Home > 2014年06月

2014年06月 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

ローリングくるくるソラ_のいち動物公園_20140524

ここで突然ソラ君写真に逆戻りたぁ〜いむり〜ぷ!!

お客さんを凝視してくれるのはなにもララ母さんだけじゃありませんぜ。ソラ君だって興味津々、お茶漬けにはしんしん。
noichi1405243546
noichi1405243546 posted by (C)カシワヤ

と、ここで突然ソラ君のローリングくるくる。


そして伝家の宝刀ばびゅ〜ん!
noichi1405243585
noichi1405243585 posted by (C)カシワヤ

勢いそのままに水中でダイブしたかと思うと・・
noichi1405243586
noichi1405243586 posted by (C)カシワヤ

くるりんぱ!
noichi140524g01

まんまるお月様ならぬ青空の下に見事な水中カワウソ団子の出来上がり!っとくらぁ。
noichi1405243587
noichi1405243587 posted by (C)カシワヤ

ツメナシカワウソの重そうな身体とは裏腹にとても身軽に水中で泳ぎを楽しむ様はみごたえあるぜよ!

接客のプロ?ラララのララ母さん_のいち動物公園_20140524

続きまして3番手はララ母さん。

今更ながらのいち動物公園のツメナシカワウソの展示ローテーションはこちらの黒板におまかせよ!
noichi140524018
noichi140524018 posted by (C)カシワヤ

ひょっこりひょうたん島でこんにちは!ララ母さんがパドックから顔を出してくれましたよ。
noichi1405243805
noichi1405243805 posted by (C)カシワヤ

因にのいち動物公園のカワウソ放飼場へ出るにはまずバックヤードの個室からシュートと呼ばれるカワウソの秘密通路を通ってパドックと呼ばれる放飼場手前の一時待機場へ出てから放飼場へ出てくるのです。つまり上の写真はパドックから顔を出した瞬間なのですよ。


カワウソへのゴハンタイムは午前中、クラ父さんの展示時間内に行われるた残念ながらソラ君とララ母さんがあんぎゃ〜!っと食べるところは拝めませんが、こうやって放飼場にあらかじめ撒かれているスメルトをほおばるところはご覧いただけます。
noichi1405243809
noichi1405243809 posted by (C)カシワヤ

一カ所目のゴハンをたいらげたララ母さん。おつぎのプール際に置かれているところまで上機嫌でお散歩三昧。
noichi1405243825
noichi1405243825 posted by (C)カシワヤ

俗にいう(言うのか?)シガレット食いな感じでぱくりと1本。
noichi1405243832
noichi1405243832 posted by (C)カシワヤ

うまぁ〜!
noichi1405243833
noichi1405243833 posted by (C)カシワヤ

もひとついかが?
noichi1405243839
noichi1405243839 posted by (C)カシワヤ

食べだしたらとまりませんわ!
noichi1405243846
noichi1405243846 posted by (C)カシワヤ

たまりませんわ!
noichi1405243842
noichi1405243842 posted by (C)カシワヤ

冷凍スメルト(ワカサギ)うまうま。
noichi1405243843
noichi1405243843 posted by (C)カシワヤ

くぅ〜!
noichi1405243844
noichi1405243844 posted by (C)カシワヤ

そしてララ母さんの優雅なおそそう・・
noichi1405243855
noichi1405243855 posted by (C)カシワヤ

お腹がふくれたララ母さんはプールへじゃぼん。浮力を生かして身体を軽くする作戦でしょうか?(そこまで考えてないと思うぜよ・・
noichi1405243906
noichi1405243906 posted by (C)カシワヤ

なにやらコチトラに注目しながらすすすいっと進んできますね。
noichi1405243895
noichi1405243895 posted by (C)カシワヤ

そして横目で凝視しながら行ったり来たり。
noichi1405243898
noichi1405243898 posted by (C)カシワヤ

ララ母さんは3頭の中でもひときわお客さんに興味津々な仕草を見せてくれます。なんどもなんどもターンを繰り返しながら時には横目で時には仰向けになりながら目線をくれます。優しいララ母さんは接客サービースもばっちりなんじゃき。

スイミングのびのびソラ_のいち動物公園_20140524

こんばんは。
いろいろ諸事情でばてているカシワヤでござい。

未だに5月の高知ウソもぐれを垂れ流している訳ですが、カワウソが可愛いので許す事としましょうか。(自分で許すな・・

てなわけでツメナシカワウソの2番手に登場するのはクラ父さんとララ母さんの愛の結晶wソラ君なのです。
noichi1405243242
noichi1405243242 posted by (C)カシワヤ

2歳になったとは言え精悍なクラ父さん、優しいララ母さんにくらべどことなくあどけなさがのこるソラ君。こうやってみるとニコニコ笑顔でいる様な表情で和ませてくれますね。
noichi1405243262
noichi1405243262 posted by (C)カシワヤ

しかしながらくねごろする仕草はなにやらオヤジ臭い・・大股開いて寝転んで自慢?のおなかを両手でさわさわするのがソラ君流。
noichi1405243400
noichi1405243400 posted by (C)カシワヤ

