には理性を失ってしまうのであった。

塩ビ管たまらないわハアハア・・
echizen121209381
echizen121209381 posted by (C)カシワヤ

いてて・・抜けなくなっちゃった。
echizen121209376
echizen121209376 posted by (C)カシワヤ

塩ビ管で悶絶して悩殺ポーズなのはユズかな?鼻の横がピンクだからたぶん・・
ちょいと越前松島水族館へ来る前に下調べを怠ってしまったので今一自信がありません。(おい!

こちらはアリス。
echizen121209383
echizen121209383 posted by (C)カシワヤ

アリスは鼻と口回りの毛がパッキリ白いから解りやすい。

乙女チックルームのメンバーはユズ(向かって右手前)とアリス(左奥)
echizen121209420
echizen121209420 posted by (C)カシワヤ

乙女と野郎の共通点はやっぱりキーパーさんが大好き。
echizen121209411
echizen121209411 posted by (C)カシワヤ

こうやってバックに気配を感じるとカブリツキでお出迎え攻撃をかけますが・・

待ち人こず。
echizen121209412
echizen121209412 posted by (C)カシワヤ

ムキー!ドンゴロスに八つ当たり。
でもようやくキーパーさんがやってくるとお待ちかね魔法の時間だよ。

こうやってキーパーさんが合図すると。
echizen121209468
echizen121209468 posted by (C)カシワヤ

ガラス面で待てのポーズ。
echizen121209469
echizen121209469 posted by (C)カシワヤ

もういいか〜い?まあだだよ〜!
echizen121209472
echizen121209472 posted by (C)カシワヤ

よくできました!ご褒美のアマゴだよ。
echizen121209426
echizen121209426 posted by (C)カシワヤ

ぐるる・・がるる・・
echizen121209450
echizen121209450 posted by (C)カシワヤ

色気よりも食気、食欲の前には何事も無力なのだ。

さらにキーパーさんの魔法が炸裂!ごろ〜んちょのポーズ。
echizen121209798
echizen121209798 posted by (C)カシワヤ

微動だにしないアリス。
echizen121209463
echizen121209463 posted by (C)カシワヤ

2頭そろってごろ〜んちょ!が可愛い。
echizen121209494
echizen121209494 posted by (C)カシワヤ

こうやってキーパーさんの魔法が解けるまでごろ〜んちょ!のポーズが続くのでありました。
つづく。

ツバメのパイプでリラックス_宮島水族館_20121002

こんぴゃ!ツバメです。
miyajima121002158
miyajima121002158 posted by (C)カシワヤ

ごろごろ・・
miyajima121002159
miyajima121002159 posted by (C)カシワヤ

むぎゅ!
miyajima121002160
miyajima121002160 posted by (C)カシワヤ

にくきう。
miyajima121002161
miyajima121002161 posted by (C)カシワヤ

まいどイロハです。
miyajima121002188
miyajima121002188 posted by (C)カシワヤ

相方のツバメに代わりまして話させてもらいます。
わての目と鼻の先、見上げてすぐのパイプの中がツバメのお気に入りスペースなんや。
ツバメはああやって暇さえあればパイプの中でゴロゴロしとる訳ですわ。
まぁ別居中のわてとしては目の届くところにいてくれるだけでありがたいもんですけど・・

ごろ〜り
miyajima121002189
miyajima121002189 posted by (C)カシワヤ

ごろり
miyajima121002190
miyajima121002190 posted by (C)カシワヤ

ぴゃ!
miyajima121002191
miyajima121002191 posted by (C)カシワヤ

うっふん!
miyajima121002192
miyajima121002192 posted by (C)カシワヤ

ツバメのあまりと言えばあまりの無防備さ加減にややも心配になりますわ。
miyajima121002084
miyajima121002084 posted by (C)カシワヤ

