Home > 2014年10月

2014年10月 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

ユーラシアカワウソのミラクル仰天デビュー!_安佐動物公園_20140803

なんと訪問してから3ヶ月後と言う長丁場(違う! の垂れ流し。何を今更感真っ盛りでお送りする写真の埋立地、もしくはカワウソの沼の主カシワヤがあなたを華麗なるタイムスリップの旅へご招待致します。

ふぅ・・こうやって前ふりしておけばなんとかごまかせるだろう。(甘い考え

さあ皆さん準備はよろしいでしょうか?リオっちのお外デビューのはじまりはじまり。
asa1408032113
asa1408032113 posted by (C)カシワヤ


まだ小さな眼をひんむくだけひんむいて初めて見る景色にびっくら仰天なリオっち。フェイスラインがN700系新幹線ぽいのがユーラシアカワウソの特徴ですね。(話がずれまくり
asa1408032120
asa1408032120 posted by (C)カシワヤ


しつこいようですが3ヶ月前の写真ですからね。この垂れ流しを見て「なに!広島の動物園には新幹線を飼育しているところがあるのか?よぉ〜し!お父さん家族サービスで連れてっちゃうぞ!」って張り切らないで下さいね。


しかしながら初めてのお外に物辞するわけでもなく、リオっちは果敢にもプールへ一目散。
asa1408032129
asa1408032129 posted by (C)カシワヤ


んで、どぼん!飛び込み方がまだ幼いですがさすが名スイマーの名を欲しいままにしてるユーラシアカワウソのお子様。あっけにとられるウソもぐれ達の心配をよそに見事プール開きもお手の物。
asa1408032135
asa1408032135 posted by (C)カシワヤ


本当に何事も無かったようにすいすい泳ぐリオっち。見ているコチトラが惚れ惚れするくらいの達者な泳ぎです。
asa1408032171
asa1408032171 posted by (C)カシワヤ


プールに浮いているブイが気になるお年頃?
asa1408032167
asa1408032167 posted by (C)カシワヤ


でも流石にまだ長時間のスイミングには体力がついて行かないのか?しばらくすると排水溝につかまりひと呼吸。はぁ〜い気にしない気にしない、一休み一休み。
asa1408032150
asa1408032150 posted by (C)カシワヤ


駄菓子菓子、ここで突然見守るように泳いでいたユッチー母ちゃんが突然上陸。リオっちの焦る様が伝わってくる表情。
asa1408032152
asa1408032152 posted by (C)カシワヤ


一生懸命ユッチー母ちゃんについて行こうとするのですが・・いかんせん、まだ水中から飛び出す力が不十分なリオっち。
asa1408032154
asa1408032154 posted by (C)カシワヤ


「おかあちゃぁ〜ん!」ジタバタするも縁にまだ手が届かないため上手く身体を持ち上げることが出来ません。ぴぃぃ〜んち!
asa1408032156
asa1408032156 posted by (C)カシワヤ


上陸できずにユッチー母ちゃんをもとめて三千里。(ついでに海底二万里 リオっち渾身のぴゃあぴゃあコールです。
asa1408032239
asa1408032239 posted by (C)カシワヤ


しかしてたどり着いたのは上手の深いプールと下手の浅いプールを結ぶスロープ状の滝の落ち口。(ロビンソン・リオっち漂流記
asa1408032191
asa1408032191 posted by (C)カシワヤ


スロープにしがみつきなんとかかんとかひと呼吸は出来たもののリオっちの波瀾万丈なお外デビューはこの先いったいどうなってしまうのか?え〜続きはこの水飴を買ってもらわなきゃできないよぉ〜!(いきなり紙芝居、恋の絡繰りは夢芝居

しばし水飴ねりねり・・・


そこへ颯爽と現れたるは我らがユッチー母ちゃん。涙チョチョぎれる展開にハンカチ3枚持ってけドロボー!
asa1408032196
asa1408032196 posted by (C)カシワヤ