と、ここで話が状況説明に早変わり。ツメナシカワウソ放飼場にはユーラシアやコツメの放飼場に無いアクリル水中窓がおわします。
noichi140524001
noichi140524001 posted by (C)カシワヤ

ここいいですよ〜!背の高い壁に覆われており背後には十分な距離をとれるスペースがあるためアクリルに映り込む物体がほとんど見受けられません。天気の良い日はこうやって明るい水中を泳ぐツメナシカワウソががっつり拝めます。
noichi1405243479
noichi1405243479 posted by (C)カシワヤ

元気そのもののソラ君がアクリルと壁の接合部を勢いよくけって・・
noichi1405243483
noichi1405243483 posted by (C)カシワヤ

ツメナシカワウソのばびゅ〜ん!
noichi1405243484
noichi1405243484 posted by (C)カシワヤ

ソラ君のナイスな水中セーブ!(ワールドカップものですぜ
noichi1405243488
noichi1405243488 posted by (C)カシワヤ

今度は右かららっこっこ。
noichi1405243500
noichi1405243500 posted by (C)カシワヤ

フォームチェンジで・・
noichi1405243504
noichi1405243504 posted by (C)カシワヤ

またもやナイスセーブ!
noichi1405243534
noichi1405243534 posted by (C)カシワヤ

と、ここで何かに気づいたソラ君。
noichi1405243535
noichi1405243535 posted by (C)カシワヤ

本能的に何かをおいかけ〜る!
noichi1405243537
noichi1405243537 posted by (C)カシワヤ

noichi1405243538
noichi1405243538 posted by (C)カシワヤ

noichi1405243539
noichi1405243539 posted by (C)カシワヤ

noichi1405243540
noichi1405243540 posted by (C)カシワヤ

noichi1405243541
noichi1405243541 posted by (C)カシワヤ

noichi1405243542
noichi1405243542 posted by (C)カシワヤ

noichi1405243543
noichi1405243543 posted by (C)カシワヤ

noichi1405243544
noichi1405243544 posted by (C)カシワヤ

noichi1405243545
noichi1405243545 posted by (C)カシワヤ

実はこの時コチトラの後ろを小鳥がぴ〜ちくぱ〜ちくさえずりながら飛んでいったのですよ。
それに反応したソラ君、流石は野性味あふれるクラ父さんの息子じゃけ!そのうちソラ君もわっふりになるんぜよ。

わっふりクラさん朝の身だしなみ_のいち動物公園_20140524

のいち動物公園カワウソ3種同時展示場、最後の放飼場はお待たせぎっちょんツメナシカワウソじゃき。
noichi140524003
noichi140524003 posted by (C)カシワヤ

どうです?このすんばらしい放飼場。3種の中で一番奥行きがあり陸地も水中も変化に飛んだ作りになって居ます。のいちで飼育されているツメナシカワウソは3頭、クラ父さん、ソラ君、ララ母さんでまずはトップを飾るに相応しいこの方から…


わっふりクラさんぜよ。短く揃えたお髭がおっとこ前じゃき。
noichi1405243012
noichi1405243012 posted by (C)カシワヤ

クラさん毎朝の日課はプールを鏡がわりに朝の身だしなみ。こうしておされなお髭をせっせとせっせと整えて♫(ここはアラジンさんの完全無欠のロックンローラーの曲に合わせて読んでね。
noichi1405243019
noichi1405243019 posted by (C)カシワヤ

グルーミングの後はおそそうも忘れずに。快便は健康の証なのです。
noichi1405243029
noichi1405243029 posted by (C)カシワヤ

と、ここでクラさんのしっぽに注目!大柄なツメナシカワウソなのでしっぽが太いのは容易に想像できるのですが、思ったよりも平べったい形をしてるんですね。ツメナシカワウソの容姿はコツメカワウソを3倍アップした様な感じですが、ことしっぽに関してはオオカワウソのそれに近い様に感じます。きっと大柄な身体を水中で動かすにはかなりの推進力を必要とするはずなので、この様な形が必要になるのでは?と推測する次第です。


そのしっぽでクラさん泳ぐ泳ぐ。お得意の仰向けキックターンでらっこっこ!愛嬌のある泳ぎ方ですが、けしてダンディな表情を変えないのがクラさん流。
noichi1405243073
noichi1405243073 posted by (C)カシワヤ

そんなナイスガイのクラさんでもゴハンが近づくにつれてだんだんと表情が期待にドキがムネムネ状態になってきました。
noichi1405243091
noichi1405243091 posted by (C)カシワヤ

大きな前足をにぱっと広げてアピール。ツメナシカワウソの水掻きはコツメカワウソよりも更に比率が低く指の長さが目立つので、何やら人くささ満点とよ。
noichi1405243106
noichi1405243106 posted by (C)カシワヤ

そして放り込まれたワカサギゲットでほうばるクラさん。横幅の広い顔に前方向を向いた目の位置のため大型ネコ科な雰囲気を醸し出す表情ですね。
noichi1405243110
noichi1405243110 posted by (C)カシワヤ

