Home > 2014年01月

2014年01月 Archive

侵略!アミメっ仔ジラフ星人_姫路セントラルパーク_20140119

コツメカワウソお日様兄弟だと思った?ざ〜んねん今回はメキシコのチュパカブラならぬ謎の生物で垂れ流し。題して「侵略!アミメっ仔ジラフ星人」ですわ奥様・・

早速登場のジラフ星人。謎の生物なのに姫路セントラルパークで飼育中なのがサービスよすぎて泣かせます。
himecen140119981
himecen140119981 posted by (C)カシワヤ

そしてべろんちょ!発動。まてまて、ベロのように見えるけどもしかしたらべろじゃなくて・・きゃ〜のび太さんのエッチぃ〜!
himecen140119982
himecen140119982 posted by (C)カシワヤ

ザラブ星人が変身した偽ウルトラマンの様な鋭い目に独特の触手?それにしても口の開き具合がどことなく◯ィズニーキャラっぽいw
himecen140119983
himecen140119983 posted by (C)カシワヤ

手すりについた水分の成分調査を行う様子を見るとかなり知能が高い宇宙生命体の様です。きっと乗ってきた宇宙船はサジタリウス号かもしれませんね。それから萌えキャラ化の際はぜひ金元寿子さんでお願いします。台詞の語尾は「〜でキリン!」
himecen140119984
himecen140119984 posted by (C)カシワヤ

てなわけで侵略!アミメっ仔ジラフ星人はこの日もお子様達へゴハンの催促に余念がないのでしたキリン!
himecen140119985
himecen140119985 posted by (C)カシワヤ

潜入!コツメパイプ(但し気持ちだけ_おたる水族館_20140102

こんばんぴゃ!おたる水族館の肉食系獺を目指す実は草食系獺のダイだっぴゃ!とあぎあぎ・・
otaru1401020747
otaru1401020747 posted by (C)カシワヤ

コツメブリッジを颯爽と行く僕。もちろんカオルをエスコートさ!
otaru1401020823
otaru1401020823 posted by (C)カシワヤ

あれれ、どっちがどっちだっけ?(一本道なのに道に迷うダイw
otaru1401021010
otaru1401021010 posted by (C)カシワヤ

とは言え無事に目的地に到着だべさ!
otaru1401020917
otaru1401020917 posted by (C)カシワヤ

目的地はムーディな照明がそそる離れ小島水槽。2頭きりの静かな場所でダイとカオルは・・(いやん!ばかん!うふふ・・by林家木久扇 元木久蔵



コツメブリッジと来たらお次はもちろんコツメパイプ。今回は無謀にも写真左下の水槽とパイプのジョイント部分に(気持ちだけ)潜入ダベさ。
otaru1401020002
otaru1401020002 posted by (C)カシワヤ

んで、にょろ〜ん!
otaru1401020969
otaru1401020969 posted by (C)カシワヤ

キタキタ!
otaru1401020975
otaru1401020975 posted by (C)カシワヤ

眩しいほどライトで照らされて乱反射している上に・・
otaru1401020991
otaru1401020991 posted by (C)カシワヤ

カワウソ達の動きが早くってなかなか上手く撮れません。
otaru1401020996
otaru1401020996 posted by (C)カシワヤ

しゅた!
otaru1401021000
otaru1401021000 posted by (C)カシワヤ

ジョイントの向こう水槽側は光量が少なくAFがまよったりなんかしちゃったり・・
otaru1401021003
otaru1401021003 posted by (C)カシワヤ

水面と水中の屈折率の違いでなかなか難しい・・
otaru1401021026
otaru1401021026 posted by (C)カシワヤ

しかもコチトラはほとんど腹這いに近い状態・・
otaru1401021110
otaru1401021110 posted by (C)カシワヤ

そんなこんなで上目遣いのカオル。(意味不明
otaru1401021111
otaru1401021111 posted by (C)カシワヤ

やぁ疲れたねぇ・・とくつろぐダイ。どうやら肉食系獺への道程は見えてきたのかな?
otaru1401020773
otaru1401020773 posted by (C)カシワヤ

とりあえずだべさ・・

夕暮れ時にはドンゴロスが似合います_市川市動植物園_20140113

こんばんは。長いことほったらかしていましたが市川市動植物園ムツキさん家のマコロン写真で垂れ流し。

でもね、最初の写真はムツキのスタンディングなのですわ奥様…
忘れもしない2010年2月14日。初めてムツキにであった時からコチトラのウソもぐれ生活が始まったのですぬ。
ichikawa140113340
ichikawa140113340 posted by (C)カシワヤ

本題に戻りましょうか。やんちゃざかりのマコロンは既に寝床と放飼場を行ったり来たり。この日もU字溝辺りで楽しげに遊んでいましたぬ。
ichikawa140113150
ichikawa140113150 posted by (C)カシワヤ

ちょっと自信無いけどコロンかな?
ichikawa140113153
ichikawa140113153 posted by (C)カシワヤ

葉っぱ咥えて決めポーズはマロン。顎のしたが白い毛だけだからこれは確実。
ichikawa140113229
ichikawa140113229 posted by (C)カシワヤ

ナナ母ちゃんと並びでご機嫌ですぬ。
ichikawa140113267
ichikawa140113267 posted by (C)カシワヤ

一方コロンはムツキ父ちゃんが引っ張り出したドンゴロスと格闘中。
ichikawa140113247
ichikawa140113247 posted by (C)カシワヤ

腕白でもいい、逞しく…の名コピーが浮かぶ光景ですぬ。
ichikawa140113301
ichikawa140113301 posted by (C)カシワヤ

冬場は閉園間際になると寝床の奥の方まで西日が差し込んできますぬ。
ichikawa140113456
ichikawa140113456 posted by (C)カシワヤ

向かって左からコロンマロン。2頭揃っておすましですぬ。
ichikawa140113457
ichikawa140113457 posted by (C)カシワヤ

てれるぴゃ!とにひり顔のマロン。
ichikawa140113458
ichikawa140113458 posted by (C)カシワヤ

その後コロンは先程食いちぎってきたドンゴロスくずでお楽しみ中。
ichikawa140113497
ichikawa140113497 posted by (C)カシワヤ

覗きに来たムツキに自慢げな表情ですぬ。
ichikawa140113513
ichikawa140113513 posted by (C)カシワヤ

マロンはと言うと、ナナ母ちゃんの尻尾に夢中。
ichikawa140113547
ichikawa140113547 posted by (C)カシワヤ

匂いなんかをくんかくんかしちゃったりなんかしちゃったり
。されるがままのナナが微笑ましそうに見守っていますぬ。
ichikawa140113555
ichikawa140113555 posted by (C)カシワヤ

母たん、おやすみなさい。
おねむになったマロンがナナ母ちゃんにおやすみの挨拶をしているかのような光景。まるで絵本のいち場面の様ですぬ。
ichikawa140113440
ichikawa140113440 posted by (C)カシワヤ

