Home > 2013年05月

2013年05月 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

手足がぱーなねこすけ_ねこすけ_ 20130413

  • Posted by: カシワヤ
  • 2013-05-30 Thu 23:10:11
今月5月20日で満6歳になった(と目される)ねこすけ。
nekosuke130413001
nekosuke130413001 posted by (C)カシワヤ

まだまだ若造ですが以前に比べればだいぶおっさん臭くなってきました。
nekosuke130413002
nekosuke130413002 posted by (C)カシワヤ

ねこすけの遊び道具として作った猫釣り竿でちょっかいを出してみました。
nekosuke130413004
nekosuke130413004 posted by (C)カシワヤ

モーレツ興奮したねこすけ、手足がぱー!
nekosuke130413003
nekosuke130413003 posted by (C)カシワヤ

こ、これ!ねこすけや!ビニール紐を食べるんじゃありません!
nekosuke130413005
nekosuke130413005 posted by (C)カシワヤ

6.8kgのでかいねこすけ、ずっと元気でいてほしいものです。

コツメ大福タイムセール_サンシャイン水族館_20130526

こんばんは。
サンシャイン水族館のべびうそ大福垂れ流しの続きです。

この日は3時過ぎからの訪問だったのでほどなくいつものおやつタイムの時間でした。
4時前あたりからピーター達の様子が慌ただしくなってきてぴゃ!ぴゃ!と落ち着かない雰囲気。
sunshine130526065
sunshine130526065 posted by (C)カシワヤ

案の定キーパーさんがやってきて切り身のおやつをピーターやシュラに与えた後デッキブラシを片手にお掃除の時間となりました。

おや〜もしかして寝床もお掃除でしょうか?
sunshine130526066
sunshine130526066 posted by (C)カシワヤ

案の定キーパーさんは寝床のトレーナーをえいや!と引っ張りだすと手際よく掃除を始めました。
え!そうするとトレーナーにくるまっていたべびうそ大福達は・・

ちょろりん!
sunshine130526067
sunshine130526067 posted by (C)カシワヤ

ちょろちょろりんりん!
sunshine130526068
sunshine130526068 posted by (C)カシワヤ

なんとまあ!トレーナーごと引っ張りだされて何が起きたのか解らない様子。
sunshine130526076
sunshine130526076 posted by (C)カシワヤ

う〜ん・・
sunshine130526089
sunshine130526089 posted by (C)カシワヤ

はて?
sunshine130526084
sunshine130526084 posted by (C)カシワヤ

ぶっす〜〜〜!
sunshine130526083
sunshine130526083 posted by (C)カシワヤ

しかしながら何を考えているんだか皆目検討つかない仏頂面ですね。

引っ張りだされたべびうそ大福に気づいたピーターがあわてて回収しようと駆け寄ってきました。
sunshine130526093
sunshine130526093 posted by (C)カシワヤ

大変!た〜いへん!
sunshine130526096
sunshine130526096 posted by (C)カシワヤ

焦ったピーターは掃除の終わった寝床へ一目散!・・のはずが、あれれ寝床の上にべびうそ大福を咥えたまま登っちまいましたよ。
sunshine130526098
sunshine130526098 posted by (C)カシワヤ

しまい場所を間違えたのを気づいたのか?そうでもないのか?きびすを返すピーター。
sunshine130526102
sunshine130526102 posted by (C)カシワヤ

あ、落としたw
sunshine130526103
sunshine130526103 posted by (C)カシワヤ

てんやわんや(古い表現w)で拾い上げたピーターは・・
sunshine130526104
sunshine130526104 posted by (C)カシワヤ

しまうはずだったべびうそ大福をくわえてまた出てきてしまいました。
sunshine130526106
sunshine130526106 posted by (C)カシワヤ

おさめどころを見失ってしまったピーターは・・
sunshine130526109
sunshine130526109 posted by (C)カシワヤ

結局引っ張りだされたままのトレーナー近くにべびうそ大福を置き去り・・
sunshine130526111
sunshine130526111 posted by (C)カシワヤ

いったい何をしたいんだかと思いましたが至って本人大まじめなので笑ってしまっては失礼ですよね。
うん、なんだ・・がんばれ僕らのピーター!おたる水族館のみんなも応援してるぞ!(はず

カワウソ初めて物語り_市川市動植物園_2010

通い詰めたる市川市動植物園。
大家族になったムツキ一家との出会いはどこから始まったのでしょうか?そんなふとした疑問にコチトラ自ら答えを求めて昔の写真、彼らに初めて出会った時の様子を垂れ流してみたいと思います。

すちゃらか家長のムツキとの出会いは忘れもしない2010年2月14日のバレンタインデー。
ichikawa100214009
ichikawa100214009 posted by (C)カシワヤ

海遊館から移動してきてまだ独り者ムツキはヒゲも垂れ下がりなんとなくしょぼくれた感じを漂わせていました。でもこの時に見せてくれた何とも表現しがたい魅力のためにコチトラはウソもぐれへの道を歩むことになったのでした。ありがとうムツキ!


