Home > よこはま動物園ズーラシア > ズーラシアのユーラシアカワウソ ズーラシア 20110828

ズーラシアのユーラシアカワウソ ズーラシア 20110828

おはやうございます。
ガツンと一発強烈な目覚ましで叩き起こされました。

今回垂れ流すのは横浜市動物園ズーラシアのユーラシア、従ってじゃけぇ言葉ではありません。
それにしても写真撮りにいってから1週間経ってやっとこさブログアップですから、
お待たせしましたキーパーさん。まことにアイスミマセンでした。

カワウソ放飼場は広いズーラシアの中では比較的前半にある亜寒帯の森にあります。
zoorasia110828402
zoorasia110828402 posted by (C)カシワヤ

まずは手前におわす放飼場、順路の左側に沿う様に細長くレイアウトされているので、一見すると横長と言うよりも奥行きのある縦長ぽい印象ですね。フェンス手前に遊泳プール、奥からは傾斜のあるせせらぎが流れ込む形をとっています。

こちらのスペースにおわすのが関東ユーラシアのご長寿夫婦、ハチベエ(オス)とユイ(メス)であられます。
まずはハチベエからコンニチハ。鼻の下に何か着いてますよ。
zoorasia110828218
zoorasia110828218 posted by (C)カシワヤ

この後ハチベエは放飼場の見回りに出かけます。
zoorasia110828205
zoorasia110828205 posted by (C)カシワヤ

午前中の優しい日差しを浴びてとても気持ち良さげなハチベエ。

そしてハチベエが出かけた後にあられましたのがユイさん。
zoorasia110828207
zoorasia110828207 posted by (C)カシワヤ

ユイさんはとても小柄、キーパさんによると体重が4kgちょいしかないそうなので、ゲモったコツメの方が重いかもしれませんね。

話を放飼場に戻し、こちらが奥側の様子。
zoorasia110828401
zoorasia110828401 posted by (C)カシワヤ

長い倒木が印象的、傾斜を流れ落ちるせせらぎがα波を出しまくります。
その流れ込みの先には大きな壁、その隙間から水が流れてきている様ですが・・

実はこうゆうこと。
zoorasia110828405
zoorasia110828405 posted by (C)カシワヤ

かつてはここに壁が無く非常に細長い放飼場だったのです。そのためあっちこっちにうろつくカワウソを追っかけるのがとても大変でした。今回のマイナーチェンジにて放飼場が手前2/3と奥側1/3に区切られ別の個体を展示することによって見る側の移動負担が軽減されました。

そしてこちらが奥側、川の上流をイメージした放飼場とプール。
zoorasia110828403
zoorasia110828403 posted by (C)カシワヤ

ここでは淵の様なプールの断面が観察できるようになっており、水底には大きな玉石がぎっしり。
zoorasia110828404
zoorasia110828404 posted by (C)カシワヤ

雰囲気バッチグー!河童伝説の元になったカワウソの面目躍如と言ったところでしょうか?

こちらにおわすのが先月来訪した広島安佐動物公園からやってきているメスの個体、その名もヒメ。
zoorasia110828129
zoorasia110828129 posted by (C)カシワヤ

大きな岩上でくつろぐヒメのなが~くしなやかなしっぽ。
zoorasia110828130
zoorasia110828130 posted by (C)カシワヤ

ユウ老師一門であるヒメもガンガン泳ぎます!その様子はもう少し待たれい。

まずはこちら、ハチベエ(下)とユイ(上)の様子から
zoorasia110828339
zoorasia110828339 posted by (C)カシワヤ

それにしてもこの日は暑かった・・
スポンサーサイト

Comments: 4

初心者 URL 2011-09-04 Sun 12:36:49

ズーラシア、雰囲気のある放飼場ですね。
ユーラシアカワウソの生息地ってこんな感じなのかとワクワクするような展示です。
写真を撮ってても楽しそう。
とても広そうなんですが、400mm位ないと厳しいでしょうか?
横浜か...無性に行きたくなりました。

続き、楽しみに待ってます!

カシワヤ URL 2011-09-05 Mon 00:00:55

こんばんは初心者さん。

安佐動物公園で会えなかったヒメ、ズーラシアで会ってきました。
案外近いところにいたなんてまさに灯台下暗し。
ズーラシアの放飼場は奥に行かれるとたしかに超望遠が必要になりますが、
近場にちょくちょくやってきてくれるので、200mmもあればことたります。

関西からですと新幹線新横浜駅で横浜線に乗り換えて中山駅からバスになるので、
乗り換え本数は少なくて済むと思います。

マキ URL 2011-09-05 Mon 20:28:22

いつの間にこんなことに!
これならウロウロしないで済みそうですね。

4キロちょいって言うと我が家の猫と同じくらいです。
このサイズはコツメサイズだよなぁと
猫を撫でながら思いました。

カシワヤ URL 2011-09-05 Mon 23:16:33

マキさんこんばんは。
ズーはコチトラにとってもひさしぶりで、思えばあの頃はまだウソもぐれではありませんでした。
放飼場を2:1に区切って別の個体を展示しているため手前は水面と地上、
奥は水中と言った具合に割り切って撮影すればストレスは感じにくいと思います。
でもやっぱり移動の際に視線が途切れるのは仕方が無いです。

ちなみに家のねこすけは6.45kgです。
小型犬よりもでかいので動物病院の待合室ではチワワとかがビビりますw

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://shasinumetatechi.blog115.fc2.com/tb.php/266-f6a825b7
Listed below are links to weblogs that reference
ズーラシアのユーラシアカワウソ ズーラシア 20110828 from 写真の埋立地、もしくはカワウソ沼 -otter swamp-

Home > よこはま動物園ズーラシア > ズーラシアのユーラシアカワウソ ズーラシア 20110828

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top