寝床へ向かうマコロンを夫婦揃って見守る姿。ムツキとナナには頭が下がりますぬ。
ichikawa140113475
ichikawa140113475 posted by (C)カシワヤ

人影もまばらになった夕暮れ時、西日に向かってムツキとナナは何を願っているのでしょうかぬ。
ichikawa140113430
ichikawa140113430 posted by (C)カシワヤ

願わくばこの幸せな時間がずっとずぅっと続きますように…
ぬ。

ゴハンと共に颯爽とサン登場_円山動物園_20140101

は〜い!円山動物園の熱帯雨林館に切り替わりました!まいどおなじみイヨカンちゃんがせっかく集めた小石をばらまいてむくれていますねw
maruyama1401010657
maruyama1401010657 posted by (C)カシワヤ

とは言え裏でゴソゴソし始めたキーパーさんの気配を感じたイヨカンちゃんは「もうすぐゴハンの時間だっぴゃ!」と上機嫌になるのでした。
maruyama1401010394
maruyama1401010394 posted by (C)カシワヤ

時間になるとキーパーさんが業務用ドアからアジ、ペレット、煮干し?などを投げ込みました。そしてイヨカンちゃんはまず大好きなアジからせっせせっせとほうばり始めました。
maruyama1401010429
maruyama1401010429 posted by (C)カシワヤ

そしてプールに散らばったペレットを先程の小石のようにわんさか集め始めて・・おや?何やらさっきまで見かけなかった姿が!
maruyama1401010445
maruyama1401010445 posted by (C)カシワヤ

陸に上がりすみっこでお客さん達にお尻を向けてちまちまちまちま食っているあの姿は?
maruyama1401010471
maruyama1401010471 posted by (C)カシワヤ

おっぴゃ〜〜〜!サンだサン!何処に隠れていたのかようやくサンの登場です。(実は偽岩の上の死角で寝ていた様子。
maruyama1401010498
maruyama1401010498 posted by (C)カシワヤ

先日(2014年12月31日)訪れたサンピアザ水族館のハナ、ミミ、ララと同腹の兄弟サン。
maruyama1401010503
maruyama1401010503 posted by (C)カシワヤ

いわゆるひとつのサンピアザ顔、吻の白いところなんかはとべ動物園のピア兄さんに似ている個体です。(因におたる水族館のダイはおさかな館のノンと似てるのよ奥様・・


サンはサンピアザっ子なので、かき集めてきたペレットを浅瀬で旨そうに食していました。
maruyama1401010574
maruyama1401010574 posted by (C)カシワヤ

あまりの旨さに「ぴゃぁ〜!」と雄叫びするサン。めちゃくちゃサンピアザ顔w 見ているコチトラもホクホクとした気持ちになってきます。(特に理由なし
maruyama1401010575
maruyama1401010575 posted by (C)カシワヤ

浅瀬に散らばった分では当然満腹にはならないので、ぴゃぴゃぴゃ!っとペレット収穫へ向けて船出だレッツらゴ〜!
maruyama1401010643
maruyama1401010643 posted by (C)カシワヤ

前足と吻をうまぁ〜く使って泳ぎながらペレットをかき集めるサン。
maruyama1401010644
maruyama1401010644 posted by (C)カシワヤ

アクリル際までもって行って・・
maruyama1401010903
maruyama1401010903 posted by (C)カシワヤ

食べる前にもう舌がぺろんちょしてるサンw
maruyama1401010904
maruyama1401010904 posted by (C)カシワヤ

いっただきまぁ〜す!
maruyama1401010905
maruyama1401010905 posted by (C)カシワヤ

あむあむ・・
maruyama1401010906
maruyama1401010906 posted by (C)カシワヤ

アクリルを上手く使ったペロリ食いw
maruyama1401010565
maruyama1401010565 posted by (C)カシワヤ

うむぅ余は満足ぴゃ!
maruyama1401010529
maruyama1401010529 posted by (C)カシワヤ

そしてお腹いっぱい食べたサンとイヨカンちゃんは楽しげに戯れ合いはじめました。
maruyama1401010707
maruyama1401010707 posted by (C)カシワヤ

うきゃ!
maruyama1401010708
maruyama1401010708 posted by (C)カシワヤ

いちゃいちゃ。
maruyama1401010709
maruyama1401010709 posted by (C)カシワヤ

らぶらぶ。
maruyama1401010723
maruyama1401010723 posted by (C)カシワヤ

仲良きことは良きことかな。そしてようやくサンに会うことが出来たコチトラはとっても満足顔。これでサンピアザっ子でマトモに会っていないのは残すところ東山動植物園のココだけとなりました。いつ会いに行こうかな?でら期待!

おひさま兄弟に会ってきた!_姫路セントラルパーク_20140119

ひっさびさに初めて訪れたウソもぐれスポットの垂れ流しです。もちろん目的はおひさま兄弟(勝手に命名)ことちびうそ2頭ユウヒとテンピ。
himecen140119001
himecen140119001 posted by (C)カシワヤ

チップとヒナタの間にアサヒ、ユウヒ、テンピの三兄弟として生まれた2頭です。残念ながらアサヒは昨年末に他へ移動。バックヤードで療養中だった母親のヒナタも体調が回復したためつい先日他へ移動となりた。いまユウヒとテンピは父ちゃんのチップと同居&水泳訓練中だそうで、今後本格的な放飼場デビューも近そうですね。

と言う訳でコチトラにとっては初めての施設なのでオーソドックスに展示紹介ななど。

こちらがチップ父ちゃんがいるコツメカワウソのメイン放飼場。
himecen140119008
himecen140119008 posted by (C)カシワヤ

中央の大きな義岩の中に寝室があります。この放飼場をなんと表現してよいのか悩みますがとりあえず岩石オープンとでも申しましょうかw


放飼場の左手にはコツメパイプで接続された陸の孤島円柱水槽。
himecen140119004
himecen140119004 posted by (C)カシワヤ

陸の孤島円柱水槽とメインの岩石オープンの接続場所はなにやら深いプール。
himecen140119005
himecen140119005 posted by (C)カシワヤ

そして反対側は浅いプールと義木オブジェ。巨大な義岩には出入り口と窓がシャレオツです。
himecen140119006
himecen140119006 posted by (C)カシワヤ

コツメパイプは並列2段直進型タイプと傾斜のついた湾曲タイプの2系統。
himecen140119002
himecen140119002 posted by (C)カシワヤ

直進型をとっとこいくのは我らがチップ父ちゃん。
himecen140119003
himecen140119003 posted by (C)カシワヤ

そしてすぐ隣にはチッチとナツキのいるサブ放飼場があったりしますが、こちらのコンビは後ほど。
himecen140119009
himecen140119009 posted by (C)カシワヤ

最後にコチトラが訪れた時ユウヒとテンピがぐ〜すかぴぃ〜!と寝ていたちびうそ特別展示場。名付けてコツメコンテナ!(そのまんまやんけ!
himecen140119007
himecen140119007 posted by (C)カシワヤ

写真をご覧になると解りますがこの日はとても寒く、山の上にある姫路セントラルパークはほぼ一日中粉雪が舞う状況でした。でもコツメコンテナの中は赤外線ランプでぬっくぬく!おもわず眠くなってしまうユウヒとテンピの動画をご覧あれ!