コツメカワウソの食べ方を「ぎゃ〜すか!」と表現するならば、ツメナシカワウソの場合は「あんぎゃ〜!」でしょうか?まさに雄叫びを上げる様な(実際は無言ですが…)お口ですね。
noichi1405243111
noichi1405243111 posted by (C)カシワヤ

お腹が膨れたらツメナシカワウソだってくねごろ三昧。たくましいクラさんが日向で寝転ぶとまるでビーチサイドのマッチョマンw たくましいわぁ〜!
noichi1405243193
noichi1405243193 posted by (C)カシワヤ

「むむ!盗撮はやめじゃき!」と言わんばかりに前足をかざすクラさん。しかし随分前からしっかりカメラ目線だったのに何を今更…タフなのか繊細なのかようわからんき。
noichi1405243194
noichi1405243194 posted by (C)カシワヤ

久しぶりに会ったクラさんですがやっぱりおっとこ前、わっふりじゃけ!

※おわび
今回久しぶりの高知県ウソもぐれだったので垂れ流し文体が自然と似非土佐弁になってしまいました。悪気もからかう気もまるで無いので気に障っても怒っちゃ嫌ぜよ…

ハルメメぎゃ〜すか!ごはんタイム_のいち動物公園_20140524

こんばんは。のいち動物公園続きましては放飼場真ん中、これぞコツメカワウソがおる場所なんき。
noichi140524005
noichi140524005 posted by (C)カシワヤ

澄んだプールに浮かぶ小島のアクセント。以前は陸地から倒木の橋がかけてあったのですが今は無いんですね。それにしても島のことを本当は浮かんでないけど浮かぶとか表現するのはなぜなんでしょうね?チチカカ湖の葦島なら本当に浮かんでますが、島というものは水面下はるか深みからしっかり地質学上はえているものなのに…
あ、余談ですねそうですね。本題を進めましょうか。

はい、左奥メメ、右手前ハルですよ。間違えないでくださいね!って余計なことですよね。この2頭容姿と行動のちがいではっきり区別出来ますよ。
noichi1405242038
noichi1405242038 posted by (C)カシワヤ

そんなわけでいきなりセクシービームなちゅー顔で登場のハル君。彼は周南市徳山動物園カイとピャアの息子で(何度でも言いますが)フク、ヤマ、マサ、ハルと言うイカス名前の4頭として生まれました。どうです?このスーパードライなナイスガイは!
noichi1405242005
noichi1405242005 posted by (C)カシワヤ

そしてメメ。出ましたサンピアザ顔!この微笑んでいるんだか眠たいのか良く解らない顔、すべてゲンキ父ちゃんの遺伝子です。
noichi1405242011
noichi1405242011 posted by (C)カシワヤ

ひさしぶりに会った2頭ですが、すっかり恰幅が良くなりましたねぇ・・
noichi1405242018
noichi1405242018 posted by (C)カシワヤ

んで、話かわってなにやらお隣が気になるハル。それもそのはず、今まさにお隣のメナムとメコンはごはんタイムの真っ盛り。
noichi1405242030
noichi1405242030 posted by (C)カシワヤ

のいちカワウソごはんタイムは入口側から行うのが定説なのでいっとう最初にごはんにありつけるメナムとメコンが気になってしょうがない様です。
noichi1405242068
noichi1405242068 posted by (C)カシワヤ

そして待つことしばし、ようやくキーパーさんがハルメメ放飼場へやってきましたよ。
noichi1405242102
noichi1405242102 posted by (C)カシワヤ

さっきまでぎゃ〜すか!騒いでいたハルもすっかり準備桶!神妙な顔つきで身構えていました。
noichi1405242113
noichi1405242113 posted by (C)カシワヤ

とは言えハル君にぱっ!と開いたおててが可愛くてキュ〜トぜよ。
noichi1405242108
noichi1405242108 posted by (C)カシワヤ

その隣では静かなる中条ハンターメメが今にも飛び込みますわよ奥様・・状態。
noichi1405242144
noichi1405242144 posted by (C)カシワヤ

おおっと!ハル君キーパーさんがワカサギを投げ込む前にフライング!何故だか間違えてコチトラの目前にやって来ておねだりをする始末。ハル、キミってヤツは・・
noichi1405242067
noichi1405242067 posted by (C)カシワヤ

キーパーさんが投げ込んだワカサギをにぎゃにぎゃ味わうメメ。1匹1匹ではなくいっぺんにごそっと小島へもってきて食べるのがハルメメ流。
noichi1405242121
noichi1405242121 posted by (C)カシワヤ

ハルもおもいっきりひげぴん状態でぎゃ〜すか!食いまくります。
noichi1405242127
noichi1405242127 posted by (C)カシワヤ

でもカメラ目線は忘れないハル。さすがスーパードライタレントの名前をいただいただけはある様です。
noichi1405242129
noichi1405242129 posted by (C)カシワヤ

食後のお決まりくねごろタイム。メメはプール際の偽岩でおなかすりすり腹ごなし。
noichi1405242154
noichi1405242154 posted by (C)カシワヤ