ふふ〜ん・・
miyajima121002193
miyajima121002193 posted by (C)カシワヤ

あたいはこうしてリラックスしてるだけなんじゃがのう。
miyajima121002194
miyajima121002194 posted by (C)カシワヤ

はは〜ん・・なるほど。
miyajima121002195
miyajima121002195 posted by (C)カシワヤ

実のところ父ちゃんヤキモチやいとるんかのう。
miyajima121002196
miyajima121002196 posted by (C)カシワヤ

図星じゃろ?なぁ父ちゃん。
miyajima121002081
miyajima121002081 posted by (C)カシワヤ

いえ、もう慣れましたさかい。
miyajima121002040
miyajima121002040 posted by (C)カシワヤ

すねるイロハの背中に男の哀愁。
おわじ。

男一匹ドンの一人飯_多摩動物公園_20130105a

多摩動物公園のドン(オス)が群れから離れて隣のアナグマスペースで一頭展示になっていました。



とはいえ本人至って気ままに一人暮らしを謳歌しているようなのでバックヤードも含めて広々としたスペースを満喫中。

寝起きのぴゃあと・・_徳山動物園_20120930

寝起きのぴゃあ。ねむねむ・・
tokuyama120930395
tokuyama120930395 posted by (C)カシワヤ

ふぁ・・
tokuyama120930396
tokuyama120930396 posted by (C)カシワヤ

あああぁぁぁ〜〜〜!
tokuyama120930398
tokuyama120930398 posted by (C)カシワヤ

ただでさえ自由奔放なヒゲがぴんぴん!

さてと・・
tokuyama120930399
tokuyama120930399 posted by (C)カシワヤ

昼寝の後は日課のヨガにいそしむぴゃあ。
tokuyama120930345
tokuyama120930345 posted by (C)カシワヤ

流石柔らかい身体は一朝一夕にはならずと言ったところでしょうか?

んでカイは?
tokuyama120930382
tokuyama120930382 posted by (C)カシワヤ

とっても幸せそうな夢の中。
おわじ。

切っても切れないサンピアザ水族館の血縁_園館いろいろ

せっかくなので便乗垂れ流し。

ナナ♀(市川市動植物園)とココ♀(東山動物園)
nana_koko_hikaku
nana_koko_hikaku posted by (C)カシワヤ

ほ〜ら!やっぱりサンピアザ水族館の血は争えない。

因に彼女らのひとつ下のダイ♂(おたる水族館)
otaru110706364
otaru110706364 posted by (C)カシワヤ

メメ♀(のいち動物公園)
noichi120304239
noichi120304239 posted by (C)カシワヤ

そしてもう一世代下のピア♂(とべ動物園)
tobe111223144
tobe111223144 posted by (C)カシワヤ

ノン♂(虹の森公園おさかな館)
osakanakan111224193
osakanakan111224193 posted by (C)カシワヤ

ゲン♂(サンピアザ水族館)
sunpiazza110705110
sunpiazza110705110 posted by (C)カシワヤ

やっぱり血ですよ血!

しっぽフリフリ甘えん坊_千葉市動物公園_20130103c

千葉市動物公園のコツメカワウソ大家族より動画の垂れ流し。



コチトラとしてはよく状況が飲み込めていないけどとても楽しそうだ。

元旦ウソもぐれはウナギの里_浜松市動物園_20130101

こんばんは。
浜松市動物園の垂れ流しをオーソドックスに進めていますよ。

浜松市動物園は小高い山ひとつ丸ごと動物園にした立地で多摩動物公園や富山ファミリーパーク、はては安佐動物公園をぎゅっとつめた感じ。園内の傾斜はけっこうなところがあり足腰を鍛えるにはもってこいでした。