今更ながら続くのよ奥様・・

真冬のキャッキャうふふ_みさき公園_20140118

ナツ
言わずもながみさき公園の肝っ玉かあさん。御多分に洩れず食い意地がはった食欲魔獺。写真はくねごろ中の一枚、何故かものすごか表情になってしまいましたが、本当にいいお母さんです。
misaki140118088
misaki140118088 posted by (C)カシワヤ

リン
ナツの末っ子?で現在お母さんと暮らしていおメメぱっちりの娘さん。目の大きさと鼻の下半分がピンク色なのはお父さんのレオン譲りなんです。
misaki140118061
misaki140118061 posted by (C)カシワヤ

ララ
人気イベントのカワウソとあそぼを勤めている娘さん。鼻が黒くて身体が大きくてカメラが大好き。いつもレンズに鼻の脂をつけるサービスぶり。
misaki140118348
misaki140118348 posted by (C)カシワヤ

ミラ
カワウソとあそぼ担当のもう一頭の娘さん。鼻の下1/3がピンク色で小柄なのでララとの区別が容易です。ふれあいではとても優しくデリケートにいたぶってくれます。
misaki140118599
misaki140118599 posted by (C)カシワヤ

ミラ踊り(なんか可愛いから載せた。
misaki140118695
misaki140118695 posted by (C)カシワヤ

ししまる
ナツとレオンの子供達の中では一番のびびりんちょ。シャイニースタジアム周辺を人馴れするために散歩をしながら訓練中ですが…道程は長く険しそうとのこと。
misaki140118710
misaki140118710 posted by (C)カシワヤ

ししまるにゅい〜ん!
ところがところが、この日は意外にもししまる君は積極的。あらわれるやいなやコチトラめがけて猛突進!
misaki140118719
misaki140118719 posted by (C)カシワヤ

わやくちゃである。
ララミラは大好きなキーパーさんで遊ぶのが大好き。
misaki140118478
misaki140118478 posted by (C)カシワヤ

お父さんのレオンと長男長女のレンレナ、花嫁修行中のテラには会えないけども、真冬のキャッキャうふふ!カワウソとあそぼのイベントは今後も続ける予定だそうなんで、まだ未体験の奥様は是非ですわ。

握手会そして宴の後_サンピアザ水族館_20131231

ええぇ〜っと・・だいぶ間が空きましたがサンピアザ水族館握手会の続きですわ奥様・・
sunpiazza131231317
sunpiazza131231317 posted by (C)カシワヤ

一通りお客さんがはけたのでろそろそコチトラの出番とでも洒落込もうかいと準備しておりますと・・
sunpiazza131231315
sunpiazza131231315 posted by (C)カシワヤ

まだまだやる気満々のハナ、ミミ、ララは臨戦態勢。
sunpiazza131231681
sunpiazza131231681 posted by (C)カシワヤ

「ねぇハナ。最後の黒いちんちくりんの相手くらいアタイがしてあげるからさぁ。」といつまでたっても動こうとしないハナにミミが催促。
sunpiazza131231682
sunpiazza131231682 posted by (C)カシワヤ

「ダメダメ。こういうことは最後まで責任を持って務めなきゃ。」とハナ。
sunpiazza131231693
sunpiazza131231693 posted by (C)カシワヤ

「ハナったらわがままなんだから・・。」とギョロ目で呆れるミミ。
sunpiazza131231695
sunpiazza131231695 posted by (C)カシワヤ

はい。コチトラの番はしっかりハナちゃんが相手してくれました。


情熱の握手会が終わるとこんどこそお待ちかねのお昼ゴハン。ハナが独占していたとは言え握手会でもらえるペレットはオヤツ程度なので代謝の激しいコツメカワウソは握手会の後にしっかりゴハンをいただきます。
sunpiazza131231324
sunpiazza131231324 posted by (C)カシワヤ

食後のカイカイ。
sunpiazza131231327
sunpiazza131231327 posted by (C)カシワヤ

ミミは相変わらずのギョロ目で歯磨き。
sunpiazza131231355
sunpiazza131231355 posted by (C)カシワヤ

サンピアザ水族館コツメカワウソ水槽は下30cmがアクリルファンタジーなため下にいる彼女らを撮るとこれこのようにソフトフォーカス満点な写真になります。


満腹姉妹は巣穴のうえでくねごろトライアングル。
sunpiazza131231366
sunpiazza131231366 posted by (C)カシワヤ

今度はハナが歯磨きあぎあぎ・・
sunpiazza131231407
sunpiazza131231407 posted by (C)カシワヤ

どでぇ〜ん!というか、まったくもって貫禄充分なハナのあぎあぎ。
sunpiazza131231379
sunpiazza131231379 posted by (C)カシワヤ

ミミもおすわりあぎあぎを開始しましたが・・
sunpiazza131231398
sunpiazza131231398 posted by (C)カシワヤ

テヘペロだって相変わらずのギョロ目w
sunpiazza131231401
sunpiazza131231401 posted by (C)カシワヤ

そうしているうちにお腹いっぱい姉妹は夢の中。ここでしばらくオヤスミタイムになるわけですよ。
sunpiazza131231409
sunpiazza131231409 posted by (C)カシワヤ


オマケ写真その1
出入り口から脱出をはかろうとして失敗、キーパーさんに戻されているのは誰だ?
sunpiazza131231660
sunpiazza131231660 posted by (C)カシワヤ

sunpiazza131231661
sunpiazza131231661 posted by (C)カシワヤ

sunpiazza131231662
sunpiazza131231662 posted by (C)カシワヤ


オマケ写真その2
ちょいと出番の少なかったララ、最後にタンクよじよじ写真でカンベンな。
sunpiazza131231822
sunpiazza131231822 posted by (C)カシワヤ

2年半ぶりに訪れたサンピアザ水族館。ゲンキ父ちゃん、モモ母ちゃん、ゲン(ピアとノンの同腹)の3頭はバックだったので会うことは出来ませんでしたがハナ、ミミ、ララが元気いっぱいに相手してくれました。さて3姉妹と言っていますが実はもう一頭、ハナ、ミミ、ララと同腹で生まれたサンはどうしているでしょうか?ではカメラを円山動物園へとお返しします。お〜い!サン、サンやぁ〜い!