ハルの伝家の宝刀前足あぎあぎ。奥歯にワカサギが詰まっているのかどうかは解りませんがしつこいくらいにあぎあぎ!
noichi1405242162
noichi1405242162 posted by (C)カシワヤ

さてさて、次回はいよいよわっふりじゃけぇ・・

ドキドキ!実は初めての出会いなの_のいち動物公園_20140524

こんばんは。

アクアマリンのべびらしあにうつつを抜かしているうちにのいちの垂れ流しがおざなりになってしまいました。どうもすいません。

てなわけで時間を5月にばびゅ〜ん!と戻してのいち動物公園カワウソ展示場へタイムスリップ。
noichi140524007
noichi140524007 posted by (C)カシワヤ

まずは入口側のユーラシアカワウソ放飼場の様子。
noichi140524006
noichi140524006 posted by (C)カシワヤ

とは言えかつてここに暮らしていたユミさんミンさんは残念ながらお亡くなりになってしまっており、しばらくの間ここにユーラシアカワウソの姿はありませんでした。しかし満を持して今年の3月にアクアマリンふくしまからチロルとドナウの子供達アカネとアザミがやってきて名実共にユーラシアカワウソ放飼場・・となるはずだったのですが、なんてこったい!アカネとアザミは新しい環境にびっくら仰天未だ(6月現在も)お披露目出来る状態ではないそうです。むずかしいなぁ〜!


という訳で現在この放飼場でみぎゃ〜!っと営業活動していらっしゃるのは・・ムックのもっさり感とガチャピンのたるたる感を併せ持つ癒し系メナムさんと・・
noichi1405241019
noichi1405241019 posted by (C)カシワヤ

真っ黒な瞳がとても印象的なメコンさんです。
noichi1405241021
noichi1405241021 posted by (C)カシワヤ

2頭は保護個体ので親から泳ぎを教わっていません。通常ならゴハンタイムはキーパーさんがプールへ投げ込みそれを泳いでゲットする流れなのですが、残念な事に2頭にはそれが出来ません。だから陸地で待ち構える2頭へ向かってワカサギを放り投げそれをあむあむするのです。
noichi1405241034
noichi1405241034 posted by (C)カシワヤ

あ、因にメナムとメコンのゴハンくれくれ攻撃はとても凄まじく、キーパーさん曰くまるでゴハンをもらっていないかの様な騒ぎっぷりなのですよ。


そんな2頭もお腹がふくれてしまえば幸せそのもの。仲良くおつむをあわせてお昼寝タイムはほのぼのしますね。
noichi1405241064
noichi1405241064 posted by (C)カシワヤ

お昼寝もすんだ昼下がりの午後、キーパーさんが持ち込んだ工事用の大型バットで水遊びに興じるメナム。
noichi1405241090
noichi1405241090 posted by (C)カシワヤ

ぴぎゃ!と楽しそうですが、その姿を見るにつけどこまでが腕でどこからがお腹なのかよく解らないほどたるたるなメナム君。
noichi1405241096
noichi1405241096 posted by (C)カシワヤ

コチトラが心の中でそう思った矢先に「ぶしゅ!」と大きなくしゃみ。
noichi1405241098
noichi1405241098 posted by (C)カシワヤ

一方メコンちゃんは石ころ二つ使って水遊びというよりおままごとの様にして遊んでいました。
noichi1405241102
noichi1405241102 posted by (C)カシワヤ

「こうやってみずにつけてぇ。」
noichi1405241105
noichi1405241105 posted by (C)カシワヤ

ぬれた石ころをかちゃかちゃやっているのが本当に嬉しそう。
noichi1405241166
noichi1405241166 posted by (C)カシワヤ

じつはメナムとメコン、ほとんどをバックヤードで暮らしているのでコチトラにとって会うのは初めての仔達だったのです。アカネとアザミに会う事はかないませんでしたが、これはこれで満足のいく出会いでした。

同居はドナウってるの?_アクアマリンふくしま_20140607

おはようございます。
アクアマリンふくしまにて子育て奮闘中のチロルとべびらしあの垂れ流しを続けてきましたが肝心のドナウ父ちゃんの様子はどうなっているのでしょう・・と、その前に今までの出産しいく経緯を振り返ってみましょう。

2012年6月2日:うめ、もも、さくら誕生(共にメス)
バックヤードにて出産子育て、ドナウは別居、後に合流。

2013年6月3日:アカネ、アザミ、アヤメ、スミレ誕生(共にメス)
放飼場ねぐらにて出産子育て、ドナウは別居、後に合流。

2014年6月2日:オス1頭、メス2頭誕生。
放飼場ねぐらにて出産子育て、ドナウ同居←NEW

とまあ改めるほどではないのですがこんな具合です。
去年そろそろ出産かなぁ〜?なんて思っているうちにねぐらで出産してしまったのでそのままリアルタイム公開子育てへなだれ込んでしまった経緯がありましたが、チロルが安定しているので今年も絶賛公開中。しかも今年はドナウが同居中と言うオマケ付き。ご存知のようにユーラシアカワウソは子育てにオスは参加せず交尾後は縄張り巡回にいそしむわけです。

