Home > 宮崎市フェニックス自然動物園 > 起き抜けカワウソらぶりーユマ_宮崎市フェニックス自然動物園_20140830

起き抜けカワウソらぶりーユマ_宮崎市フェニックス自然動物園_20140830

まいどおなじみ過去にタイムスリップして垂れ流し。いまさらながら宮崎市フェニックス自然動物園へユーラシアカワウソのユマさんに会いに行ったんだよ。

ユマさんコンニチハ。
phoenix140830539
phoenix140830539 posted by (C)カシワヤ

いきなり可愛いお顔を拝めたような出だしですが実はこの写真を撮るまで苦難の道程がえっさほいさあったりします。懸命なウソもぐれ庶子なら解ると思いますが、ユーラシアカワウソはコツメに比べて日中とても寝ている時間が多く、しかもユマさんはご高齢のため更に倍!(篠沢教授に5000点)なのですよ。まぁよく寝るのは頂点捕食者としての証でもあるので、いちいち気にしてたらウソもぐれなんぞやってられませんからね。


と、ここでサービスショット!立ち上がったユーラシアの胴長短足べりばりぷりち〜!と素直に喜びたいところですが・・
phoenix140830516
phoenix140830516 posted by (C)カシワヤ

ユマさんの左脇腹から下腹部にかけては腫瘍のようなふくらみがあります。おそらく悪性でない脂肪球の様なものとのことですが、やはりご高齢なので心配してしまいます。


そしてチネンシスの醍醐味白ムギュ!ですが・・(またかよ。
phoenix140830393
phoenix140830393 posted by (C)カシワヤ

ユマさんの可愛いお鼻は怪我のため皮膚がただれた感じになっておりここでも心配の種が芽を吹きそうです。

しかし心配ばかりしても始まりません。ここらでオーソドックスにユマさん宅をご訪問とくらぁ!
phoenix140830002
phoenix140830002 posted by (C)カシワヤ

緑色の縦格子、中央部分にはアクリルがはめ込まれておりなかなかの年期を感じさせる佇まいです。手前の濃い茶色の柵はあきらかに後づけであり、おそらくは格子に(お客さんが)手を突っ込ませない為の防止柵と思われます。


そして今一歩近づいてみるとやや曇ってしまったアクリル越しに放飼場の様子が目に飛び込んできます。
phoenix140830004
phoenix140830004 posted by (C)カシワヤ

中央には浅めではありますが大きな池、その向こう側にはまるでケルンのように積み重なった岩山。そして右奥には板塀で区切られた寝室がありますね。ここがユマさんのお住まいなのですが、肝心のユマさんは何処にいるのでしょうかね?

実はユマさんのお昼寝スポットは左奥にある頂上が平らになった方のケルンのてっぺん。ここに年季の入ったドンゴロスに寝そべっているのが日常風景なのだそうです。


んで、ようやく起き出して来たユマさんとご対面。
phoenix140830101
phoenix140830101 posted by (C)カシワヤ

「うう〜ん・・あたしゃまだ眠いんだよ。」とでも言いたげな表情。
phoenix140830103
phoenix140830103 posted by (C)カシワヤ

いかにもこのまま二度寝をしてしまいそうな雰囲気ですね。
phoenix140830111
phoenix140830111 posted by (C)カシワヤ

しかしそこはユマさん解ってらっしゃる。はるか遠方からやってきたチンケなコチトラの為によっこらしょと起き出し来てくれました。
phoenix140830134
phoenix140830134 posted by (C)カシワヤ

「んん〜!」
phoenix140830145
phoenix140830145 posted by (C)カシワヤ

手の平ぱ〜にして伸びの体勢。
phoenix140830146
phoenix140830146 posted by (C)カシワヤ

そしてあく〜び!
phoenix140830147
phoenix140830147 posted by (C)カシワヤ

ふあぁ・・
phoenix140830149
phoenix140830149 posted by (C)カシワヤ

あんぎゃあぁ〜〜〜
phoenix140830150
phoenix140830150 posted by (C)カシワヤ

おおおぉん!
phoenix140830151
phoenix140830151 posted by (C)カシワヤ

あ、言い忘れましたが、ユマさんのあくびはウッドベースを3オクターブくらい下げて表現すると良いですよ。(なんのこっちゃか?)それからぱぁ〜っと開いた水かきのある前足はいかにも河童の元になった獣であると確信させてくれますね。


そしてここまであけすけなあくびだと、しかめっ面さえも愛おしく感じてしまいます。
phoenix140830152
phoenix140830152 posted by (C)カシワヤ

はた!っと我に返るユマさん。
phoenix140830153
phoenix140830153 posted by (C)カシワヤ

きょろりきょろきょろ。
phoenix140830161
phoenix140830161 posted by (C)カシワヤ

こうしてまじまじ見るとどことなくユウ老師の面影があるように見えますね。やっぱり血は争えないものです。

でも、あれれ?
phoenix140830165
phoenix140830165 posted by (C)カシワヤ

せっかく起きてくれたと思ったらやっぱり二度寝ですか?いや〜ん!ばか〜ん!うふふ・・by:林家木久蔵(現:林家木久扇
またもやユマさんとの持久戦です。ここでへこたれてはウソもぐれの名が廃るってモンでさぁ。また起きるまでいつまでも待ちやすぜユマさん。

つづく。
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://shasinumetatechi.blog115.fc2.com/tb.php/922-fb78f47f
Listed below are links to weblogs that reference
起き抜けカワウソらぶりーユマ_宮崎市フェニックス自然動物園_20140830 from 写真の埋立地、もしくはカワウソ沼 -otter swamp-

Home > 宮崎市フェニックス自然動物園 > 起き抜けカワウソらぶりーユマ_宮崎市フェニックス自然動物園_20140830

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top