Home > 工場 > 千葉港ポートサービス その1 20100522

千葉港ポートサービス その1 20100522

  • Posted by: カシワヤ
  • 2010-05-25 Tue 01:28:55
  • 工場
動物さんが続いたのでひさびさ埋立地の写真をアップします。
場所はこのところ入り浸っている千葉港の遊覧船、千葉ポートサービス千葉港めぐりです。

JR京葉線千葉みなと駅から程よく歩いて、やってきました遊覧船乗り場。
思っていたよりもこじんまりとした佇まいですが、
これから千葉港の工場群を海から眺められるかと思うと期待に胸が膨らまずにはいられませんな。
chibako100522009
chibako100522009 posted by (C)カシワヤ

いろいろはしょって、さっさと出港。
東京湾のどん詰まりに位置する千葉港の海は果てしなく青い?(わきゃない)
chibako100522103
chibako100522103 posted by (C)カシワヤ

出港すると間もなくみんな大好きガントリークレーンがお出迎え。
chibako100522013
chibako100522013 posted by (C)カシワヤ

コンテナターミナルをぬけると日本サイロが見えてきます。
chibako100522023
chibako100522023 posted by (C)カシワヤ

ほどなく新東日本製糖の特徴的な三角倉庫へ(なんかカワイイ)
chibako100522033
chibako100522033 posted by (C)カシワヤ

J-オイルミルズのサイロ。前出の日本サイロが白を基調としたスッキリタイプなのに対して、
こちらは金属感丸出しのいかにもな感じ。
chibako100522058
chibako100522058 posted by (C)カシワヤ

前半戦の最後を飾るのは丸紅エネックスのタンク群。
写真左端、埠頭のへさきに見える近未来的?タワーは東洋信号通信社。
chibako100522080
chibako100522080 posted by (C)カシワヤ

chibako100522079
chibako100522079 posted by (C)カシワヤ

丸紅エネックスのタンクへつながるパイプ群、無機質な港湾にあってとってもビビット。
chibako100522087
chibako100522087 posted by (C)カシワヤ

さてさて、ここまでで前半の航路が終了。
いよいよ千葉港巡りの本丸JFEスチールへと向かいますが、続きはまた後日。
スポンサーサイト

Comments: 2

vjed URL 2010-05-27 Thu 21:21:58

日本サイロの建物は、屋上から発射台がにょきっと出てきて、三角ビートルが発進しそうな感じですな。
東洋信号通信社の管制塔っぽいタワーは、うってかわってジェリー・アンダースンの『決死圏SOS宇宙船』でロケットが打ち上げられるシーンが思い浮かんでしまいます。もちろんロケット発射シークエンスの前には、丸紅エネックスのタンク群もろとも地下に潜るギミック付で(笑)

カシワヤ URL 2010-05-28 Fri 04:51:30

ですよねー。
工場群の魅力は機能を追求するあまり日常から遠くかけ離れた構造になるのが魅力。
溶鉱炉や化学プラントを見るたびにこんなのどうやって設計するのか?
考えるだけで夜も眠れなくなります。(一部ウソ)

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://shasinumetatechi.blog115.fc2.com/tb.php/7-6569f7e5
Listed below are links to weblogs that reference
千葉港ポートサービス その1 20100522 from 写真の埋立地、もしくはカワウソ沼 -otter swamp-

Home > 工場 > 千葉港ポートサービス その1 20100522

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top