それから3ヶ月、ムツキのもとへサンピアザ水族館からナナちゃんが嫁いできてくれました。
ichikawa100515043
ichikawa100515043 posted by (C)カシワヤ

実はナナちゃん、市川市動植物園へ移動してきたのはこの写真よりも1ヶ月も前のこと。てっきり5月連休にはデビューとなるだろうと踏んでいたのですが、意外にも検疫期間が長くお目見えしたのは5月の半ばになってからでした。
開放的な運動場を気に入ったのかどうかは解り間線んがナナはプールや運動場を行ったり来たりとよく動き回っていました。


出会ったムツキとナナはとても相性がよく、すぐにむふふないとなみを見せてくれました。ほどなくして7月29日、最初の子供達コムツ、コウキ、チナ、キリが誕生したのでした。

そしてこれが放飼場へのデビューとなった記念すべき1枚。
ichikawa100926415_kari
ichikawa100926415_kari posted by (C)カシワヤ

実際はもう少し早くから寝室をうろちょろしたりコンテナで水攻めに会っている姿を目撃していたのですが、まぁ初めて写真ということでこれを選ばせていただきました。
コムツのひょうきんさ、マイペースなコウキ、チャレンジャーのキリ、お母さんそっくりのチナ、楽しい子供達の登場にわくわくしました。


それからあれよあれよと言う間に時はたち、2番目の子供達チョキとナオが誕生したのが2011年4月26日。
ichikawa110619320
ichikawa110619320 posted by (C)カシワヤ

むろん写真は誕生から2ヶ月弱のもの。2頭が寝室からムツキに促されて顔を出した瞬間です。ムツキのそばにいるのがチョキで右側の細面なほうがナオになります。この2頭は生まれた時から顔かたちがはっきり違っていたので最初はとても解りやすいなぁと思ったものですが・・その後チョキがキリそっくりになってしまったため長らく個体識別が難しかった思い出があります。


そしてまたもや年をまたぎ正月ボケも抜けきらない2012年1月16日、3番目は一人っ子のレモンが誕生。
ichikawa120310508
ichikawa120310508 posted by (C)カシワヤ

お約束のように生後2ヶ月が近づきお目見えしたレモン。いままでの6頭の子供達にくらべて吻(むぎゅ!)が白くミンクの子供の様な感じが印象的でした。このレモン誕生の時からナナちゃんの毛引きが本格的に始まり隣の放飼場へ移るまで長いことぼさぼさな状態が続きましたが、レモンはそんなことはどこ吹く風、元気いっぱいに育ってくれました。


その年にはもう1頭、8月6日のあつい最中に今度はオスの一人っ子メロンが誕生しました。
ichikawa120929201
ichikawa120929201 posted by (C)カシワヤ

現在ムツキ一家の最年少メロン。彼もナナちゃんの毛引き被害者ですw
レモンほどではありませんがメロンも吻(むぎゅ!)が白く黒々とした大きな目をしていたのを覚えています。こうして幼い頃のレモンとメロンを並べるととても似ているのが解りますよね。誕生は7ヶ月ほど離れていますがこの2頭はとても近い面影を見せてくれます。


さてさて、メロンが生まれてからもうすぐ10ヶ月、ムツキとナナは5度目のむふふないとなみをしているらしく、果たして5度目の子供達が誕生するか否かはカワウソの神様のみ知り得ることなのでしょうね。

コツメ大福悪だくみ陳列事情_サンシャイン水族館_20130526

おっぴゃ〜!と見張り番している姿も愛嬌のあるピーター。
sunshine130526010
sunshine130526010 posted by (C)カシワヤ

愛妻のシュラとも仲良く子育てに没頭中。
sunshine130526018
sunshine130526018 posted by (C)カシワヤ

3頭の子供達は目が開き始めてようやく自力でもぞもぞ出来る様になってきました。
sunshine130526020
sunshine130526020 posted by (C)カシワヤ

足腰はまだおぼつかないのでお尻を引きずる様にもぞる姿を見ていると微笑ましいですね。
sunshine130526023
sunshine130526023 posted by (C)カシワヤ

ここで奥のべびうそに注目!この子が一番目の空き方が早いのですが・・

ものごっつう悪だくみ顔w
sunshine130526026
sunshine130526026 posted by (C)カシワヤ

ここまで潔い悪だくみ顔も見ていて清々しいものです。
最近の悪だくみ顔と言えば鹿児島県の平川動物公園のちびうそを思い出しますが、この子に比べればカワイイもんです。

とは言えまだまだ親にとっては心配の種。
sunshine130526028
sunshine130526028 posted by (C)カシワヤ

出てきたと思ったらすぐに返品されてしまいます。
sunshine130526029
sunshine130526029 posted by (C)カシワヤ

しかしながらまた陳列しようとしたりして・・
sunshine130526034
sunshine130526034 posted by (C)カシワヤ

ピーター達はしまいたいんだか見せびらかしたいんだかよくわからないありさま。
sunshine130526035
sunshine130526035 posted by (C)カシワヤ

運ばれようが見せびらかせようが表情一つ変えないべびうその面がじわじわきます。
sunshine130526039
sunshine130526039 posted by (C)カシワヤ

やっぱり回収〜!
sunshine130526042
sunshine130526042 posted by (C)カシワヤ

なかなか外の世界を自由に行き来するにはまだしばらくの時間が必要な感じですね。
sunshine130526051
sunshine130526051 posted by (C)カシワヤ

はい、店じまい〜!
sunshine130526059
sunshine130526059 posted by (C)カシワヤ

次の特売はまた今度ね!
sunshine130526060
sunshine130526060 posted by (C)カシワヤ

ちびうそ特売セールは短いのです。とほほ・・

5週目べびうそ大福もぞもぞ_サンシャイン水族館_20130526

絶賛増量中のサンシャイン水族館べびうそ3頭。
sunshine130526001
sunshine130526001 posted by (C)カシワヤ

4月22日生まれなので生後丸5週間たったことになります。だいたい4週たつと目が空いてくるので日曜夕方にコチトラが見に行った時は空きかげんに差はあれどもすっかり目が空いてもぞもぞし出していました。



よく鳴き、よく動き、よくコケルw

さあじわじわと楽しみになってきました!

