Home > スポンサー広告 > いきなり3年8ヶ月のいわゆる回り道_東山動植物園_20141025

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://shasinumetatechi.blog115.fc2.com/tb.php/935-d2916ab9
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 写真の埋立地、もしくはカワウソ沼 -otter swamp-

Home > スポンサー広告 > いきなり3年8ヶ月のいわゆる回り道_東山動植物園_20141025

Home > 名古屋市東山動植物園 > いきなり3年8ヶ月のいわゆる回り道_東山動植物園_20141025

いきなり3年8ヶ月のいわゆる回り道_東山動植物園_20141025

抜けるような青空の下、巨大構造物に見下ろされながらやってきました東山動植物園。2011年2月以来なので実に3年8ヶ月ぶりの訪問です。
higashiyama141025007
higashiyama141025007 posted by (C)カシワヤ

前回訪問した時はもちろん正門から入園したのですがそれだとカワウソの飼育されている自然動物館1F夜行性動物エリアへはダッシュしても7分以上の時間を要してしまうので、開園からわずか45分と言う明るい展示時間帯を出来るだけ長く見ていていたいという思惑のため入園門を変更、地下鉄降車駅を一駅ずらしてぐるっと回り込むようにしてやってきましたその名もスカイツリー門、ここからならカワウソは目と鼻の先、今回はひと味違いますよ〜!

はい!開園わずか30秒もかからずにカワウソ展示へ到着到着。
higashiyama141025001
higashiyama141025001 posted by (C)カシワヤ


ここ東山のコツメカワウソは夜行性動物エリアに展示されている全国でも珍しい(ここだけ?)展示なのです。すなわち、ど〜くつのなかには〜♪はっこつがころがる〜♪ならぬ、どんごろすがぶら下がり、コツメ滑り台が鎮座すると言った具合。(意味不明な説明ですね。
higashiyama141025003
higashiyama141025003 posted by (C)カシワヤ


そして最大の目的がこれ。
higashiyama141025002
higashiyama141025002 posted by (C)カシワヤ

3年前はこのスペースにいぶし銀コテツが1頭いるだけだったのですが、その後サンピアザからココがやって来て、その後象舎がリニューアルのついでにやっと日の光の元でカワウソに会える展示が出来、(これについては後ほど垂れ流し。 さらに多摩からドンがやって来て、そしてお待ちかね姫センからヒナタがやって来て、まわりくどい様ですがやっとこさ子宝というわけです。(ホントまわりくどいなぁ。


話を展示に戻しましょう。明るいとは言え夜行性動物エリア、そこまで状態の良い光源ではありません。ですが展示内をよ〜く見ると、ドアの隙間からバックを伺う後ろ姿を発見。コチトラにとって記憶の無い後ろ姿です。
higashiyama141025101
higashiyama141025101 posted by (C)カシワヤ


その後ろ姿の主が何かの気配を感じて寝床へさっさっと引っ込んだかと思ったら、入れ違うように出てきた個体・・おお!この仔なら見覚えあります。ドンですドンさん。多摩動物公園ゴンタ組から破門をくらって新たなシマを求めてはるばる名古屋の地を踏んだあのドンさんです。
higashiyama141025102
higashiyama141025102 posted by (C)カシワヤ


しかしそのドンさんも顔を見せてくれたのは一瞬でした。すぐにバックへ通じる扉が開いて・・
higashiyama141025005
higashiyama141025005 posted by (C)カシワヤ


グッモ〜ニン!キーパーさん。朝のお掃除タイムです。
higashiyama141025004
higashiyama141025004 posted by (C)カシワヤ

この貴重な時間は刻一刻めぞん一刻と過ぎてしまうのですが、引っ込んでしまったものは仕方がありません。せっかくなので館内を散歩しましょう。


最初にハリモグラさん。じつはコチトラ動くハリモグラを見るのは今回が初めてです。以前上野で見た時は微動だにせず寝ていましたから、うろつく束子・・というより散歩する剣山にとても感動です。ちなみに嘉門達夫さんのあったら怖いセレナーデと言う曲の中に、よなかになると〜だいどころを♪はいまわる〜たわし♪という一節がありますよね。
higashiyama141025033
higashiyama141025033 posted by (C)カシワヤ

暗くなっている夜行性動物エリアはなかなかマトモに写真が撮れないので観察メインにしばらくぶらり。それではシャバへ出てみましょう。


長い階段をおりてネコ科長屋へやってきましたよ。やぁここにも懐かしい顔が、ドンと同じく多摩からやって来た先輩ユキヒョウのユキチさんです。ちぃーす!久しぶり。すっかり貫禄がつきましたね。
higashiyama141025008
higashiyama141025008 posted by (C)カシワヤ


そしてまたうろつくことしばしカリフォルニアアシカのおんぶでかくれんぼ?後ろに乗った小柄な個体はまだお子さんなのかしら?(カワウソ以外はあまり調べてなくてすみませんねぇ・・
higashiyama141025018
higashiyama141025018 posted by (C)カシワヤ


そして出ましたラーテル!機械の身体を持ち思春期の少年を惑わしたあげくにネジにしてしまおうと言うあのラーテルです。イタチ科動物の中でも気の強さは随一なのでとても注意が必要です。(しかし写真がお粗末ですね、トクホの保・・
higashiyama141025027
higashiyama141025027 posted by (C)カシワヤ


さぁ〜て、肝心要のコツメカワウソたちはどうしているでしょうね?と戻ってきましたよ。(ホントは時系列めちゃくちゃなんだけどそんなことこのブログではあたり前田のクラッカー!
higashiyama141025006
higashiyama141025006 posted by (C)カシワヤ

な、なんと我々スタッフが目にしたものは照明が落とされすっかり暗くなってしまった人跡未踏の洞窟なのであった!(◯曜スペシャル

ここ夜行性動物エリアのコツメカワウソ展示は開園から45分くらいすると徐々に照明が暗くなって行き、10時にはすっかりこのような感じになってしまうのですよ。

さてさてここからはカワウソのすばしっこさに悪戦苦闘する時間です。ISOのリミット限界に挑戦!
書いていて疲れたので後半後ほど・・すいません。
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://shasinumetatechi.blog115.fc2.com/tb.php/935-d2916ab9
Listed below are links to weblogs that reference
いきなり3年8ヶ月のいわゆる回り道_東山動植物園_20141025 from 写真の埋立地、もしくはカワウソ沼 -otter swamp-

Home > 名古屋市東山動植物園 > いきなり3年8ヶ月のいわゆる回り道_東山動植物園_20141025

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。