Home > スポンサー広告 > カワウソちびるとら史上最大の垂れ流し_アクアマリンふくしま_20140727

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://shasinumetatechi.blog115.fc2.com/tb.php/913-382f9ae8
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 写真の埋立地、もしくはカワウソ沼 -otter swamp-

Home > スポンサー広告 > カワウソちびるとら史上最大の垂れ流し_アクアマリンふくしま_20140727

Home > 環境水族館アクアマリンふくしま > カワウソちびるとら史上最大の垂れ流し_アクアマリンふくしま_20140727

カワウソちびるとら史上最大の垂れ流し_アクアマリンふくしま_20140727

さ〜て、ろそろそ本格的に復活垂れ流していきますぞ。

先月下旬にアクアマリンふくしまへ(しょうこりもなく)ちびるとらに会いにいきまして、その時の写真です。総計60枚!題して史上最大の垂れ流しです。
因に以前はちびらしあと表記していたのですが安佐動物公園にてチネンシスの子供が生まれましたので、区別する為に今回からちびるとらと表記させていただきます。


まずはオーソドックスに名前の発表から。コチトラも応募したのですが見事に玉砕してしまいました。
fukushima140727001
fukushima140727001 posted by (C)カシワヤ

そら。
fukushima140727003
fukushima140727003 posted by (C)カシワヤ

ほし。
fukushima140727004
fukushima140727004 posted by (C)カシワヤ

つき。
fukushima140727005
fukushima140727005 posted by (C)カシワヤ

個体の説明が書いてありますが、既にちびるとらは茶色い毛色に変化していますので判別としては吻から顎下にかけての模様が識別ポイントになりますね。この辺は上野や新潟、のいちへ移動している個体と共通したポイントでしょうか。


てなわけで、さっそくおじゃましまぁ〜す!
すっかり目も開き白目がちなびっくり顔でお出迎え。既に立派な黒ムギュになっているちびるとらです。
fukushima140727116
fukushima140727116 posted by (C)カシワヤ

そのうちの一頭がチロルが出入りしている隙間でお水ごきゅごきゅ。
fukushima140727132
fukushima140727132 posted by (C)カシワヤ

むむ!何やらずり落っこちてきている様ですが・・大丈夫でしょうか?
fukushima140727134
fukushima140727134 posted by (C)カシワヤ

前足で踏ん張ろうとしている様ですが時既に遅し。そのままずるずるぽちゃん!といったところ。
fukushima140727139
fukushima140727139 posted by (C)カシワヤ

見上げれば寝床は遥か上。
fukushima140727150
fukushima140727150 posted by (C)カシワヤ

途方に暮れるちびるとらに追い討ちをかける様に他の仔が落っこちてきました。しかしその子はなんと自力でよじ登り事をなきを得ました。
fukushima140727158
fukushima140727158 posted by (C)カシワヤ

うわ〜ん!なんであがれないんだよぉ・・
これは一大事です。お〜いチロル、ドナウ。なんとかしてやっておくんなさいまし。
fukushima140727168
fukushima140727168 posted by (C)カシワヤ

しかしそのときドナウはちびるとらには目もくれずご趣味の穴掘り活動に勤しむ姿。
fukushima140727173
fukushima140727173 posted by (C)カシワヤ

事態をまったく把握していないドナウはいつもの様に水面でカエルさんの様にきょろつく感じ。
fukushima140727181
fukushima140727181 posted by (C)カシワヤ

そしてまったり水中散歩。
fukushima140727189
fukushima140727189 posted by (C)カシワヤ

後ろ向きのまま・・
fukushima140727192
fukushima140727192 posted by (C)カシワヤ

ぐいんと浮上してきて・・
fukushima140727193
fukushima140727193 posted by (C)カシワヤ

ぷは〜!といつもの様に気ままな生活を楽しんでいました。
fukushima140727196
fukushima140727196 posted by (C)カシワヤ