助けにきたユッチーの背中にちょんまり乗ってご満悦のリオっち。母の愛は海よりも深く広く摩周湖よりも澄み切っている様ですね。
asa1408032203
asa1408032203 posted by (C)カシワヤ


親子そろってにこやかに泳ぐ姿には微笑ましさを通り越して地球の裏側まで行ってしまうような感動すら覚えます。(大袈裟、小袈裟
asa1408032204
asa1408032204 posted by (C)カシワヤ


ユッチー母ちゃんと並走しているリオっちの表情が柔らかくなっているのが手に取るように解りますね。さすがユッチー。この日のお外デビューは予告されたものではなくキーパーさん達が決めたテストだったのですが、本担当さんの「ユッチーがいるから大丈夫!」の言葉通り安心してリオっちの小さな大冒険を見ていることが出来ました。

嬉しい楽しいユーラシアカワウソ。いつまでもいつまでも眺めていたいものですね。めでたしめでたし。

「これ、そこの坊主。ちゃんとお代を払ってくれよ!」(紙芝居屋かよ

炸裂する破壊工作とサンピアザ顔の遺伝子_とべ動物園_20140907

今更ながら(こればっか マサピとちびうその垂れ流しだよ。
前回はチョコ丸、タルト、ラスクの野郎共の醜態楽しげな姿を垂れ流しましたが、ここへ来てようやく本丸に突入です。


おっぴゃよ!と言わんばかりに中央から斗出したとびだせ水槽にお出ましのちびうそ一頭。おちんちんがあるのでオスですね。でも個体識別ができてないので名前が解りません・・
tobe1409072008
tobe1409072008 posted by (C)カシワヤ


でもその顔を見た瞬間・・その四角い頭、黒々とした顔に白く目立つむぎゅ!おもわず「ぴ・・ピア?」と見まごうばかりにピア父ちゃんそっくりなちびうそ。宮尾すすむさんの「はい!」もしくは桂文枝師匠の「いらっしゃ〜い!」ばりなポーズが決まってます。
tobe1409072013
tobe1409072013 posted by (C)カシワヤ

いやぁ〜今回ピアには会えませんでしたがしっかり子供に受け継がれるサンピアザ水族館顔の証。ゲンキじいちゃんの遺伝子の強いこと強いこと、大笑い海水浴場です。
因にサンピアザ水族館の血統はこちらから。

しかもいきなりの急速潜行、ダウントリムは90度。泳ぎの大好きなところもピア父ちゃんにそっくりです。
tobe1409072016
tobe1409072016 posted by (C)カシワヤ


水槽の片隅から見事に小石を拾い上げるほどの遊泳能力を既に身につけている様です。
tobe1409072018
tobe1409072018 posted by (C)カシワヤ


見とれるコチトラに向けて「へへぇ〜ん!」と言わんばかりの自慢顔。その憎たらしいほどの表情も素晴らしい。
tobe1409072019
tobe1409072019 posted by (C)カシワヤ


後生大事に拾い上げた小石を抱えて今度は急速浮上のアップトリム!
tobe1409072020
tobe1409072020 posted by (C)カシワヤ


ここでいきなりぴゃっと手の平を開いてみせるとあら不思議?拾ったはずの小石は何処へやら?実は最初から拾ったふりをしていただけだとは恐れ入谷の鬼子母神、これぞ最初で最後のマジック!
tobe1409072022
tobe1409072022 posted by (C)カシワヤ


コチトラがピア似のちびうそにまんまと騙されている間にメイン水槽の陸地側ではマサピと他のちびうそがなにやら虎視眈々と悪だくみの最中です。
tobe1409072028
tobe1409072028 posted by (C)カシワヤ


そして堰を切ったようにちびうそが縄梯子状の橋を破壊しにかかりました!
tobe1409072041
tobe1409072041 posted by (C)カシワヤ


