Home > 2015年11月

2015年11月 Archive

ナナとチョキとマロン+αで昼下がりの午後_市川市動植物園_2015

思えばすべてはここから始まった。けれども今はこのとおり。

とかなんとか言っちゃてもしかたが無いので初心忘れるべからず。市川市動植物園のコツメカワウソ第一放飼場午後の部、ナナ、チョキ、マロンの様子をとある事情により垂れ流し。チョイとそこの奥さん、騙されたと思って読んでみてよ!(本当に騙されますよ・・


さてこれどれがだぁ〜れだ?
ichikawa150308249
ichikawa150308249 posted by (C)カシワヤ

懸命な市川市動植物園コツメカワウソファンの方ならそれほど難しくはないでしょ?
答は来週のお楽しみ・・ではなくてさっそくネタばらし。

左:マロン 中:チョキ 右:ナナ でごんす。

え、難しかった?そうでもなかった?人それぞれだよね。個体識別は義務じゃないしわからなくても彼らの魅力は変わらないものね。コチトラだってどの個体がどういう特徴を持っているかはあやふやだったりするのでそんな厳密に説明できるほど詳しくはありません。ただ現場観察しコチトラなりの見立てをし、担当さんや常連さんの話を伺い、写真と見比べっこしてるだけですから。


さてさてトップバッターはみんなのお母ちゃんナナ。
ichikawa150308284
ichikawa150308284 posted by (C)カシワヤ

2008年7月25日サンピアザ水族館生まれ。コチトラが言うところのサンピアザの眠い顔系女子カワウソの長女だったりします。

ちなみに東山動植物園にはナナと同腹姉妹のココがいますので参考までに比較写真を・・どうです?そっくりでしょ。
nana_koko_hikaku
nana_koko_hikaku posted by (C)カシワヤ


ナナは市川市動植物園の飼育個体としてはどの個体とも顔の特徴が違うので見分けやすいです。ナナはムツキとの間に6回の出産で11頭の子宝に恵まれました。(うち1頭は死産)そのためお腹周りに皮が弛んだような縞模様が見て取れます。また一時期から毛引きの癖が見られ今は自身の下半身からしっぽにかけての毛がまだらになってしまっています。
ナナの鼻からした部分は濡れると顕著にちょびヒゲの様に見える黒くすみがあります。また真正面から見た顔の輪郭は丸と正方形の間くらい(いわゆる角R状態の正方形)に見えるのです。


マロンにまたがるナナ。
ichikawa150308203
ichikawa150308203 posted by (C)カシワヤ

サンピアザ水族館時代でも弟や妹の世話をよくしていたとのことで、いまでも末っ子のマロンにかいがいしく世話をやく姿が見て取れます。まぁ肝心のマロンはすっかりやんちゃでおとなしくしてませんけどね。


オマケですがレモンがまだ小さかった頃よくナナに登って遊んだりしていました。その時もナナは優しく微笑んでいるかの様でした。
ichikawa120311084
ichikawa120311084 posted by (C)カシワヤ


さてお次は真ん中に写っていたチョキです。
ichikawa150308061
ichikawa150308061 posted by (C)カシワヤ

今回改めて写真を探してみたのですが実はコチトラなぜだかチョキの写真がとても少ないのです。チョキはしばらく非公開になっていた時期があるとは言えなんかコチトラ的には釈然としません。
ぶ〜たれててもしかたが無いので話を続けます。チョキの特徴はとても漠然としたものなのですが、今はもう市川市動植物園にはいないキリ姐さんにとてもよく似た個体です。なんせ名前の由来が「チョイとキリっぽいね。」でチョキですから。

ではキリチョキの写真と・・
ichikawa150308064
ichikawa150308064 posted by (C)カシワヤ

チョキキリの写真。
ichikawa120708457
ichikawa120708457 posted by (C)カシワヤ

あくまで主観ですがいかがでしょうか?コチトラ的にはキリの鼻の下から斜めに伸びる黒くすみを取り除けばチョキになる。てな感じなのですが・・そうでもないかな?

まぁぶっちゃけ言うとチョキもキリもムツキ父ちゃんになので最後にムツキの写真(右)も載せときますね。
ichikawa150308001
ichikawa150308001 posted by (C)カシワヤ


さて最後は左に写っていたマロン。
ichikawa150308036
ichikawa150308036 posted by (C)カシワヤ

マロンはコロンと共に生まれたムツキ家の末っ子。とてもおしゃまさん。


マロンの特徴は吻から下アゴに広がるとても目立つ白い毛です。
ichikawa150308246
ichikawa150308246 posted by (C)カシワヤ

これはナナやチョキと比べても白さと言い面積と言いとても目立ちます。でもこの特徴はマロンだけではありませんで一緒に生まれたコロンも同じ特徴を持っています。

ではコロン(右)の写真。
ichikawa140719037
ichikawa140719037 posted by (C)カシワヤ

ただマロンとコロンで決定的に違うのは下アゴから喉元にかけて全面的に白いのがマロンで、半分だけ白いのがコロンだったりします。(ここテストに出ますよ。


なんか話がちょいと脱線してしまいましたけど、こんなもんで参考にもならないかとおもいますけど、最後にナナ、コロン、ムツキ、マロンの写真で締めくくらせていただきますね。
ichikawa1404201496
ichikawa1404201496 posted by (C)カシワヤ


おわじ。

Index of all entries

Home > 2015年11月

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top