Home > 名古屋市東山動植物園 > 暗闇からコンニチハその2 東山動植物園 20110212

暗闇からコンニチハその2 東山動植物園 20110212

ここ東山動植物園のコツメカワウソが出てくるまでに
自然動物館1Fの夜行性動物フロアをちょいとぶらついてみましょう。

ひとえに夜行性動物と言ってもいろんな種類がいるものです。
まずはこちらから、床に転がってるのは束子じゃないですよ。
ハリネズミさんです。
higashiyama110212064
higashiyama110212064 posted by (C)カシワヤ

嘉門達夫の「あったら怖いセレナーデ」の一説に
夜中になると台所を這い回る束子~てなフレーズがありますが、
このまま照明が落ちていったらリアル這い回る束子になっちまうw

お次ぎに控えますは巣箱から顔を出したムササビ。
higashiyama110212055
higashiyama110212055 posted by (C)カシワヤ

別名空飛ぶ座布団・・おっとこのくだりは上野動物園の小獣館で使ったけ?
なんにせよ暗い照明の中に浮かび上がるその瞳は
瞳孔がまんまるとしていていっそうぷりちーです。

可愛い系でいくならこちらも負けてはいませんフェネックです。
higashiyama110212021
higashiyama110212021 posted by (C)カシワヤ

大きな耳が特徴的、きっといろんな音を聞き分けることが出来るのでしょう。
フェネックイヤーは地獄耳、フェネックイヤーは地獄耳、フェネックイヤーは地獄耳!
リフレインが止まらない。

ここで変化球、ツチブタさん。
higashiyama110212020
higashiyama110212020 posted by (C)カシワヤ

豚と名付けられてはいますが、豚ではありません。
動物界脊索動物門哺乳綱ツチブタ目ツチブタ科ツチブタ属のれっきとしたツチブタです。
まったくもってブサカワイイ。

最後に夜行性動物フロアでもっとも興味を持った展示ブースがこれ。
higashiyama110212005
higashiyama110212005 posted by (C)カシワヤ

ドブネズミのブースです。
生活環境をこれほどまでに再現した展示も珍しい。
ネズミ本体はとても撮影できそうにない場所にいたため
写真に収めることは出来ませんでしたが、これをみただけで満足です。

ここにあげたの動物の他にもいろいろな種類が展示されていましたが、
やはり気になるのはコツメカワウソ。
そうこうしているうちに一周して元の場所へやってくると・・・

あ!いた。
higashiyama110212080
higashiyama110212080 posted by (C)カシワヤ

奥にある偽岩の上にちょこんとたたずむその姿はまさしくコツメ。
前ふりが長くなりましたが、ようやく主役の登場の様です。
でも、つづく。
スポンサーサイト

Comments: 2

ちびっく URL 2011-03-02 Wed 23:57:21

こんばんわ。
写真、めっちゃ綺麗じゃないですか!
あの暗い中でスゴイ!!
コツメのアップを早く早く。

カシワヤ URL 2011-03-03 Thu 00:08:50

> ちびっくさん、こんばんは。

お褒めの言葉ありがとうございます。
これから帰宅してナルハヤでアップしたいと思います。
1Fの夜行性動物フロアもいいですけど、個人的には2Fの両性・は虫類展示が気に入りました。
実は東京近辺であれほどの両性・は虫類をいっぺんに見られるところが意外に無いのです。

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://shasinumetatechi.blog115.fc2.com/tb.php/132-42aa8c58
Listed below are links to weblogs that reference
暗闇からコンニチハその2 東山動植物園 20110212 from 写真の埋立地、もしくはカワウソ沼 -otter swamp-

Home > 名古屋市東山動植物園 > 暗闇からコンニチハその2 東山動植物園 20110212

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top