しかしコチトラが心配している間にチロルが先程のちびるとらを救出していました。あいかわらずなドナウに対してしっかり者のチロル。やはりいざという時はお母ちゃんですね。
fukushima140727206
fukushima140727206 posted by (C)カシワヤ

もう落ちてこないかしら・・?と心配そうなチロルに心を打たれます。カキ〜ン!
fukushima140727203
fukushima140727203 posted by (C)カシワヤ

コチトラの感動をよそにドナウは池に放たれたウグイの幼魚を追いかけてみたり・・
fukushima140727214
fukushima140727214 posted by (C)カシワヤ

突然ばびゅ〜ん!と急接近してきたりと父のんきだね!を繰り返しておりました。
fukushima140727221
fukushima140727221 posted by (C)カシワヤ

そして寝床に戻ってきたチロルはいとおしむ様にちびるとらをやさしくだっこ。
fukushima140727238
fukushima140727238 posted by (C)カシワヤ

母にいだかれて安心したのか無邪気に遊ぶ姿が可愛らしい。
fukushima140727283
fukushima140727283 posted by (C)カシワヤ

まぁでも時折覗き込んでいるコチトラを気にする様子もあり、ろそろそ外の世界にも興味を持ち始めた様ですね。
fukushima140727291
fukushima140727291 posted by (C)カシワヤ

そしてしばらく寝床でくつろぐちびるとらを眺めつつ、とてもおだやかな時間が過ぎて行きました…が!ここで突然チロルが怪しい動き。寝床の隙間にちびるとらを引き摺り込んだと思ったら…
fukushima140727344
fukushima140727344 posted by (C)カシワヤ

あっという間に水中へ!あわれちびるとら。
fukushima140727361
fukushima140727361 posted by (C)カシワヤ

fukushima140727364
fukushima140727364 posted by (C)カシワヤ

fukushima140727366
fukushima140727366 posted by (C)カシワヤ

fukushima140727367
fukushima140727367 posted by (C)カシワヤ

fukushima140727368
fukushima140727368 posted by (C)カシワヤ

寝床のしたをくぐり抜け、すぐ横のドーム状のアクリルの脇へ。チロルは突然水泳訓練をはじめたのですよ。
fukushima140727342
fukushima140727342 posted by (C)カシワヤ

咥えてきたちびるとらを放すと立ち泳ぎの状態でひと息。そして意を決したように寝床に残された2頭のべびるとらの元へ。
fukushima140727335
fukushima140727335 posted by (C)カシワヤ

放置されたべびるとらはなんとか壁面につかまり、泳いでいると言うよりも必死で浮かんでいる様子でした。
fukushima140727370
fukushima140727370 posted by (C)カシワヤ

そこへもう一頭べびるとらが運ばれてきて、本格的になってまいりました。
fukushima140727372
fukushima140727372 posted by (C)カシワヤ

こうなると必死の形相でもがくべびるとら…と、思いきや、意外に冷静な個体がポツンとコチトラを見つめておりました。
fukushima140727377
fukushima140727377 posted by (C)カシワヤ

fukushima140727378
fukushima140727378 posted by (C)カシワヤ

fukushima140727379
fukushima140727379 posted by (C)カシワヤ

fukushima140727380
fukushima140727380 posted by (C)カシワヤ

アクリル際で冷静なんだか呆然なんだかようわかりませんでしたが、コチトラ中腰姿勢のままで必死にシャッターを切り続けます。わかる人にはわかると思いますが、このドーム状のアクリルは大人1人で目一杯の大きさしかありません。つまり今まさにちびるとらをコチトラが独り占めしているわけなんです。


一方こちらのちびるとらは水に漬け込まれたのがよっぽどショックなのかぼーぜんとした様子。
fukushima140727385
fukushima140727385 posted by (C)カシワヤ

前足をだらりと伸ばし上目遣いの表情はまさにうらめしや〜と言ったところでしょうか?
fukushima140727384
fukushima140727384 posted by (C)カシワヤ

ようやくチロルの腰のあたりにつかまることができたものの、目が…目がコチトラに訴えてるくる!
fukushima140727382
fukushima140727382 posted by (C)カシワヤ