つまりドナウも同居しているもののべびらしあとチロルについては多少気にかける程度で特に何かするわけでもなくいつもの調子でわさわさ水底を漁っていました。
fukushima140607500
fukushima140607500 posted by (C)カシワヤ

相変わらずひょうひょうとした様子で水中散歩を楽しむ?ドナウ。
fukushima140607520
fukushima140607520 posted by (C)カシワヤ

お気に召すまま気の向くまま、今日は何処まで行くのかしら?
fukushima140607541
fukushima140607541 posted by (C)カシワヤ

ユーラシアにありがちな後ろ足かきかきで横切るドナウ。ドーム型アクリルからのぞいてみるとなんちゃって魚眼チックに撮れるので皆様チャレンジしてみては?
fukushima140607550
fukushima140607550 posted by (C)カシワヤ

しばらくすると何か気配を感じ取ったドナウ。警戒していると言うよりも興味津々と言った様子がドナウらしい。
fukushima140607537
fukushima140607537 posted by (C)カシワヤ

するていとキーパーさん達が大きなポリバケツをもって入場してきました。やぁ今日はゴミ出しの日なんですね!(違うつーの
fukushima140607503
fukushima140607503 posted by (C)カシワヤ

とても重そうなポリバケツをえっちらおっちら。水際までなんとかもってくると・・
fukushima140607507
fukushima140607507 posted by (C)カシワヤ

ぼしゃん!でじゃばぁ〜!
fukushima140607509
fukushima140607509 posted by (C)カシワヤ

ポリバケツにはいっていたのはウグイの幼魚達。淡水魚のシンプルな美しさがキレイな水槽によくマッチしていますね。つまりは生き餌を水槽にはなったわけです。
fukushima140607513
fukushima140607513 posted by (C)カシワヤ

これは何かと申しますとドナウを安定させる手段のひとつだそうです。父親とは言え子育てに参加しないオスユーラシア、万が一べびらしあに何かあっては困りますので出産以降ドナウのごはんは少しおおめにして空腹感を与えないようにしているわけだそうで、今回の生き餌作戦もその一環として行われたのだそうです。

キーパーさん達が引っ込んだのを確認したドナウは水槽の端からにょろん!とお出まし。
fukushima140607517
fukushima140607517 posted by (C)カシワヤ

ウグイの幼魚達を目前にして狙っているのかはたまた何も考えていないのか?ぽかぁ〜んと浮かんで眺めいるドナウ。
fukushima140607582
fukushima140607582 posted by (C)カシワヤ

すると突然とっし〜ん!とばかりにウグイの群れに突っ込んで行くドナウ。なんだかんだ言って食肉目のハンターなんですよね。
fukushima140607572
fukushima140607572 posted by (C)カシワヤ

先程の散歩の時に比べやや真面目そうな顔つきでぐるんぐるん泳ぐドナウ。
fukushima140607585
fukushima140607585 posted by (C)カシワヤ

後頭部からあわあわぶくぶくでコミカルに見えますが目がマジ?
fukushima140607609
fukushima140607609 posted by (C)カシワヤ

コツメカワウソでもおなじみの前足の肘毛が良く解るショット。これがむぎゅのヒゲと共に獲物の動きをぴぴっと感じ取るわけですよね。
fukushima140607678
fukushima140607678 posted by (C)カシワヤ

最後にアクリルキックターンでおなじみのふぐり写真w
fukushima140607730
fukushima140607730 posted by (C)カシワヤ

ドナウはこうやってウグイ達をかき回すもののこの時は意識して狩りにいそしむことはありませんでした。やはりお腹がいっぱいなのでしょう。そうちちびちび楽しみながらとらえるところが見れるかもしれませんね。


子育てと言う仕事の無いドナウは暇なのかお客さんにむかって営業サービス。
fukushima140607615
fukushima140607615 posted by (C)カシワヤ

いい写真は撮れましたか?ってチョイとそこの人!せっかくドナウがくるくるサービスしてくれているのに画像確認している場合じゃないですよ!
fukushima140607619
fukushima140607619 posted by (C)カシワヤ

ほら、かまってくれないもんだからドナウはこっちに来ちゃったじゃないですか!(コチトラ的には嬉しいけどさ。それにしても立派な黒むぎゅですね。
fukushima140607713
fukushima140607713 posted by (C)カシワヤ

そしてぷかぷかおやすみタイム。
fukushima140607644
fukushima140607644 posted by (C)カシワヤ

水面から顔を出して周囲の様子を伺うドナウ。流線型の頭骨がいかにも泳ぎますわよ奥様・・的でイカス。
fukushima140607560
fukushima140607560 posted by (C)カシワヤ

心の中で褒めていたらドナウさんお得意の鼻高々ポーズでえっへん!ドナウの特徴的な顎下の模様がはっきり見えますね。
fukushima140607672
fukushima140607672 posted by (C)カシワヤ

一通り営業活動を終えたドナウはお気に入りの場所へ落ち着きました。
fukushima140607524
fukushima140607524 posted by (C)カシワヤ

がじがじグルーミング。
fukushima140607535
fukushima140607535 posted by (C)カシワヤ

それじゃおやすみけるる!と寝てしまったドナウ良い夢を。
fukushima140607523
fukushima140607523 posted by (C)カシワヤ