雨降りソラ君_のいち動物公園_20120617

HD整理してたら出てきた出てきたこれ!
去年梅雨入り前の大雨の中で撮影したのいち動物公園ツメナシカワウソのソラ君写真。

あどけない表情。
noichi120616050
noichi120616050 posted by (C)カシワヤ

まだ怖いもの知らずな頃。
noichi120616052
noichi120616052 posted by (C)カシワヤ

雨の中だけどおねむなの・・
noichi120616468
noichi120616468 posted by (C)カシワヤ

あまあまソラ君動画。


この時は大雨のおかげでレンズはAFがきかなくなるわ、あいほんのカメラはうつらなくなるわ、しまいにゃ手が滑ってあいほん裏のガラス割るわで、そりゃも〜大騒ぎで今夜はパーティーさ!でした。

撮影してからもうじき一年経つのですっかり大きくなっているであろうソラ君、また会いたいねぇ。

ムツキとナナのあの頃をもう一度_市川市動植物園_20130503

昨年8月に生まれたメロンもようやく手のかからない年頃となったこの頃(おむすび頃頃)ムツキとナナは新婚当時の様に2人だけの時間を作ることが見受けられる様になりました。

新婚アツアツ風景はこちらから
市川市動植物園 ムツキとナナのその後 20100711

おなじみムツキ座りのうしろから誘うナナ。
ichikawa130503016
ichikawa130503016 posted by (C)カシワヤ

大きく身体を預けるナナをやさしく抱きかかえるムツキ。
ichikawa130503028
ichikawa130503028 posted by (C)カシワヤ

ムツキも目をつぶってゆったりとしていますね。
ichikawa130503029
ichikawa130503029 posted by (C)カシワヤ

首を起こして寄り添うナナ。
ichikawa130503031
ichikawa130503031 posted by (C)カシワヤ

少しでも多く触れ合っていたいという気持ちが伝わってきますね。
ichikawa130503032
ichikawa130503032 posted by (C)カシワヤ

ウッドデッキの柱にしがみつくナナ。
ichikawa130503037
ichikawa130503037 posted by (C)カシワヤ

うっとりと言う言葉がこれほど似合う光景もそうないでしょう。
ichikawa130503038
ichikawa130503038 posted by (C)カシワヤ

お互いの気持ちが通じているからこそこんなにおちついていられるのでしょうね。
ichikawa130503039
ichikawa130503039 posted by (C)カシワヤ

因にこの時のムツキとナナはペアリングには至っていませんでした。あくまで真似事の行為、でも彼らの気持ちがわかるでしょ?キーパーさんによるとメロンのことが落ち着いてからやることはやっているとのこと、脂の乗り切った夫婦生活は焦らずゆっくりとした昼下がりの情事を楽しむのですね。

ムツキ「まかせとき〜!」
ichikawa130503060
ichikawa130503060 posted by (C)カシワヤ

はたしてメロンがお兄ちゃんになる日が来るのか?乞うご期待!

タスケの2コマまんが_ひらかたパーク_20130512

タスケく〜〜〜ん!
hirakata130512136
hirakata130512136 posted by (C)カシワヤ

ばびょ〜〜〜ん!
hirakata130512135
hirakata130512135 posted by (C)カシワヤ

追加

メロン日記_市川市動植物園_20130503

だお!っとメロンのものぐさポーズ。
ichikawa130503044
ichikawa130503044 posted by (C)カシワヤ

実は小石でジャグリング中なのですがコムツ兄ほど上手くはありません。ものぐさ度もナオ兄にはまだまだ・・
ichikawa130503045
ichikawa130503045 posted by (C)カシワヤ

それでもきゅいっと!
ichikawa130503047
ichikawa130503047 posted by (C)カシワヤ

やっぱりゴキゲン!
ichikawa130503048
ichikawa130503048 posted by (C)カシワヤ

メロンはあどけなさは残るもののずいぶんと大人顔になってきました。
彼と姉のレモンはムツキ一家内では吻の白さが目立つ個体でどことなくヨーロッパミンクっぽい印象を受けます。

もしかしたらメロンもお兄さんになる日が来るかもしれませんよ。

カワウソハンコ_アニマルスタンプ・カワナ_20130521

キタコレ
kawauso120521002
kawauso120521002 posted by (C)カシワヤ

感無量!


あらためてレッザックに押してみた。
kawauso1300516001
kawauso1300516001 posted by (C)カシワヤ

でもやっぱりハンコ押すのへたくそ・・

6時だョ!全員起床_海遊館_20130511-12

  • Posted by: カシワヤ
  • 2013-05-19 Sun 23:04:23
  • 海遊館
きゅ〜い・・きゅいぃぃ・・なにやら甲高い声が頭の上から聞こえてくる・・。

目を覚ますと目前にカマイルカがコチトラの近くを漂いながらふわふわと浮いているのが目に入ってきた。
kaiyukan13051112008
kaiyukan13051112008 posted by (C)カシワヤ

おはようございます。
ここは海遊館カマイルカ水槽の真っ正面。眠い目をこすって漂うカマイルカにご丁寧な挨拶をば。時間を調べると朝の5時。起床予定時間よりも1時間早くカマイルカに起こされてしまった訳ですがこんな目覚め方なんてそう何度も体験できるものではありませんからとても壮快な気分です。

館内を見渡すとそこらかしこに野郎共が死屍累々。by太川陽介

皆まだ睡眠をむさぼっているのか・・と思いきやチョイと奥のパネル展示場ではすでに起きている方がいました。「おはお〜!」声をかけると熱心に日本の水族館の歴史を綴ったパネルにご執心。水族館に来て水槽の前で寝なかったの?と問えば、暗くないと寝れないんだとか。なるへそ、こればかりは致し方ない人それぞれですものね。

