Home > スポンサー広告 > 6時だョ!全員起床_海遊館_20130511-12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://shasinumetatechi.blog115.fc2.com/tb.php/685-946cf66b
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 写真の埋立地、もしくはカワウソ沼 -otter swamp-

Home > スポンサー広告 > 6時だョ!全員起床_海遊館_20130511-12

Home > 海遊館 > 6時だョ!全員起床_海遊館_20130511-12

6時だョ!全員起床_海遊館_20130511-12

  • Posted by: カシワヤ
  • 2013-05-19 Sun 23:04:23
  • 海遊館
きゅ〜い・・きゅいぃぃ・・なにやら甲高い声が頭の上から聞こえてくる・・。

目を覚ますと目前にカマイルカがコチトラの近くを漂いながらふわふわと浮いているのが目に入ってきた。
kaiyukan13051112008
kaiyukan13051112008 posted by (C)カシワヤ

おはようございます。
ここは海遊館カマイルカ水槽の真っ正面。眠い目をこすって漂うカマイルカにご丁寧な挨拶をば。時間を調べると朝の5時。起床予定時間よりも1時間早くカマイルカに起こされてしまった訳ですがこんな目覚め方なんてそう何度も体験できるものではありませんからとても壮快な気分です。

館内を見渡すとそこらかしこに野郎共が死屍累々。by太川陽介

皆まだ睡眠をむさぼっているのか・・と思いきやチョイと奥のパネル展示場ではすでに起きている方がいました。「おはお〜!」声をかけると熱心に日本の水族館の歴史を綴ったパネルにご執心。水族館に来て水槽の前で寝なかったの?と問えば、暗くないと寝れないんだとか。なるへそ、こればかりは致し方ない人それぞれですものね。

しばらくこのゆったりと流れる時間を楽しみつつ起床予定時間を待つ。そうこうしているうちにあちらこちらでもぞもぞと野郎共が起き出してきましたよ。水槽にも最上階から差し込む光が偽岩を照らし始め先程まで寝ぼけていたカマイルカ達も機敏な動きを取り戻してきた頃・・引率のキーパーさんの「おはよ〜ございます!」の声、さあここからは現実のはじまりです。例によって例のごとく昨夜のブリーフィング(廊下)ルームへ戻って歯磨き洗顔をする野郎共。19時半から食事をとっていないので皆腹が減っている様子。一同張り切ってホテルシーガルてんぽーざん大阪へ朝食バイキングへと洒落込みましょうか。

バイキングはけっこう豪勢。予想以上にメニューが豊富で食べるモノに迷ってしまうぐらいでした。サラダにはじまり洋食メニュー、和食メニュー、フルーツ、デザート、ドリンクと一通り食べてしまった自分が恐い。ここでちょっと一考、参加費6000円のうち朝食代はいくらなんでしょうね?あぁ野暮野暮、そんなみみっちいこと考えるなんてコチトラのばか!と自問自答。あ、言い忘れていましたが今回の10名の中にはTwitterで知り合った方が1名とウソもぐれでおなじみの方が1名、コチトラとあわせて3名で仲良く食事を致しました。

食事の後は朝の自由見学時間。朝日がキラキラしている水槽へでっぱつです。

透き通る水槽に浮遊するカリフォルニアアシカ。
kaiyukan13051112014
kaiyukan13051112014 posted by (C)カシワヤ

この時間に見知らぬ人間がいるのが珍しいのかぽか〜んとした顔でコチトラを見つめています。
kaiyukan13051112019
kaiyukan13051112019 posted by (C)カシワヤ

朝のグルーミングに余念のないアリューシャンラッコ。
kaiyukan13051112052
kaiyukan13051112052 posted by (C)カシワヤ

もしゃもしゃとかきむしる様な仕草。
kaiyukan13051112053
kaiyukan13051112053 posted by (C)カシワヤ

う〜ん・・
kaiyukan13051112054
kaiyukan13051112054 posted by (C)カシワヤ

マンダムw
kaiyukan13051112055
kaiyukan13051112055 posted by (C)カシワヤ

もちろんコツメカワウソのフォーだってしっかりいつもより早い時間からご出勤。
kaiyukan13051112176
kaiyukan13051112176 posted by (C)カシワヤ

館内にはキーパーさんをはじめとする職員の方々がちらほらと慌ただしく顔を見せ始めた頃・・集合時間と相成りました。さて、ここからはバックヤード見学。写真撮影は御法度なので駄文で我慢してください。

良くわからない扉と通路をつたってやって来たのは太平洋水槽の真上。十字形をしたこの大きな水槽を上からのぞき込むとよけいにでかく感じます。説明に寄ると長辺が約34mだったかな?さすがは日本で2番目にでかい水槽なので迫力があります。水槽の上には大型魚を搬入するクレーンの鉄骨レールが無骨に鎮座。コンテナ埠頭にあるガントリークレーンを建物内に組み込んだ様な構造にしばし埋立地への思いがふっと浮かんできました。

因にガントリークレーンってヤツはこれね。
chibako100522268
chibako100522268 posted by (C)カシワヤ

その後は生き物達の食事を準備する部屋を外側から見学。みなさんテキパキと仕事をこなして見ていてとても小気味良い気持ちになりました。ここで一大センセーション!通路にこじんまりとした2槽式洗濯機、そしてその傍らに運ばれて来たモノはなんとコツメカワウソ使用済みほやほやのドンゴロス!これから洗濯機で消毒洗浄するとのこと・・あいや!しばし待たれい!とばかりにウソもぐれの面子がむさぼる様に匂いを嗅ぎ嗅ぎ、あぁ幸せなひとときにうっとり・・

でも幸せな時間はすぐに過ぎて行ってしまうものなのよ奥様・・

バックヤード見学を終えた野郎共は例のブリーフィング(廊下)ルームへ逆戻り。各自帰りの準備をすませアンケートを済ませたらここで解散。あ、そうそうアンケートにはカワウソのバックヤードが見たいと書いておきました。

ずいぶんと長い垂れ流しになりましたがここで再入館組と帰宅or移動組にわかれておさらば。コチトラはひらかたパークへ移動するため海遊館へ別れを告げたのでした。

ちょいまち!
肝心要のワモ〜ン!写真を取り忘れていることに今更気づくコチトラ。何処まで行っても詰めの甘さが露呈してしまう情けなさに朝日は容赦なく降り注ぐのでありました。完!
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://shasinumetatechi.blog115.fc2.com/tb.php/685-946cf66b
Listed below are links to weblogs that reference
6時だョ!全員起床_海遊館_20130511-12 from 写真の埋立地、もしくはカワウソ沼 -otter swamp-

Home > 海遊館 > 6時だョ!全員起床_海遊館_20130511-12

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。