Home > 団地 > UR都市住宅技術研究所 集合住宅歴史館その3 20090523

UR都市住宅技術研究所 集合住宅歴史館その3 20090523

  • Posted by: カシワヤ
  • 2011-01-18 Tue 01:05:47
  • 団地
こんばんは。
ちょいと間が空いてしまいましたがURの続きだよ。

何せ前回のエントリーが11月の頭ですから、なんと2ヶ月以上空いてしまった事になります。
ここまで待たせといて続きを心待ちにしていた方がどれほどいるのかは定かではありませんが、
やっぱり最初に断っておく事があります。
言っておきますがこれは一昨年の写真です!(しつこい
エントリーが年をまたいだため、去年どころか一昨年になっちまった始末。
おそらく今年も無料公開が5月あるはずなので、少なくともそれまでには完結させたいと思います。

さてさて、やっとこさ同潤会アパートの部屋へお邪魔すると・・
URtoshi090523032
URtoshi090523032 posted by (C)カシワヤ

出ました!これぞ昭和の住宅。
部屋の真ん中には裸電球がぶら下がりちょんまりと卓袱台が置かれていますね。
ここまでシークエンスがそろっているのに肝心のウルトラセブンとメトロン星人がいないのが残念でたまりません。
このまま部屋にとどまっていると宇宙船になって飛んでいってしまうのではないかと不安になってしまいます。(俺だけ?

URtoshi090523040
URtoshi090523040 posted by (C)カシワヤ

裸電球には磨りガラスの傘がかかっており郷愁を誘います。
こんなわずかな明かりでもありがたかったあの頃、いまやLED電球に取って代わられるその存在がたまらなく愛しく思えます。

部屋の奥には台所。
URtoshi090523033
URtoshi090523033 posted by (C)カシワヤ

URtoshi090523035
URtoshi090523035 posted by (C)カシワヤ

台所ですよ台所!けっしてキッチンではありません。
ましてやオール電化システムキッチンなんぞでもありません。
だいたい旨い料理を作ろうと思ったらIH電磁調理器なんぞで料理ができるか!です。
ガス台の上にはこれまた立派な羽釜が鎮座しております。
旨い白飯サイコー!
吹きこぼれるおねばとかおる炊きたての白飯。お釜の底にはこれまた程よくおこげが張り付いて
その香ばしさは何とも形容しがたい喜びに満ち満ちていましたよね。ね!ね!!

部屋の隅にはガスストーブ。
URtoshi090523038
URtoshi090523038 posted by (C)カシワヤ

考えてみてください部屋にガスストーブがあるってことはガス管が引かれているという事です。
何と言う先進的な住宅でしょうか!
それプラスこのガスストーブのデザインを見てください、いわゆるアールヌーボーとアールデコが折衷されたデザインがすばらしい。
ちなみに「カルメン故郷に帰る」の主演は高峰秀子(デコさん)です。
フルムーン巨乳の高峰三枝子さんではありません。間違えないでください。

ちょいと横目を見れば押し入れには茶箱が恥ずかしげにちょんまりしています。
URtoshi090523039
URtoshi090523039 posted by (C)カシワヤ

クローゼットなんぞクソクラエ!(けっしてドイツのストライカーではありません。
日本人ならだれしも押し入れにこもった経験があるはず。
しかも押し入れに布団をしいてドラえもんの様に寝た事だってありますよね。ね!ね!!
さすがは日本男児、お~とこだったぁら下着はグンゼ~!

洗面台はもちろん陶器。
URtoshi090523041
URtoshi090523041 posted by (C)カシワヤ

蛇口はやっぱり真鍮。
URtoshi090523043
URtoshi090523043 posted by (C)カシワヤ

まさにパーフェクトな昭和空間。
小津安二郎な世界はまだまだ始まったばかりです。(まだ続くのだよ。
スポンサーサイト

Comments: 2

kenji URL 2011-01-18 Tue 23:00:19

こんばんは。一枚目の写真…あれっ?なんかデジャヴ。昔のカシワヤさんの部屋のようだ(笑) 木枠のすりガラスの窓、天井からぶら下がる電球。近所にお婆さんと孫(?)が住んでいる家がこんな感じです。一番上の透明ガラスから見える部屋の中には、人形ケースと木のタンス。高級マンションの隙間にちょこんと建っていて、いつも気になってます。

カシワヤ URL 2011-01-19 Wed 01:32:40

こちらこそこんばんは。
団地ネタの食いつきがいいですねw
もはや博物館の中でしか見れなくなった様な錯覚をおこしますが、探してみるとまだまだこんな暮らしぶりも残っているのですね。裸電球に卓袱台、マンションに転居してからすっかり忘れていた生活を思い出させてくれます。

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://shasinumetatechi.blog115.fc2.com/tb.php/111-d4005343
Listed below are links to weblogs that reference
UR都市住宅技術研究所 集合住宅歴史館その3 20090523 from 写真の埋立地、もしくはカワウソ沼 -otter swamp-

Home > 団地 > UR都市住宅技術研究所 集合住宅歴史館その3 20090523

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top