しばらくこのゆったりと流れる時間を楽しみつつ起床予定時間を待つ。そうこうしているうちにあちらこちらでもぞもぞと野郎共が起き出してきましたよ。水槽にも最上階から差し込む光が偽岩を照らし始め先程まで寝ぼけていたカマイルカ達も機敏な動きを取り戻してきた頃・・引率のキーパーさんの「おはよ〜ございます!」の声、さあここからは現実のはじまりです。例によって例のごとく昨夜のブリーフィング(廊下)ルームへ戻って歯磨き洗顔をする野郎共。19時半から食事をとっていないので皆腹が減っている様子。一同張り切ってホテルシーガルてんぽーざん大阪へ朝食バイキングへと洒落込みましょうか。

バイキングはけっこう豪勢。予想以上にメニューが豊富で食べるモノに迷ってしまうぐらいでした。サラダにはじまり洋食メニュー、和食メニュー、フルーツ、デザート、ドリンクと一通り食べてしまった自分が恐い。ここでちょっと一考、参加費6000円のうち朝食代はいくらなんでしょうね?あぁ野暮野暮、そんなみみっちいこと考えるなんてコチトラのばか!と自問自答。あ、言い忘れていましたが今回の10名の中にはTwitterで知り合った方が1名とウソもぐれでおなじみの方が1名、コチトラとあわせて3名で仲良く食事を致しました。

食事の後は朝の自由見学時間。朝日がキラキラしている水槽へでっぱつです。

透き通る水槽に浮遊するカリフォルニアアシカ。
kaiyukan13051112014
kaiyukan13051112014 posted by (C)カシワヤ

この時間に見知らぬ人間がいるのが珍しいのかぽか〜んとした顔でコチトラを見つめています。
kaiyukan13051112019
kaiyukan13051112019 posted by (C)カシワヤ

朝のグルーミングに余念のないアリューシャンラッコ。
kaiyukan13051112052
kaiyukan13051112052 posted by (C)カシワヤ

もしゃもしゃとかきむしる様な仕草。
kaiyukan13051112053
kaiyukan13051112053 posted by (C)カシワヤ

う〜ん・・
kaiyukan13051112054
kaiyukan13051112054 posted by (C)カシワヤ

マンダムw
kaiyukan13051112055
kaiyukan13051112055 posted by (C)カシワヤ

もちろんコツメカワウソのフォーだってしっかりいつもより早い時間からご出勤。
kaiyukan13051112176
kaiyukan13051112176 posted by (C)カシワヤ

館内にはキーパーさんをはじめとする職員の方々がちらほらと慌ただしく顔を見せ始めた頃・・集合時間と相成りました。さて、ここからはバックヤード見学。写真撮影は御法度なので駄文で我慢してください。

良くわからない扉と通路をつたってやって来たのは太平洋水槽の真上。十字形をしたこの大きな水槽を上からのぞき込むとよけいにでかく感じます。説明に寄ると長辺が約34mだったかな?さすがは日本で2番目にでかい水槽なので迫力があります。水槽の上には大型魚を搬入するクレーンの鉄骨レールが無骨に鎮座。コンテナ埠頭にあるガントリークレーンを建物内に組み込んだ様な構造にしばし埋立地への思いがふっと浮かんできました。

因にガントリークレーンってヤツはこれね。
chibako100522268
chibako100522268 posted by (C)カシワヤ

その後は生き物達の食事を準備する部屋を外側から見学。みなさんテキパキと仕事をこなして見ていてとても小気味良い気持ちになりました。ここで一大センセーション!通路にこじんまりとした2槽式洗濯機、そしてその傍らに運ばれて来たモノはなんとコツメカワウソ使用済みほやほやのドンゴロス!これから洗濯機で消毒洗浄するとのこと・・あいや!しばし待たれい!とばかりにウソもぐれの面子がむさぼる様に匂いを嗅ぎ嗅ぎ、あぁ幸せなひとときにうっとり・・

でも幸せな時間はすぐに過ぎて行ってしまうものなのよ奥様・・

バックヤード見学を終えた野郎共は例のブリーフィング(廊下)ルームへ逆戻り。各自帰りの準備をすませアンケートを済ませたらここで解散。あ、そうそうアンケートにはカワウソのバックヤードが見たいと書いておきました。

ずいぶんと長い垂れ流しになりましたがここで再入館組と帰宅or移動組にわかれておさらば。コチトラはひらかたパークへ移動するため海遊館へ別れを告げたのでした。

ちょいまち!
肝心要のワモ〜ン!写真を取り忘れていることに今更気づくコチトラ。何処まで行っても詰めの甘さが露呈してしまう情けなさに朝日は容赦なく降り注ぐのでありました。完!