んで、肝心のコツメカワウソ展示場。
hamamatsu130101009
hamamatsu130101009 posted by (C)カシワヤ

比較的傾斜のない場所にありますが正門からここまでの高低差はけっこうありました。

前面アクリルの放飼場は玉石と砂利引きのプール。
hamamatsu130101008
hamamatsu130101008 posted by (C)カシワヤ

真ん中の白テントは向かいのアフリカタテガミヤマアラシ前に仮設で立てられたものが映り込んでいるだけですんで・・

この展示場は西向きなので日差しのは午前中が逆光、昼が右から、午後が後ろからで場所時間により光の反射が撮影にかなりの影響をあたえます。季節にもよりますが比較的昼から午後3時までが条件的によろしいかと。

展示場内はキーパーさん達お手製のカワウソハウスとカワウソ筏がどんぶらこ。
hamamatsu130101002
hamamatsu130101002 posted by (C)カシワヤ

展示場左手にはカワウソ紹介掲示板。
hamamatsu130101004
hamamatsu130101004 posted by (C)カシワヤ

ちゃんとおヒゲがテグスで作られていたりと手作り感満載でいい感じ。
hamamatsu130101007
hamamatsu130101007 posted by (C)カシワヤ

個体紹介はまずメスのミツグ。
hamamatsu130101006
hamamatsu130101006 posted by (C)カシワヤ

そしてオスのコハク。
hamamatsu130101005
hamamatsu130101005 posted by (C)カシワヤ

東山と海遊館という名門と大御所のカップルです。

さてさて、このペアどんな様子で暮らしているのか気になりますよね?さっそく誰かが泳いでいる様なので覗いてみましょう。
hamamatsu130101010
hamamatsu130101010 posted by (C)カシワヤ

因にアクリルの右側にはコツメカワウソをはじめミーアキャットやレッサーパンダ、そして猿類を担当してらっしゃるキーパーさん達(3班)の紹介や壁新聞が掲示されています。
hamamatsu130101003
hamamatsu130101003 posted by (C)カシワヤ

これギャグセンスも含めてマジで読み応えあるからここに来たら是非読んでみてください。

続く。

ハナちゃんのゆうゆう散歩_南房パラダイス_20121125

こんばんは。
南房パラダイスの散歩姫ハナちゃんの垂れ流しも3回目にして最終回。

のどを潤したハナちゃん、足取りも軽くぴゃ!ぴゃ!ぴゃ!
nanpara121125800
nanpara121125800 posted by (C)カシワヤ

でも階段の途中まで来たところではたと足を止めました。
nanpara121125804
nanpara121125804 posted by (C)カシワヤ

何か気配を感じたのでしょうか?階段から身を乗り出してあたりを伺うハナちゃん。
nanpara121125805
nanpara121125805 posted by (C)カシワヤ

むむ!何事か怪しい気配・・
nanpara121125705
nanpara121125705 posted by (C)カシワヤ

ハナちゃんこれでも隠れているつもりなんです。皆さん察してあげてください。

ハナちゃんが調査におもむいた先には地面に埋め込まれた謎のプレートと謎の古代文字。
nanpara121125626
nanpara121125626 posted by (C)カシワヤ

解読してみると「ωレ」と書いてある様に見えますね。これは大発見です!
おそらく縄文早期に外宇宙からコンタクトをとってきた大いなる意志の足跡としてここ館山に埋め込まれたモノリスと推測されます。(嘘

人類史を塗り替えるかもしれない世紀の大発見に興奮したのかハナちゃんおもわず腕立て伏せ。

イチ!
nanpara121125621
nanpara121125621 posted by (C)カシワヤ

ニ!
nanpara121125620
nanpara121125620 posted by (C)カシワヤ

イチ!
nanpara121125621
nanpara121125621 posted by (C)カシワヤ

ニ!
nanpara121125620
nanpara121125620 posted by (C)カシワヤ

この歴史的快挙に喜びの表情を隠せないハナちゃん。
nanpara121125792
nanpara121125792 posted by (C)カシワヤ

アクビをしているだけの様にも見えますが本人至ってまじめに喜んでおります。

大好きなキーパーさん(の足)と喜びの抱擁。
nanpara121125789
nanpara121125789 posted by (C)カシワヤ

とかなんとかやってるうちに散歩時間が終了!