これぞ戦場に架ける橋。クワイ川マーチが坂の上に響きます。(戦争映画の見過ぎですね、そうですね。



破壊工作にいそしむちびうそと、しれっとした表情のマサピが印象的。
tobe1409072048
tobe1409072048 posted by (C)カシワヤ

なにやらここまでとべのマサピア一家は悪だくみしかしないんじゃないかと誤解をあたえるような垂れ流しになっていますが、実はそのとおり!(えばるな・・


垂れ流しのラストはおわびの可愛いジャグリング動画でゆるしてつかぁーさい。



でもたぶんきっとつづく・・

起き抜け底抜けちびうそ天国まだ途中_虹の森公園おさかな館_20140906

こうしてキーパーさんにすくわれたちびうそは無事に団子へ帰還。めでたしめでたし!つか、それで終わりじゃないんんだからね!
osakanakan140906101
osakanakan140906101 posted by (C)カシワヤ


ちびうそ勢揃いでノン父ちゃんも一安心。ちびうそ達もノン父ちゃんの懐でぐっすりおやすみ。心温まる風景です。それにしてもノンの癒し能力はすごいですよね。
osakanakan140906159
osakanakan140906159 posted by (C)カシワヤ


一方こちらはキクりん母ちゃん。ノンが癒し系ならキクりんはもちろんかっこいい系!狸顔のノンに比べても精悍な面持ちのキクりん。母親以上のオーラを放っているようで、これならノンも安心して子育てに専念できるってモンです。
osakanakan140906175
osakanakan140906175 posted by (C)カシワヤ


とかなんとか言っているうちにキクりんがえっさほいさとちびうその移動を開始しましたよ。咥えられたちびうそがまるでカエルのような表情になっていとおかし。
osakanakan140906179
osakanakan140906179 posted by (C)カシワヤ


あぁ!キクりんいくらなんでもそれはチョイと無謀すぎないか!?さすがのちびうそもびびりまくっているのが手に取るように解ります。
osakanakan140906196
osakanakan140906196 posted by (C)カシワヤ


そうそう、やさしく、やぁ〜さぁ〜しぃ〜くぅ〜!
osakanakan140906215
osakanakan140906215 posted by (C)カシワヤ


そんでもってようやく手前のひろばへ家族そろって大集合。いよいよ(2ヶ月近くもたって)本格的になってまいりました!
osakanakan140906287
osakanakan140906287 posted by (C)カシワヤ


起き抜けのお約束と言えばおそそうタイムなんですが・・キクりんのおそそうまみれになってしまったちびうそ。せっかくの気持ちの良いお目覚めも台無し・・これにはキーパーさんもトクホの保。
osakanakan140906334
osakanakan140906334 posted by (C)カシワヤ


そんなこんなで波乱予感をはらませつつも、どこの世界にもマイペースなやからは存在するもの。ちょんまりと排水溝におさまるちびうそがいたりしてまこと微笑まし。
osakanakan140906337
osakanakan140906337 posted by (C)カシワヤ


育ち盛りのちびうそにつきものと言えば水泳訓練。虎の穴ならぬ獺の穴が炸裂・・と行きたいところなんですが、すでに彼らちびうそはその段階を卒業しているようで、水に対してもう恐れは無い様です。
osakanakan140906366
osakanakan140906366 posted by (C)カシワヤ


「今日の湯加減はいかがかな?」と余裕たっぷりなちびうそ。たくましいもんです。
osakanakan140906367
osakanakan140906367 posted by (C)カシワヤ


ひと泳ぎするちびうそいれば、一休みするちびうそありけり。ありおりはべりいまそかり。
osakanakan140906602
osakanakan140906602 posted by (C)カシワヤ


寄り添うようにちょんまりする姿にいとかわゆし。
osakanakan140906429
osakanakan140906429 posted by (C)カシワヤ


ぴゃっぴゃ!と鳴く口元には生えかけのちいさな歯が、ああぁ〜ん!もうかわゆくて(いい歳こいて)ジタバタもがき苦しみそうです。
osakanakan140906595
osakanakan140906595 posted by (C)カシワヤ


そんなちびうその様子はこちらの動画でご確認くださいませぇ〜!



