Home > スポンサー広告 > 三たび大福ベビラシア_アクアマリンふくしま_20140607

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://shasinumetatechi.blog115.fc2.com/tb.php/897-c7ae88b2
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 写真の埋立地、もしくはカワウソ沼 -otter swamp-

Home > スポンサー広告 > 三たび大福ベビラシア_アクアマリンふくしま_20140607

Home > 環境水族館アクアマリンふくしま > 三たび大福ベビラシア_アクアマリンふくしま_20140607

三たび大福ベビラシア_アクアマリンふくしま_20140607

今年もアクアマリンふくしまから嬉しい知らせが届きました。そうです毎年6月恒例?のべびらしあ誕生ですわ奥様・・さっそく紹介写真から垂れ流していこうかと思います。どぞ!

「うん?何か呼んだ?」
fukushima140607024
fukushima140607024 posted by (C)カシワヤ

あちゃ〜!いきなり写真間違いですか?いや、でもね。実はお向かいさんのスローロリスもめでたい事に2匹の仔ロリスさんに恵まれたのですよ。しかしご存知の様にロリスは夜行性で昼間は母ロリスが仔ロリスを抱え込んだままぐ〜すかぴ〜!しているのでなかなか仔ロリスの写真が撮れません。これは夕方頃に母親が餌を食べに動いた時を狙って撮った貴重な仔ロリスです。(しかし1匹だけですが・・

さて話を本題に戻しましょう。今年生まれたべびらしあは3頭(性別未確定)6月3日生まれなのでこの時はまだ5日齢の小ささです。前回と同様に放飼場の洞窟巣穴での出産なのでお邪魔してみましょう。

「じ〜〜〜〜!」いきなりコチトラをにらむチロル。しかしその下腹にはモゾモゾとうごめく青白いベビラシアが!
fukushima140607196
fukushima140607196 posted by (C)カシワヤ

チロル母ちゃんの腹の上、極上のベッドですやすやと眠るその姿。コチトラこれだけ幼い時期のユーラシアカワウソに会うのは初めてなのですっごくドキがムネムネです。
fukushima140607201
fukushima140607201 posted by (C)カシワヤ

すこし近づいてみると可愛い顔が拝めました。当然のごとくまだ目は開いておりません。
fukushima140607126
fukushima140607126 posted by (C)カシワヤ

小さなおててを伸ばしてのび〜!をするべびらしあ。でも指先には既に爪が生えているのが解ります。
fukushima140607130
fukushima140607130 posted by (C)カシワヤ

のび〜!の後はお腹がすいたのでしょうか?少しぐずりはじめましたよ。
fukushima140607158
fukushima140607158 posted by (C)カシワヤ

そしたらもう1頭も起きだしてきて一緒におっぱいを探しうまうまし始めました。
fukushima140607122
fukushima140607122 posted by (C)カシワヤ

「うにゅ」とか「うにゃ」とか、かすかに聞こえる鳴き声にしばし耳を傾けているとチロルがおもむろに1頭のべびらしあを鼻先で持ち上げました。

おお!チロルのケツなめです!ご存知だとは思いますがけしてチロルにスカト●趣味がある訳ではありません。べびらしあの肛門を刺激する事により排泄を促すと共に排泄後の肛門を清潔に保つ本能的行動ですからね。
fukushima140607102
fukushima140607102 posted by (C)カシワヤ

キレイキレイしてもらったべびらしあのおケツ。んん!よっく見ると肛門の下に小さなふくらみがある様に見えませんか?もしかしてこれはふぐり?もしそうならばチロルとドナウに初めての男の子が生まれた事になりますよね。性別が確定するのが楽しみです。
fukushima140607103
fukushima140607103 posted by (C)カシワヤ

またしばらくしてから今度はなかなか動けないチロルのためにキーパーさんからの差し入れが届きました。毎度おなじみのピンセットでw チロルはべびらしあに気を使いながら身を伸ばして食べていました。
fukushima140607151
fukushima140607151 posted by (C)カシワヤ

べびらしあはチロルが大事に抱え込んでしまったり、寝床に積み重ねられた巣材や汚れたままになっているガラス面のためなかなか上手く撮影する事が出来ません。お客さんの波を読み少ないチャンスで観察するのでなおさらです。

そんななかでようやく正面アップが撮れた瞬間は嬉しさひとしお。
fukushima140607252
fukushima140607252 posted by (C)カシワヤ

成長すると黒むぎゅになる吻のあたりはまだ毛が短いのかほんのりとピンク色の地肌が見えますね。
fukushima140607239
fukushima140607239 posted by (C)カシワヤ

まだ歯も生えていないお口でおおきなあくび。小さな舌がとても柔らかそうです。
fukushima140607246
fukushima140607246 posted by (C)カシワヤ

と、ここで視線を感じてアングルを変えると・・そこには何やら警戒した表情のチロル。
fukushima140607269
fukushima140607269 posted by (C)カシワヤ

「うっしゃ〜〜〜!」とばかりに警告表現?おやおやチロルに注意勧告を受けてしまったのかな?これはどうもスミマセン。
fukushima140607282
fukushima140607282 posted by (C)カシワヤ

※注意(とっても大切な事
因に上の写真、本当はチロルがあくびをする瞬間の1コマなので本当にチロルが怒った訳ではありません。垂れ流し演出で気の強いチロルだったらこんな事も起こりうるかな?ってスジでオチを演出した訳ですので誤解なきよう。
しかしながら子育て中の母親がナーバスになっているのも事実なのでアクアマリンに限らず子育て中はむやみに刺激を与える様な事が無い様に静かに観察をお願いします。
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://shasinumetatechi.blog115.fc2.com/tb.php/897-c7ae88b2
Listed below are links to weblogs that reference
三たび大福ベビラシア_アクアマリンふくしま_20140607 from 写真の埋立地、もしくはカワウソ沼 -otter swamp-

Home > 環境水族館アクアマリンふくしま > 三たび大福ベビラシア_アクアマリンふくしま_20140607

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。