波乱の握手会?陣取り合戦_サンピアザ水族館_20131231

長らくお待たせしました。サンピアザ水族館よりお客さんよりコツメカワウソの情熱が上回る握手会へと突入です。

時間になるとキーパーさんが握手会用のペレットを携えてやってきます。
sunpiazza131231245
sunpiazza131231245 posted by (C)カシワヤ

コツメカワウソのハナ、ミミ、ララは既にパイプの向う側で準備万端ですね。
sunpiazza131231246
sunpiazza131231246 posted by (C)カシワヤ

準備が良すぎてすでに目線がペレットの方へ向き過ぎな感じがしますがその情熱だけは買ってやって下さい。
sunpiazza131231251
sunpiazza131231251 posted by (C)カシワヤ

握手会の仕組みルールはまずキーパーさんがペレットでパイプへ誘導すると・・
sunpiazza131231253
sunpiazza131231253 posted by (C)カシワヤ

にょろりんとコツメカワウソがパイプへ手を通してきます。どうやら一番手は気が強くて大きなハナちゃんの様ですね。
sunpiazza131231255
sunpiazza131231255 posted by (C)カシワヤ

そこへすかさずお客さんが指を差し出して握手会が成立するのです・・が!?
sunpiazza131231256
sunpiazza131231256 posted by (C)カシワヤ

ハナちゃん!そっちじゃないでしょ!
sunpiazza131231263
sunpiazza131231263 posted by (C)カシワヤ

その後すでに二番手にミミ、三番手にララがひかえています。
sunpiazza131231264
sunpiazza131231264 posted by (C)カシワヤ

ハナ〜!はやくはやくぅ〜!とミミ(ギョロ目w)
sunpiazza131231266
sunpiazza131231266 posted by (C)カシワヤ

あたちも〜!と普段はおとなしいララも絶叫して順番をせかしています。
sunpiazza131231267
sunpiazza131231267 posted by (C)カシワヤ

ですが気の強いハナはなかなか譲ったりはしませんね。
sunpiazza131231277
sunpiazza131231277 posted by (C)カシワヤ

ミミちゃんギョロ目でアピールw
sunpiazza131231278
sunpiazza131231278 posted by (C)カシワヤ

なかなかペレット握手会にありつけないララ。
sunpiazza131231269
sunpiazza131231269 posted by (C)カシワヤ

静止画ではなかなか伝わりづらいですがこのやり取りはとてもエキサイティングですので、前回の動画を参照して下さいね。

それではろそろそお客さんもはけてきたことだし、コチトラも握手会に参加といきましょうか!

ダイとカオルの食後のくつろぎ_おたる水族館_20140102

お腹がふくれた2頭はそれぞれの時間をくつろいでいますよ。

ダイは倒木の上で毛繕いをしながらニコニコしています。
otaru1401020197
otaru1401020197 posted by (C)カシワヤ

そしてドンゴロモックに移ったダイ。彼は言わずと知れたサンピアザ顔wやや横幅のある輪郭の持ち主で愛媛県の虹の森公園おさかな館にいるノンに近いおっとりさんです。
otaru1401020590
otaru1401020590 posted by (C)カシワヤ

あくびする姿もあどけないかわいらしさ。
otaru1401020614
otaru1401020614 posted by (C)カシワヤ

てへぺろ?(しまいわすれw
otaru1401020628
otaru1401020628 posted by (C)カシワヤ

ドンゴロモックの上から水を飲んだり・・
otaru1401020595
otaru1401020595 posted by (C)カシワヤ

おおきくおっぴろげてくつろいだいり・・
otaru1401020637
otaru1401020637 posted by (C)カシワヤ

おっとり+ものくさ感満載の癒し&草食系男子。キーパーさんいわくやさしんだけどはやく肉食系にイメチェンしてカオルとの間にべびうそをと熱望しているそうです。


一方カオルはドンゴロモックにもたれかかってご満悦な様子。
otaru1401020198
otaru1401020198 posted by (C)カシワヤ

海外導入のカオルは鼻下上唇が黒くすみとうっすらピンク色のツートンなので見分けがつきやすいです。
otaru1401020206
otaru1401020206 posted by (C)カシワヤ

ドンゴロモックの上でよりそう姿がサスペンスドラマのベット上の事後風景に見えなくもないwほど仲の良い2頭。
otaru1401020134
otaru1401020134 posted by (C)カシワヤ

「カオル・・」「ダイ・・」
otaru1401020153
otaru1401020153 posted by (C)カシワヤ

がじがじがじがじがじ・・・
otaru1401020155
otaru1401020155 posted by (C)カシワヤ

ここからしばらくして2頭はお休みタイム。その間に雪の進軍ジェンツーペンギンや他の水槽を見ながらしばらくお散歩。


そしてコツメカワウソ水槽へ戻ってくるといつのまにやらすいすい状態。
otaru1401020521
otaru1401020521 posted by (C)カシワヤ

カオルはブリッジの上で辺りをしげしげ。
otaru1401020550
otaru1401020550 posted by (C)カシワヤ

そしてお待ちかね、コツメパイプをばびゅ〜ん!としだしました。
otaru1401020545
otaru1401020545 posted by (C)カシワヤ

otaru1401020573
otaru1401020573 posted by (C)カシワヤ

otaru1401020581
otaru1401020581 posted by (C)カシワヤ

パイプの周りに設置された照明効果でコツメカワウソの毛が金属色に輝いて素敵なのですが、周りとの光量差が大きくとても撮り辛いところなので皆さん是非撮影に挑戦してみて下さいw

しびれる写真イカス鉄塔エレキな埋立地_川崎鹿島_2008〜2009

  • Posted by: カシワヤ
  • 2014-01-14 Tue 23:29:15
  • 工場
思い出し写真第二弾はしびれる写真イカス鉄塔じゃ!

千鳥町、ボリュームたっぷり。
chidori080705006
chidori080705006 posted by (C)カシワヤ

浜川崎、工場街を結ぶ鶴見線の踏切と。
hamakawasaki090627003
hamakawasaki090627003 posted by (C)カシワヤ

浜川崎、鉄塔ではないが絡み合う電線がそそる。
hamakawasaki090627004
hamakawasaki090627004 posted by (C)カシワヤ

鹿島市、鉄塔兄弟。
kashima090920006
kashima090920006 posted by (C)カシワヤ

鹿島市、別アングルから。
kashima090920008
kashima090920008 posted by (C)カシワヤ

鹿島市、真下?いえいえ進入禁止区域には立ち入ってません。
kashima090920007
kashima090920007 posted by (C)カシワヤ

鹿島市、4系統の醍醐味だもってけ!
kashima090920009
kashima090920009 posted by (C)カシワヤ

白石町、夕暮れ時の変電所。
shiraisi090101008
shiraisi090101008 posted by (C)カシワヤ

以前は埋立地に通っていたのよ奥様・・いまじゃカワウソ三昧。

思い出したようにスーパーばびゅ〜ん!_とくしま動物園_20120805

HD整理していたら思い出深い写真が出てきたよ。

鳥だ!飛行機だ!いやカワウソだ!空飛ぶスーパーオッターみらいちゃん!
tokushima120805080
tokushima120805080 posted by (C)カシワヤ

勢いで謎の飛行物体も登場だ!(透かしは省略w
tokushima120805145
tokushima120805145 posted by (C)カシワヤ

これぞばびゅ〜ん!の醍醐味よ!