でもね、たのしかぁ〜たひとときがぁ〜♪いまはもう〜すぎていうくぅ〜♪(カックラキン
すぐに撤収作業になっちまうんですよこれが・・
osakanakan140906636
osakanakan140906636 posted by (C)カシワヤ


そんなコチトラの気持ちを察してくれたのかキーパーさんがちびうそ一頭を手の平にのせてさーびすさーびす!
osakanakan140906726
osakanakan140906726 posted by (C)カシワヤ

寝ぼけ眼がもったくもって可愛さ猛爆撃、いまいちコチトラもなにをほざいていいんだかワカランチンですが、これはこれで良しとしましょう!(断言

まだまだ気長につづくんだよ・・

やってきたふう来坊_東武動物公園_20141018

どじゃ〜ん!東武動物公園の垂れ流しはこの1枚から!
tobuzoo141018003
tobuzoo141018003 posted by (C)カシワヤ

そうです。10/11に訪れた上越市水族博物館から移動して行方不明(おおげさ)だったみさき公園出身のコツメカワウソふうが東武動物公園の元モンテこと千葉市動物公園出身のまっちゃの元へ婿入りしてきたのでした。あ〜すっきりした!


おあおあ!ふう!そこにいるのはふうじゃないか!
tobuzoo141018117
tobuzoo141018117 posted by (C)カシワヤ

送迎バス乗車券がついた動物園割引切符を買ったのにもかかわらず、最寄り駅からえっさほいさ歩いて入園。さらにコツメカワウソがいる小獣舎までひたすらあるいてやっとこさ。そこには待ち望んだ光景が待っていてくれました。


ふうに会うのは去年の7月以来なので少しだけ太・・いや成長した姿です。
tobuzoo141018102
tobuzoo141018102 posted by (C)カシワヤ


上越市水族博物館で武者修行をしてきたおかげでなんとなぁ〜くたくましさも感じられますね。
tobuzoo141018115
tobuzoo141018115 posted by (C)カシワヤ


豪快なあく〜び!
tobuzoo141018103
tobuzoo141018103 posted by (C)カシワヤ


上越市では初めての一人暮らしでびびりまくって引きこもったり、へっぴり腰で後ずさっていたのが懐かしいです。
因に引きこもり動画とへっぴり腰動画はこちら。






おっぴゃよぉ〜!
tobuzoo141018123
tobuzoo141018123 posted by (C)カシワヤ


ちんけなコチトラを見つけてトントントンと階段を駆け下りるふう。
tobuzoo141018133
tobuzoo141018133 posted by (C)カシワヤ


嬉しい事にまっちゃもふうに続きます。
tobuzoo141018128
tobuzoo141018128 posted by (C)カシワヤ


そんでもって格子際まで来てご挨拶。
tobuzoo141018134
tobuzoo141018134 posted by (C)カシワヤ


そして格子から手を出して植栽の蔓をいじいじ。
tobuzoo141018152
tobuzoo141018152 posted by (C)カシワヤ

ふうはみさき公園でも上越市立水族博物館でもアクリルに仕切られた環境で暮らしてきたので、こうやって外の自然に触れるのが初めて。とても興味を持っていじいじしていました。


でもいくらひっぱっても蔓を捕る事が出来なくてしょんぼぬ・・
tobuzoo141018161
tobuzoo141018161 posted by (C)カシワヤ


それからコツメカワウソ達がすむ展示ブースがちょいとリフォームされていましたよ。
tobuzoo141018002
tobuzoo141018002 posted by (C)カシワヤ

右端に大きな水槽と流木があしらわれ壁は緑に塗り替えられていました。階段の下はベニヤで囲われ木箱がすっぽりと収まっていました。写真では解りづらいですが手前の格子と床の境目に斜めに板を渡すようにしてあり、これはその下にある排水溝を隠す為なのだと思われますが、この板によってコツメカワウソ達がここに肘をつく様にしゃがむとかわゆいお顔がちょうど格子の高さにもにゅっとおさまる様になっていました。


