Home > 恩賜上野動物園そのいち > アクアマリンからの使者チロルとドナウ 恩賜上野動物園 20110524

アクアマリンからの使者チロルとドナウ 恩賜上野動物園 20110524

おはようございます。
仕事が長引いてこんな時間に垂れ流しをするはめになってしまいました。どうのこうの言っても始まらないので本題に入ります。

先の震災で被害を被ったアクアマリンふくしまで飼育されていたユーラシアカワウソのチロルとドナウがここ恩賜上野動物園に避難してきてしばらく経ちました。そして5月24日より一般公開が始まったのです。ついこの間までまさかチロルとドナウに東京で会うことが出来るなんて考えもしませんでした。
ueno110524004
ueno110524004 posted by (C)カシワヤ

公開場所はここ、かつてユーラシアカワウソのマーとミーが飼育されていた旧正門前のカワウソ舎です。
ueno110524002
ueno110524002 posted by (C)カシワヤ

この放飼場はマーが白浜へ帰った後しばらくの間ミーとアナグマ夫婦とやもめのハクビシンが混合展示されていましたが、今回チロルとドナウを公開するにあたって再度カワウソ舎へと衣替えされました。

24日AMはあいにくの雨、しかも前日も深夜まで仕事をしていたため開園時には間に合わせることが出来ませんでした。動物園でのカワウソの行動パターンを考えると開園を逃したのはかなり致命的な予感はしていたのですが、やはり的中。朝ご飯を食べた形跡があるのみで、チロルとドナウの姿は見当たりません。
ueno110524007
ueno110524007 posted by (C)カシワヤ

朝飯後の昼寝に入ってしまった様ですね。予想通りの展開に「あたしって、ほんとばか」
仕方が無いので上野で飼育されているもう1種のカワウソ、コツメカワウソのアミンとミオの様子見にいいて来ましょう。

ところがぎっちょん。ありゃりゃ?
ueno110524011
ueno110524011 posted by (C)カシワヤ

こちらの状況も同じ様です。さすがはカワウソどうし、生活リズムがおんなじとは恐れ入谷の鬼子母神。でもここは入谷じゃないけどね・・。でも展示窓の左隅に見慣れないパネルがありますね。これはもしやと思い、実態を確かめにコツメ放飼場の側面へ回ってみました。

あぁ~!やっぱり。
ueno110524010
ueno110524010 posted by (C)カシワヤ

ueno110524012
ueno110524012 posted by (C)カシワヤ

かつてホワイトボードに手書きで書かれていた(しかも消えかかっていた)コツメ紹介ボードは姿を消し、代わりに可愛らしいイラストの紹介パネルが貼られていました。ミオのヒゲがもっと自由奔放じゃないかとか、アミンはもっとスレンダーじゃないかとか、イラストはイメージですとの断りを入れないとPL法にひっかかるんじゃないかとよけいな気を回したくなりますが、かわいいから許して候です。

おっと、また話が外れ始めた様なので、初志貫徹!ユーラシアカワウソのところに戻ってみましょう。

ueno110524013
ueno110524013 posted by (C)カシワヤ

そこには震災で避難してきたカワウソの取材陣が取材に訪れていました。
様子を伺っていると取材の方々もなかなか姿を見せないチロルとドナウにちょっと困惑している様です。こればかりはしょうがないですね。

コチトラも姿を見たいのは山々、放飼場内を組まなく探しているとあること気づきました。
こ、これはもしや・・しっぽ?
ueno110524017
ueno110524017 posted by (C)カシワヤ

そうです、上野のユーラシアカワウソ放飼場中央には飛び出せカワウソアクリルプールへの入り口である鉄箱が鎮座しているのですが、その真下に波紋が確認できました。
ueno110524015
ueno110524015 posted by (C)カシワヤ

波紋の見える角度へ移動してみましょう。
す・る・と・・。
ueno110524020
ueno110524020 posted by (C)カシワヤ

でた~!この「くろムギュ」こそアクアマリンで見たユーラシアのもの。
ueno110524018
ueno110524018 posted by (C)カシワヤ

「くろムギュ」がやや薄めなのと目の大きさからするとドナウか?
ueno110524019
ueno110524019 posted by (C)カシワヤ

やっとお目にかかることが出来ました。昨年末にアクアマリンでコンニチハしてから実に半年ぶりのドナウとの再開です。

しばらくするとドナウはゆっくりと泳ぎ始めました。
ueno110524028
ueno110524028 posted by (C)カシワヤ

水面から顔を半分出して辺りをうかがうドナウ。そのキョロンとした目が印象的です。
ueno110524037
ueno110524037 posted by (C)カシワヤ

ueno110524038
ueno110524038 posted by (C)カシワヤ

ueno110524041
ueno110524041 posted by (C)カシワヤ

まるでカエルの様に見えますねドナウ。懐かしさと可笑しさとこんなところでの再会と・・いろいろなおもいがこみ上げてきます。

ueno110524054
ueno110524054 posted by (C)カシワヤ

ueno110524055
ueno110524055 posted by (C)カシワヤ

そうこうしている内にタイムアップ。結局この日はチロルには会えずじまいでしたが、もう仕事場へ行かねばならない時間となってしまいました。

チロルドナウ共に上野の新しい環境に慣れて早くこのアクリルにやってくる姿を拝みたいもです。
ueno110524008
ueno110524008 posted by (C)カシワヤ

天候とタイミングと目の細かい金網に阻まれ、決して満足できる様な写真ではありませんが、今回チロルとドナウに会えたことを素直に喜びたいと思います。そしていつか必ず、アクアマリンでのみたびの再会を約束し仕事場へと向かったのでした。

んじゃ、おやすみ~。
スポンサーサイト

Comments: 2

jsato@otterhaus URL 2011-05-25 Wed 10:06:26

あれ、ほとんど入れ替わりですかね?
ドナウはあの位置がほとんど定番らしいです。

コツメの方の手書きボードですが、先週の水曜にはまだあの「ラブラブシート」貼ってませんでしたよ。

カシワヤ URL 2011-05-28 Sat 12:23:58

せんせー返信遅れてスミマセン。
今日は雨降りだけど上野動物園でユーラシア撮りリベンジなう。

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://shasinumetatechi.blog115.fc2.com/tb.php/189-00b6dbae
Listed below are links to weblogs that reference
アクアマリンからの使者チロルとドナウ 恩賜上野動物園 20110524 from 写真の埋立地、もしくはカワウソ沼 -otter swamp-

Home > 恩賜上野動物園そのいち > アクアマリンからの使者チロルとドナウ 恩賜上野動物園 20110524

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top