コクサばーちゃんも草葉の陰でニコニコ見守っていてくれるよ。
tokusima120803360_S2
tokusima120803360_S2 posted by (C)カシワヤ

あの頃の思い出ばびゅ〜ん!はこちらからどぞ。

食べるカオルとくつろぐダイと_おたる水族館_20140102

2年半ぶりのおたる水族館、懸命な諸君なら覚えておいでであろうが、そ〜でもないチミの為にちょい説明。

まいどおなじみおたる水族館のコツメカワウソ水槽群。
otaru1401020002
otaru1401020002 posted by (C)カシワヤ

otaru1401020003
otaru1401020003 posted by (C)カシワヤ

otaru1401020001
otaru1401020001 posted by (C)カシワヤ

進行方向向かって左のメイン水槽と対面の離れ小島水槽。そして天井をコツメブリッジ、床下をコツメパイプがつなげていると言う立体的な構成です。


真っ白な雪をかきわけかきわけ朝イチ入館してみるとちょうど朝ご飯の時間でした。
otaru1401020020
otaru1401020020 posted by (C)カシワヤ

otaru1401020005
otaru1401020005 posted by (C)カシワヤ

画面中央でスタンディング食べ食べしているのがおたるの食欲魔人ことカオルちゃん。そして左端で平べったいしっぽを見せているのがサンピアザっ子のダイ君です。

足りないぴゃ!もっとくれくれだきゅい!
otaru1401020033
otaru1401020033 posted by (C)カシワヤ

食いしんぼのカオルはおねだりしまくりでキーパーさんに催促の嵐です。

otaru1401020055
otaru1401020055 posted by (C)カシワヤ

otaru1401020056
otaru1401020056 posted by (C)カシワヤ

otaru1401020057
otaru1401020057 posted by (C)カシワヤ

otaru1401020058
otaru1401020058 posted by (C)カシワヤ

なんかキーパーさんの指まで食べてしまいそうな勢いのカオル。その食べる速度の早いこと早いことw


一方ダイはかなり控えめなおねだり。
otaru1401020047
otaru1401020047 posted by (C)カシワヤ

otaru1401020063
otaru1401020063 posted by (C)カシワヤ

otaru1401020043
otaru1401020043 posted by (C)カシワヤ

ダイがあぎあぎしている間にカオルはあぎあぎあぎあぎあぎあぎ・・・と3倍早い気がします。(道理でカオルの鼻下が赤い訳だw


食後のお約束ドンゴロモックでのくつろぎタイムなダイ。
otaru1401020088
otaru1401020088 posted by (C)カシワヤ

のんびりするダイのムギュはサンピアザっ子の特徴のひとつである白いムギュ!
otaru1401020085
otaru1401020085 posted by (C)カシワヤ

あれれ?食後のくねごろにカオルが見当たりませんがどうしているのでしょう?

その頃カオルは水槽に落ちた食いかす集めに必死w
otaru1401020098
otaru1401020098 posted by (C)カシワヤ

流石食欲魔人なカオルちゃん。そんなカオルの為にキーパーさんはメニューにサツマイモなどの野菜を仕込んでいると言う涙ぐましい努力をしているのです。カオルちゃんダイエットダイエット!

イヨカンの小石でおままごと?_円山動物園_20140101

円山動物園イヨカンちゃんの続きですよ。

すいすいすぅいっとな〜!
maruyama1401010047
maruyama1401010047 posted by (C)カシワヤ

ゴキゲンなイヨカンちゃんはどこからともなく小石を取り出してきて浅瀬であぎあぎお楽しみの様ですね。
maruyama1401010053
maruyama1401010053 posted by (C)カシワヤ

んで、肝心の小石がどこからやって来たかと言うと・・右端の排水口に五万と溜め込んでいたんですねこれが。
maruyama1401010254
maruyama1401010254 posted by (C)カシワヤ

お気に入りの小石達を前足でわしゃあ〜っと抱え込んで・・
maruyama1401010331
maruyama1401010331 posted by (C)カシワヤ

何処かへ運び込む様ですね。
maruyama1401010088
maruyama1401010088 posted by (C)カシワヤ

向かった先はプールの中央でぷかぷか浮いている流木。
maruyama1401010221
maruyama1401010221 posted by (C)カシワヤ

小石がひと〜つふた〜つみ〜つ・・
maruyama1401010240
maruyama1401010240 posted by (C)カシワヤ

たくさん!(イヨカンちゃんの基準では三つ以上はたくさんになってしまう様ですね。
maruyama1401010246
maruyama1401010246 posted by (C)カシワヤ

誰か何かいったぴゃ?(いえいえツッコミは無視してきゅい!
maruyama1401010248
maruyama1401010248 posted by (C)カシワヤ

最後におおきいの!(隠し球ならぬ隠し石があったのか!
maruyama1401010263
maruyama1401010263 posted by (C)カシワヤ

かわいいかわいいあたいの小石さん達一緒に遊ぼうね!
maruyama1401010273
maruyama1401010273 posted by (C)カシワヤ

おっぴゃ〜!楽しいきゅい!
maruyama1401010270
maruyama1401010270 posted by (C)カシワヤ

お楽しみ中のイヨカンちゃんには悪いですが、喜んだ勢いで小石達が皆プールの底へ帰っていってしまいましたよ。


ぴゃ?あたいの小石達がどっか行っちゃったきゅい!(ようやく気付くイヨカン。
maruyama1401010334
maruyama1401010334 posted by (C)カシワヤ

せっかく集めたお気に入りの小石達だったのにぃ〜!
maruyama1401010335
maruyama1401010335 posted by (C)カシワヤ

うきゃ!うきゃ!
maruyama1401010359
maruyama1401010359 posted by (C)カシワヤ

おっぴゃああああぁぁぁぁ〜〜〜〜!
maruyama1401010360
maruyama1401010360 posted by (C)カシワヤ

イヨカンちゃんチョイと落ち着きましょう・・どうどう。


騒いだらお腹がすいたっぴゃ!(イヨカンちゃん切り替えが早いですね。
maruyama1401010124
maruyama1401010124 posted by (C)カシワヤ

ちょうどこの頃左端のドアの向うからキーパーさんがゴソゴソ何かを準備する音が聞こえてきましたよ。(まぁなんて都合が良いのかしら奥様・・

それにしても肝心のサンは何処にいるんでしょうね?(つづく

実況中継イヨカンのドアノブダイブ!_円山動物園_20140101

は〜いスタジオさん現場女子アナレポーターのカシワヤです。コチトラはいま円山動物園の熱帯雨林館コツメカワウソ展示水槽の目の前に来ていまぁ〜す。
maruyama1401010001
maruyama1401010001 posted by (C)カシワヤ

ど〜です?この水槽。洞窟の様な佇まいにマングローブ林風な水辺を意識した水槽に映り込む真冬の雪景色がさいこ〜ですね。氷点下の外からここに入ってくると眼鏡が曇っちまうんですよぉ〜!