さりとて最後の一頭は溺れてるんだか泳いでるんだかよくわからない状態でわちゃわちゃやってたりなんかしちゃったり…まぁ見ている分には楽しいからシャッター切っちゃいます。
fukushima140727388
fukushima140727388 posted by (C)カシワヤ

そしてまたもやアクリルにつかまり泳ぎをしている個体が…吻の周りに白い毛が目立つこちらはおそらくそらでありましょうか?
fukushima140727404
fukushima140727404 posted by (C)カシワヤ

その神妙な面持ちは哲学的とでも言いましょうか…
fukushima140727408
fukushima140727408 posted by (C)カシワヤ

アクリルにへばりつきすぎでお口がぶちゅっと潰れ気味。いい味かもしてますねぇ。
fukushima140727407
fukushima140727407 posted by (C)カシワヤ

そこへむにゅっともう一頭がやってきてちゅー!とばかりに吻タッチ。白い毛が見当たらないこの仔はおそらくほしかな?
fukushima140727409
fukushima140727409 posted by (C)カシワヤ

そして仲良く連れ立ち泳ぎだす2頭。ほしはそらを迎えに来たかのようでした。
fukushima140727415
fukushima140727415 posted by (C)カシワヤ

しかしそこはまだ泳ぎの達者でないちびるとら。アクリルの周りをウロウロするのが関の山。ですがそのおかげでコチトラの独り占めタイムが延々と続くのですたい。
fukushima140727427
fukushima140727427 posted by (C)カシワヤ

アクリルをなめるように引き返して来たそら。
fukushima140727429
fukushima140727429 posted by (C)カシワヤ

さっきまで微動だにしなかったのがウソの様にしっかり泳いでいます。流石遊泳能力に優れるユーラシアカワウソですね。
fukushima140727433
fukushima140727433 posted by (C)カシワヤ

しかし長居は禁物。ちびるとらの体力をわかっているチロルはしっかりと状況を見定めて…はい、回収。
fukushima140727440
fukushima140727440 posted by (C)カシワヤ

寝床下から水槽内を見渡して状況確認。回収もれはないかしら?
fukushima140727446
fukushima140727446 posted by (C)カシワヤ

と、思ったら案の定。せっかく回収したのにまたもや隙間に落っこちてるちびるとら。
fukushima140727453
fukushima140727453 posted by (C)カシワヤ

蝉のようにアクリルにへばりつきチロルの助けを待つ姿はいとおかし。
fukushima140727456
fukushima140727456 posted by (C)カシワヤ

もちろんこれがいちばん最初の水泳訓練ではありません。キーパーさんによると初遊泳は7月20日海の日であったとか。(出来過ぎw)それにしてもまだ泳ぎ始めたばかりなのにしっかりばちゃばちゃやれるあたり流石はユーラシア。その後訪問した方々の話や写真ではすっかり慣れた泳ぎを披露している様ですね。


ちびるとらが巣材の枝をガジガジしているオマケ写真。
fukushima140727478
fukushima140727478 posted by (C)カシワヤ

fukushima140727487
fukushima140727487 posted by (C)カシワヤ

fukushima140727492
fukushima140727492 posted by (C)カシワヤ

fukushima140727467
fukushima140727467 posted by (C)カシワヤ

fukushima140727474
fukushima140727474 posted by (C)カシワヤ

ルトラの黒むぎゅ!っておヒゲの付け根辺りが黒いぽつぽつになっていて指でつつきたくなりますね。
さて次回は9月あたりに会いに行きましょうかね。
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://shasinumetatechi.blog115.fc2.com/tb.php/913-382f9ae8
Listed below are links to weblogs that reference
カワウソちびるとら史上最大の垂れ流し_アクアマリンふくしま_20140727 from 写真の埋立地、もしくはカワウソ沼 -otter swamp-

Home > 環境水族館アクアマリンふくしま > カワウソちびるとら史上最大の垂れ流し_アクアマリンふくしま_20140727

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。