子育てに参加しないと言われるユーラシアのオスですが、広い縄張りを巡回しているうちにメスのねぐらに訪れることも無いとも言えません。しかも飼育下と言うこのように狭い環境でこの先ドナウがどのように振る舞うのか興味は尽きません。しかしドナウがべびらしあへちょっかいを出そうものならチロルの稲妻サンダーけるる!が炸裂するのではないでしょうか?と勝手に想像したりしていとおかし。

べびらしあの目が開いた頃にまた様子を見に来ようと思います。またねチロル、ドナウ。

お出かけチロルとお留守番べびらしあ_アクアマリンふくしま_20140607

やあ皆さんご機嫌麗しゅう。垂れ流しが大幅に遅れたって気にしない気にしない!そんなことでは膨張する宇宙が収縮に転じることは無い!と断言できるから安心してくれたまへ。


てなわけでいきなりチロルがねぐらの反対側、いつもドナウがくつろいでいるところまで出張ってきましたよ。
fukushima140607313
fukushima140607313 posted by (C)カシワヤ

そうチロルだって子育ての間中ねぐらに子守りっきりではホッキョクグマになってしまうので、こうやってたまには気分転換(本当はおそそうに来たんだよ・・てのはレディに失礼だからクラスの皆にはナイショだよ!)


チロルはしばらくゆっくりとくつろいでいました。
fukushima140607322
fukushima140607322 posted by (C)カシワヤ

チロルは流れに身を任せて漂います。水中に差し込む光がアクリルに反射してなかなかいい雰囲気ですね。
fukushima140607349
fukushima140607349 posted by (C)カシワヤ

そしたら突然方向転換、スマートな身体が弧を描くように滑って行きました。
fukushima140607316
fukushima140607316 posted by (C)カシワヤ

ぐいぃ〜〜〜〜〜
fukushima140607318
fukushima140607318 posted by (C)カシワヤ

〜〜〜〜〜〜〜ん
fukushima140607319
fukushima140607319 posted by (C)カシワヤ

最後はアクリルけっぽり・・
fukushima140607320
fukushima140607320 posted by (C)カシワヤ

まるで矢の様な鋭いばびゅ〜ん!チロルさん格好良すぎですね。
fukushima140607356
fukushima140607356 posted by (C)カシワヤ

なにやら水底の根っ子が気になる様ですね。
fukushima140607324
fukushima140607324 posted by (C)カシワヤ

ユーラシアさんお得意の逆立ち体勢でのまさぐりぐりぐり・・楽しそうです。
fukushima140607327
fukushima140607327 posted by (C)カシワヤ

と、ここでアングルチェンジ!チロルがお出かけということは・・当然べびらしあはねぐらでお留守番。案の定、チロルがいないのですやすやでぐうぐうな表情がよく見えます。
fukushima140607329
fukushima140607329 posted by (C)カシワヤ

おもわず食い入るように見入ってしまいますが、落ち着け落ち着けコチトラ。ちょいと引いて全体を観察してみましょう。

こちらへ向いているべびらしあの踊るポンポコリンなおなかがきゅ〜と!ですね。
fukushima140607366
fukushima140607366 posted by (C)カシワヤ

ふれあうチロルがいないのでやや心配なのかチョイとぐずり気味。やっぱり母親とのスキンシップはこの時期とても大切です。
fukushima140607372
fukushima140607372 posted by (C)カシワヤ

そのことを知ってか知らずか(そんな心配しなくても本能で解ってるちゅ〜の!)ほどなくチロルがねぐらへご帰還。
fukushima140607351
fukushima140607351 posted by (C)カシワヤ

帰ってきたチロルは優しくべびらしあを抱き寄せました。さっきまでぐずっていたのがウソのように安心して寝息をたてるべびらしあ、これぞ母親のぬくもりというヤツですね。
fukushima140607415
fukushima140607415 posted by (C)カシワヤ

寝ているべびらしあは安心安全安定ですわ奥様・・


ところで公式FBで性別が発表されたみたいですね。メス2頭、そして念願のオス1頭!やったぜベイビー(死語
名前の公募も始まったみたいだし、目が開くのが楽しみですが・・んーと、なにかお忘れじゃあ〜りませんか? byチャーリー浜 それは次回のお楽しみ。

嬉しょんおーちゃん_桂浜水族館_20140525

まいど!桂浜水族館のでぶ〜んカワウソ、おーちゃんこと王子君。
katurahama140525073
katurahama140525073 posted by (C)カシワヤ

彼のもっぱらのお気に入りは飼育ブース奥の2段簀の子スペースなんだけど・・おーちゃんたらすきすき光線発しすぎ興奮のるつぼ状態。おもわず嬉しさのあまりぴぴっとおもらし。
katurahama140525072
katurahama140525072 posted by (C)カシワヤ

