Home > 掛川花鳥園 > 課長!花鳥園ですぞ。 掛川花鳥園 20110514

課長!花鳥園ですぞ。 掛川花鳥園 20110514

こんばんは~!

ようやく掛川花鳥園の写真を垂れ流しますよ、奇特にも待っていてくれた方々には感謝しますぜ。
とはいえ今回はジャブ中のジャブ、伝説の右フックまではもうちょっと待っていてくださいね。

仕事以外で静岡に訪れたのって下田へ流星群を見に行った以来だから、かれこれうん年ぶりかな?もしかしたら十年以上かも?でも仕事では数年置きに行っているので、なじみが無い訳じゃないんですがね。

JR掛川駅南口を出てえっちらほ、東名高速のガードをくぐりパチンコ屋の駐車場を突っ切ると、出ましたこれが花咲き、鳥が舞い、頭に糞が落ちてくる掛川花鳥園。
kakegawa110514300
kakegawa110514300 posted by (C)カシワヤ

北口の掛川城が観光名所なのでか、ご覧の様に時代がかった門構え。ちなみに掛川城にはかけにゃんなるゆるキャラねこがいるとかいないとか・・・(ウソをはくな!ウソを!
まじめな話を続けますと花鳥園はこの掛川を始め神戸や富士に兄弟園を持つ由緒正しき花鳥園です。ま、出張先から近いからって理由なんだけどね・・もとい!本当の目的はこれだ。

こちらはアフリカオオコノハズクのリリ。
kakegawa110514251
kakegawa110514251 posted by (C)カシワヤ

フクロウかわいいよ、フクロウ。

リリは今日も元気にモギリ場で仕事に励んで・・?
kakegawa110514252
kakegawa110514252 posted by (C)カシワヤ

あれれ?寝てるじゃん!さすがはフクロウ、伊達に夜行性じゃね~よな。そんなフクロウに日中業務を強いる人間ってヤツぁ・・(自分を棚に上げるな~!

ま、細かいことはおいといて・・(てんてん多いよ
早速入館、烈&豪!
モギリ場をくぐり、土産物屋を横目で見まして進むこと30秒ほど、自動扉の向うに広がっていたのは右に水鳥達の池、そして左にはケープペンギンの遊泳池です。
kakegawa110514332
kakegawa110514332 posted by (C)カシワヤ

kakegawa110514331
kakegawa110514331 posted by (C)カシワヤ

や~いきなりこれです、この鳥だったら何でもいい様な無国籍ぶり。しかも武家屋敷風に水鳥達はともかくとして、ケープペンギンですよ奥様。
そういえば大分の水族館うみたまごのマゼランペンギンの個体名が「みつくに」だったり「助さん」「格さん」だったり、はては雌2羽が「由美」と「かおる」だったりするのといい勝負です。
おっと、話がまたずれ出してしまったが、けっしてこの無国籍ぶり嫌いじゃありません。むしろ好き!

さらにもう一枚の自動扉の向うには・・
kakegawa110514330
kakegawa110514330 posted by (C)カシワヤ

や~花鳥園の花たるゆえん、フードコートの天井いっぱいに花花花!
ここでは軽食コーナーと本格的なバイキングコーナーがありまして、小腹~鱈腹までのニーズに応えてくれます。そういえばメニューに鳥や鶏を使ったメニューは無かったと思います。(うろおぼえ ソコントコロは非常に良心的ですね。

ここは園内の約2/3が大きな温室になっており文字通り花と鳥の楽園です。
kakegawa110514322
kakegawa110514322 posted by (C)カシワヤ

kakegawa110514323
kakegawa110514323 posted by (C)カシワヤ

kakegawa110514325
kakegawa110514325 posted by (C)カシワヤ

kakegawa110514326
kakegawa110514326 posted by (C)カシワヤ

kakegawa110514327
kakegawa110514327 posted by (C)カシワヤ

kakegawa110514317
kakegawa110514317 posted by (C)カシワヤ

温室内は鳥の種類ごとに大きくブロック分けがなされており、各ブロックには鳥の餌カップ1コに付き100円が配置されていました。料金支払いシステムはまんま野菜直売場の様、100円を脇の貯金箱に入れるだけ。つくづく日本人は信用商売なんだな~と感慨に耽ります。

さてさて今回ここまで、次回いよいよ伝説の左アッパーが炸裂するぞ!
(たしか右フックだったと思うが・・ま、いいや。

つづく。
スポンサーサイト

Comments: 3

jsato@otterhaus URL 2011-05-23 Mon 01:06:03

かけにゃん、ぜひお会いしたいです。
花鳥園も、どうせなら全面的にちょんまげテイストにしちゃえばいいのに、と思いました。

カシワヤ URL 2011-05-23 Mon 08:51:07

> jsatoさん、おはようございます。

もしも本当にかけにゃんがいたとしても鳥の楽園である花鳥園に来たらマズイ様な気がします。

花鳥園の現状は和洋折衷ですね。フクロウや水鳥達はともかくとして、
インコやクジャクはてはエミューやヘビクワシがどこまで和テイストにはまるのか?
「殿、これが南蛮渡来のクジャクでございます。」
「ほほぉ~、くるしゅう無いもっと近こう近こう。」

jsato@otterhaus URL 2011-05-26 Thu 22:18:20

江戸の「花鳥茶屋」ってのにはオウムなんかもいたそうですから、もういっそエミューでもヘビクイワシでもハシビロコウでも何でもござれにて候。

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://shasinumetatechi.blog115.fc2.com/tb.php/187-c0e0b826
Listed below are links to weblogs that reference
課長!花鳥園ですぞ。 掛川花鳥園 20110514 from 写真の埋立地、もしくはカワウソ沼 -otter swamp-

Home > 掛川花鳥園 > 課長!花鳥園ですぞ。 掛川花鳥園 20110514

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top