今度は水槽の上に渡した簀子のうえでもにゅっと!
tobuzoo141018187
tobuzoo141018187 posted by (C)カシワヤ


ふうが移動するとまっちゃもついてきます。
tobuzoo141018244
tobuzoo141018244 posted by (C)カシワヤ


まっちゃがなにやら楽しげに話しかけていますね。
tobuzoo141018192
tobuzoo141018192 posted by (C)カシワヤ


愛情たっぷりにがみがみするまっちゃ。
tobuzoo141018212
tobuzoo141018212 posted by (C)カシワヤ


ふうもがみがみ返しで応えます。
tobuzoo141018219
tobuzoo141018219 posted by (C)カシワヤ


ふうの顎下に潜り込んでくつろぐまっちゃとまんざらではない表情のふう。なんかとても紳士的な感じですね。
tobuzoo141018223
tobuzoo141018223 posted by (C)カシワヤ


よかったなぁまっちゃ。長いことにぎやかな環境から遠ざかっていた為にこちらも思いひとしお。(胡椒少々
tobuzoo141018252
tobuzoo141018252 posted by (C)カシワヤ


うひ!
tobuzoo141018253
tobuzoo141018253 posted by (C)カシワヤ


最後にふうとまっちゃのまったり過ごしている様子をどうぞ。




因にふうはみさき公園ではフウ。上越市立水族博物館では風でしたが、東武動物公園の紹介看板はふうとひらがな表記になっているので、これからはふうとします。よろしくねふう。

不意に風がふいっと移動していた件_上越市立水族博物館_20141013

おはようございます。

一年以上ご無沙汰していた上越市立水族博物館のコツメカワウソ風へ会いに行ってきました。とは言え理由のひとつに来年3月北陸新幹線長野〜金沢開通と共に運行廃止予定のほくほく線在来特急はくたかに乗っておかなくちゃ・・てのもあったんですけれどもね。

それでは直江津駅にてはくたかで到着ぅ!グレーホワイトの車体に小豆色カラー、並んだライトがエヴァ2号機みたいでかこいいですぬ。
hakutakahokuhoku141012001
hakutakahokuhoku141012001 posted by (C)カシワヤ


上越市立水族博物館は直江津駅から徒歩20分。街中はお祭りが催されておりチョイとにぎやかな様子でした。
joetsu141012000
joetsu141012000 posted by (C)カシワヤ


しかしこの時はこれから待ち受けるショッキングなお知らせを知る由もなかったカシワヤであった・・(完)

ちょっとまったぁ〜!ここで終わりではありません。今から30分以内に申し込まれた方にはもれなく低反発枕一年分をプレゼ・・でなくて、ともかく入館してみましょう。


まいどなじみ階段縁のコツメカワウソ水槽、お天気がよかったのでプールのブルーが冴えますね。
joetsu141012002
joetsu141012002 posted by (C)カシワヤ


しかし開館して30分以上たつのに気配が感じられませんね。たしかいつも通りならあと10分くらいで朝ご飯の給仕があるはずなのですが・・
joetsu141012004
joetsu141012004 posted by (C)カシワヤ


それになにやら「お知らせ」と銘打たれたパウチが貼付けられている様です・・
joetsu141012003
joetsu141012003 posted by (C)カシワヤ


がびびんちょ!風!ふう〜は何処?どこへいってしまったのかえ!?
joetsu141012006
joetsu141012006 posted by (C)カシワヤ


水槽に張り付いても気配なし。
joetsu141012005
joetsu141012005 posted by (C)カシワヤ


上からのぞき込んでみても音沙汰なし。
joetsu141012007
joetsu141012007 posted by (C)カシワヤ


しかもこの日は担当キーパーさんが遅い夏休みをとられていたため、隣の海獣展示にいらっしゃった方に話を伺うも詳しい話は聞けずじまい。あぁ〜ん、なんてこったい。オヤジにもぶたれたことないのに・・(それは話がまったく関係ないぞ。
しかも新個体導入ともあるので謎が謎呼ぶ林檎殺人事件(それはもっと関係ないし。

