Home > > 西武安比奈線 その5 20100110

西武安比奈線 その5 20100110

  • Posted by: カシワヤ
  • 2010-06-20 Sun 01:17:48
西武安比奈線の記事も5回目、折り返し地点くらいには来たでしょうか?
少々長くなってきましたが、もう少しおつきあいいただけると光栄です。

農地をまっすぐ貫いている区間をしばらく行くとその先には雑木林が望めます。
よくよく見ると中央にトンネルの様なポッカリと空いた箇所が確認できますよね?
ahinasen100110090
ahinasen100110090 posted by (C)カシワヤ

ちょっと近づいてみましょう。
ahinasen100110097
ahinasen100110097 posted by (C)カシワヤ

まぎれも無く安比奈線はこの雑木林へ吸い込まれるように続いています。(なにを解りきったことを・・)
焦る気持ちをこらえきれずに、もう少し近づいてみましょう。
ahinasen100110101
ahinasen100110101 posted by (C)カシワヤ

まさに自然が作り出した?緑のトンネルとなっています。(冬なのに緑かよ!てな突っ込みはナシで)
冬枯れの雑木林のトンネルとレールを覆い尽くさんばかりの落ち葉。
まるでやわらかな絨毯を敷き詰めたかの様な、とても不思議な光景が広がっていました。
ahinasen100110105
ahinasen100110105 posted by (C)カシワヤ

ahinasen100110112
ahinasen100110112 posted by (C)カシワヤ

ahinasen100110114
ahinasen100110114 posted by (C)カシワヤ

確かにこの区間は新緑がまぶしい季節に訪れた方が美しいかもしれません。
だけど葉を落としかけた冬枯れの木々の隙間からこぼれ落ちた光が、
線路に映し出すコントラストを見ている様は、一種幻想的な空間と言わざるを得ないと感じます。
(個人的にどことなく寂しげな殺風景好きなので、正直冬に来てよかった。)

雑木林の中程から入り口側を振り返ってみても、また一段と素敵です。
想像してみてください、季節ごとに移り変わる雑木の中を走る安比奈線を・・きっともっと素敵。
ahinasen100110125
ahinasen100110125 posted by (C)カシワヤ

でも絶好の撮り鉄ポイントとなるのは必至なので、
場所取りのケンカや置き三脚の巣窟になっていたかもしれません。(つくづくロマンの無いヤツ)

気を取り直し、前回好評?だったアナログ手段のローアングル写真をお届けします。(おい!)
ahinasen100110121
ahinasen100110121 posted by (C)カシワヤ

バラストは落ち葉で覆い隠され、這いつくばっても苦ではありません。
むしろ上質な肌触り。もれなく冬眠中の毛虫さんやてんとう虫さんとなかよしになれます。

林の区間はそれほど長くもないので、あっという間に出口へとたどり着きました。
名残惜しいので、振り返ってもう一枚。
こんどはトカゲ(カナヘビ?)となかよしになれました。冬眠の邪魔してすいません。
ahinasen100110133
ahinasen100110133 posted by (C)カシワヤ

そろそろ日が傾いてきました。冬の日照時間は短いのです。
いつまでも余韻にひたっている訳にも行かず、先を急ぎましょう。
ahinasen100110134
ahinasen100110134 posted by (C)カシワヤ

おや、ガードレールの先に何やら白い立て看板版がありますね。いったい何が書かれているのでしょうか?
次回はそこいらを中心に話を進めていきます。
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://shasinumetatechi.blog115.fc2.com/tb.php/17-4265364e
Listed below are links to weblogs that reference
西武安比奈線 その5 20100110 from 写真の埋立地、もしくはカワウソ沼 -otter swamp-

Home > > 西武安比奈線 その5 20100110

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top