Home > 構造物 > 首都圏外郭放水路 その2 20091114

首都圏外郭放水路 その2 20091114

  • Posted by: カシワヤ
  • 2010-08-11 Wed 01:54:45
  • 構造物
今晩は、首都圏外郭放水路の二回目になります。

前回林立する柱を堪能したあとは調圧水槽のどん詰まりへやってきました。
gaihousui091114016
gaihousui091114016 posted by (C)カシワヤ

コンクリートの面や線が複雑にかかわり合いとても美しい立体構造を作り出しています。
無機質な土木構造物がみせるほのかな色気とでも言いましょうか、見惚れるばかりの空間です。

視点を左へ移してみましょう。
gaihousui091114018
gaihousui091114018 posted by (C)カシワヤ

出ました!これが第一立坑です。
増水した河川の水は一旦この立坑に流れ込み、そこからオーバーフローする形で調圧水槽へ流れ込む仕組みです。
この調圧水槽と立坑の関係は路肩にある排水溝と汚水枡の関係に近いと思います。
増水した水が立坑にたまることにより水圧を和らげる効果があるのです。

でも今はそんな理屈はどうでも良くなってしまいます。
巨大空間に取り込まれたちっぽけな人間が出来ることなんでたかがしれてます。
あのふちまで行ってみたい!

ですが見学会は安全第一!
gaihousui091114020
gaihousui091114020 posted by (C)カシワヤ

見学者はイエローコーンとトラバーでさえぎられたところまでしか行くことが出来ません。
あんなにすごい光景を目の当りにして、立坑を遥か彼方に望むのが精一杯、残念至極。
仕方が無いので目一杯写真を撮って我慢しましょう。

gaihousui091114022
gaihousui091114022 posted by (C)カシワヤ

立坑の深さは約70mでスペースシャトルがすっぽりと入ってしまう大きさです。
解りやすいんだか、かえって想像しにくいんだか解らん説明ですが、まさにロケット発射坑のような佇まい。
むしろホントにこの下には秘密のミサイル発射装置でもあるのでは?と思わずにいられない。

この第一立坑を見た瞬間にルパン三世の劇場版第一作「ルパンVS複製人間(マモー)」のクライマックス
マモー本体である巨大な脳をいただいたロケットが轟音とともに発射され、
ルパンと不二子が発射坑のタラップを駆け上がるシーンが浮かび上がってきました。
もちろんラストは名曲の誉れ高い三波春夫先生のルパン音頭でバッチリだ!

gaihousui091114021
gaihousui091114021 posted by (C)カシワヤ

向う正面にはあの高さを堪能できるであろう作業用階段がまるで恐竜の骨格の様に存在感を誇示しています。
ああ、出来ることならあの階段をガンガンと音を立てて駆け下りてみたい。(でも登りは勘弁)
この非日常空間はまさにSF、仮面ライダーやウルトラシリーズのロケ地となるのもうなずけますな。
(ただ単に半田健人氏の趣味かもシランが・・)

調圧水槽と第一立坑を心行くまで堪能したら残念ながら見学会はおしまい。
進行方向の左隅にある階段で地上へと向かいます。
gaihousui091114028
gaihousui091114028 posted by (C)カシワヤ

でも・・これで終わる訳が無いじゃないですか!
ここまできたらそんな簡単に帰れないのが人間の性、まだ続くぞ。
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://shasinumetatechi.blog115.fc2.com/tb.php/29-4de30e20
Listed below are links to weblogs that reference
首都圏外郭放水路 その2 20091114 from 写真の埋立地、もしくはカワウソ沼 -otter swamp-

Home > 構造物 > 首都圏外郭放水路 その2 20091114

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top