そして右端には宮島水族館でもおなじみの切株を模した寝床コーナーがあるのですがコツメカワウソ達は全然使っていませんでしたよ〜!ざぁ〜んねんでしたね!
maruyama1401010002
maruyama1401010002 posted by (C)カシワヤ

そしてお約束の説明パネルと紹介パウチなんですけどぉ〜!
maruyama1401010003
maruyama1401010003 posted by (C)カシワヤ

こちらにおわすサンピアザ生まれのサンとアドベン出身のイヨカンの紹介なんですぅ〜がぁ〜!
maruyama1401010004
maruyama1401010004 posted by (C)カシワヤ

イヨカンのパウチが何故小さいのかは謎なんですぅ〜!おそらくA3とA4のサイズ間違いしちゃったんでしょうかねぇ〜?後付けする時にやりがちですよねぇ〜!(大きなお世話・・


それでは早速イヨカンちゃんに登場ねがっちゃったりなんかしちゃったりしちゃいましょうかぁ〜!どぞ!
maruyama1401010071
maruyama1401010071 posted by (C)カシワヤ

なぁ〜に?イヨカンちゃんの居場所が解らないって?じゃ〜あ、お姉さんがお・し・え・て・あ・げ・る!


はい、ここ!上の写真で言うところの最上段にある採光用の窓のところ、しかもど真ん中よ!
maruyama1401010067
maruyama1401010067 posted by (C)カシワヤ

ここは本来登ることを考慮されていなかった場所らしく(キーパーさん手作りの?)アクリル製のコツメ返しならぬネズミ返しがあるんですが、割れちゃっている(コツメカワウソが割っちゃった?)らしくすっかり昇り降りしちゃっているんですよねぇ〜!


そんなこんなでイヨカンちゃんは向かって左端の窓から雪見としゃれこんでいましたよぉ〜!
maruyama1401010250
maruyama1401010250 posted by (C)カシワヤ

それからしばらくしてイヨカンちゃんはキーパーさんの出入りに使う業務用ドアのところまできたんですがぁ〜!
maruyama1401010253
maruyama1401010253 posted by (C)カシワヤ

ちょ、ちょっとイヨカンちゃん!そんなに身を乗り出したら危ないですよぉ〜!
maruyama1401010075
maruyama1401010075 posted by (C)カシワヤ

そっから降りようなんてぇ〜、あぶなぁ〜いぃってば!
maruyama1401010081
maruyama1401010081 posted by (C)カシワヤ

くるりん・・
maruyama1401010411
maruyama1401010411 posted by (C)カシワヤ

ぱ!
maruyama1401010412
maruyama1401010412 posted by (C)カシワヤ

コチトラの心配をよそにイヨカンちゃんはドアノブをうまぁ〜く使ってキャット空中大回転ならぬコツメステップであ!っと言う間に飛び降りちゃったんですぅ〜!びっくりしましたねぇ〜!


何事も無かったようにてってけてぇ〜!っとご機嫌にお散歩を続けるイヨカンちゃん。
maruyama1401010011
maruyama1401010011 posted by (C)カシワヤ

しかもその後は深海2000mまでばびゅ〜ん!しちゃったんですよぉ〜!(大嘘
maruyama1401010303
maruyama1401010303 posted by (C)カシワヤ

それでは一回スタジオに戻しますぅ〜!舌足らずで状況説明ベタの女子アナリポーターことカシワヤがお送りいたしましたぁ〜!

ちびうそ識別マコロン暗中模索_市川市動植物園_20140103

こんばんは。写真だけでほったらかしていましたが、ろそろそ本文を入れていきますわよ奥様…

新年明けてちびうそマコロンはすっかりたくましく成長していました。んなわけでもあ〜りませんが、個体識別にでも挑戦してみようか?てなぐあい。正直成長過程絶好調のちびうその顔形特徴なんざこの先どんどん変わってしまうので時期尚早とは思いますが、なんかやらなきゃいけないと言う勝手な義務感がムクムクしてきているので、ゆるしてつかーさい。

日向ぼっこマコロン。
ichikawa140103263
ichikawa140103263 posted by (C)カシワヤ

キーパーさんの話によるとメスの方がやや体重が軽く小柄ということですが、写真を見ただけではそんな微妙な違いまでわかりませんよね。ね、ね!コチトラが望遠レンズで覗き込んで見て気づいた点を羅列して行きましょう。
上の写真で上段にいる子は鼻模様の黒とピンクの境目がやや鋭利に尖っておりギザギザっぽい感じです。顔立ちはやや細面でサンピアザの個体に見られがちな二重まぶたの様な毛並みが見て取れます。また下段の子は鼻の黒とピンクの境目が上の子に比べやや滑らかなラインの様ですね。顔立ちは横幅がちょい広い丸顔で、これは海遊館の個体に見られる特徴の様な気がします。このことからどちら似なのかは一目瞭然ですが、どちらがマロン(メス)でコロン(オス)なのかはわかりません。


そこで次の写真。
ichikawa140103245
ichikawa140103245 posted by (C)カシワヤ

この写真では向かって右側の半立ちになっている子が細面のサンピアザ顔の子です。下腹の辺りに注目すると…やや見えづらいですがついているものがついていないように見えます。すなわちメス=マロンと言う推測が成り立ちます。


今度は個別写真です。これは海遊館顔の子、オス=コロンと思われる個体。
ichikawa140103108
ichikawa140103108 posted by (C)カシワヤ

上向き加減になると識別方法のひとつ顎下の模様がよく見え、右顎下の毛が黒く反対は白い毛で覆われていますね。
ichikawa140103109
ichikawa140103109 posted by (C)カシワヤ

今度はサンピアザ顔のメス=マロンと思われる個体写真。
ichikawa140103110
ichikawa140103110 posted by (C)カシワヤ

残念ながら顎下の模様が見えるアングルではありませんが、さっきの子に比べ顎下の毛が偏った感じには見えませんよね?
ichikawa140103111
ichikawa140103111 posted by (C)カシワヤ

現状ではこれが精一杯。しかもあくまでコチトラの推測の域を出ていません。

まぁ、この先否が応でもオスメスの区別はつくでしょうし、先に述べた特徴(特に鼻模様)はどんどん変わって行ってしまうでしょうからマコロンの識別を確定させるのはもう少し待った方が良いでしょうね。(じゃあ無駄な努力すんなよ!って話ですわ奥様…)

男はつらいよ、黄昏時のムツキ_市川市動植物園_20131124

ちょいと前の写真で垂れ流し。

この日は珍しくナナが平たい石を持ってじゃぐじゃぐしていました。
ichikawa131124096
ichikawa131124096 posted by (C)カシワヤ