ハグハグたうんの仲間達_ひらかたパーク_20130512

海遊館の野郎ども合宿だぜの後半垂れ流しもしていないのにすっ飛ばしてひらかたパークへ寝ぼけ眼で行ってきましたよ。

しか〜し!入園すぐにコツメカワウソ放飼場へ行ってみたところ・・
hirakata130512003
hirakata130512003 posted by (C)カシワヤ

がっび〜〜〜ん!おねむ中です。
やっぱりこの時間、おねむの確率が往々にして多いのだ。朝イチからの入園じゃないとこうゆう目に遭うのです。
そこで気は早いのですが園内のもうひとつのカワウソ展示場どうぶつハグハグたうんへ入場。
サンゴとササノスケに会えていない失意のコチトラにハグハグたうんの仲間達の反応は・・

アルパカにシカトされ・・
hirakata130512010
hirakata130512010 posted by (C)カシワヤ

アヒルは黙りを決め込み・・
hirakata130512083
hirakata130512083 posted by (C)カシワヤ

メンフクロウには威嚇され・・
hirakata130512013
hirakata130512013 posted by (C)カシワヤ

ペンギンに奇異な目で見られ・・
hirakata130512020
hirakata130512020 posted by (C)カシワヤ

ミーアキャットに怪しまれるコチトラでありました。
hirakata130512026
hirakata130512026 posted by (C)カシワヤ

そんな中で床に寝転んでいる癒し系はマーラ。
hirakata130512029
hirakata130512029 posted by (C)カシワヤ

非常におとなしく奥病なので視線を床近くに持って行くと・・
hirakata130512034
hirakata130512034 posted by (C)カシワヤ

ようやくコチトラにも慣れたのか寄ってきてくれました。(わい!
hirakata130512033
hirakata130512033 posted by (C)カシワヤ

因にマーラは鹿でもましてや馬ではありません。げっぱめです。
hirakata130512079
hirakata130512079 posted by (C)カシワヤ

また奥の方からもちょいと視線を感じたので振り向くと・・
hirakata130512036
hirakata130512036 posted by (C)カシワヤ

こりゃまたのほほんとワラビーですね。
hirakata130512078
hirakata130512078 posted by (C)カシワヤ

もう一頭お母さんらしき個体もコチトラを見ていました。
hirakata130512035
hirakata130512035 posted by (C)カシワヤ

え、なんでお母さんだって解るのかって?そりゃ〜一目瞭然でしょ!
hirakata130512041
hirakata130512041 posted by (C)カシワヤ

最初に視線をくれた個体がお父さんみたい。近づくと袋の辺りで鼻をふんふん。
hirakata130512042
hirakata130512042 posted by (C)カシワヤ

お母さんがごろ〜ん!子供がちょろ〜ん!
hirakata130512039
hirakata130512039 posted by (C)カシワヤ

やあ、可愛い子供が袋(育児囊)から顔を出してくれましたよ。
hirakata130512072
hirakata130512072 posted by (C)カシワヤ

こんなに近くでワラビーの子供を拝めるなんて嬉しいですね。
hirakata130512077
hirakata130512077 posted by (C)カシワヤ

「あんじょうええもんみせてもろうたわい。」

さてハグハグたうん500円の目的といえばいよいよ前科持ちのあのコツメカワウソの登場です。
でも続く!


ここで注意!
今回垂れ流しの演出上動物達が失意のコチトラを無視あるいは怪しむ様な垂れ流しに致しましたが、実際はそんなことはありません。ハグハグたうんの仲間達はとてもフレンドリーでカワイイ仕草を見せてくれる動物さん達でいっぱいです。我々人間達が接し方を間違えないかぎりとてもやさしく癒しの力をあたえてくれますので良い子の皆さんそこんところ間違えずにヨロシクね♡


20130519追記:ちびワラビーが可愛いので写真2枚追加ですわよ。奥様・・

hirakata130512064
hirakata130512064 posted by (C)カシワヤ

hirakata130512070
hirakata130512070 posted by (C)カシワヤ

コツメ大福増量セール中_サンシャイン水族館_20130513

うちの大福もぎょうさんおおきくなったでぇ〜!
sunshine130513149
sunshine130513149 posted by (C)カシワヤ

いきなりなんちゃって関西弁で登場したのはサンシャイン水族館のゴッドマザーシュラ。
確か東南アジア出身だったと思ったのですが・・なんで関西弁?

どや?このもちもちと旨そうな大福!
sunshine130513150
sunshine130513150 posted by (C)カシワヤ

ここんところぎょうさん大きくなって運ぶのもえらいおっくうになってきたんや。
sunshine130513151
sunshine130513151 posted by (C)カシワヤ

うんしょ、こらしょ、よっこい正一。
sunshine130513152
sunshine130513152 posted by (C)カシワヤ

ベタベタなギャグもシュラにはお手の物。

むぐぅ・・
sunshine130513153
sunshine130513153 posted by (C)カシワヤ

さすがにしんどいわ・・
sunshine130513154
sunshine130513154 posted by (C)カシワヤ

もうちょい近くと思ってたけどここらで勘弁しといたるか・・
sunshine130513155
sunshine130513155 posted by (C)カシワヤ

どっこいしょ!
sunshine130513279
sunshine130513279 posted by (C)カシワヤ

おとなしゅうしぃや。
sunshine130513282
sunshine130513282 posted by (C)カシワヤ

どや?うちのカワイイカワイイ大福やでぇ〜!
sunshine130513287
sunshine130513287 posted by (C)カシワヤ

ほれ!ご挨拶や。
sunshine130513288
sunshine130513288 posted by (C)カシワヤ

これからいつも世話になっとるキーパーさんに大切にしてもらうんやで。
sunshine130513289
sunshine130513289 posted by (C)カシワヤ

ほな、そろそろ行くか・・
sunshine130513290
sunshine130513290 posted by (C)カシワヤ

ほんにイイコや。
sunshine130513291
sunshine130513291 posted by (C)カシワヤ

そ〜っと、そ〜っと。
sunshine130513296
sunshine130513296 posted by (C)カシワヤ

因にやけどそろそろうちの大福達も目が開く頃や、たのしみにしたってや〜!
sunshine130513295
sunshine130513295 posted by (C)カシワヤ