「簀の子ハァハァたまらない簀の子・・」
katurahama140525074
katurahama140525074 posted by (C)カシワヤ

「ここんところの木目が・・」
katurahama140525078
katurahama140525078 posted by (C)カシワヤ

「おーちゃんなにしてはるん?ほんまみっともないわぁ。」とサクラが似非はんなりでちょっかいをだすも・・
katurahama140525080
katurahama140525080 posted by (C)カシワヤ

「ここが好き!ここが好き!」おーちゃんまったく意に介せず。
katurahama140525081
katurahama140525081 posted by (C)カシワヤ

すりすり・・
katurahama140525086
katurahama140525086 posted by (C)カシワヤ

おもわずちゅ〜!する程の熱烈さ。
katurahama140525088
katurahama140525088 posted by (C)カシワヤ

勢い余って三度嬉しょん・・見ているコチトラは楽しいけどおーちゃんやっぱりみっともないわぁ・・
katurahama140525106
katurahama140525106 posted by (C)カシワヤ

次回:おーちゃんさっそうとお散歩回か?


その前にサクラのすきすき動画。

三たび大福ベビラシア_アクアマリンふくしま_20140607

今年もアクアマリンふくしまから嬉しい知らせが届きました。そうです毎年6月恒例?のべびらしあ誕生ですわ奥様・・さっそく紹介写真から垂れ流していこうかと思います。どぞ!

「うん?何か呼んだ?」
fukushima140607024
fukushima140607024 posted by (C)カシワヤ

あちゃ〜!いきなり写真間違いですか?いや、でもね。実はお向かいさんのスローロリスもめでたい事に2匹の仔ロリスさんに恵まれたのですよ。しかしご存知の様にロリスは夜行性で昼間は母ロリスが仔ロリスを抱え込んだままぐ〜すかぴ〜!しているのでなかなか仔ロリスの写真が撮れません。これは夕方頃に母親が餌を食べに動いた時を狙って撮った貴重な仔ロリスです。(しかし1匹だけですが・・

さて話を本題に戻しましょう。今年生まれたべびらしあは3頭(性別未確定)6月3日生まれなのでこの時はまだ5日齢の小ささです。前回と同様に放飼場の洞窟巣穴での出産なのでお邪魔してみましょう。

「じ〜〜〜〜!」いきなりコチトラをにらむチロル。しかしその下腹にはモゾモゾとうごめく青白いベビラシアが!
fukushima140607196
fukushima140607196 posted by (C)カシワヤ

チロル母ちゃんの腹の上、極上のベッドですやすやと眠るその姿。コチトラこれだけ幼い時期のユーラシアカワウソに会うのは初めてなのですっごくドキがムネムネです。
fukushima140607201
fukushima140607201 posted by (C)カシワヤ

すこし近づいてみると可愛い顔が拝めました。当然のごとくまだ目は開いておりません。
fukushima140607126
fukushima140607126 posted by (C)カシワヤ

小さなおててを伸ばしてのび〜!をするべびらしあ。でも指先には既に爪が生えているのが解ります。
fukushima140607130
fukushima140607130 posted by (C)カシワヤ

のび〜!の後はお腹がすいたのでしょうか?少しぐずりはじめましたよ。
fukushima140607158
fukushima140607158 posted by (C)カシワヤ

そしたらもう1頭も起きだしてきて一緒におっぱいを探しうまうまし始めました。
fukushima140607122
fukushima140607122 posted by (C)カシワヤ

「うにゅ」とか「うにゃ」とか、かすかに聞こえる鳴き声にしばし耳を傾けているとチロルがおもむろに1頭のべびらしあを鼻先で持ち上げました。

おお!チロルのケツなめです!ご存知だとは思いますがけしてチロルにスカト●趣味がある訳ではありません。べびらしあの肛門を刺激する事により排泄を促すと共に排泄後の肛門を清潔に保つ本能的行動ですからね。
fukushima140607102
fukushima140607102 posted by (C)カシワヤ

キレイキレイしてもらったべびらしあのおケツ。んん!よっく見ると肛門の下に小さなふくらみがある様に見えませんか?もしかしてこれはふぐり?もしそうならばチロルとドナウに初めての男の子が生まれた事になりますよね。性別が確定するのが楽しみです。
fukushima140607103
fukushima140607103 posted by (C)カシワヤ

またしばらくしてから今度はなかなか動けないチロルのためにキーパーさんからの差し入れが届きました。毎度おなじみのピンセットでw チロルはべびらしあに気を使いながら身を伸ばして食べていました。
fukushima140607151
fukushima140607151 posted by (C)カシワヤ

べびらしあはチロルが大事に抱え込んでしまったり、寝床に積み重ねられた巣材や汚れたままになっているガラス面のためなかなか上手く撮影する事が出来ません。お客さんの波を読み少ないチャンスで観察するのでなおさらです。

そんななかでようやく正面アップが撮れた瞬間は嬉しさひとしお。
fukushima140607252
fukushima140607252 posted by (C)カシワヤ

成長すると黒むぎゅになる吻のあたりはまだ毛が短いのかほんのりとピンク色の地肌が見えますね。
fukushima140607239
fukushima140607239 posted by (C)カシワヤ

まだ歯も生えていないお口でおおきなあくび。小さな舌がとても柔らかそうです。
fukushima140607246
fukushima140607246 posted by (C)カシワヤ

