Home > 高知県立のいち動物公園 > レッツゴーカワウソ三匹 のいち動物公園 20110311~13

レッツゴーカワウソ三匹 のいち動物公園 20110311~13

こんばんは。

桂浜のコツメ写真を垂れ流す前に、のいち動物公園の概要をお送りします。
まだかまだかと桂浜のコウメ写真を期待していた方は次回に期待、しばしまて。

んで、唐突に始めますがこれぞあこがれののいち動物公園メインゲート。
noichi110311001
noichi110311001 posted by (C)カシワヤ

ぬける様な青空のもと赤茶けた石造り調の建物にNOICHI ZOOの文字が映えます。
のいちはメインゲートの他園内すべてが石造り調に統一されており、
バックにそびえる山々とともに自然にとけ込む様につくられたと言っても過言は無い
非常にトータルコーディネイトされたハイセンスな雰囲気となっていました。
(ちょっとばかしハリウッドやサンタフェを意識しているであろうことは内緒だ。

ゲートをくぐり下っていくとまず最初に水鳥の飼育展示場に突き当たりますが、
今回は鳥インフルエンザの影響で水鳥の公開は休止となっていました。
そこから順路に従い左方向へ
アシカ、ビーバー、ヤマアラシ、レッサーパンダと続きそしていよいよです、

こちらが夢にまで見た(実際は見てはいませんが・・
カワウソ三種、飼育展示場です。
noichi110312542
noichi110312542 posted by (C)カシワヤ

向かって右手前からユーラシア、中央コツメ、左奥ツメナシのスペース。
中央に立てば三種のカワウソが一望できるというナイスな展示。
んではそれぞれの放飼場をチェックしていきましょうか。

まずはユーラシアカワウソ。
noichi110312545
noichi110312545 posted by (C)カシワヤ

泳ぎの達者なユーラシアらしい遊泳プールを広くとったレイアウト。
じっさいこの日公開されていたユーラシアカワウソの個体も
くるくると楽しげに良く泳ぎ、その遊泳能力の高さを見せつけてくれました。

そしてコツメカワウソ。
noichi110312544
noichi110312544 posted by (C)カシワヤ

ここはプール中央に出島の様な岩場がありました。
好奇心旺盛なコツメカワウソはこの岩場でスタンディングをしたり、
時にクネゴロしながら多くのお客さんを楽しませていました。

最後にツメナシカワウソ。
noichi110312543
noichi110312543 posted by (C)カシワヤ

この放飼場は奥に広くスペースを取ったレイアウト。
特に目立つのは左奥に大きく開いたプール断面を見渡せるガラス開口部。
大柄なツメナシが泳ぐたびにうねる様な波が立ちガラスにしぶきを上げていました。

そしてインフォメーションボードにはニホンカワウソのくだりがあり、
さすがはニホンカワウソ最期の地である高知県と思わせます。
noichi110311012
noichi110311012 posted by (C)カシワヤ

よくよく説明書きを読んでみるとカナダカワウソのくだりがあります。
キーパーさんによると以前はツメナシではなくカナダを飼育していたとのこと、
ボードが比較的新しいことからツメナシに切り替わったのも最近のことなのでしょう。

次回からは三種のカワウソ写真を順繰りに垂れ流していきましょう。
つづくぜよ。
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://shasinumetatechi.blog115.fc2.com/tb.php/144-f3319cc5
Listed below are links to weblogs that reference
レッツゴーカワウソ三匹 のいち動物公園 20110311~13 from 写真の埋立地、もしくはカワウソ沼 -otter swamp-

Home > 高知県立のいち動物公園 > レッツゴーカワウソ三匹 のいち動物公園 20110311~13

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top