Home > 上越市立水族博物館 > フウ、再会までの道のり_上越市立水族博物館_20130728

フウ、再会までの道のり_上越市立水族博物館_20130728

まいどおなじみ上越市立水族博物館。(写真が去年のですが気にしないでください。
joetsu120707001
joetsu120707001 posted by (C)カシワヤ

ここには越前松島水族館からやってきたカレンがいたのですが、彼女は今年の2月に突然さよならをしてしまいました。
joetsu120707405
joetsu120707405 posted by (C)カシワヤ

それから5ヶ月、待ちに待った新個体がやってきました!というのでさっそく会いに行ってきましたよ。

入館して建物入口脇から下を見下ろすとこちらもおなじみ階段脇のコツメカワウソ展示場。
joetsu130728003
joetsu130728003 posted by (C)カシワヤ

決して広くはありませんが山あり滝ありな上に閲覧者に階段の上り下りを強いるヘルスビューティーな展示場です。
joetsu130728002
joetsu130728002 posted by (C)カシワヤ

階段をはさんだ反対側には飼育羽数日本一のマゼランペンギンとゴマフアザラシのプール。そして一番奥には季節限定でイルカショーを催すプールがありますよ。
joetsu130728004
joetsu130728004 posted by (C)カシワヤ

しかぁ〜し!案の定コツメカワウソの姿が何処にも見当たりません!
joetsu130728005
joetsu130728005 posted by (C)カシワヤ

それもそのはず、みさき公園からやって来たばかりのオスのフウは見知らぬ場所への移動に引きこもり状態を絶賛継続中。
joetsu130728001
joetsu130728001 posted by (C)カシワヤ

移動したての個体(特にオス)にはありがちなことなので致し方ありません。つくづくカレンがいてくれたらなぁと思ってしまいますがそれは叶わぬ夢なのれす。

前回お世話になったキーパーさんとカワウソ談義をしながらだべっていると一回目のゴハンの時間になりました。でもねフウの都合に合わせて室内で供すとのこと、しかし食後は出てくることがあるかも?というキーパーさんの言葉を信じてさらに待ちます。

そうこうしているうちに何やら端っこの方でごそごそしだしたのでおもむろにカメラを準備し覗き込むと・・
joetsu130728010
joetsu130728010 posted by (C)カシワヤ

きたこれフウ!つい6月末に会ってきたばかりのフウ!まさかあの時はここで再会するなんて思いもしませんでしたが、とにかくフウです!
びびりなりに勇気を振り絞って?出てきてくれたのが嬉しくてたまりません!

いいとこですが続く。
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://shasinumetatechi.blog115.fc2.com/tb.php/736-c8e9abc6
Listed below are links to weblogs that reference
フウ、再会までの道のり_上越市立水族博物館_20130728 from 写真の埋立地、もしくはカワウソ沼 -otter swamp-

Home > 上越市立水族博物館 > フウ、再会までの道のり_上越市立水族博物館_20130728

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top