とは言え風はいったいどこへ移動してしまったのでしょう?この先に意外な結末が待っていようとは想像できないコチトラでありんした。(つづく。

ユマさんが過ごすゆったりとした時間_宮崎市フェニックス自然動物園_20140830

こんばんは。
宮崎市フェニックス自然動物園のらぶりーおばあちゃんユマさんの続きじゃけぇ。宮崎なんじゃがなんで(似非)広島弁なんかと言うとユマさんはあのユウ老師の孫にあたるけぇなりゆきでこうなっとるんじゃ。(いいかげん)


雨降りユーラシアは楽しさ倍増の言葉通り(そんなのあるのか?)この日は時折そぼ降る雨の一日じゃったが、ユマさんはいつもより活発に行動してくれたんじゃ。
phoenix140830189
phoenix140830189 posted by (C)カシワヤ


放飼場手前に広がる行けをあたりを見回す様に悠々と泳いどったけぇ。
phoenix140830193
phoenix140830193 posted by (C)カシワヤ


ひと泳ぎするとなにやら中央の平たい石の上へ向かったユマさん。一体何を思ったのかのう?(白々しい・・
phoenix140830210
phoenix140830210 posted by (C)カシワヤ


実はおそそうタイムなんじゃ。ユーラシアカワウソは石や岩の上の目立つところにこうやってマーキングする修正があるき、ユマさんもご多分に漏れずいっとう目立つ場所を好んでおそそうするんじゃ。
phoenix140830217
phoenix140830217 posted by (C)カシワヤ


もちろん自分の匂いチェックも忘れんと行う律儀さじゃ。
phoenix140830225
phoenix140830225 posted by (C)カシワヤ


「アァ、スッキリシタワ。」するもんこなしてすっきり顏のユマさん、清々しさがにおってくるき。(なんかだんだんいいかげんな言葉遣いになってきた・・
phoenix140830247
phoenix140830247 posted by (C)カシワヤ


カイカイ・・落ち着きのグルーミング。
phoenix140830261
phoenix140830261 posted by (C)カシワヤ


一段落ついたユマさんはなんとコチトラに向かって泳ぎだしたぜよ。(それは似非土佐弁・・
phoenix140830282
phoenix140830282 posted by (C)カシワヤ


もにゅっと格子のすぐ近くまでやってきてスタンディングご挨拶。
phoenix140830276
phoenix140830276 posted by (C)カシワヤ


小顔に不釣り合いなくらい真っ黒で大きな瞳に見つめられて至福の一時。あぁ、この一瞬のためにはるばる宮崎までやってきた甲斐もあったと言うものです。
phoenix140830273
phoenix140830273 posted by (C)カシワヤ


その後もしばらく泳ぎを楽しんでいたユマさんですが、「イイユダッタワ。」とろそろそ上がる気配。
phoenix140830291
phoenix140830291 posted by (C)カシワヤ


お気に入りのチムニーのてっぺんへ収まるユマさん。
phoenix140830295
phoenix140830295 posted by (C)カシワヤ


寝る前にも身だしなみを整えるあたり歳はとってもいつまでもレディの気落ちは忘れずに。
phoenix140830299
phoenix140830299 posted by (C)カシワヤ


しかしカイカイの途中でなにか気配を感じたのか、はたと動きを止めました。
phoenix140830305
phoenix140830305 posted by (C)カシワヤ


「ダレカヨンダノカシラ?」と辺りをうかがいましたが・・
phoenix140830308
phoenix140830308 posted by (C)カシワヤ


「キノセイネ、トシカシラ?」思い過ごしでしょうか?何事も無かった様におさまるユマさん。
phoenix140830310
phoenix140830310 posted by (C)カシワヤ


