Home > 名古屋市東山動植物園 > 暗闇からコンニチハその1 東山動植物園 20110212

暗闇からコンニチハその1 東山動植物園 20110212

こんばんは。

あれよあれよという間に2月も終わり。
さっさと東山動植物園のカワウソ写真を垂れ流さねばならないのにこのていたらく、
人間のできが悪いとここまで手際が悪いのかと自己反省しながらカキコ。

それじゃ続きと洒落込もうかいな。
higashiyama110212002
higashiyama110212002 posted by (C)カシワヤ

開園ダッシュしてコツメ飼育展示ブースへやってきたのは良いけれども・・
肝心要の本人がいない!だぶるなんてこったい!
higashiyama110212003
higashiyama110212003 posted by (C)カシワヤ

ま・で・が、前回でしたよね?(すでにうろおぼえ。

いない獺はいないので、とりあえずコツメの住環境をチェック!なんだか川辺と言うより洞窟、地底湖のほとりてな雰囲気です。古くは水スペの川口隊長がせっせと足を運んでいたあこがれの魔境、とても危険な香りがただよっていますね。
水曜スペシャルと言えばけっこう有名なタイトルネタで「前人未到の大地に人食い虎を見た!」てーのがありますが、人もいないのに人食い虎とはこれ如何に?きっとあれですよ、初めてその魔境に取材に入った川口隊のメンバーが食われたに違いありません。(断言! 

つーことはこれから登場するコツメは人食い獺の可能性が・・

そのわりには左手にぶらぶらドンゴロスと滑り台があったりて・・しかも右手の写り込みを見てください!非常口の表示があるですよ。迷路の様に入り組んだ洞窟で迷わない様に非常灯が設置されているなんていままで見たことも聞いたこともありません。「安心・安全」なかなかサービスの行き届いた魔境の様です。

おもいっきり脱線トリオしましたが、その人食い獺の出現を待ちましょう。
さあ、皆さん息をひそめて・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・「ぷは!ぜいぜい」
だれも息を止めてとは言ってませんよ!

そうこうしているうちに午前9時半を過ぎ、洞窟内は薄暗くなってきました。外は眩しいお日様でいっぱいだというのにこの洞窟はどんどん暗くなっていくのです。北半球と南半球で季節が逆転するのは皆さんご存知だと思いますが、ここ東山では館の中と外で時間が逆転している様です。(不思議
これはきっと11PMの矢追さんが・・・

脱線を通り越して転覆トリオなので、本編に戻りましょう。

しょうがないので、しばらく館内をぶらぶら。
コツメ展示飼育ブースのある自然動物館1Fは夜行性動物フロアなのです。開館~30分くらいはそれぞれのブースは明るくなっており、30分を過ぎたあたりからだんだんと暗くなっていくシステムなのです。

焦ってみてもしょうがない、しばらく館内をぶらつくことにしましょう。
つづく。
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://shasinumetatechi.blog115.fc2.com/tb.php/131-373b59a9
Listed below are links to weblogs that reference
暗闇からコンニチハその1 東山動植物園 20110212 from 写真の埋立地、もしくはカワウソ沼 -otter swamp-

Home > 名古屋市東山動植物園 > 暗闇からコンニチハその1 東山動植物園 20110212

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top