すくすくと増量中の大福自慢を済ませたシュラは再び寝床のトレーナーの中へ潜って行きました。

それにつけても何故関西弁ですの?奥様・・

一人遊びのサラ姫と寝坊助ママット君_南知多ビーチランド_20130330

ここで突然に南知多ビーチランドの写真なのだ。
だってフォト蔵にアップしてから忘れていたんだもん!って自慢になりませんことよ奥様・・

主役はもちろんサラ姫ちゃん。お鼻ぷくぷく。
minamichita1303301269
minamichita1303301269 posted by (C)カシワヤ

その筋の方からおばあちゃんにあたる海遊館のコウメに似ているとのお話をいただきましたが、コチトラコウメさんに会ったことがない上にむか〜しの写真を先生のブログ(だったかな?)で拝見しただけなのでなんとも言えませんが、きっとそうなんでしょうと確信することにしました。たしか市川市動植物園のムツキもコウメの息子でたしか似ているなぁという印象が会ったのですが、サラ姫とムツキでは・・まぁ考えるだけ野暮ったい話なので本編とまいりましょう。

ドンゴロモックでオヤスミ中の相方ママット君と何故だか一人で起きているサラ姫。
minamichita1303301110
minamichita1303301110 posted by (C)カシワヤ

いつまでたっても起きてこないママット君と手持ちぶたさなサラ姫が対称的。
minamichita1303301117
minamichita1303301117 posted by (C)カシワヤ

デリケートゾーン(古! のお手入れにいそしむサラ姫はさすがおにゃのこ。
minamichita1303301120
minamichita1303301120 posted by (C)カシワヤ

おんや〜?なにやら細長いモノをあむあむし始めましたよ。
minamichita1303301125
minamichita1303301125 posted by (C)カシワヤ

よく見ると(よく見なくても)それは自分のしっぽなのでした。
minamichita1303301128
minamichita1303301128 posted by (C)カシワヤ

マイしっぽでうっふん!
minamichita1303301130
minamichita1303301130 posted by (C)カシワヤ

とてもカワイイサラ姫、この娘が伝説のセクハラ女王だなんてとても思えませんよね。

因にさすらいの食いしん坊ママット君歯その後どうしたかというと・・
minamichita1303301471
minamichita1303301471 posted by (C)カシワヤ

キーパーさんからゴハンをもらう時でもドンゴロモック。
こりゃ!運動不足でぷくぷくになる前にがんばらにゃあかんでよママット君!

野郎お泊まりと朝の写真_海遊館_20130511-12

  • Posted by: カシワヤ
  • 2013-05-15 Wed 11:40:00
  • 海遊館
こんにちは。
「朝」と打とうとして変換第一候補が「安佐」ってどうよ?なカシワヤでござい。

お約束どおり5月11日〜12日に催された海遊館男子限定お泊まりスクールの様子を(いつもより文章多めで)垂れ流したいと思います。
kaiyukan13051112001
kaiyukan13051112001 posted by (C)カシワヤ

あ、最初に断っておきますが写真はすべて12日朝以降のものです。後で事情を書きますのでそこんとこヨロシク。

今回大阪へは定番の新幹線を使わずに伊丹空港への空路を選択しました。何故かって?それはズバリ!飛行機代が安かったから。ANAのWeb予約を調べてみたら割引料金で約1万円しかかからなかったのですよ。陸路では通常コチトラは 最寄り駅〜東京駅〜新大阪駅〜大阪港駅 ですが空路は 最寄り駅〜羽田空港〜伊丹空港〜梅田〜大阪港駅 でした。割引値段のおかげで空路の方が総合的にちょいと安く所要時間も30分程度しか変わりませんでした。

海遊館正面エントランスへ到着したのは18時40分頃、最終入館は19時なのでお泊まりする前に一周してこようかな?とも思いましたが、集合時間が19時30分なのと腹が減っては戦は出来ぬと空腹に耐えられずとりいそぎ近場のレストランへ・・おつまみセットと麦汁で腹ごしらえ致しました。(おい!

案内状に従い集合場所へ来て見てビックリ「おんや〜?す・く・な・い!」たしか当選通知には厳正なる抽選の結果としっかり書かれていたのですが、蓋を開けてみれば9組10名という顛末。抽選必要なかったでしょ?との突っ込みに受付の方も「はい!」と応えられていました。まぁ少人数の方がディ〜プな話も出来るというもの・・しかし次回開催が危ぶまれますねw

業務用エリアを通って入館、そして館内コースの最後の辺りクラゲコーナーへ降りるエスカレーターのところからまた業務用エリアへ廊下っぽいところの両側に長机と丸椅子、我々10人が座ってもスッカスカの状態。この用意された椅子の数を考えると如何に今回の応募者=参加者が少なかったのかが窺い知れます。ともあれここがブリーフィングルーム、さっそくツアーを引率してくださるキーパーさん2名により概要・スケジュール・注意事項など説明あり。さらには参加者の自己紹介へと続きました。もちろん「好きな動物はカワウソです!」って言ってきましたよ。


因にここから垂れ流す写真はすべて翌朝の見学時以降の写真です。それは夜の見学では閉館後の照明を落とした状態なので撮影禁止のお達しがあったからです。文章と写真の時系列がずれていますがそんなことはこのブログではよくあること!時間も押してきたので館内見学へでっぱつしましょう。

中央の太平洋水槽ジンベエザメ。
kaiyukan13051112005
kaiyukan13051112005 posted by (C)カシワヤ

カタクチイワシのトルネード。
kaiyukan13051112006
kaiyukan13051112006 posted by (C)カシワヤ

ハシャグマことアカハナグマ。
kaiyukan13051112002
kaiyukan13051112002 posted by (C)カシワヤ

ゆったりと泳ぐカマイルカ達。
kaiyukan13051112010
kaiyukan13051112010 posted by (C)カシワヤ

交差するゴマフアザラシとカリフォルニアアシカ。
kaiyukan13051112011
kaiyukan13051112011 posted by (C)カシワヤ