そこへムツキがちょっかいを出してきて・・
ichikawa131124099
ichikawa131124099 posted by (C)カシワヤ

「母ちゃんやちょいとワシにもその石かしてぇな。」
ichikawa131124100
ichikawa131124100 posted by (C)カシワヤ

ナナはどしたの?という感じでムツキを見ますが・・
ichikawa131124101
ichikawa131124101 posted by (C)カシワヤ

「ワシが手本みせたるさかい。な、ええやろ?」
ichikawa131124102
ichikawa131124102 posted by (C)カシワヤ

しかしナナは一向に貸す気配はありません。
ichikawa131124103
ichikawa131124103 posted by (C)カシワヤ

むしろ自慢げに平たい石をひけらかしていました。
ichikawa131124104
ichikawa131124104 posted by (C)カシワヤ

ムツキはじっと眼力でアピールしますが・・
ichikawa131124105
ichikawa131124105 posted by (C)カシワヤ

「あたいのだべさ。この石はあたいのだべ。」おや?ナナにしては珍しくだべさ言葉!
ichikawa131124107
ichikawa131124107 posted by (C)カシワヤ

「ちぇ・・母ちゃんいけずやな。」とムツキは渋い顔。
ichikawa131124106
ichikawa131124106 posted by (C)カシワヤ

その後もナナは平たい石でこころゆくまでジャグリング。
ichikawa131124108
ichikawa131124108 posted by (C)カシワヤ

黄昏時の縁側?で一人寂しくふて寝を決め込むムツキ。
ichikawa131124112
ichikawa131124112 posted by (C)カシワヤ

「父親ってヤツは厳しいもんなんやで。」
ichikawa131124114
ichikawa131124114 posted by (C)カシワヤ

コチトラに訴えられてもどうしようも出来ませんが・・悲哀を込めたムツキの表情がいとおかし。

ちびうそマコロン放飼場てんやわんや_市川市動植物園_20140103

おはぴゃ!マコロンのどっちかだきゅい!
ichikawa140103036
ichikawa140103036 posted by (C)カシワヤ

10月25日生まれのちびうそマロンとコロンの放飼場デビューを見届けたのが先月の22〜23日でその後平日のみで行けずじまい。そして年末年始の休みをへて3日に様子を伺いにいってきました。予想通りマコロンは足腰もしっかりし出し、いつの間にやら放飼場の下段へ自力で行ったり来たりが出来るようになっていました。それでも心配なムツキとナナは遊びに行こうとするマコロンをチョークスリーパーの反則技で捕まえては寝室にしまい込む几帳面さ。なかなか自由気ままにとは言えない状況ですが、どっこいそんなことでへこたれるちびうそマコロンではありません。たくらみ顔は伊達じゃないっぴゃ!

そ〜っと、そぉ〜っと・・
ichikawa140103041
ichikawa140103041 posted by (C)カシワヤ

お父ちゃんのふぐりを目を盗んで・・
ichikawa140103044
ichikawa140103044 posted by (C)カシワヤ

これしきの段差なんてへっちゃらさ。
ichikawa140103045
ichikawa140103045 posted by (C)カシワヤ

到着、とうちゃくぅ!
ichikawa140103046
ichikawa140103046 posted by (C)カシワヤ

新たな砂の感触と匂い、こうしてちびうそ達は環境を学習し行動範囲を広げていくのです。
ichikawa140103061
ichikawa140103061 posted by (C)カシワヤ

えっへん!
ichikawa140103062
ichikawa140103062 posted by (C)カシワヤ

すらりとした立ち姿にすっかりたくましさを感じられるようになっています。


この先は・・
ichikawa140103049
ichikawa140103049 posted by (C)カシワヤ

おおっと!ちびうそマコロンのどっちかは大胆にも水際までやってきてその感触を確かめようとしているではあ〜りませんか。


はい、ここまで〜!
ichikawa140103053
ichikawa140103053 posted by (C)カシワヤ

さすがに用心したナナに捕獲されてしまったマコロンのどっちか。季節柄もありまだこの寒い時期に水泳訓練を行うほどムツキナナは迂闊ではありません。なんせ子育て5回目ですからね。


いたい!いたいよぉ〜!
ichikawa140103056
ichikawa140103056 posted by (C)カシワヤ

段差も障害物もへったくれも無くちびうそを引きずっていくナナ。チョイと無理矢理感がビシバシですがこれも子を思う親の生せるわさとでも申しましょうか・・


うあぁ〜ん!とスタコラしていくちびうそ。
ichikawa140103065
ichikawa140103065 posted by (C)カシワヤ

下りはともかく登りだってしっかりした足取りで登っていけるようになっています。子供の成長は早いものですよホント。


ぶすぅ〜!
ichikawa140103068
ichikawa140103068 posted by (C)カシワヤ

なかなか自由にさせてもらえない状況にご不満な様子。親の心子知らずという言葉が当てはまりますね。


「あまり心配させないでね。」とナナ。
ichikawa140103071
ichikawa140103071 posted by (C)カシワヤ

すりすり・・
ichikawa140103073
ichikawa140103073 posted by (C)カシワヤ

「やっぱり母ちゃんは優しなぁ。」
ichikawa140103074
ichikawa140103074 posted by (C)カシワヤ

さっきまでへそを曲げていたちびうそもナナの優しさを感じすっかりご機嫌を取り戻した様です。流石ナナ、5回目は伊達じゃない。


んで、その頃ムツキはどうしているかというと・・
「母ちゃんに任せておけば安心や。」
ichikawa140103470
ichikawa140103470 posted by (C)カシワヤ

父のんきだね・・


雪の進軍ジェンツーペンギン_おたる水族館_20140102

ジェンツーペンギンだと思った?ざぁ〜んねんジェンツーペンギンでした!
otaru1401022120
otaru1401022120 posted by (C)カシワヤ

おたる水族館で行われたジェンツーペンギンのお散歩写真を垂れ流していきますよ。
otaru1401022097
otaru1401022097 posted by (C)カシワヤ