これだけの発見なのに学会にも発表せずに寝床へ戻るハナちゃん。
nanpara121125758
nanpara121125758 posted by (C)カシワヤ

実にご謙遜ご謙遜。

ハナちゃんまたね。一緒に散歩が出来てコチトラも嬉しかったよ!
nanpara121125757
nanpara121125757 posted by (C)カシワヤ

こうして南房パラダイスは日暮れていくのでした。
完!

黒ムギュフロイラインの華麗なるベッドメイク_富山ファミリーパーク_20121210

大雪の北陸、富山ファミリーパークにて念願の黒ムギュフロイラインに(15分だけ)会ってきましたよ。の続き。

巣穴から横顔を見せてくれた瞬間の写真。
toyamafamipa121210034
toyamafamipa121210034 posted by (C)カシワヤ

そして華麗なるお姿を現してくれました。
toyamafamipa121210027
toyamafamipa121210027 posted by (C)カシワヤ

やっぱりユーラシアカワウソはそのシュッとしたスタイルが魅力ですね。

巣穴から出てきて一通りくねごろをすますと黒ムギュフロイラインは後方の雪山へお出かけ。
toyamafamipa121210037
toyamafamipa121210037 posted by (C)カシワヤ

何をしに行ったのか?コチトラが興味津々でレンズを覗いてみると・・

アオキの枝へ身をのばして
toyamafamipa121210038
toyamafamipa121210038 posted by (C)カシワヤ

葉っぱげっと〜!
toyamafamipa121210039
toyamafamipa121210039 posted by (C)カシワヤ

葉っぱくわえて巣穴へ戻るフロイライン。
toyamafamipa121210040
toyamafamipa121210040 posted by (C)カシワヤ

そしてゴソゴソ。
toyamafamipa121210032
toyamafamipa121210032 posted by (C)カシワヤ

そうですフロイラインは寝床に敷き詰める葉っぱをせっせと集め始めたのでした。

でもはみ出してますよ・・
toyamafamipa121210033
toyamafamipa121210033 posted by (C)カシワヤ

今度は横の枝に身をのばし・・
toyamafamipa121210053
toyamafamipa121210053 posted by (C)カシワヤ

うにゅ〜!と伸びて・・
toyamafamipa121210052
toyamafamipa121210052 posted by (C)カシワヤ

葉っぱげっと〜!
toyamafamipa121210045
toyamafamipa121210045 posted by (C)カシワヤ

楽しそうに巣穴に持ち帰るフロイライン。
toyamafamipa121210031
toyamafamipa121210031 posted by (C)カシワヤ

頭突っ込んでお尻ふりふり。
toyamafamipa121210041
toyamafamipa121210041 posted by (C)カシワヤ

この後も何度も何度も巣穴に持ち込む姿が確認できました。
toyamafamipa121210054
toyamafamipa121210054 posted by (C)カシワヤ

このベッドメイクは単純に寒いからなんでしょうけど見ているコチトラとしてはまるで年頃(じゃなくても)の女性が楽しそうに自分のベッドを整えている様にも見えました。

そして満足のいくベッドが出来上がったのか黒ムギュフロイラインはそのまま巣穴でぐーすかぴー!
タイムアップの13時が来てもその姿を見せてくれることはありませんでした。

予告_浜松市動物園_20130101

近日垂れ流し予定、浜松市動物園。

hamamatsu130101001
hamamatsu130101001 posted by (C)カシワヤ

ゲートの形が向かい合った2頭のホッキョクグマ、なんてまあシャレオツなんでしょう!
(別名チューする白クマ?
でも垂れ流しはコツメカワウソだよ〜ん!
(たりめー!

新しい年の幸せを祈って_徳山動物園_20120930

あけましておめでとうございます。
tokuyama120930353
tokuyama120930353 posted by (C)カシワヤ

新年の幸せを祈って・・(ぴゃあとカイ)

Index of all entries

Home > 2013年01月

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。