ほとんどの魚類水槽は静まり返り夜特有の神秘的な雰囲気が館内を包んでいました。

夜の見学時間はみんなディ〜プな質問と受け答えに時間が押しまくりんぐ。ブリーフィングルームへ戻ってさっそく寝場所確保のジャンケンを行い案の定一番負けになるコチトラ・・まぁ残り物には福があるはず!一同寝床に向かって再でっぱつ!一番勝ちの方から館内へショバトリへ、そして30秒間をあけてからで2番勝ち3番勝ちと進んで行きました。そして最後にコチトラでっぱつ。しっかりと明確な場所は決めていませんでしたがちょっと進んでみたら空いていたのであっさりと寝場所を決定!

それはここカマイルカの窓。
kaiyukan13051112009
kaiyukan13051112009 posted by (C)カシワヤ

起床時間は6時、明日の様子は次回の垂れ流しで。
そんだばおやすみなさ〜い!

べびうそ達の白いお姉さん_サンシャイン水族館_20130513

ハクちゃんだいぶ体つきもしっかりしてきて体力が付いたのか走るは植え込みに潜るは大はしゃぎでした。



でもやっぱりお子様は苦手なの・・

タスケの握手を独り占め_ひらかたパーク_20130512

肝心のタスケがそっぽ向いちゃってるのはお約束なのだ。

朝からばびゅ〜ん!でフォー!_海遊館_20130511-12

  • Posted by: カシワヤ
  • 2013-05-12 Sun 21:20:01
  • 海遊館
野郎ども!お泊まりだぜ全員集合!

てなわけで5月11日〜12日に海遊館へお泊まりスクールへ行ってきました。ともかく詳しい垂れ流しは後追いでいいよね?(おい!
何はともあれカワウソ写真を流さねば始まらないので朝8時半から大暴れのフォーでGo!

早朝の海遊館日本の森コーナー、コツメカワウソの窓。
kaiyukan13051112100
kaiyukan13051112100 posted by (C)カシワヤ

天井から入ってくる朝日が洞窟エリアを浮かび上がらせて神秘的な感じでした。
kaiyukan13051112101
kaiyukan13051112101 posted by (C)カシワヤ

でもそんな厳かな雰囲気もフォーの登場でぶちこわし一変します。

コツメダンスで・・
kaiyukan13051112168
kaiyukan13051112168 posted by (C)カシワヤ

ばびゅ〜ん!
kaiyukan13051112193
kaiyukan13051112193 posted by (C)カシワヤ

コツメステップで・・
kaiyukan13051112169
kaiyukan13051112169 posted by (C)カシワヤ

にょろ〜ん!
kaiyukan13051112195
kaiyukan13051112195 posted by (C)カシワヤ

コツメ死霊の盆踊りで・・(こら!
kaiyukan13051112170
kaiyukan13051112170 posted by (C)カシワヤ

2013年宇宙の旅!
kaiyukan13051112209
kaiyukan13051112209 posted by (C)カシワヤ

次回「野郎どもの宴、噎せ返る加齢臭」にご期待ください。

でっぱつ前、お見送り_市川市動植物園_20130503

市川市動植物園のムツキ達がお見送り。
左からキリ、メロン、チョキ、ムツキ、ナナ。
ichikawa130503086
ichikawa130503086 posted by (C)カシワヤ

いってら〜!
左からコウキ、コムツ、ナオ。
ichikawa130503431
ichikawa130503431 posted by (C)カシワヤ

これから海遊館てなもんや合宿へ。さてさて・・

穴埋め動画できゅい!_市川市動植物園_20130420

だね?




だしょ!




ですわよ・・奥様。

ヘビヘビ大行進!にょろりんぱ!_ジャパンスネークセンター_20091012

え〜、とっても懐かしい2009年の写真で垂れ流し。題して「群馬の山奥で♪修行して♪」だそうです。
はい、そこのあなた!歌わない歌わない!歳がばれますよ。

てなわけで日本で毒蛇研究機関としては唯一無二に近い組織、ジャパンスネークセンターの写真がにょろりんぱ!なのだ。

ヘビ研名物ハブの採毒実験の始まり始まり。
hebiken091012026
hebiken091012026 posted by (C)カシワヤ

こうやってビーカーに押し付けると・・
hebiken091012024
hebiken091012024 posted by (C)カシワヤ

とれたて絞り縦の蛇毒がいただけます。(いただくなっつーの!
hebiken091012023
hebiken091012023 posted by (C)カシワヤ

毒蛇最強の部類に入るブラックマンバ。でも目がぷりちー!
hebiken091012020
hebiken091012020 posted by (C)カシワヤ

こうやってからんでもつれてうっふん!はっふん!なマンバさん。
hebiken091012019
hebiken091012019 posted by (C)カシワヤ

実はここのブラックマンバさんはコチトラの勤め先にほど近いところで、とある個人さんが無許可違法飼育されていた個体を保護したものなのです。発覚したのも当の本人が噛まれたからと言うことで・・皆さんいくら可愛いと思っても危ないのでやめましょうね。

でもヘビ可愛いよヘビ!