ねむねむ・・。しかしユマさんって四六時中にこにこっとした表情なので見ているコチトラもほんわかしてしまいます。
phoenix140830312
phoenix140830312 posted by (C)カシワヤ


寝入る前にもうひとつくねごろ。お腹の腫瘍がちょいと気になりますが、この年齢で除去手術は身体への負担が大きいので無理はしない方が良いとコチトラは思う次第。
phoenix140830317
phoenix140830317 posted by (C)カシワヤ


マイペースで寝たり食べたり遊んだり。そんな時間が出来うる限り続くといいですねユマさん。
phoenix140830325
phoenix140830325 posted by (C)カシワヤ


「マ、アセッテモショウガナイノデ、ユルユルヤルダワサ。」
phoenix140830323
phoenix140830323 posted by (C)カシワヤ


周りの心配をよそにユマさんは悠々自適な毎日を過ごしている様でした。


※途中から似非方言がどっかへすっ飛んでしまいましたが、ユマさん曰く「キニシナイ、キニシナイ。」どこまでもおおらかなおばあちゃんカワウソでした。

おかえりリンちゃん_みさき公園_20141004

逃走していたコツメカワウソのリンが10月4日に無事園内用水路にて保護されたようです。

ほぼ2ヶ月に渡る逃走劇に幕引きが行われたわけですが、この間リンはどうして暮らしていたのでしょうか?素朴な疑問をコチトラなりの妄想でまとめてみたいと思います。

1:食事について
みさき公園は大阪府南端近くに位置しており和歌山県にほど近い場所です。また海岸べりであることから逃走中の食事は蟹を捕食していたのではないか?と推測します。
実際みさき公園内でも野良蟹を見かけることがあり、個体数は多いものと考えます。市川市動植物園で催されたカワウソ会議でも野生個体の現地調査によると糞に数多くの甲殻類の痕跡を認められたとのことなので、コツメカワウソの捕食行動と照らし合わせると合点がいくと考えます。
それから考えられるのは季節柄昆虫を捕食していた可能性もありと考えます。ともかく動物園という保護された立場の個体でさえ2ヶ月に及ぶ期間を自力で生活していたということにとても感心し驚きを隠せません。

2:行動範囲について
カワウソは汽水域でも生活が可能な動物です。土地柄海岸線に位置するみさき公園から逃亡した当初は沿岸伝いに移動し予想以上に遠くまで行っている可能性があるとコチトラは考えていました。しかし結果として園内用水路で見つかったことにより行動半径は予想よりも狭かったのでは?と考えます。
それはナワバリ意識が働いたと思われます。野生個体でもナワバリが認められその範囲を巡回する生活は動物園生まれの個体でも色濃く示されたのではないでしょうか?

3:生活状況について
野生個体は大きな木のうろや岩陰、自然にできた穴や窪みを寝床とするとされます。みさき公園周辺にその様な条件が整っているか?と問われると、土地勘の無いコチトラには答えるすべもありません。もしかしたら用水路へ流れ込む排水溝などを横穴がわりにして休息をとっていたのかもしれませんね。
いずれにせよ逃走期間中何度も大雨にみまわれたのに無事でいてくれたことは何らかの休息場所を自力で見つけていたと思われます。

4:状況証拠をさがせ?
野生動物の調査には必ずと言って良いくらい糞を情報源として発見または確認が行われており、今回も糞を見つけることによって食事内容、行動半径などが判明すると思われますが…
そこまでしねぇよな、ふつー。
ただ今回不幸にも飼育動物を逃走させてしまったわけですが、ニホンカワウソが絶滅してから三十余念の年月が経っており、カワウソの種こそ違えども野外でどの様な生活を営んでいたのかについては興味がつきません。

以上、コチトラの妄想爆発も〜タイヘン的考察でしたが、最後にひとつだけ…

おかえりなさいリンちゃん。無事で本当に良かったね。

Index of all entries

Home > 2014年10月

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。