と、ここで視線を感じてアングルを変えると・・そこには何やら警戒した表情のチロル。
fukushima140607269
fukushima140607269 posted by (C)カシワヤ

「うっしゃ〜〜〜!」とばかりに警告表現?おやおやチロルに注意勧告を受けてしまったのかな?これはどうもスミマセン。
fukushima140607282
fukushima140607282 posted by (C)カシワヤ

※注意(とっても大切な事
因に上の写真、本当はチロルがあくびをする瞬間の1コマなので本当にチロルが怒った訳ではありません。垂れ流し演出で気の強いチロルだったらこんな事も起こりうるかな?ってスジでオチを演出した訳ですので誤解なきよう。
しかしながら子育て中の母親がナーバスになっているのも事実なのでアクアマリンに限らず子育て中はむやみに刺激を与える様な事が無い様に静かに観察をお願いします。

コウメの中の命_桂浜水族館_20140525

おめでとうコウメ。素直にそういって喜びたかったけど。
katurahama140525477
katurahama140525477 posted by (C)カシワヤ

公式にコウメの出産報告とその後の経過が公示されましたので改めてまとめました。とはいえ…

1頭:死産 1頭:自然保育(その後死亡) 1頭:人工保育(9日目に死亡)

3頭出産するもすでに2頭が死亡と言う厳しい状況の上、とても残念な結果となってしまいました。コウメ自身も12歳という高齢での出産のための体調も心配されます。どうか母子ともに健康に過ごしてほしいと思います。


ついこの間会った時、コウメのお腹の大きさにとても驚いたよ。
katurahama140525441
katurahama140525441 posted by (C)カシワヤ

はち切れんばかりのお腹でもスイスイ泳いでいたね。
katurahama140525406
katurahama140525406 posted by (C)カシワヤ

照れ隠しにおしゃまなポーズ。
katurahama140525398
katurahama140525398 posted by (C)カシワヤ

コウメとその子供達に幸多からんことをと願っていたのですが・・せめてコウメ自身は穏やかに過ごしてほしいと思います。

東京上空、蒼い衝撃_ブルーインパルス_20140531

  • Posted by: カシワヤ
  • 2014-06-02 Mon 10:01:57
  • 景色
5月31日、この日は次回東京オリンピックへ向け全面改修になる国立競技場のさよならイベントのためブルーインパルスが記念飛行をするとのことで都内各所ではカメラを準備して待ち構えていた人たちも多かったと思います。前回の東京オリンピックの時上空にスモークで五輪を描いたブルーインパルスの使用機種はF-86セイバーだったのですが、時代と共に機種も変化し現行使用機はT-4ドルフィン。さてさてどんな記念飛行になりますやらお楽しみ。

じつは前日に練習飛行が行われ偶然にもその時のショットを取ることが出来たのもホクホクな気分に拍車をかけますです。

てなわけでいよいよ本番。事前情報では国立競技場上空を2往復4フォーメーションで飛行するとのことなので某所から待ち構えておりますと・・・空の彼方から爆音を響かせきたきた!

第一往路はデルタフォーメーション。
blueimpulse140531001
blueimpulse140531001 posted by (C)カシワヤ

そして渋谷上空をフォーメーションチェンジしながら大旋回。
blueimpulse140531002
blueimpulse140531002 posted by (C)カシワヤ

旋回後隊列を整えたブルーインパルスは一直線にこちらへ向かってきました。
blueimpulse140531003
blueimpulse140531003 posted by (C)カシワヤ

第一復路はスワンフォーメーション。
blueimpulse140531022
blueimpulse140531022 posted by (C)カシワヤ

長い首の白鳥を模したこのフォーメーションはとても美しく感じられました。
blueimpulse140531027
blueimpulse140531027 posted by (C)カシワヤ

ここでしばし休息。実は撮影場所に選んだところは国立競技場にほど近いのですが、残念なことに北側を見通せず南側の渋谷方面しか望むことが出来ない場所なのです。だから北側の旋回ショットは撮れていませんので悪しからず。

それからしばらくしてまたもや頭上に爆音が・・さあ二周目の垂れ流しです。

第二往路はグランドクロスフォーメーション。
blueimpulse140531030
blueimpulse140531030 posted by (C)カシワヤ

またもやあっという間に通り過ぎてしまいました。
blueimpulse140531034
blueimpulse140531034 posted by (C)カシワヤ

さて次が最後のチャンスです。よ〜し・・
blueimpulse140531052
blueimpulse140531052 posted by (C)カシワヤ

第二復路のリーダーズベネフィットフォーメーション。
blueimpulse140531063
blueimpulse140531063 posted by (C)カシワヤ

わずか10分あまりの出来事でしたが都内上空でブルーインパルスの隊列飛行を拝めるなんてとても貴重な時間でした。


ブルーインパルスが去った後は徐々に風に流されて青空にとけて行く飛行機雲をいつまでもいつまでも眺めていました。
blueimpulse140531066
blueimpulse140531066 posted by (C)カシワヤ

Index of all entries

Home > 2014年06月

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。