時間と共にキーパーさんの解説が始まりジェンツーペンギンさん達が新雪をかきわけやってきました。
otaru1401022051
otaru1401022051 posted by (C)カシワヤ

otaru1401022052
otaru1401022052 posted by (C)カシワヤ

otaru1401022053
otaru1401022053 posted by (C)カシワヤ

otaru1401022054
otaru1401022054 posted by (C)カシワヤ

otaru1401022055
otaru1401022055 posted by (C)カシワヤ

otaru1401022056
otaru1401022056 posted by (C)カシワヤ

otaru1401022057
otaru1401022057 posted by (C)カシワヤ

otaru1401022058
otaru1401022058 posted by (C)カシワヤ

otaru1401022059
otaru1401022059 posted by (C)カシワヤ

雪の斜面を下ってくるジェンツーペンギンさん達。
otaru1401022152
otaru1401022152 posted by (C)カシワヤ

otaru1401022153
otaru1401022153 posted by (C)カシワヤ

otaru1401022154
otaru1401022154 posted by (C)カシワヤ

otaru1401022155
otaru1401022155 posted by (C)カシワヤ

otaru1401022156
otaru1401022156 posted by (C)カシワヤ

otaru1401022157
otaru1401022157 posted by (C)カシワヤ

otaru1401022158
otaru1401022158 posted by (C)カシワヤ

otaru1401022159
otaru1401022159 posted by (C)カシワヤ

おたる水族館のジェンツーペンギン散歩は日に2度行われますが、見られる方は是非初回をご覧になられることをお勧めします。それはやはり新雪をかきわかきわけ蹴散らしながら進む姿を見れるからです。それからここの散歩は斜面で行われる為けっこう大変な労働らしく途中に休息場所を設けるなどの配慮もあり好感が持てます。

でもやはり最大の魅力は秩序があるように見えてその実まったくざっくばらんに行われるってところでしょうか。それではざっくばらんな様子もご覧下さい。

雪盛り満喫嬉し恥ずかし動物園_円山動物園_20140101

カワウソだと思った?ざ〜んねん!シンリンオオカミさんでした(富山ファミパと同じ・・)
maruyama1401011048
maruyama1401011048 posted by (C)カシワヤ

雪の動物園なんて関東の人間からするとめったやたらに見られるものではありません。すなわちカワウソ撮りたしまた他も恋しやで身体がいくつあってもたりません。なんとかコツメカワウソが寝ている間に時間を工面して撮ってきました隙間な写真だべさ。

コツメカワウソの二つ隣は安佐動物公園から円山動物園へ婿入りしてきたマレーバクのトーヤ君。
maruyama1401011001
maruyama1401011001 posted by (C)カシワヤ

外が雪なので室内展示ですがゲンキいっぱいでした。
maruyama1401011370
maruyama1401011370 posted by (C)カシワヤ

ちゃぽん!するよ。
maruyama1401011403
maruyama1401011403 posted by (C)カシワヤ

ご機嫌なトーヤ君のぶひ顔。
maruyama1401011411
maruyama1401011411 posted by (C)カシワヤ

同じ熱帯雨林館には上野から来たマレーグマのウメキチさんもいるよ。
maruyama1401011383
maruyama1401011383 posted by (C)カシワヤ

雪景色に絵になる動物と言えばアムールトラさん。
maruyama1401011103
maruyama1401011103 posted by (C)カシワヤ

室内でもかぶった粉雪で素敵です。
maruyama1401011122
maruyama1401011122 posted by (C)カシワヤ

雪と言えばユキヒョウ!いわゆるひとつのユキユキヒョウ。
maruyama1401011150
maruyama1401011150 posted by (C)カシワヤ

しかも伸びしちゃったりなんかしちゃったり。
maruyama1401011477
maruyama1401011477 posted by (C)カシワヤ

レッサーパンダも雪の中でれっさっさ!
maruyama1401011172
maruyama1401011172 posted by (C)カシワヤ

もちろん室内では天空散歩道をれっさっさ!
maruyama1401011093
maruyama1401011093 posted by (C)カシワヤ

寒さが苦手な方々は室内展示でぬっくぬく、キーパーさんと遊んでどんじゃらほいなボルネオオランウータンさん。
maruyama1401011572
maruyama1401011572 posted by (C)カシワヤ

寒いところの動物さんは元気そのもの、ゼニガタのアザラシさん。
maruyama1401011328
maruyama1401011328 posted by (C)カシワヤ

ホッキョクグマのこしろくまずも大きくなりました。
maruyama1401011271
maruyama1401011271 posted by (C)カシワヤ

のんびりというか果てしなくだらしなくてらぶり〜!
maruyama1401011206
maruyama1401011206 posted by (C)カシワヤ

しかもおけつるる・・
maruyama1401011279
maruyama1401011279 posted by (C)カシワヤ

あ、そうそう雪の動物園が楽しいからって勢いでガラスを叩いてはいけませんのでそこんとこヨロシク!
maruyama1401011358
maruyama1401011358 posted by (C)カシワヤ

あ〜!もっと状況説明できる写真を撮ってくりゃ良かったと後悔の念・・

待ちきれない三姉妹_サンピアザ水族館_20131231

昨年最後のウソもぐれは新さっぽろ駅に隣接するサンピアザ水族館でした。
sunpiazza131231011
sunpiazza131231011 posted by (C)カシワヤ

毎日熱い握手会が催されることで有名な握手パイプ。混雑具合によって1本と2本を使い分けます。
sunpiazza131231012
sunpiazza131231012 posted by (C)カシワヤ

現在の展示メンバーは一昨年生まれの三姉妹ハナ(奥)ミミ(中)ララ(前)。順序はコチトラの推測ですがたぶん間違ってない(と思う)。
sunpiazza131231116
sunpiazza131231116 posted by (C)カシワヤ

因に同腹生まれのオスのサンは現在円山動物園でイヨカンといちゃいちゃ中。サンの写真はしばし待たれ。

てなわけでギョロ目のミミちゃんで〜す!(この子が一番わかりやすかった)
sunpiazza131231023
sunpiazza131231023 posted by (C)カシワヤ

展示水槽には2コのアクリルタンクとそれを連結しているパイプのプールがあってその中を三姉妹は行ったり来たりこなかったりくるりんぱしたり・・
sunpiazza131231019
sunpiazza131231019 posted by (C)カシワヤ

三姉妹はそれぞれのペースで泳いでいるので偶発的に一ヶ所にかさなってわやくちゃになることがあります。いとおかし。
sunpiazza131231047
sunpiazza131231047 posted by (C)カシワヤ

みなさんご存知のようにサンピアザ水族館の子達は握手会にかける情熱がハンパありません。時間前からうずうずしているミミちゃん(ギョロ目w)
sunpiazza131231098
sunpiazza131231098 posted by (C)カシワヤ

パイプのフタを固定している鍵が気になって気になって・・(たぶんハナ)
sunpiazza131231044
sunpiazza131231044 posted by (C)カシワヤ

こうやってキーパーさん達が館内を移動する度に三姉妹そろってご注目。
sunpiazza131231202
sunpiazza131231202 posted by (C)カシワヤ

コチトラには目もくれず・・
sunpiazza131231204
sunpiazza131231204 posted by (C)カシワヤ

勢い余ってタンクの上に立っちゃったりもします。
sunpiazza131231230
sunpiazza131231230 posted by (C)カシワヤ

時間も押し迫りいよいよキーパーさんが・・いや、その前既にララ(たぶんw)が準備OK牧場!
sunpiazza131231244
sunpiazza131231244 posted by (C)カシワヤ

んでお待ちかねの握手争奪戦!


いっちゃえいっちゃえ〜!

Index of all entries

Home > 2014年01月

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top