夜のべびうそ悪戦苦闘_サンシャイン水族館_20130504

この5月連休中にはじめて夜のサンシャイン水族館へ行ってきました。
目的はもちのろんろん、ピーターとシュラのべびうそです。夜間照明で苦労するのは目に見えていたのですが、あえて挑戦してきました。

「記録・・それは儚い。ひとつの記録は次の記録に破られるためにあるのである・・おめでとー!日本一!」

このフレーズに涙したそこのあなた!もうムリが出来る歳ではないので早く寝ましょう。

隙間から覗くべびうそ。AF迷いまくりなのだ。
sunshine130504021
sunshine130504021 posted by (C)カシワヤ

もしかして授乳?かとも思いましたがどうやら顔を突っ込んでいるだけなの様です。
sunshine130504072
sunshine130504072 posted by (C)カシワヤ

べびうそぶらぶらお散歩ピーター。
sunshine130504124
sunshine130504124 posted by (C)カシワヤ

しかしなんですね。
この日もお客さんいっぱいで視線を浴びまくっているのにピーターとシュラは動じることなく子育てに専念しておりました。普通こんな環境なら子育てに支障が出るのでは?と思いますがこの肝の据わりぶりには良くも悪くも感服致します。

それにつけてもコチトラの写真はノイズまみれでとほほな状態。しかしあえてこの条件で撮影に臨んだコチトラを心から褒めてあげたいです。(甘えてんじゃねぇよ・・

花にまつわる鼻の話_恩賜上野動物園_20130504

奥様!たいへんたいへん!

恩賜上野動物園のユーラシアカワウソ三姉妹の鼻模様が無くなっちゃったのよ!
ueno130504047
ueno130504047 posted by (C)カシワヤ

前回識別ポイントとして重宝していた鼻ピンク模様は移動の時に付いたすり傷だったんですって!
ueno130413008
ueno130413008 posted by (C)カシワヤ

アクアマリンふくしまにいる頃は三姉妹とも黒々としたお鼻だったので傷が治って元に戻ったという当たり前のことなんだけど・・ハッハッハ!こりゃぬかった!また一休にしてやられたわい!(負け惜しみ

てなわけでかすかに残るすり傷模様とおぼろげな容姿の記憶でよ〜く見ると・・

ももと思わしき個体。
ueno130504053
ueno130504053 posted by (C)カシワヤ

さくらと思われる個体。
ueno130504052
ueno130504052 posted by (C)カシワヤ

うめと思っちゃったりしちゃう個体。
ueno130504031
ueno130504031 posted by (C)カシワヤ

これで三姉妹の識別はやり直し。吻(むぎゅ)と顎の模様をしっかり観察し直さなければならなくなりました。それにつけても鼻模様は一過性で長く識別には使えないと経験上解っていたはずなのにこのテイタラク、ぬかったわい!

いったいぜんたいどうしましょう?奥様・・

どうしましょう?っていわれてもねぇ・・
ueno130504148
ueno130504148 posted by (C)カシワヤ

カワウソの車窓から(車じゃないけど)_市川市動植物園_20130503

こんばんぴゃ〜!
みんなのアイドルコツメ少年隊なんだきゅい!左からコムツ、ナオ、コウキだっぴゃ!
ichikawa130503438
ichikawa130503438 posted by (C)カシワヤ

こんど僕らの遊び場ステージに階段が付いたりして新しくなったきゅい!
ichikawa130503001
ichikawa130503001 posted by (C)カシワヤ

見に来てきゅいきゅい!
ichikawa130503003
ichikawa130503003 posted by (C)カシワヤ

てなわけで流しカワウソも又改良されて窓から見やすくなったのだ。
ichikawa130503002
ichikawa130503002 posted by (C)カシワヤ

こうやって窓から覗いていると・・
ichikawa130503358
ichikawa130503358 posted by (C)カシワヤ

さっそくナオがざば〜!
ichikawa130503360
ichikawa130503360 posted by (C)カシワヤ

あれよあれよという間に・・
ichikawa130503426
ichikawa130503426 posted by (C)カシワヤ

コムツもコウキもやって来て・・
ichikawa130503427
ichikawa130503427 posted by (C)カシワヤ

あっという間に少年隊が我が物顔。
ichikawa130503377
ichikawa130503377 posted by (C)カシワヤ

今回の流しカワウソのリニューアル効果で覗き窓から見た風景がかなり面白くなりました。
ichikawa130503293
ichikawa130503293 posted by (C)カシワヤ

レンズをガラスに密着させて撮れば・・ほいこのとおり。
ichikawa130503295
ichikawa130503295 posted by (C)カシワヤ

ichikawa130503300
ichikawa130503300 posted by (C)カシワヤ

ichikawa130503301
ichikawa130503301 posted by (C)カシワヤ


今までカワウソ達はたま〜に覗き窓近くを横切る様に泳ぐだけだったのが、目の前でざば〜!とかばしゃ〜ん!とかする様になったんのですからこの変化は面白いですよ。ちょっとしたアイデアですがNK-200とNK-300侮れません。

年パス更新_市川市動植物園_20130503

おんやぁ〜?ガレージチェアの上に何やら怪しいモノが・・
ichikawa130504001
ichikawa130504001 posted by (C)カシワヤ

こ、これは!
ichikawa130504002
ichikawa130504002 posted by (C)カシワヤ

市川市動植物園5月コツメカワウソの年パス詰め合わせじゃないですか!
ichikawa130504003
ichikawa130504003 posted by (C)カシワヤ

左上:2013年5月のナオ、コムツ、コウキ(流しカワウソ少年隊アップ)
右上:2013年5月のナオ、コムツ、コウキ(流しカワウソ少年隊ロングショット)
左下:2011年5月のムツキ、ナナ、コムツ、コウキ、チナ、キリ(ウッドデッキ勢揃い)
右下:2012年5月のムツキ(セクシーショット)

だそうですわよ・・奥様。

Index of all entries

Home > 2013年05月

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。